フウジン&ライジンのデビュー戦

ネット時代だというのに全く情報が拾えず、まだかまだかとちょくちょく覗いていたCMLL公式HP。
ようやく2月2日アレナ・コリセオ・デ・グアダラハラの試合画像がアップされました。

フウジン&ライジンのデビュー戦
〈RESULTADOS ARENA COLISEO DE GUADALAJARA – MARTES DE GLAMOUR/CMLL公式HP〉

予定通りに第3試合でフウジン&ライジンの2選手はOKUMURA選手とのトリオでストゥーカJr.選手&レイ・コメタ選手&エスフィンヘ選手と対戦。
残念ながらメキシコマット初戦を勝利で飾ることは出来ませんでした。
5枚の画像だけなので入場時のコスチュームなどがわからず残念。

デビュー戦の翌日、CMLL世界ライト級王者カマイタチ選手を加えた日本人4選手はCMLLの情報番組「インフォルマ」にゲスト出演。



OKUMURA選手が通訳してくれるとは言え、フウジン選手とライジン選手はスペイン語が飛び交うスタジオにどこか落ち着かない様子ながらもハキハキと質問に答えていました。
カマイタチ選手は余裕が感じられ、またメキシコのルチャファンからも完全に認められていることが伝わってきます。
カマイタチ選手に質問した少年と少女がそれぞれマキシモ・セクシー選手の「KISS ME」Tシャツとラ・ソンブラ選手の「ロス・インゴベルナブレス」Tシャツを着ていることにツッコミを入れるOKUMURA選手とカマイタチ選手が面白くもありました。

2月7日 アレナ・メヒコ カード
2月9日 アレナ・コリセオ・デ・グアダラハラ カード
さて、注目のフウジン&ライジン2選手は現在発表されているカードでは2月7日(日)アレナ・メヒコでリーガ・エリテに出場し、これが2人の“ルチャの殿堂”デビュー。
そして9日(火)には再びアレナ・コリセオ・デ・グアダラハラに登場します。
この2大会はいずれもライブ配信がなく、またもや2人の闘う姿を日本から観ることは出来ません。
早くライブ配信のある定期戦に登場することを願いましょう。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

フウジン&ライジンのデビュー戦決定!!

小松洋平 田中翔
ファンタスティカマニア2016で壮行試合を行い、昨日メヒコへ向けてOKUMURA選手、カマイタチ選手と共に旅立った小松洋平選手と田中翔選手のフウジン&ライジンのデビュー戦が決まりました。

現時点(2月1日14:52 日本時間)ではCMLL公式HPのグアダラハラのカードはまだ更新されていませんが、リンク先のツイートはluchablogさん系のアカウントですので、ほぼソースとしては間違いないでしょう。
憶測で申し訳ありませんが、このツイートの画像のチラシはおそろくグアダラハラ日曜定期戦で配られた次大会、グアダラハラ火曜定期戦のチラシだと思います。
このチラシに記載されているカードは──

2月2日(火)アレナ・コリセオ・デ・グアダラハラ
第3試合
ストゥーカJr.&レイ・コメタ&エスフィンヘvsOKUMURA&フウジン&ライジン

日本時間では3日(水)となります。
ファンタスティカマニアに3度参戦しているストゥーカ選手と2度参戦しているコメタ選手が対戦相手に名を連ね、全く知らないルチャドールよりは闘い易い相手だと思いますし、何よりOKUMURA選手とのトリオというのが2人にとっては心強い。

ただ、残念なことにグアダラハラでの大会はライブ配信がなく、フウジン&ライジンのデビュー戦を映像で確認するのは困難です。
CMLLからみれば、信頼関係を築いてきた新日本プロレスのヤングライオンとは言え、まずはあまり映像の出ないグアダラハラで、その実力を測る狙いもあるのかもしれません。

さぁ、どんな姿で登場し、どんなルードファイトを披露してくれるのか?
そして、後楽園ホールを大爆発させたカマイタチ選手に続く、大活躍が楽しみでなりません。

以上、珍しく仕事の合間に速報しました。
万が一、情報が間違っていた場合はもちろん後ほど訂正しますが、今までの経験上、ほぼ間違いないだろうとの判断で書いています。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

【Campeones de CMLL】Enero 2016

早いもので大爆発のFANTASTICA MANIA 2016から1週間が経ちました。
今年もまた夢の結晶であるルチャの祭典を存分に楽しみました。
ご一緒した皆さん、ありがとうございました!
FANTASTICA MANIA 2016でもいくつかのカンペオナート (タイトルマッチ) が組まれました。
圧巻はカマイタチ選手が最大の好敵手ドラゴン・リー選手から5度目の挑戦でついに悲願の王座奪取!!
あの瞬間“聖地”後楽園ホールは大爆発、大炎上でした。

今週発売された週刊プロレスでも「栄光の輝きCMLLベルト図鑑」で同様の記事が掲載されていますが、今月も【Campeones de CMLL】をお届けします。

CMLLで防衛戦が行われている主要タイトルの2016年1月末日現在のチャンピオン一覧です。
カッコ内は防衛回数とその月に行われたタイトルマッチです。

LOGO CMLL

●カンペオン・ウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ
2010年 獣神サンダー・ライガー
2011年 ラ・ソンブラ
2012年 テリブレ
2013年 棚橋弘至
2014年 ウルティモ・ゲレーロ
2015年 アトランティス


●CMLL世界ヘビー級
第18代 マキシモ・セクシー (5度防衛 1月18日 アレナ・プエブラでバンジェリスに防衛)


1時間12分頃からがCMLL世界ヘビー級タイトルマッチ

●CMLL世界ライトヘビー級
第14代 アンヘル・デ・オロ (4度防衛)

●CMLL世界ミドル級
第17代 ドラゴン・ロホJr. (12度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第31代 マスカラ・ドラダ (0度防衛 1月22日 後楽園ホールでBUSHIから奪還)

動画はこちらの新日本プロレスワールドで→ (有料)〈NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2016 2016年1月22日 東京・後楽園ホール 全試合(第1試合〜第7試合)〉

1時間20分頃からがCMLL世界ウェルター級タイトルマッチ

●CMLL世界ライト級
第14代 カマイタチ (0度防衛 1月23日 後楽園ホールで第13代王者ドラゴン・リーがヴィールスに5度目の防衛1月24日 後楽園ホールでドラゴン・リーからカマイタチが奪取)

動画はこちらの新日本プロレスワールドで→ (有料)〈NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2016 2016年1月22日 東京・後楽園ホール 全試合(第1試合〜第7試合)〉

1時間31分頃からがドラゴン・リーvsヴィールスのCMLL世界ライト級タイトルマッチ
〈NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2016 2016年1月24日 東京・後楽園ホール 第6試合 CMLL世界ライト級選手権試合ドラゴン・リー VS カマイタチ〉


●CMLL世界ミニ
第13代 アストラル (3度防衛)

●CMLL世界女子
第17代 マルセラ (2度防衛)

●CMLL世界タッグ
第37代 ネグロ・カサス&ショッケル (6度防衛)

CMLL世界6人タッグ
第27代 ボラドールJr.&ミスティコ (2代目) &バリエンテ (6度防衛 1月4日 アレナ・プエブラでメフィスト&クラネオ&リッペル 1月12日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでレイ・ブカネロ&テリブレ&バンジェリスに防衛 )


1時間58分頃からがCMLL世界6人タッグタイトルマッチ


●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第5代 レイ・ブカネロ (1度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第7代 ウルティモ・ゲレーロ (2度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第7代 ボラドールJr. (7度防衛 1月24日 後楽園ホールでメフィストに防衛)

動画はこちらの新日本プロレスワールドで→ (有料)〈NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2016 2016年1月24日 東京・後楽園ホール 第8試合 NWA世界ヒストリックウェルター級選手権試合 ボラドール・ジュニア VS メフィスト〉



●ナショナル・ライトヘビー級
第66代 アトランティス (2度防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第73代 バルバロ・カベルナリオ (2度防衛 1月22日 後楽園ホールでティタンに防衛)

動画はこちらの新日本プロレスワールドで→ (有料)〈NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2016 2016年1月22日 東京・後楽園ホール 全試合(第1試合〜第7試合)〉

51分頃からがナショナル・ウェルター級タイトルマッチ

●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ (1度防衛)

●ナショナル女子
第18代 セウシス (3度防衛)

ナショナル6人タッグ
第39代 メフィスト&エフェスト&ルシフェルノ (2度防衛)

参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉 〈luchablog〉


アレナ・コリセオタッグ

今年のFANTASTICA MANIAでは日本初、というよりもメキシコ国外で初めて行われたゲレーロ・マヤJr.選手&テ・パンテル選手の保持するアレナ・コリセオタッグにOKUMURA選手&ボビー・スィー選手の試合も目撃出来ました。

2月5日アレナ・メヒコ カード

いよいよ2月5日のアレナ・メヒコ金曜定期戦にはマスカラ・ドラダ選手がメイン、カマイタチ選手はセミで因縁深いマキシモ・セクシー選手とドラゴン・リー選手と激突。
2人のアレナ・メヒコ復帰戦が組まれました。
ドラダ選手は2月1日にアレナ・プエブラでメキシコ復帰戦の模様。
現在、CMLLから発表されているカードにはまだフウジン&ライジンの2選手の名前はありませんが、どんな姿でメキシコマットに登場するのか?
そして、カマイタチ選手にとってのドラゴン・リー選手のように誰をターゲットに暴れ回るのか?
どのルチャドールとライバル関係を築くのか?
注目せずにはいられません。

また、アレナ・メヒコ金曜定期戦はClaro Sportsで、アレナ・プエブラ月曜定期戦をYouTubeのCMLLエフィシャルアカウントで無料のライブ配信で日本でもオンタイムで観戦出来ましたが、これに加えてアレナ・メヒコ火曜定期戦もライブ配信が始まりましたので、FANTASTICA MANIAでルチャやCMLLに興味を持たれた方は是非ご覧頂ければと思います。
時差により日本時間だと昼間になるので、どうしても仕事の合間や昼休みとなってしまいますが。

最後に1つお詫びと訂正を。
今までは現地で言うところのペソ・リヘロ、今回のファンタスティカマニアでカマイタチ選手が奪取したタイトルをluchawikiさんに倣ってCMLL世界スーパーライト級としてきましたが、ある方から「以前はスーパーライト級でしたが、現在はライト級」との連絡をいただきました。
よって新日本プロレスがカード発表においてCMLL世界ライト級としたのが正しく、今後はこの名称で当ブログもいきますのでご了承ください。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

FANTASTICA MANIA 2016 TVネット中継まとめ

FANTASTICA MANIA 2015
いよいよ今日開幕!!
ファンタスティカマニア2016のTVとネットの中継を一覧にまとめてみました。
自分自身への忘備録でもあります。

1月17日(日) 16:00 高知・高知サンピアセリーズ
サムライTV 1月21日(木) 22:00

1月19日(火) 18:30 京都・京都KBSホール
サムライTV 1月26日(火) 22:00

1月20日(水) 18:30 大阪・大阪府立体育会館・第二競技場 (エティオンアリーナ大阪)
サムライTV 1月28日(木) 22:00

1月22日(金) 18:30 東京・後楽園ホール
サムライTV 1月22日(金) 18:00 生中継
新日本プロレスワールド 1月22日(金) 18:30 生中継

1月23日(土) 18:30 東京・後楽園ホール
サムライTV 1月23日(土) 18:00 生中継
新日本プロレスワールド 1月23日(土) 18:30 生中継

1月24日(日) 18:30 東京・後楽園ホール
テレ朝ch2 1月24日(日) 18:30 生中継
新日本プロレスワールド 1月24日(日) 18:30 生中継

参照 : 〈“ルチャの祭典”が今年も開催! 『CMLL FANTASTICA MANIA 2016』の情報まとめページはコチラ!/新日本プロレス〉 〈プロレス・格闘技専門ch FIGHTING TV サムライ〉 〈新日本プロレスワールド〉 〈テレ朝チャンネル2〉

会場で!テレビで!ネット配信で!年に1度の“ルチャの祭典”を存分に堪能しましょう!!
なお今年も22日(金)の速報!バトル☆メンにはルチャドールのゲスト出演が予定されているとのこと。
こちらも楽しみです!!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

カマイタチのカベジェラ戦後のバックステージインタビュー

昨晩、サムライTVでCMLLの元日決戦シン・ピエダが放送されました。
年明け早々に行われたビッグショーを有料のライブ配信iPPVで観戦していましたが、マキシモ・セクシー選手とカマイタチ選手のカベジェラ戦は改めて観ても心揺さぶられるものがありました。

さて、サムライTVでの初回放送が終わるまでネタをあたためていた訳ではなく、ただ単に更新をサボっていただけなのですが、残念な結果になってしまったカマイタチ選手の試合後のバックステージインタビューの動画を見つけていたので紹介します。



大一番に負けてしまった悔しさを滲ませつつも、白熱の好勝負を展開し“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコを大いに沸かせた充実感の方を強く感じます。
また、今回のカベジェラ戦を観て、抗争してきたマキシモ選手とドラゴン・リー選手の実力もさることながら、カマイタチ選手と交わることでその実力がいかんなく発揮される、いわば“名勝負製造機”なのではと思い始めました。

カマイタチ
カベジェラ戦から1週間後の8日(金)アレナ・メヒコでは入場時こそ長髪を失った頭を隠すかのようにマスクを被っていましたが、リングに上がるとすぐにマスクを脱ぎ、堂々と闘っていました。

今日から開幕するファンタスティカマニア2016が終了すると新日本プロレスから小松洋平選手と田中翔選手がライジンとフウジンとしてCMLLでの武者修行を開始することが発表されています。
後輩2人が来ることで去就が注目されるカマイタチ選手。
ここ数年の新日本プロレスとCMLLの交流を考えれば、やはりヤングライオン2人と入れ替わりで帰国となるはずです。
ご本人はTwitterなどで、まだまだメヒコに残ってマキシモ・セクシー選手とドラゴン・リー選手へのリベンジを宣言、さらに小松&田中の両選手に共闘を呼びかけてはいますが、はたしてどうなるのでしょうか?
メヒコに残るにしても日本に帰って来るにしてもカマイタチ=高橋広夢選手の動向に注目です。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ネグロ・カサスvsスペル・パルカ マキシモ・セクシーvsカマイタチ 2大カベジェラ戦シン・ピエダ

CMLLの元日決戦シン・ピエダをiPPVで観戦しました。
最大の注目はなんといってもネグロ・カサス選手vsスペル・パルカ選手、マキシモ・セクシー選手vsカマイタチ選手のカベジェラ戦。

まずは第4試合に組まれたマキシモ選手vsカマイタチ選手。
マキシモ選手のセコンドは奥さんインディア・シオクス選手の弟オンブレ・バラJr.選手。
そしてカマイタチ選手にはOKUMURA選手がつきました。
マキシモ・セクシー
対ハポンを意識したメキシコカラーのKISS MEのTシャツとコスチュームで登場したマキシモ選手。
カマイタチ
一方、カマイタチ選手は日の丸を掲げます。
カマイタチ マキシモ・セクシー
マキシモ・セクシー
カマイタチ マキシモ・セクシー
マキシモ・セクシー カマイタチ
カマイタチ マキシモ・セクシー
マキシモ・セクシー カマイタチ
マキシモ・セクシー カマイタチ
マキシモ・セクシー カマイタチ
負傷しているマキシモ選手の膝を容赦なく攻めるカマイタチ選手。
痛む膝を気にしつつ、それでも意を決して何度も何度も飛ぶマキシモ選手。
両選手の意気込みがひしひしと伝わる好勝負。
1本目はカマイタチ選手が変形足4の字固めで勝利。
2本目はマキシモ選手が逆片エビ固めがタイスコアに。
決勝の3本目、一進一退の攻防を繰り広げるも最後は走って来たカマイタチ選手をシットダウン式パワーボムで叩きつけたマキシモ選手が勝利。
マキシモ・セクシー オンブレ・バラJr.
カマイタチ
“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコのリングでまた1人、日本人の髪の毛が刈られる結果となってしまいました。
何かを絶叫するカマイタチ選手の髪にハサミが入れられる時に観客席の日本人の方が数人、涙するシーンが映し出されていました。
単身メキシコにやって来て、ここまで登り詰めたカマイタチ選手のことを思うとこちらまで目頭が熱くなりました。
悔しい結果とはなりましたが、この日1番の素晴らしい試合内容でした。
今後、もうしばらくメキシコに留まるのか、それとも日本に帰って来るのか、これはご本人の意思だけで決まるものではないのかもしれません。
ただ、ここまで築き上げた2代目ドラゴン・リー選手、そしてマキシモ・セクシー選手との遺恨は是非とも日本とメキシコを跨いで、今後も大事に紡いでいってもらいたいと思います。
特にドラゴン・リー選手とのライバルストーリー、名勝負数え唄はそのまま日本へ直輸入して欲しいと切に願います。


第4試合で行われたマキシモ選手とカマイタチ選手の激闘があまりにも素晴らし過ぎて、その後のセミには大好きなカリスティコ選手やルーシュ選手が登場したにも関わらず、様々な遺恨が複雑に絡み合い過ぎていたせいもあり、あまり印象が残っていません。

スペル・パルカ
スペル・パルカ
メインはネグロ・カサス選手が勝利し、スペル・パルカ選手が丸坊主になる結果となりましたが、こちらはカサス家(フェリーノ選手、タイゲル選手、プーマ選手)とパルカ選手とボラドールJr.選手の親子の一族を巻き込んだ抗争に発展する物語の序章でしかなかったのかもしれません。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

フェリス アニョ ヌエボ 2016

年賀状 2016

本年も宜しくお願いします。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

【Campeones de CMLL】Diciembre 2015

ブログを復活させてからは2度目、2015年最後のCampeones de CMLLです。

CMLLで防衛戦が行われている主要タイトルの2015年12月末日現在のチャンピオン一覧です。
カッコ内は防衛回数とその月に行われたタイトルマッチです。

LOGO CMLL

●カンペオン・ウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ
2010年 獣神サンダー・ライガー
2011年 ラ・ソンブラ
2012年 テリブレ
2013年 棚橋弘至
2014年 ウルティモ・ゲレーロ
2015年 アトランティス


●CMLL世界ヘビー級
第18代 マキシモ・セクシー (4度防衛)

●CMLL世界ライトヘビー級
第14代 アンヘル・デ・オロ (4度防衛)

●CMLL世界ミドル級
第17代 ドラゴン・ロホJr. (12度防衛 12月22日 アレナ・メヒコでティタンに防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第30代 BUSHI (0度防衛 12月19日 後楽園ホールでマスカラ・ドラダから奪取)
動画はこちらの新日本プロレスワールドで→ (有料)〈Road to TOKYO DOME 2015年12月19日 東京・後楽園ホール 第5試合 CMLL世界ウェルター級選手権試合 マスカラ・ドラダ VS BUSHI〉


●CMLL世界スーパーライト級
第13代 ドラゴン・リー (2代目) (4度防衛 12月4日 アレナ・メヒコでカマイタチに防衛)



●CMLL世界ミニ
第13代 アストラル (3度防衛)

●CMLL世界女子
第17代 マルセラ (2度防衛)

●CMLL世界タッグ
第37代 ネグロ・カサス&ショッケル (6度防衛)

CMLL世界6人タッグ
第27代 ボラドールJr.&ミスティコ (2代目) &バリエンテ (4度防衛)


●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第5代 レイ・ブカネロ (1度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第7代 ウルティモ・ゲレーロ (2度防衛 12月1日 アレナ・メヒコでバリエンテ、12月21日 アレナ・プエブラでアトランティスに防衛)


1時間35分頃からがプエブラでのアトランティスとの防衛戦

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第7代 ボラドールJr. (6度防衛 11月17日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでネグロ・カサスに防衛)


●ナショナル・ライトヘビー級
第66代 アトランティス (2度防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第73代 バルバロ・カベルナリオ (0度防衛)

●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ (1度防衛)

●ナショナル女子
第18代 セウシス (3度防衛 12月29日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでジュビアに防衛)

ナショナル6人タッグ
第39代 メフィスト&エフェスト&ルシフェルノ (2度防衛 12月8日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでブルー・パンテル&アンヘル・デ・オロ&ストゥーカJr.に防衛)



参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉 〈luchablog〉


12月はカンペオナートが少し多め。
全く防衛戦が行われないタイトルもある中で、ウルティモ・ゲレーロ選手の保持するNWA世界ヒストリック・ミドル級は2度も行われました。

スペル・コマンド
ポリスマン
今月はカンペオナート以外にも敗者がマスクか髪の毛を失う金網マッチがアレナ・メヒコ、アレナ・コリセオ、アレナ・コリセオ・グアダラハラで開催され、それぞれスペル・コマンド選手がマスク、ポリスマン選手が髪の毛、エル・アルテーニョ選手とミステル・アポロ選手がダブルフォールで2人とも髪の毛を失っています。

CMLLは12月29日のアレナ・メヒコとアレナ・コリセオ・グアダラハラの大会をもって2015年の興行を終了。


シン・ピエダ
年明け1発目の興行はネグロ・カサス選手vsスペル・パルカ選手とマキシモ・セクシー選手vsカマイタチ選手の2つのカベジェラ戦が行われるアレナ・メヒコの元日決戦「シン・ピエダ」。

マキシモ・セクシー フリオ・セサール
今日のインフォルマに出演したマキシモ選手は左膝にテーピングをしているものの、終始、自信ありげに笑顔を浮かべていました。
12月4日アレナ・メヒコでのドラゴン・リー選手vsカマイタチ選手の4度目のCMLL世界スーパーライト級タイトルマッチの疑惑の判定によって勃発した抗争の決着戦が年明け早々に行われます。
同じ日本人としてカマイタチ選手を応援していますが、現CMLL世界ヘビー級王者マキシモ選手がその風貌とは裏腹にそんなに甘くないのは承知のことで・・・。
いったい、どんな結末が待っているのでしょう?
ちなみにマキシモ選手の対日本人選手のカベジェラ戦の戦績は、複数人参加の金網戦を除き、1対1で行われたものを抜き出すと、2009年11月15日、アレナ・メヒコでOKUMURA選手に敗北、翌2010年6月6日、同所でタイチ選手に勝利で2戦して1勝1敗の5分。
また違う角度から見ると、2009年の内藤哲也選手と裕次郎選手(当時)のノーリミットから始まって、タイチ選手、吉橋伸雄選手(当時)、ナマハゲ選手と新日本プロレスから武者修行的なCMLL遠征をした選手は皆ことごとく丸坊主にされて送り返されるがごとく帰国しています。
カマイタチ選手がこの流れを断ち切るのか?
そして、マキシモ選手に勝利して、再びドラゴン・リー選手をターゲットにするのか?


シン・ピエダ全対戦カード

第1試合
エストレジータ&プリンセサ・スヘイ&バケリータvsアマポーラ&ダリス&セウシス

第2試合
テ・パンテル&エスフィンへ&ブルー・パンテルJr.vs ヴィールス&ラシエル&カンセルベロ

第3試合
アトランティス&マルコ・コルレオーネ&バリエンテvsトンデル&ドラゴン・ロホJr.&ポルボラ

第4試合 カベジェラ・コントラ・カベジェラ メヒコvsハポン
マキシモ・セクシーvsカマイタチ

第5試合
カリスティコ&ミスティコ&ルーシュvsシベルネティコ&ボラドールJr.&ウルティモ・ゲレーロ

第6試合 カベジェラ・コントラ・カベジェラ
ネグロ・カサスvsスペル・パルカ


大注目の「シン・ピエダ」は日本時間1月2日の午前8時開始。
なお、この模様はFANTASTICA MANIA 2016開幕前日の1月16日にサムライTVでも放送されます。


それでは皆さん、良いお年をお迎えください。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

12・10 みちのくプロレス 天変地異 第3試合 舎人一家vs日向寺&剣舞

日向寺塁 剣舞
卍丸 日向寺塁
南野タケシ 剣舞
南野タケシ 日向寺塁
卍丸 剣舞
第3試合はみちのく勢同士によるじっくりこってりした闘い。
マスク好きとしては、やはりどうしても剣舞選手に目が行きがちです。
すっかり今のデザインと配色が定着しました。
この試合でも軽量ゆえのスピードと空中戦で見どころを作りましたが、第20代東北ジュニアヘビー級王者、卍丸選手の卍落としが完璧に決まり、舎人一家の勝利。

第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○卍丸&南野タケシ(12分36秒 卍落とし→エビ固め)日向寺塁&剣舞×
〈12・10『天変地異』後楽園ホール大会試合結果/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

12・10 みちのくプロレス 天変地異 第2試合 ウルティモ&人生&イーグルス&3号vsムーの太陽信者

平日はなかなか忙しく、更新が滞りがちですが、みちのく宇宙大戦争の観戦記を続けます。
新崎人生
ウルティモ・ドラゴン
イーグルスマスク
イーグルスマスク ムーの太陽信者
植木嵩行 イーグルスマスク
新崎人生 植木嵩行
マスクドバディ2015(忍) 植木嵩行 ヤッペーマン3号
マスクドバディ2015(忍) ウルティモ・ドラゴン
ウルティモ・ドラゴン
ウルティモ・ドラゴン 新崎人生 イーグルスマスク ヤッペーマン3号
第2試合は「みちのく正規軍対ムーの太陽」と銘打たれた男女混合の8人タッグマッチ。
ドラゴン校長と人生選手の2人は入場曲が流れるだけで、その場の雰囲気ががらりと変わる圧倒的な存在感がありました。
マスクとコスチュームが一新された3号選手、マスクの両耳の部分にはラ・ソンブラと同じイヤリングが付いていました。
イヤリング付きのマスクはソンブラ、ミキティコに次ぐ三人目!?
試合はイーグルスマスク選手得意の口撃でスタート。
ロープ上で植木選手の拳銃に全くたじろぐことなく、払い落とした人生選手に大爆笑。
やがてマスクドバディ2015(忍)選手のコーナーのケツが闘いの焦点に。
やっとリングに登場したドラゴン校長が「まだ何もしていないのに、いきなりケツ!?」とその扱いに注目が集まりましたが、ケツに突っ込むことなく冷静に蹴りを叩き込み、最後は必殺アサイDDTでスリーカウント奪取。

第2試合 みちのく正規軍対ムーの太陽 20分1本勝負
○ウルティモ・ドラゴン&新崎人生&イーグルスマスク&ヤッペーマン3号(8分56秒 アサイDDT→片エビ固め)関根龍一&植木嵩行&マスクドバディ2015(忍)×&DASH・チサコ
〈12・10『天変地異』後楽園ホール大会試合結果/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ