84 アニベルサリオ

メキシコ現地時間で8月16日、CMLLは9月1日開催のグランプリと9月16日開催のアニベルサリオに関する会見を行いました。

このうち、創立84周年記念大会となる年間最大興行アニベルサリオでニエブラ・ロハ選手とグラン・ゲレーロ選手、女子のプリンセサ・スヘイ選手とセウシス選手の2つのマスカラ・コントラ・マスカラが先行発表されました。
2カードともアニベルサリオの実現するのではないかと噂されていた対戦です。

image
ニエブラ・ロハ選手とグラン・ゲレーロ選手はもともとウルティモ・ゲレーロ選手率いるロス・ゲレーロス・ラグネロスのメンバーでした。
ところが今年春頃からニエブラ・ロハ選手が対戦相手のテクニコの選手と試合中に握手を交わしたり、もう1人のゲレーロスのメンバーであるエウフォリア選手を含めた連携に加わらなかったりと不穏な行動を続けた挙句にゲレーロスを離脱し、テクニコに転向してしまいました。
「テクニコになるのは構わない。だが、そのマスクのデザインは俺のモノだ。ゲレーロスを抜けるなら、そのマスクを返せ」ともっともな怒りを露わにしたのがウルティモ・ゲレーロ選手でした。
これに対し、ニエブラ・ロハ選手がゲレーロスに加入する前のテクニコ時代のキャラクターであるアンヘル・デ・プラタに戻るのか注目していましたが、ニエブラ・ロハ選手はニエブラ・ロハの名のままゲレーロスとの抗争に突入。
当初はウルティモ・ゲレーロ選手とのマスカラ・コントラ・カベジェラを要求していましたが、徐々にその矛先は弟のグラン・ゲレーロ選手へと向けられていきました。
ディアマンテ・アスール選手とピエロー選手、ピエロー選手とバンジェリス選手、ブルー・パンテル選手とサム・アドニス選手の抗争がわりと早い段階でマスカラ・コントラ・マスカラ、カベジェラ・コントラ・カベジェラの決着戦が組まれるなかで、ゲレーロスとニエブラ・ロハ選手の抗争の決着戦は組まれずにいました。
いよいよ、最も注目される舞台で実現します。
Luchawikiで記録を調べてみると、奇しくも2人は2008年デビューのキャリア9年。
それぞれの前身キャラクターを含めて、今回が初のマスカラ戦です。

プリンセサ・スヘイ選手とセウシス選手はナショナル女子王座を巡って、何度も何度も闘っている間柄。
現王者がスヘイ選手で前王者がセウシス選手。
セウシス選手が王者時代の昨年6月から今年2月にスヘイ選手のベルト奪取を経て現在まで7度の王座戦はこの2人の間でしか行われていません。
余談ですが、プエルトリコ出身のセウシス選手がメキシコ人のみ挑戦出来るナショナル王座になぜ挑戦し、王者だったのかがわかりません。
不思議に思って調べてみるとネグロ・カサス選手の奥さんでパナマ人のダリス選手やデムス3:16選手の奥さんで日本人のHIROKA選手も戴冠はなりませんでしたが、挑戦していました。
男子ではあり得ないと思いますが、女子は緩いのでしょうか?

スヘイ選手が1980年生まれで1996年デビュー、マスカラ戦は4戦無敗。
セウシス選手は1998年生まれで2008年デビュー、マスカラ戦は2戦無敗。

アニベルサリオで実現か?と噂されていたルーシュ選手とディアマンテ・アスール選手のマスカラ・コントラ・カベジェラは今回の会見では発表されませんでした。
おそらく残りは4試合程になるかと思われます。
心して大一番の追加発表を待ちたいと思います。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

18日のアレナ・メヒコ金曜定期戦からジュース・ロビンソンとマット・ターバンが登場

8月4日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で行われたブルー・パンテル選手とサム・アドニス選手のカベジェラ・コントラ・カベジェラはまもなくLUCHA FIESTA 2017に初来日するアドニス選手が勝利。
ブルー・パンテル選手はこれでカベジェラ戦の戦績は2勝2敗1分け。
2012年3月にネグロ・カサス選手と引き分けた時には両者が髪を切られましたので、これで3度目の丸坊主となってしまいました。

今後のCMLLは9月1日のグランプリと15日のアニベルサリオに向けて、1年で最も盛り上がるシーズンを迎えます。

image
image
image
今週18日アレナ・メヒコ金曜定期戦からグランプリにも多国籍軍として参戦する新日本プロレスのジュース・ロビンソン選手、ROHからはマット・ターバン選手が登場します。
既に発表されている対戦カードは18日のアレナ・メヒコがボラドールJr.選手&ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手vsマルコ・コルレオーネ選手&マット・ターバン選手&ジュース・ロビンソン選手。
翌19日のアレナ・コリセオがマルコ・コルレオーネ選手&マット・ターバン選手&ジュース・ロビンソン選手vsショッケル選手&ピエロー選手&エチセロ選手。
両日ともコルレオーネ選手とのトリオでメインに出場。
18日アレナ・メヒコの対戦カードに「テクニコスvsテ
クニコス」とあるようにターバン選手もジュース選手もテクニコとしてCMLL遠征することになりました。
トリオを結成するコルレオーネ選手は表向きはイタリア人ということにはなってぃすが、もちろんマーク・ジンドラックとしてアメリカや日本で活躍していたアメリカ人。
2人にとっては英語が通じるありがたい存在のような気がしますが、昨年の同時期にCMLL遠征したKUSHIDA選手が自身のPodcast「KUSHIDAのナイショ話」で「マルコに英語で話しかけてもメキシコ生活が長いのでスペイン語で返ってくる」と話していたので、どうなることやら。
最近はウルティモ・ゲレーロ選手やルーシュ選手が英語でマイクアピールすることもありますが。

今週はカリスティコ選手とサム・アドニス選手がウルティモ・ドラゴン選手30周年興行LUCHA FIESTA 2017に参戦のため日本へ。
ミスティコ選手、ティタン選手、ウルティモ・ゲレーロ選手、レイ・ブカネロ選手の4人はROHのイギリス遠征に帯同と若干手薄になるCMLLでターバン選手とジュース選手の闘いぶりに注目です。
まして、ジュース選手は初めてのCMLL遠征。
何人もの選手がメキシコで何かを掴んで帰ってきただけに、ジュース選手の変化を見届けたいと思います。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ブルー・パンテルvsサム・アドニスのカベジェラ戦が電撃決定

image
7月21日のアレナ・メヒコ金曜定期戦の試合開始前に前週勃発したブルー・パンテル選手とサム・アドニス選手の遺恨の決着戦が8月4日にカベジェラ・コントラ・カベジェラとして行われることが決定しました。

image
image
この日の第2試合に組まれた両者の10分1本勝負、マッチ・レランパゴは予想通りの荒れた展開。
場外フェンスの外で殴りあっている間に試合時間の10分が経過し、ドロー。
再来週のカベジェラ戦で雌雄を決します。

ブルー・パンテル選手は2008年9月にビジャノV選手に敗れてマスクを失った後、4度カベジェラ戦を行い、戦績は2勝1敗1分け。
サム・アドニス選手は昨年6月にCMLLに登場以来、初めてのカベジェラ戦。
トランプ大統領の顔がプリントされた星条旗を振りながら入場するトランプ支持者キャラで大ブレイク。
先週からは星条旗に加え、1992年にブルー・パンテル選手にマスクを奪われた同じアメリカ人レスラー、ラブ・マシーン選手のマスクまで被り始めました。
8月4日のアレナ・メヒコは大メヒコ・コール、そしてサム・アドニス選手への大ブーイングで包まれることでしょう。
8月19日に後楽園ホールで開催されるウルティモ・ドラゴン選手30周年記念LUCHA FIESTA 2017で初来日予定のサム・アドニス選手、ブルー・パンテル選手に敗れることになれば、丸坊主で日本に来ることになってしまいます。


そして、CMLL創立84周年となるアニベルサリオがメキシコ独立記念日の9月16日の土曜に開催されることも発表されています。
現時点ではウルティモ・ゲレーロ選手とニエブラ・ロハ選手のマスカラ・コントラ・カベジェラか、もしくはニエブラ・ロハ選手とグラン・ゲレーロ選手のマスカラ・コントラ・マスカラが有力のような気がしますが、年間最大興行がどんなカードになるのか、今から楽しみで仕方ありません。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

2017年のカンペオン・ウニベルサルはボラドールが制覇 カベジェラ戦はピエロー勝利

ボラドールJr.選手vsウルティモ・ゲレーロ選手のカンペオン・ウニベルサル決勝戦、そしてピエロー選手vsバンジェリス選手のカベジェラ・コントラ・カベジェラと注目の2試合が組まれた7月14日のアレナ・メヒコ金曜定期戦。
ビッグマッチ並みの対戦カードと演出に“ルチャの殿堂”が大熱狂。

セミ前の第4試合で行われたのが、6月2日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で勃発したピエロー選手とバンジェリス選手の遺恨の決着戦。
先に入場したバンジェリス選手が白いスーツに身を包んだピエロー選手の入場時に急襲し、そのまま試合開始。
1本目は白スーツを脱ぐ間も与えず、バンジェリス選手がフィッシャーマンズ・スープレックスで先取。
2本目はピエロー選手がコーナーからのダイビング・セントーンで取り返し、1対1のイーブンに。
決勝の3本目、ピエロー選手が足を抱え込んでのツームストン・パイルドライバーでバンジェリス選手を沈めて勝利。
タイトルマッチやコントラ戦ではセコンドが1人ずつ付くのがCMLLの慣例ですが、この試合はピエロー選手がいつものようにペケーニョ・ピエロー選手とペケーニョ・ビオレンシア選手を帯同して来た他は両選手ともセコンドは付かず、予想されたロス・インゴベルナブレスの介入もなく、ゴツゴツと荒々しい試合ではありましたが、非常にクリーンな試合となりました。

image
決着がついた後にこの日は試合が組まれていなかった長男ルーシュ選手が父の勝利を祝福する為に登場。
バンジェリス選手が髪を刈られましたが、さらに攻撃を加えることもありませんでした。
そして「2代目ラ・ソンブラ」はまたも現れず。
やはり、ルチャドールとして試合することなく、このまま消えるのか?


注目度の高い2つの試合に挟まれて行われたのがセミのカリスティコ選手&ミスティコ選手&ドラゴン・リー選手のアイドルトリオとメフィスト選手&エフェスト選手&ルシフェルノ選手のロス・イホス・デル・インフィエルノの6人タッグ。

image
image
白地に金のマスクとコスチュームに揃えてきたアイドルトリオが3人同時に放ったスーパーダイブにアレナ・メヒコの観客も大歓声。
ルードチームの受けの良さもあり、アイドルトリオの3人が大空中戦を展開し、存分に魅力を発揮して、最後はカリスティコ選手のラ・ミスティカで勝利。
ライブ配信の映像では確認出来ませんでしたが、メインの試合前に実況陣から「ジュビア・デ・ディネロ」の言葉が発せられていたので、相当なおひねりが飛んだようです。
華やかなアイドルトリオの大活躍にこのトリオでロス・イホス・デル・インフィエルノの保持するナショナル6人タッグのベルトに挑戦表明して欲しいと思いましたが、アピールせずに退場。
ミスティコ選手がボラドールJr.選手、バリエンテ選手とのスカイ・チームでCMLL世界6人タッグを持っているうちはアイドルトリオの本格始動は難しいのかもしれません。


メインのカンペオン・ウニベルサル決勝戦。
今年はテクニコとルードのトップ中のトップであるCMLL世界6人タッグ王者のボラドール選手とNWA世界ヒストリック・ミドル級王者のウルティモ・ゲレーロ選手が予選を勝ち上がり、また提携団体の新日本プロレスとROHからの参戦がなかったことでCMLL最強戦士決定戦の色濃い“宇宙一決定戦”となりました。
1本目をゲレーロ選手がプルポ・ゲレーロで先取。
2本目はボラドール選手がカナディアン・デストロイ的な高速回転エビ固めでイーブンに。
決勝の3本目、互いに得意技、必殺技を繰り出す一進一退の攻防のなか、なんとゲレーロ選手はオカダ・カズチカ選手のレインメーカーまで披露するシーンもありました。
最後はボラドール選手がコーナーからのスパニッシュフライで激闘に終止符。

image
image
2009年から始まったトルネオ・カンペオン・ウニベルサル。
ボラドール選手は7度目の出場にして初制覇し“宇宙一”の赤いベルトを腰に巻きました。
試合後はゲレーロ選手と健闘を讃え合いノーサイド。
この試合もまた、おひねりが飛びかいました。

この日の全試合の映像はこちらで視聴出来ます。
また、新日本プロレスワールドでは7月19日 (水) 19時からこの大会が日本語実況で配信される予定です。


暦は7月に入っていますが、この日のアレナ・メヒコ金曜定期戦はCMLLの上半期の集大成的な素晴らしい大会となりました。
今年は暗いニュースも飛び込んでは来ましたが、CMLLはやっぱり素晴らしいと改めて思えた大会でした。
2ヶ月後の9月には新日本プロレスから小島聡選手とジュース・ロビンソン選手、ROHからマット・ターバン選手、そしてキング・ハク選手を招聘してグランプリを開催。
さらにその先には年間最大興行のアニベルサリオが待ち構えています。
いよいよCMLLが1年で最もヒートアップする季節を迎えようとしています。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

カンペオン・ウニベルサル決勝戦はボラドールJr.vsウルティモ・ゲレーロ

image
7月7日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で行われたトルネオ・カンペオン・ウニベルサルの予選2週目は参戦予定だったナショナル・ライトヘビー級王者アトランティス選手が前週に傷めた膝の負傷で欠場し、急遽オクシデンテ・ヘビー級王者のディアマンテ・アスール選手が代打出場することになりました。
2週目を勝ち上がり、1週目の勝者ボラドールJr.選手と決勝戦で激突するのは“OTRO NIVEL”ウルティモ・ゲレーロ選手となりました。

ウルティモ・ゲレーロ選手の予選2週目の決勝の相手はロス・ゲレーロス・ラグネロスを離脱し、テクニコに転向した因縁深きニエブラ・ロハ選手でした。
ニエブラ・ロハ選手がレフェリーの死角をつき放った急所蹴りをキャッチ、直後にニエブラ・ロハ選手のマスクを剥ぎ取り丸め込んでウルティモ・ゲレーロ選手が3カウント奪取。
「ゲレーロスを抜けるなら、俺のデザインを使ったマスクを脱げ」と真っ当な主張を続けているウルティモ・ゲレーロ選手は試合中にニエブラ・ロハ選手のマスクを破ってもいました。

image
image
試合後は両選手ともマスカラ・コントラ・カベジェラをマイクアピール。
徐々に近付いてきた9月の年間最大興行アニベルサリオへ向けて、ますますこの抗争から目が離せません。

予選2週目のトーナメントの前の第3試合に組まれたのは、こちらはアニベルサリオを待つことなく、翌週14日のアレナ・メヒコ金曜定期戦でカベジェラ・コントラ・カベジェラで雌雄を決することが決定しているピエロー選手とバンジェリス選手の前哨戦。
ピエロー選手は長男ルーシュ選手とリッペル選手と、一方のバンジェリス選手はショッケル選手とテリブレ選手とのトリオでした。
カベジェラ戦を1週間後に控え、前週6月30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦と7月3日のアレナ・プエブラ月曜定期戦に出現した「2代目ラ・ソンブラ」が3度登場し、バンジェリス選手に大ダメージを与えるべく、今度こそ試合に介入するのではないかと注目していましたが、入場ゲートに姿を現わすことさえなく、謎は深まるばかりですが、こうなるとかえってカベジェラ戦当日のロス・インゴベルナブレスの動向がますます不気味になってきます。

image
この日の前哨戦はインゴベルナブレス側が用意していたテープでバンジェリス選手をロープにぐるぐる巻きにして動けなくした上で集団暴行。
荒れに荒れまくった試合は両軍とも反則で1本ずつとられた後の3本目、ピエロー選手がメリケンサックでバンジェリス選手を殴り、ピンフォール勝ち。

image
バンジェリス選手は失神して担架退場となってしまいました。

image
第2試合では対戦相手のマスクをひっぺがすのみならず、奪ったマスクを自ら被る怪行動で注目されつつある“他人のマスク被りたがりルチャドール”ミステリオッソJr.選手が対戦チームで唯一のマスクマンのペガソ選手のマスクをやっぱり奪って被ってしまいました。
これで犠牲者は7人目!

今まではアレナ・メヒコ金曜定期戦はClaro Sportsでライブ配信され、アーカイブは残りませんでしたが、数週前からはClaro Sportsでライブ配信された後、YouTubeのCMLL公式アカウントにアップされるようになりました。
これでライブ配信を見逃しても好きな時間にいつでも金曜定期戦が見られます。

7月7日分はこちらです。

image
そして7月14日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のカードが発表されました。
メインはもちろんカンペオン・ウニベルサル決勝戦、ボラドールJr.選手vsウルティモ・ゲレーロ選手のCMLL頂上決戦。
ボラドール選手の初制覇なるか?
それともウルティモ・ゲレーロ選手が'09年と'14年に続く3度目の制覇となるか?

セミは1ヶ月後に来日を控える“神の子”カリスティコ選手がミスティコ選手とドラゴン・リー選手の兄弟とアイドルトリオを結成、メフィスト選手&エフェスト選手&ルシフェルノ選手のロス・イホス・デル・インフィエルノと対戦。

第4試合はピエロー選手vsバンジェリス選手のカベジェラ戦。
バンジェリス選手のロス・インゴベルナブレス入りのアピールをルーシュ選手&ピエロー選手の親子が「顔じゃねぇよ!」と拒絶したことに端を発する因縁抗争の決着戦。
ピエロー選手からすれば、今年の3月17日のオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスでディアマンテ・アスール選手に敗れてマスクを失ったばかりですから、ここは何がなんでも髪の毛は守りたいところ。
バンジェリス選手にとってはCMLLで初めて訪れたビッグチャンス。
ピエロー選手を丸坊主にして名をあげたいとろこでしょう。

第3試合には先日のテレビ朝日の深夜番組「お願い!ランキング」で二階堂綾乃さんがイケメンレスラー第3位に選んだソベラノJr.選手が登場します。
カンペオン・ウニベルサルは強豪揃いで予選2週目1回戦のニエブラ・ロハ戦で残念ながら敗退してしまいましたが、ソベラノ選手は若くこれからどんどん進化していく無限の可能性を秘めた発展途上のルチャドール。
今後、王子には何回だってチャンスはあると思います。

ビッグマッチ並みの豪華カードが並んだ14日の金曜定期戦。
ここが物語の1つの終着点であり、また始発点でもあります。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

病と闘うオーストラリアン・ウルフ選手

image
昨年9月“神の子”カリスティコ選手が優勝したみちのくプロレスの第6回ふく面ワールドリーグ戦。
この4年に1度のマスクマンの祭典にオーストラリア代表としてエントリーされたのがオーストラリアン・ウルフ選手でした。
ふく面ワールドリーグ戦の前、8月27日の新木場1stRING大会でもウルフ選手の試合を観ましたが、この時はマスクマンなのでもちろん注目はしてはいましたが、正直なところ特別な印象は残らず、一緒に観戦した友人が言っていた「小学生が描いたようなマスクのデザイン」に納得したりもしていました。
複雑化するルチャドールのマスクデザインを見慣れているせいか、後にウルヴァリンがモチーフであることを知りますが、そのあまりにもスッキリ過ぎるウルフ選手のマスク
デザインはどこかユーモラスにも感じました。
第6回ふく面ワールドリーグ戦では開幕戦の後楽園ホール大会で1回戦のエイサー8選手に敗れ、ここでもインパクトは残せず。
ところが、開幕戦の後にみちのくプロレスの本拠地である東北を巡業している間に自分の中で印象がガラリと変わる出来事がありました。


このツイートでウルフ選手の人柄に惹かれ始めました。

image
また、ほぼ毎年ファンタスティカマニアの後に作っている全参加ルチャドールへの感謝を込めた画像をふく面ワールドの参加選手でも作ったところ、ウルフ選手がとても気に入ってくれたことをSNSで知りました。
こうなると俄然、マスクマンの分身であるマスクが欲しくなってしまいます。
幸い、ふく面ワールドリーグ戦の後も日本滞在は続き、10月22日の新木場1stRINGにも参戦。
思い切ってウルフ選手本人にマスクを譲ってもらえないか直接交渉し、試合後に入手することに成功しました。

image
image
どのマスクが良いか、こちらの希望は伝えてはいませんでしたが、用意してくれていたマスクはなんと1番欲しかった、ふく面ワールド開幕戦のエイサー8選手戦の他、度々被っていたウルフ選手のトレードカラーと言える緑地に黄色の縁取りのマスクで、本人も「ふく面ワールド開幕戦の後楽園ホールで被ったマスク」と言っていました。

image
その場でサインを入れてもらい、プレゼント用に作ったオリジナルTシャツを着用してもらい、左手にマスクを持ってもらって記念撮影。
この時は本当に天にも昇る心地でした。
もちろん、これが初めて入手したオーストラリア人マスクマンのマスクです。


みちのくプロレスの常連外国人のウルフ選手。
今年も8月11〜26日の参戦が発表され、再来日決定をウルフ選手本人も私も喜んでいました。
しかし、好事魔多しとはこのことか。
この後、ウルフ選手は体調不良を訴え、病院へ。
検査の結果は脳腫瘍。

6月10日にはウルフ選手の招聘でみちのくプロレスからKen45°選手、のはしたろう選手、ヤッペーマン1号選手、ヤッペーマン2号選手がオーストラリアの団体QWAに遠征。
ウルフ選手は盟友のティム・ケイド選手とのタッグでヤッペーマン1号選手と2号選手と対戦。
この時に被ったマスクは同じオーストラリア出身でCMLLでも活躍し、残念ながらガンにより若くして亡くなったトンデル選手のデザインを取り入れたコラボマスクでした。
「病を克服して友人の分まで生き、そしてリングで闘う」というウルフ選手の想いが込められていたように感じました。




また、この時にウルフ選手のデビュー15周年のお祝いにみちのくプロレスから額にはみちのくプロレスのロゴマーク、左右にはオーストラリアと日本の国旗が縫い付けられたマスクがプレゼントされました。
このマスクを受け取り、被ったウルフ選手がどれだけ嬉しかったか。
また、病気と闘う勇気を得たことか。

この試合後、病気治療に専念する為にしばらくの欠場。
楽しみにしていた来日は断念せざるを得なくなりました。

ウルフ選手は病気に勝ち、リング復帰を念願しています。
彼が愛してくれている日本では今後、愛するみちのくプロレスの所属として活動することも発表されました。
1日も早い病気完治とリング復帰を祈ります。
そして、みちのくプロレスのリングで再びウルフ選手の勇姿が見られることを願っています。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

「2代目ソンブラ」再び現る

先週6月30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦にロス・インゴベルナブレスのルーシュ選手、ピエロー選手とともに突如現れた「2代目ラ・ソンブラ」。
今週7月7日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のルーシュ選手とピエロー選手のパートナーがリッペル選手と発表され「2代目ソンブラ」の名がなかったことから、この1回限りの登場の可能性が高いのではないかと思っていました。

image
image
image
しかし、謎の男は再び現れました!
7月3日アレナ・プエブラ月曜定期戦のメインに組まれたカードはウルティモ・ゲレーロ選手&ルーシュ選手&ピエロー選手vsショッケル選手&テリブレ選手&レイ・ブカネロ選手。
最初に入場して来たルーシュ選手とピエロー選手の前を歩くのは前回と違い黒いオーバーマスクとインゴベルナブレスのTシャツを着用していない「2代目ソンブラ」。
ピエロー選手と7月14日にカベジェラ・コントラ・カベジェラで雌雄を決するバンジェリス選手の名がこの日の対戦相手にはなく、またライブ配信があるとは言え、アレナ・メヒコに比べれば注目度が低いプエブラに登場するとは意外でした。
今回も本家ラ・ソンブラ選手がかつて被っていた目の部分にピンホールメッシュが入っていない初期のデザインのマスクを着用。
前記のように今回はTシャツを着用していなかったので上半身が露わになりました。
この体型や肌の色から思いつく正体に心当たりはありませんが、マスクから覗く目元や肉体からかなり若い選手のように感じます。
そして今回もまた試合が始まる前には、まさに影の如くバックステージへと消えて行きました。
正体とともに、この謎の男を登場させたインゴベルナブレスの目的、思惑は全くわからないまま。
次にこの謎の男が出現するのは、いったいいつになるのか?
「2代目ソンブラ」とインゴベルナブレスの今後の動向にますます注目せざるを得ません。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

トルネオ・カンペオン・ウニベルサル予選2週目

image
7月7日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のカードが発表されました。
メインは“宇宙一決定戦”トルネオ・カンペオン・ウニベルサルの予選2週目。
参加選手は以下の8人です。

●アトランティス選手 (ナショナル・ライトヘビー級)
●ウルティモ・ゲレーロ選手 (NWA世界ヒストリック・ミドル級)
●マルコ・コルレオーネ選手 (CMLL世界ヘビー級)
●メフィスト選手 (CMLL世界ウェルター級 ナショナル6人タッグ)
●ニエブラ・ロハ選手 (CMLL世界ライトヘビー級)
●ミスティコ選手 (CMLL世界6人タッグ)
●ソベラノJr.選手 (ナショナル・ウェルター級)
●エフェスト選手 (ナショナル6人タッグ)

やはり、今年は提携団体の新日本プロレスとROHからの参戦はなく、CMLL最強戦士決定戦となりました。
前週の予選1週目を勝ち上がったボラドールJr.選手と14日の決勝戦で激突するのは誰になるのか?
なんとなくではありますが、ウルティモ・ゲレーロ選手かメフィスト選手が予選2週目を勝ち上がる気がしています。
心情としてはソベラノ選手を応援していますが、現状ではまだまだここは敷居が高過ぎると感じています。
並み居る強豪との対戦経験はますますソベラノ選手の成長に拍車をかけると思います。

セミには6月30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で「2代目 (?) ラ・ソンブラ」を登場させたルーシュ選手&ピエロー選手のロス・インゴベルナブレスが今度はリッペル選手とのトリオでショッケル選手&テリブレ選手&バンジェリス選手と対戦。
ピエロー選手vsバンジェリス選手のカベジェラ・コントラ・カベジェラを翌週に控えるインゴベルナブレスが次に仕掛ける手はいったい何なのか?
謎の黒覆面の男「2代目ソンブラ」がカードに組み込まれるのか、発表を楽しみにしていました。
リッペル選手とのトリオが発表されたことに加え、衝撃的な登場をしたわりに入場するバンジェリス選手を襲撃したピエロー選手に加勢した後はセコンドに付くこともなく、あっさりとバックステージに消え、その後も姿を現さなかったことを考えると「2代目ソンブラ」が即インゴベルナブレス入りはなさそうな気配。
バンジェリス選手への陽動作戦要員だったのでしょうか?

image
セミ前の第2試合には“他人のマスク被りたがりルチャドール”ミステリオッソJr.選手が登場。
今回の対戦相手にマスクマンはペガソ選手しかいませんが、ソベラノ選手、ゲレーロ・マヤJr.選手、フエゴ選手、ストゥーカJr.選手、ドローン選手に次ぐ6人目の犠牲者になってしまうのか要注目です。
対戦相手のマスクを剥がしては自ら被ってしまう怪行動を続けるミステリオッソ選手。
この怪行動が話題となり、ついにはソベラノ選手のマスク以外を持参して、毎週話題のルチャドールが登場するインフォルマにゲスト出演。
“マスクハンター”というよりもミステリオッソ選手の悪ふざけやイタズラに見えてしまうのは自分だけでしょうか?
前代未聞の怪行動にどこかコミカルさが感じられるのはミステリオッソ選手の陽気な性格がリング上で解放されたからではないかと思うのです。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

アレナ・メヒコにラ・ソンブラ現る!?

“宇宙一決定戦”トルネオ・カンペオン・ウニベルサルの予選1週目が行われた6月30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で事件勃発!

この日のセミは7月14日のアレナ・メヒコでカベジェラ・コントラ・カベジェラで激突することが発表されたピエロー選手とバンジェリス選手の前哨戦。
カードはルーシュ選手&ピエロー選手&ミステリオッソJr.選手vsテリブレ選手&レイ・ブカネロ選手&バンジェリス選手。
最初に入場したのは、ここのところソベラノJr.選手やゲレーロ・マヤJr.選手、フエゴ選手、ストゥーカJr.選手、ドローン選手と対戦相手のマスクを引っぺがすのみならず、引っぺがしたそのマスクを自ら被るという謎の行動を続けて、“他人のマスク被りたがりルチャドール”として話題になっているミステリオッソJr.選手。
この日は黒地に蛍光グリーンの新しいマスクで登場し「それゲレーロスのカラーじゃん」なんて思っていたら…。
その後にルーシュ選手とピエロー選手がいつものようにペケーニョ・ピエロー選手とペケーニョ・ビオレンシア選手を伴って入場。
いや、もう1人、謎の黒覆面の男がいる!
黒覆面の男は上半身はロス・インゴベルナブレスのTシャツ、下半身はアレナ・メヒコからアメリカへ旅立って行ったルーシュ選手の盟友と同じロングタイツを着用していました。
そのままリングに上がり、黒覆面を脱ぐと、そこに現れたのはやはり、ラ・ソンブラ選手のマスク!
ルーシュ選手、ピエロー選手、さらにはミステリオッソ選手ともインゴベルナブレス流に拳を合わせました。

image


ただし、そのマスクは目の部分にピンホールメッシュの入っていないソンブラ選手が初期に被っていたデザイン。
ルーシュ選手にも見劣りしない屈強な肉体の持ち主ではありますが、肌の色や筋肉のつき方から、あのソンブラ選手ではないことは明らかです。
これはカベジェラ戦に向けたインゴベルナブレスの陽動作戦でしょう。
今だにCMLLのHPではラ・ソンブラ選手の画像が使われている箇所もあることから「ラ・ソンブラ」のリングネームの権利はCMLLが保有しているものと思われます。
この試合ではバンジェリス選手の入場を他の選手とともに襲撃した後は静かにバックステージへと消えて行きましたが、この黒覆面の男、インゴベルナブレスの新メンバーなのか?
そして、このまま2代目ラ・ソンブラとして闘うのか?
それとも…?
ピエロー選手vsバンジェリス選手のカベジェラ戦の行方のカギを握るかもしれない黒覆面の男の今後の動向に要注目です。

6月30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦はこちらで全試合視聴可能。
「2代目ラ・ソンブラ」出現のセミの試合は1時間21分過ぎから始まります。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

宇宙一決定戦 トルネオ・カンペオン・ウニベルサル

image
“CMLL版G1”とも言われる「トルネオ・カンペオン・ウニベルサル」が6月30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で開幕します。
「トルネオ・カンペオン・ウニベルサル」とは2009年から開催されているトーナメントでエントリーされるのはカンペオン=チャンピオンのみ。
カンペオンの中のカンペオンを決める、まさに最強戦士決定戦。
今年は6月30日に予選1週目、7月7日に予選2週目が行われ、1週目と2週目に勝ちがあった選手が7月14日に決勝戦で激突するスケジュール。
まずは6月30日の予選1週目の参加8選手が発表されました。

●ボラドールJr.選手 (NWA世界ヒストリック・ウェルター級 CMLL世界6人タッグ)
●ドラゴン・リー選手 (CMLL世界ライト級)
●アンヘル・デ・オロ選手 (CMLL世界ミドル級)
●バリエンテ選手 (CMLL世界6人タッグ)
●ネグロ・カサス選手 (CMLL世界タッグ)
●ショッケル選手 (CMLL世界タッグ)
●ルシフェルノ選手 (ナショナル6人タッグ)
●エチセロ選手 (NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級)

今年は「カンペオン・ウニベルサル」と合わせて「コパ・ボビー・ボナレス」(ボビー・ボナレス杯) とCMLLの前身であるEMLLの創生期に活躍した選手の名を冠したトーナメントになりました。


予選2週目の参戦選手は例によって発表されてはいませんが、今年は提携団体の新日本プロレス、ROHからの参戦は残念ながらないようですので、現在のタイトル保持者から以下の8選手になると思われます。

●アトランティス選手 (ナショナル・ライトヘビー級)
●ウルティモ・ゲレーロ選手 (NWA世界ヒストリック・ミドル級)
●マルコ・コルレオーネ選手 (CMLL世界ヘビー級)
●メフィスト選手 (CMLL世界ウェルター級 ナショナル6人タッグ)
●ニエブラ・ロハ選手 (CMLL世界ライトヘビー級)
●ミスティコ選手 (CMLL世界6人タッグ)
●ソベラノJr.選手 (ナショナル・ウェルター級)
●エフェスト選手 (ナショナル6人タッグ)


過去8年のカンペオン・ウニベルサルを制し、赤いベルトを腰に巻いた歴代覇者を記しておきます。

2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手

王者の中の王者を決めるトーナメントだけあって、ライガー選手や棚橋選手をはじめ、強豪の名が並びますが、その中でも複数年このトーナメントを制覇しているのはウルティモ・ゲレーロ選手ただ1人。
今年、宇宙一の栄冠に輝くのはいったい誰だ!?




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ