Mask Maniaへの道!!















年賀状'14.
不可能と思われていた初来日の2009年イッテンヨン東京ドーム大会から5年。

そして、初開催となったFANTASTICA MANIA 2011で最大の好敵手アベルノとの最高のルチャで魅了してくれた最後の来日から3年。

今年こそ「segunda casa」第2の故郷ハポンに再び飛来してくれることを期待しています。


このブログ用の年賀状を作成する為に彼が「ミスティコ」として来日する度に夢中で撮ってきた写真を色々と見返しました。
全世界を飛び回り、ある種、機械的、巨大組織の歯車的な感情を失ったかのように見える目の部分にピンホールメッシュが入ったシン・カラのマスクよりも、このいたずらっ子、やんちゃ坊主の目が見えるミスティコのマスクの方が良いということを再確認。


さて、WWE離脱が噂される“神の子”の去就は?


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

今月は、すっかりプロレス界の年末の風物詩となったみちのくプロレス「宇宙大戦争」を友人にお誘いいただき観戦して来ました。



さて、CMLLで行われている主要タイトルの2013年12月末日現在のチャンピオン一覧です。
カッコ内は防衛回数とその月に行われたタイトルマッチです。

LOGO CMLL

●CMLLウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ
2010年 獣神サンダー・ライガー
2011年 ラ・ソンブラ
2012年 テリブレ
2013年 棚橋弘至


●CMLL世界ヘビー級
第17代 テリブレ (8度防衛)

●CMLL世界ライトヘビー級
第13代 レイ・エスコルピオン (5度防衛 12月1日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでルーシュ 12月17日 アレナ・メヒコでマキシモの挑戦を退ける)

●CMLL世界ミドル級
第17代 ドラゴン・ロホJr. (7度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第27代 ポルボラ (6度防衛)

●CMLL世界スーパーライト級
第12代 ヴィールス (4度防衛)

●CMLL世界ミニ
第12代 ペケーニョ・オリンピコ (4度防衛)

●CMLL世界女子
第15代 マルセラ (9度防衛)

●CMLL世界タッグ
第36代 ルーシュ&ラ・マスカラ (1度防衛)

CMLL世界6人タッグ
第25代 マスカラ・ドラダ&2代目ミスティコ&バリエンテ (4度防衛 12月17日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでアベルノ&メフィスト&エフェストの挑戦を退ける)


●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第4代 ディアマンテ・アスール (2度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第6代 ラ・ソンブラ (2度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第5代 ボラドールJr. (0度防衛)


●ナショナル・ライトヘビー級
第63代 メフィスト (2度防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第72代 ティタン (0度防衛 12月1日 アレナ・メヒコでアベルノから奪取)



●ナショナル・ライト級
第50代 エレクトリコ (0度防衛)

●ナショナル女子
第17代 エストレジータ (3度防衛)

ナショナル6人タッグ
第36代 ルーシュ&ラ・マスカラ&ティタン (1度防衛)

参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉 〈luchablog〉


12月も11月に続き、カンペオナート=タイトルマッチが少なめでした。
FANTASTICA MANIA 2014で3度目の来日となるティタンが実力者アベルノを破り、ナショナル・ウェルター級2度目の戴冠。
ルーシュ&ラ・マスカラと保持するナショナル6人タッグと2冠となりました。
ルード陣営に比べると頭角を現す新鋭が少ないテクニコにあって、ティタンの活躍は目立ちます。

火曜・金曜がアレナ・メヒコ、日曜がアレナ・コリセオというのが基本のCMLL。
この日程通りであれば、本来は大晦日にアレナ・メヒコ火曜定期戦となりますが、1日ずらした元日の水曜日、アレナ・メヒコでナショナル・ライトヘビー級戦、王者メフィストvs挑戦者アトランティスをメインに2014年の戦いがスタートします。
01 アレナ・メヒコ

よくよくカードを見てみるとコパ・ジュニア・トーナメントに2代目ミスティコの前身であるドラゴン・リーの名前があるのですが、これはいったい???


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

すっかりご無沙汰しております。
色々と多忙につき、完全復活とはいきませんが、来年もFANTASTICA MANIAが開催されることが無事に発表され、更に規模が拡大されたなか、何かしらやりたいという思いもありまして・・・。
とりあえず、毎月末にやっていたCampeones de CMLLを復活させようと思います。

CMLLで行われている主要タイトルの2013年11月末日現在のチャンピオン一覧です。
カッコ内は防衛回数とその月に行われたタイトルマッチです。

LOGO CMLL

●CMLLウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ
2010年 獣神サンダー・ライガー
2011年 ラ・ソンブラ
2012年 テリブレ
2013年 棚橋弘至


●CMLL世界ヘビー級
第17代 テリブレ (8度防衛 11月12日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでルーシュの挑戦を退ける)

●CMLL世界ライトヘビー級
第13代 レイ・エスコルピオン (2度防衛)

●CMLL世界ミドル級
第17代 ドラゴン・ロホJr. (7度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第27代 ポルボラ (4度防衛)

●CMLL世界スーパーライト級
第12代 ヴィールス (4度防衛)

●CMLL世界ミニ
第12代 ペケーニョ・オリンピコ (4度防衛)

●CMLL世界女子
第15代 マルセラ (9度防衛)

●CMLL世界タッグ
第36代 ルーシュ&ラ・マスカラ (1度防衛 11月8日 アレナ・メヒコでテリブレ&タマ・トンガの挑戦を退ける)



CMLL世界6人タッグ
第25代 マスカラ・ドラダ&2代目ミスティコ&バリエンテ (2度防衛)


●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第4代 ディアマンテ・アスール (2度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第6代 ラ・ソンブラ (2度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第5代 ボラドールJr. (0度防衛 11月1日 アレナ・メヒコでマスカラ・ドラダから奪取)




●ナショナル・ライトヘビー級
第63代 メフィスト (2度防衛 11月3日 アレナ・コリセオでティタン相手にドロー防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第71代 アベルノ (1度防衛)

●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ (0度防衛)

●ナショナル女子
第17代 エストレジータ (2度防衛)

ナショナル6人タッグ
第36代 ルーシュ&ラ・マスカラ&ティタン (1度防衛)

参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉 〈luchablog〉


11月はカンペオナート=タイトルマッチが少なめ。
最大の注目は素顔となったボラドールのNWA世界ヒストリック・ウェルター級王座獲得でしょう。
マスクを失ったとは言え、この人がCMLLの中心にいる1人であることに変わりはなく、どうやら再びテクニコターンするようです。
FANTASTICA MANIA 2014まで2ヶ月弱となりました。
タイトルの行方はFANTASTICA MANIAのカードラインナップにも大きく関わるだけに注目です。

という訳で、これで月に1度は必ずブログ更新します。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ずいぶんとご無沙汰しておりました。
昨年11月から生活リズムが少し変わってしまい、毎日毎日の夜更かしから少しだけ起床が早くなり、なかなかブログの更新が出来ずにいました。
Twitterではつぶやいていましたが、数ヶ月ブログの更新をサボっていると復活のタイミングがわからなくなっていたような。
でもサボっていた5ヶ月の間に1月19日、20日のFANTASTICA MANIA、6月は7日のリアルジャパンブロレスと9日のみちのくプロレスを観戦しました。






これだけは絶対に書かなくては!と思えるネタが出来ましたので久しぶりに更新します。

週刊プロレス増刊 華麗なる覆面レスラーの世界 マスク大百科 2013年 7/25号 [雑誌]
週刊プロレス増刊 華麗なる覆面レスラーの世界 マスク大百科 2013年 7/25号 [雑誌] [雑誌]

明後日の6月28日(金)、週刊プロレス増刊「マスク大百科 華麗なる覆面レスラーの世界」発売!!
発売されることは1週間ほど前から知っていましたが、“ルチャ伝道師”大川昇カメラマンのブログ、〈マスク大百科〉〈JAPON〉以外にはほとんど情報がなく・・・。
とは言え、イラストレーター坂井永年さんの描かれた夢のある表紙デザインを見ただけで一気にテンションアップ!!

発売を2日後に控え、ようやく週刊プロレスmobileに情報が載りました。
★2大マスクマンのプレミアマスクを発掘…ミル・マスカラス「仮面貴族の証明」、初代タイガーマスク「仮面の遍歴」

★実力派マスクマンのお宝マスク紹介・登場選手=スーパー・ストロング・マシン、獣神サンダー・ライガー、4代目タイガーマスク、ウルティモ・ドラゴン、スペル・デルフィン、ハヤブサ、K-ness.、有名外国人選手

★保存板・来日全マスクマン名鑑1956〜2013

その他のコンテンツも盛りだくさん。BUSHIクローズアップ、マスクマン一族3大家系図、紫雷イオ(イオティカ)登場、レジェンド・ルチャドールのカネックインタビュー、女子プロレスお宝マスク大発掘、6・15ドラゴマニア完全速報、300試合厳選・マスカラ戦の歴史ほか

「マスクマン一族3大家系図」はマスカラス一族とビジャノス一族、ブラソス一族ですかね?
その他諸々、日本では久しぶりに発売されるマスク特集本、ホントに楽しみです!
今週金曜日は仕事の合間に書店に駆け込みます!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

日本マット界最大のビッグショー、イッテンヨン東京ドーム大会が終わり、いよいよルチャの祭典FANTASTICA MANIAが近付いて来ました。
3回目の開催にして今年は初の後楽園ホール3デイズ!
昨日、全対戦カードが発表されました!!

NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2013

■1月18日(金) 18:30 東京・後楽園ホール

第1試合 20分1本勝負
タマ・トンガ&ティタンvsOKUMURA&エウフォリア

第2試合 20分1本勝負
田口隆祐&BUSHI&ディアマンテvs高橋裕二郎&石井智宏&レイ・エスコルピオン

第3試合 20分1本勝負
ルーシュvsYOSHI-HASHI

第4試合 20分1本勝負
ラ・マスカラ&マスカラ・ドラダ&マキシモvsボラドールJr.&TAKAみちのく&タイチ

第5試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク&ミスティコvsメフィスト&外道&邪道

第6試合 スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
プリンス・デヴィットvsドラゴン・ロホJr.

第7試合 スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
棚橋弘至&ラ・ソンブラvs中邑真輔&ミステリオッソJr.


■1月19日(土) 18:30 東京・後楽園ホール

第1試合 20分1本勝負
タマ・トンガ&マキシモvsTAKAみちのく&タイチ

第2試合 20分1本勝負
獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク&ティタンvs外道&邪道&ミステリオッソJr.

第3試合 20分1本勝負
マスカラ・ドラダ&ディアマンテvsメフィスト&OKUMURA

第4試合 20分1本勝負
プリンス・デヴィット&田口隆祐&BUSHIvsドラゴン・ロホJr.&石井智宏&YOSHI-HASHI

第5試合 スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
ミスティコvsエウフォリア

第6試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
棚橋弘至&ラ・マスカラ&ルーシュvsオカダ・カズチカ&ボラドールJr.&レイ・エスコルピオン

第7試合 IWGPインターコンチネンタル選手権試合 60分1本勝負
〈第4代王者〉中邑真輔vsラ・ソンブラ〈挑戦者〉


■1月20日(日) 12:00 東京・後楽園ホール

第1試合 20分1本勝負
マキシモvsタイチ

第2試合 トルネオ・シベルネティコ6vs6 時間無制限1本勝負
獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク&BUSHI&マスカラ・ドラダ&ティタン&ディアマンテvs石井智宏&YOSHI-HASHI&外道&邪道&OKUMURA&ミステリオッソJr.

第3試合 スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
ルーシュvsレイ・エスコルピオン

第4試合 NWA世界ヒストリックライトヘビー級選手権試合 60分1本勝負
〈第5代王者〉ドラゴン・ロホJr.vsラ・ソンブラ〈挑戦者〉

第5試合 メキシコナショナルライトヘビー級選手権試合 60分1本勝負
〈第62代王者〉ラ・マスカラvsボラドールJr.〈挑戦者〉

第6試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
棚橋弘至&プリンス・デヴィット&ミスティコvsオカダ・カズチカ&メフィスト&エウフォリア

〈CMLL大会、全カード決定!! 初日は棚橋&ソンブラ組!! 中日は、中邑がソンブラと防衛戦!! 最終日・逸材が神の子とトリオ結成!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉


今年の来日ルチャドールは実績的な目玉はボラドールJr.とラ・ソンブラのツートップ。
でもこの2人は昨年も出場し、大会を締める2日目のメインで手に汗握る好ファイトを展開し、目新しさには欠ける。
こと新鮮さに拘ると2代目ミスティコに勝るものはないものの、2代目ミスティコのマノ・ア・マノで勝負するのは大冒険。
さて、今年のカード編成はどうなるのかと思っていましたが、最終3日目のタイトルマッチは2つはメキシコ直輸入カード、そしてメインはCMLLと新日本プロレスの融合的カード。
うーむ、申し分なし!
素晴らしいカードが揃ったとお世辞抜きで思います。
見どころは全て新日本プロレスオフィシャルWEBサイトに網羅されています。
でも初日のメインにミステリオッソJr.登場はちょっと嬉しかった!
欲を言えば、ルーシュはもう少し良いカードで使ってもらいたかったし、好勝負必至の後藤洋央紀との絡みが見たかった。
そして2代目ミスティコとの兄弟タッグが実現しなかったのが残念。
もう1つ書くと、近年メキシコで最もブレイクした日本人、内藤哲也が今年は怪我で出場出来ないのが本当に残念です。
まぁ、残念な部分は追々、実現していくことでしょう。
まだまだ彼らには未来がたっぷりありますから。
全部が一気に実現しても面白くないですね。

さて、こちらのFANTASTICA MANIAアンケートは大会開催の1週間前、1月11日に締め切りです。
投票と一緒にその理由をコメント下さると幸いです。
皆さんの投票お待ちしております。



FANTASTICA MANIA 2012 エンディング



 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

中嶋勝彦
フジタ“Jr”ハヤト
フジタ“Jr”ハヤト 中嶋勝彦
中嶋勝彦 フジタ“Jr”ハヤト
中嶋勝彦 フジタ“Jr”ハヤト
フジタ“Jr”ハヤト 中嶋勝彦
フジタ“Jr”ハヤト 中嶋勝彦
フジタ“Jr”ハヤト 中嶋勝彦
フジタ“Jr”ハヤト 中嶋勝彦
中嶋勝彦 フジタ“Jr”ハヤト
中嶋勝彦 フジタ“Jr”ハヤト
フジタ“Jr”ハヤト 中嶋勝彦
中嶋勝彦 フジタ“Jr”ハヤト
中嶋勝彦 フジタ“Jr”ハヤト
中嶋勝彦 フジタ“Jr”ハヤト
中嶋勝彦 フジタ“Jr”ハヤト
フジタ“Jr”ハヤト 中嶋勝彦
フジタ“Jr”ハヤト新崎人生
フジタ“Jr”ハヤト
フジタ“Jr”ハヤト
フジタ“Jr”ハヤト
ハチャメチャなセミの後を受け、みちのくプロレスの2012年最終戦を締めるのは王者フジタ“Jr”ハヤトがDIAMOND RINGの中嶋勝彦を挑戦者に迎えた東北ジュニアヘビー級選手権試合。
両者とも蹴りを得意とするだけに序盤から激しいシバき合いになると思いきや、互いに相手の様子を窺いタックルに入るも踏み込ませず、そのタックルを切る静かな立ち上がり。
しかし、徐々に戦いはヒートアップすると経験と体格で勝る勝彦が攻勢に。
それでもハヤトは勝負を諦めない。
最後は若干、唐突な気もしましたが、勝彦がジャーマンを狙った所を体を反転させてKIDで締め上げ、ハヤトがレフェリーストップで逆転勝ち。
勝敗を分けたのはハヤトのみちのくプロレスの年内最終戦のメインとタイトルマッチへの責任感、そして厳しいながらも温かい声援を送るファンへの思いだけだったような気がします。
ハヤトの試合後のマイクアピールを聞くと「真面目な強がり」と言いますか「生意気な真面目」と言いますか、この人がファンから熱い支持を得ている理由が今更ながら理解出来ました。
この日は敗れてしまった勝彦も素晴らしかった!

第6試合 東北ジュニアヘビー級選手権 時間無制限1本勝負
〈王者〉○フジタ“Jr”ハヤト(20分35秒 KID→レフェリーストップ)中嶋勝彦×〈挑戦者〉
※王者が2度目の防衛に成功
〈12・13『2012年東京大会最終戦』後楽園ホール大会試合結果/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉



 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

年を跨いでしまいましたが、12月13日のみちのくプロレス後楽園ホール大会の観戦記を正月休みを利用して完結させます。

サスケ ヤッペーマンズ 超人関本
火野べイン
宇宙大戦争
超人関本 サスケ ヤッペーマンズ
宇宙大戦争
ザ・グレート・サスケ
宇宙大戦争
超人関本 野橋星人
超人関本 野橋星人
ザ・グレート・サスケ 野橋星人
ヤッペーマン3号 ザ・グレート・ゼブラ
ヤッペーマン3号 ザ・グレート・ゼブラ
ヤッペーマン1号 カラテバラモン
超人関本 火野ベイン
バラモン兄弟 ヤッペーマン1号
カラテバラモン ヤッペーマンズ
バラモン兄弟 ヤッペーマンズ
バラモン兄弟 ヤッペーマン1号 ヤッペーマン2号
超人関本
超人関本
超人関本 火野ベイン
超人関本 火野ベイン
バラモン兄弟 ヤッペーマン1号 ヤッペーマン2号
バラモン兄弟 大柳錦也 火野ベイン
バラモン兄弟 ザ・グレート・サスケ
ザ・グレート・サスケ バラモン兄弟
超人関本 バラモン兄弟
ザ・グレート・サスケ 超人関本 ヤッペーマンズ 大柳錦也
2006年に開戦された宇宙大戦争も2013年で7回目。
今回は宇宙大戦争史上最多の出場選手の10人タッグマッチは主役の1人、ザ・グレート・サスケが11月20日の全日本プロレス新居浜大会で左肩甲骨骨折のため出場するのか、しないのかがわからず。
腕を吊り、Tシャツにジャージ姿なれど、足下はリングシューズを履いているように見えたので、Tシャツとジャージを脱ぐとリングコスチュームなのではないかと勘繰っていました。
更に出場10選手に加え、2010年に登場した野橋星人が試合前に、大柳錦也扮する偽サスケが試合中に登場と完全にリング上はカオス状態。
普段とは違う出で立ちで登場した選手が多い中、観客を1番沸かせたのは全身緑色の超人関本。
終始、無表情のままチャリンチャリンと鈴を鳴らしながら自転車に乗り、場外を走り、サスケが創造した謎のオブジェをぶっ壊しちゃう姿は実にシュールでした。
ちなみにザ・グレート・ゼブラはほとんどがヤッペーマン3号のムチ攻撃に苦しむシーンばかりで夏の「ふく面ワールドリーグ戦」に登場した中身と同一人物なのかイマイチわかりませんでしたが、たぶん同じだと思います。
爆笑シーンの連続に「これはレスラー達が至って真面目に取り組む超おバカな何でもアリの年忘れ演芸大会なのではないのか?」との思いにかられました。
でもアメコミや映画に疎く、趣味はほぼプロレス&ルチャリブレとマスクだけの私にはヤッペーマン1号&2号や火野ベインがボラドールJr.やメフィストのオマージュにしか見えなかったという・・・。

第5試合 「宇宙大戦争〜ザ・グレート・サスケライジング〜伝説は、壮絶に、終わる」 時間無制限1本勝負
○ザ・グレート・サスケ&超人関本&ヤッペーマン1号&ヤッペーマン2号&ヤッペーマン3号(23分16秒 超人関本の投げっぱなしジャーマン→体固め)バラモンシュウ&バラモンケイ×&火野べイン&ザ・グレート・ゼブラ&カラテバラモン
〈12・13『2012年東京大会最終戦』後楽園ホール大会試合結果/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉



 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

毎月末恒例、2012年最後のCampeones de CMLLです。
CMLLで行われている主要タイトルの2012年12月末日現在のチャンピオン一覧です。
カッコ内は防衛回数とその月に行われたタイトルマッチです。

LOGO CMLL

●CMLLウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ
2010年 獣神サンダー・ライガー
2011年 ラ・ソンブラ
2012年 テリブレ


●CMLL世界ヘビー級
第17代 テリブレ (4度防衛 12月2日 アレナ・コリセオでラ・ソンブラの挑戦を退ける)



●CMLL世界ライトヘビー級
第12代 ルーシュ (7度防衛)

●CMLL世界ミドル級
第17代 ドラゴン・ロホJr. (5度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第27代 ポルボラ (0度防衛)

●CMLL世界スーパーライト級
第12代 ヴィールス (3度防衛)

●CMLL世界ミニ
第12代 ペケーニョ・オリンピコ (2度防衛)

●CMLL世界女子
第15代 マルセラ (5度防衛)

●CMLL世界タッグ
第33代 テリブレ&タマ・トンガ (1度防衛 12月11日 アレナ・メヒコでラ・マスカラ&バリエンテの挑戦を退ける)



CMLL世界6人タッグ
第24代 マルコ・コルレオーネ&ルーシュ&マキシモ (5度防衛)


●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第3代 レイ・ブカネロ (1度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第5代 ドラゴン・ロホJr. (1度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第3代 ネグロ・カサス (4度防衛 12月11日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでアンヘル・デ・オロ 12月25日 アレナ・メヒコでゲレーロ・マヤJr.の挑戦を退ける)




●ナショナル・ライトヘビー級
第62代 ラ・マスカラ (8度防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第70代 ティタン (2度防衛)

●ナショナルライト級
第49代 ペケーニョ・ピエロー (5度防衛)

●ナショナル女子
第17代 エストレジータ (0度防衛 11月27日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでプリンセサ・ブランカから奪取)



ナショナル6人タッグ
第35代 シコシス&ミステル・アギラ&クラネオ (0度防衛 12月16日 アレナ・メヒコでアトランティス&デルタ&ゲレーロ・マヤJr.から奪取)




今月1番びっくりしたのが、第33代CMLL世界タッグ王者のテリブレ&タマ・トンガがラ・マスカラ&バリエンテの挑戦を退けたこと。
タマ・トンガは年明けのイッテンヨン東京ドーム大会を控え、既にCMLL遠征を終了しています。
タイトルを明け渡してメキシコを後にするかと思いきや、タイトル防衛。
シングルのタイトルならプリンス・デヴィットがNWA世界ヒストリック・ライトヘビー級を保持したままメキシコを離れたことがありましたが、テリブレとのタッグ王座ですから、これは意外でした。
早期のメキシコ再遠征か、もしくはテリブレと挑戦者チームをメキシコから招いて日本での防衛戦が行われるのでしょうか?
タマ・トンガのメキシコ遠征はほとんどがメインに出場。
ルードとしてトップ戦線で活躍し、実りの多いものになった気がします。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

遅々として更新がはかどりませんが、12月13日に後楽園ホールで行われたみちのくプロレスの観戦記後半3試合を。

ウルティモ・ドラゴン 気仙・沼ジローラモ
ウルティモ・ドラゴン 気仙・沼ジローラモ
ラッセ 剣舞
ラッセ 剣舞 ウルティモ・ドラゴン 気仙・沼ジローラモ
ラッセ
気仙・沼ジローラモ ラッセ
剣舞 気仙・沼ジローラモ
剣舞 気仙・沼ジローラモ
ラッセ 気仙・沼ジローラモ
気仙・沼ジローラモ ラッセ 剣舞
ラッセ ウルティモ・ドラゴン
剣舞 気仙・沼ジローラモ
剣舞 気仙・沼ジローラモ ラッセ
剣舞 ラッセ 気仙・沼ジローラモ
剣舞 ラッセ 気仙・沼ジローラモ
剣舞 ラッセ 気仙・沼ジローラモ
気仙・沼ジローラモ 剣舞
ウルティモ・ドラゴン 気仙・沼ジローラモ
ウルティモ・ドラゴン 気仙・沼ジローラモ
ウルティモ・ドラゴン 気仙・沼ジローラモ
ウルティモ・ドラゴン 気仙・沼ジローラモ
ウルティモ・ドラゴン 気仙・沼ジローラモ
6月の後楽園ホール大会でウルティモ・ドラゴンとの対戦に破れ、イタリア人キャラクターへ転身を余儀なくされた気仙・沼ジローラモ。
髪を金髪にし、コスチュームもイタリアカラーで統一され、ずいぶんとスタイリッシュな出で立ちに変貌を遂げていました。
序盤はラッセ&剣舞の王者チームが沼ジローラモを苦しめるシーンが続きますが、ウルティモ校長にタッチすると雰囲気が一変。
ここはやはりキャリアの為せる業なのか?
しかし、再び沼ジローラモに試合権利が移ると、またもや劣勢に。
好連携で王者組が攻め込み、ラッセがフィニッシュを狙いジャガラギを放つが、これを自爆させた沼ジローラモは銀鱗から気仙沼落としの体勢に。
ラッセはこれを切り返し首固め。
ところがリングに戻ったウルティモ校長が沼ジローラモを押して反転させ、沼ジローラモが首固めでスリーカウント奪取。
喜びを爆発させる沼ジローラモとウルティモ校長の試合後のやり取りが面白かった!
勝利し、ベルトを受け取ったウルティモ組はリング上で記念撮影。ウルティモは「ジローラモ、ついにやったな。よく聞け、当初の目標だった東北ジュニアタッグ、見事に奪取したな。当初の目標を達成した、ということで、今日で、オレとおまえのタッグは終わりだ」と爆弾発言。ジローラモは「もうちょっとやりましょう。お願いします」と懇願するが、ウルティモは「こっれからはシングルプレーヤーでやっていけ。このベルトは返上しよう。1月に決定トーナメントをやればいんだよ」と突き放すが、「嘘だよ」と否定。「これからもよろしく」と互いにタッグ継続を誓い合った。〈試合速報/スポーツナビ〉

残念ながらベルトを穫られてしまったラッセ&剣舞はバックステージでリターンマッチをアピール。
最もみちのくプロレスらしいとも言えるマスクマンコンビの奮起にも期待しています。

第4試合 東北タッグ選手権 時間無制限1本勝負
ウルティモ・ドラゴン&○気仙・沼ジローラモ(11分16秒 丸め込みを切り返す→首固め)ラッセ×&剣舞
※ラッセ&剣舞が2度目の防衛に失敗 ウルティモ&沼ジローラモが第18代王者組に
〈12・13『2012年東京大会最終戦』後楽園ホール大会試合結果/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉



 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

このページのトップヘ