ドラゴン・リー選手がCMLL世界ライト級王座返上 新王者決定戦にカワト選手もエントリー

738C0751-F839-4696-B8B7-7C2103DB3423
長期の日本遠征を終え、先週6月14日のアレナ・メヒコ金曜定期戦でCMLLマットに帰ってきたドラゴン・リー選手。
今回の日本遠征の最終戦となった9日の大阪城ホール大会ではBEST OF THE SUPER Jr. 26覇者ウィル・オスプレイ選手と大激闘の末、惜しくも敗れてIWGPジュニアヘビー級王座から陥落。
ベルトを守り続け、IWGPジュニア王者として相思相愛の最高のライバルである盒競劵蹈狒手の復帰を待つと固く信じていただけに残念でなりません。
そして、そのヒロム選手のメキシコ武者修行時代のカマイタチ選手とのライバルストーリーを語るうえで欠かすことの出来ない、文字通りリー選手とカマイタチ選手の血と汗と涙が染み込んだCMLL世界ライト級のベルトをリー選手が返上することになりました。


ライト級の体重を上回ってしまっていること、そしてこの階級に素晴らしい才能を持つ選手がいることを理由に返上を表明。
2015年4月にアレナ・メヒコでヴィールス選手から奪取し第13代王者として初戴冠。
6月にオアハカ、7月にアレナ・プエブラ、8月と12月にアレナ・メヒコでいずれもカマイタチ選手に4度防衛した後、2016年1月23日にファンタスティカマニア後楽園ホール大会で前王者のヴィールス選手の挑戦を退けた後、極秘帰国していたカマイタチ選手がリー選手を急襲。
この乱入劇を受けて翌日のファンタスティカマニア最終戦でCMLLで生まれた名勝負数え唄ドラゴン・リー選手vsカマイタチ選手のCMLL世界ライト級王座戦が緊急決定。
アレナ・メヒコを大熱狂させた名勝負数え唄は日本の聖地、後楽園ホールも大爆発させ、カマイタチ選手がついにリー選手から勝利し、第14代王者に。
生で目撃出来たこの2日間はたくさんの素晴らしい思い出が残る毎年毎年のファンタスティカマニアの中でも忘れられない出来事の1つとして脳裏に深く刻まれています。
この後CMLLへ戻った2人は3月にアレナ・メヒコでリターンマッチを行い、リー選手がベルトを奪還、第15代王者に。
3月にグアダラハラでバルバロ・カベルナリオ選手、8月に同じくグアダラハラでリー選手がアイドルだと語るネグロ・カサス選手、11月にプエブラでポルボラ選手に防衛。
2017年は1月のファンタスティカマニア後楽園ホール大会と4月のアレナ・メヒコでカベルナリオ選手に防衛。
2018年6月にアレナ・コリセオでルシフェルノ選手相手に6度目の防衛に成功後、ほぼ1年間防衛戦が行われていませんでした。
ライト級の体重を上回ってしまっているためとは書きましたが、CMLLでは現在各階級の上限を明文化したものはないと思われます。
もちろん最初からなかった訳ではないと思いますが、CMLLの魅力にハマったこの10年余りの期間にそういった類のものを見聞きしたことがありません。
実際にリー選手の防衛戦に名を連ねた挑戦者のカベルナリオ選手やルシフェルノ選手は現在のリー選手の体重よりも重いように見えます。
でもそこが良い意味でメキシコらしい、いい加減さ。
細かいことを気にするのはナンセンスにさえ思えてきます。
IWGPジュニア王者時代は超売れっ子らしく5本のベルトを保持していたリー選手。
今回のCMLL世界ライト級王座返上でリー 選手はCMLL世界ウェルター級、MLA (Mucha Lucha Atlanta) ヘビー級、KOI (KING OF INDIES) とそれでもまだ3本のベルトを保持。
CMLL世界ライト級からは「卒業」という表現がしっくりくるのかもしれません。


72021065-9784-4F63-ADB8-F3ECB1FDDDD2
リー選手が返上したベルトの新王者決定戦は23日のアレナ・メヒコ日曜定期戦で行われます。
ベルト獲得のチャンスが与えられた出場選手はフライエル選手、アウダス選手、スペル・アストロJr.選手、イホ・デル・ビジャノ形手、スタルJr.選手、エレクトリコ選手、カワト・サン選手、プリンシペ・ディアマンテ選手、アルコン・スリアーノJr.選手、ソニック選手の10選手。
テクニコが8人エントリーされたのに対してルードはイホ・デル・ビジャノ形手とカワト選手の2人のみ。
新日本プロレスから武者修行中のカワト選手に初タイトル獲得のチャンスが到来。
カワト選手以外は近未来のCMLLを担うであろうスペル・エストレージャ候補の活きの良い若手ばかり。
実績的には今年のファンタスティカマニアでともに初来日したフライエル選手とアウダス選手が抜けているように思います。

リー選手が返上したタイトルはCMLLのHPを確認するとPeso Ligero (=ライト級)と表記されています。〈Campeones/CMLL公式HP〉
しかし、今回の新王者決定戦の対戦カードのタイトル名の表記はPESO SUPER LIGERO (=スーパーライト級) 。
実はこのタイトル、上に貼ったリー選手の動画を見ていただくとわかると思いますが、ベルト自体に記載されている文字はSUPER LIGERO。
もともとはCMLL世界スーパーライト級として日本で誕生したベルトがいつからかCMLL世界ライト級のチャンピオンベルトになっていました。
ここが非常にわかりづらく、リー選手やカマイタチ選手が保持していた期間に日本でこのタイトルがライト級として扱われたり、スーパーライト級として扱われたりと混同された原因。
返上を表明した動画の中でリー選手自身も「スペル・リヘロ」と語っています。
日本時間で明日誕生する新王者はCMLL世界ライト級と紹介されるのか?
それともベルトの表記通りにCMLL世界スーパーライト級なのか?
どの選手が巻くことになっても、かつてのリー選手と同じようにこのベルトとともにルチャドールとして成長していくことでしょう。




“世界の獣神”原点の地へ最後の里帰り

0BC22749-DD9D-4D75-86CD-F5F74696DE26
来年1月の東京ドーム大会での引退を表明している獣神サンダー・ライガー選手の最後のCMLL出場が6月19日配信のインフォルマで発表されました。


インフォルマでの発表とほぼ同時にTwitterとFacebookのCMLLアカウントでインフォルマでも流れたライガー選手からのビデオメッセージがアップされました。
ライガー選手のCMLL出場は7月19日のアレナ・メヒコ金曜定期戦。
この日はビッグショーではないため、前週12日のアレナ・メヒコ金曜定期戦が終わってからの対戦カード発表となります。
2010年5月の新日本プロレス福岡大会でネグロ・カサス選手からCMLL世界ミドル級王座を奪取し、第16代王者となったライガー選手はラ・ソンブラ選手に2度、マスカラ・ドラダ選手、テハノJr.選手を相手に4度防衛。
王者の中の王者を決める2010年のカンペオン・ウニベルサルに出場、ソンブラ選手との決勝戦に勝利して「宇宙一」の赤いベルトを腰に巻きました。
2013年5月の後楽園ホール大会では棚橋弘至選手と組み、タマ・トンガ選手&テリブレ選手からCMLL世界タッグを奪取して第34代王者組に輝いています。
今年の9月に創立86周年を迎えんとする世界最古の団体、CMLLの歴史にもライガー選手の名は深く刻み込まれています。

7月19日のアレナ・メヒコは観客からライガー選手へ大声援が送られることでしょう。
バックステージでは様々なルチャドールから記念撮影をせがまれるような気がします。
獣神最終章メキシコ編、今からどんなカードが組まれるのか楽しみで仕方ありません。




OKUMURA選手がスペインで復帰戦

FE27FBE0-8E42-4F62-ADB8-BC2F37B5A12C
3月2日のアレナ・コリセオ土曜定期戦に出場後、虫垂炎を患い欠場中のOKUMURA選手。

AE242C93-F44A-41BD-B1D3-5E34DC00B3D9

6月21日と22日にアトランティス選手とアトランティスJr.選手の親子とともに遠征するスペインで復帰が決定しました。〈OKUMURAのスペインでの復帰戦が決定、現状などコメントを発表!/プロレスTODAY〉

先週12日に配信されたインフォルマにアトランティス選手とゲスト出演。
OKUMURA選手の出演は51分22秒から

CMLLに遠征した小林香萌選手や本間多恵選手の通訳として度々インフォルマに出演したり、OKUMURA選手自身のSNSを見ていると激減してしまった体重も徐々に回復しているように感じていました。
スペイン遠征後の“Tifon de Osaka”のCMLLマット復帰を心から願っています。


そしてもう1つCMLLに新たなレフェリー誕生のニュースを。
5月31日のフイシオ・フィナルでヴィールス選手との敗者引退マッチに惜しくも敗れ、27年のルチャドールとしてのキャリアに幕を下ろしたメタリコ選手。
こちらも12日のインフォルマで発表がありましたが、18日のアレナ・メヒコ火曜定期戦の第1試合で「ティグレ・インファンテ」の名でレフェリーとして第2の人生を歩み始めました。






決勝戦はルーシュ選手&ベスティア・デル・リング選手vsアンヘル・デ・オロ選手&ニエブラ・ロハ選手 コパ・ディナスティアス

86B958CE-6A58-41E8-A2D0-B21BF3F1506F
6月14日のアレナ・メヒコ金曜定期戦でコパ・ディナスティアスの予選2週目が行われました。

コパ・ディナスティアス予選2週目は1時間17分53秒から

●ミスティコ選手 (兄) &ドラゴン・リー選手 (弟)

●ウルティモ・ゲレーロ選手 (兄) &グラン・ゲレーロ選手 (弟)

●アンヘル・デ・オロ選手 (弟) &ニエブラ・ロハ選手 (兄)

●マスカラ・アニョ・ドスミル選手 (おじ) &サンソン選手 (甥)

以上の4チームがエントリー。
アンヘル・デ・オロ選手、ドラゴン・リー選手、サンソン選手、グラン・ゲレーロ選手の順に入場し、組み合わせを決めるバトルロイヤルを行い、1回戦はオロ選手&ロハ選手vsウルティモ・ゲレーロ選手&グラン・ゲレーロ選手、ミスティコ選手&リー選手vsドスミル選手&サンソン選手と決定。

ミスティコ選手とリー選手のエルマノス・リーは互いのデザインをミックスさせた銀黒ハーフのコラボマスクをコパ・ディナスティアスのために用意していました。


有力候補の一角と思われたゲレーロ兄弟が早々に敗れ、1回戦を勝ち上がったのはオロ選手&ロハ選手のエルマノス・チャベスとエルマノス・リー。
テクニコの兄弟同士の対決はエルマノス・チャベスが勝利し、予選2週目を勝ち上がりました。


予選1週目をルーシュ選手&ラ・ベスティア・デル・リング選手が勝ち上がった時点でさすがに決勝戦でのムニョス家対決はないだろうなとは思いつつも、ムニョス家だからこそ揃って決勝戦に進出、リングに上がれば親子も兄弟も関係ねぇ!とばかりに物凄い激闘を繰り広げてくれるのではないかとの期待もありました。

A91AA604-FF5B-4155-8BD3-95C4278D43AE
21日に予定される決勝戦のカードはルーシュ選手&ベスティア・デル・リング選手のディナスティア・ムニョスvsオロ選手vsロハ選手のエルマノス・チャベスに決定。
予選は1本勝負でしたが、決勝戦は3本勝負で行われます。

3D602440-3C1E-43DD-8A72-559333A43112
決勝戦のカードで思い出すのが今年3月15日に開催されたビッグショー、オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスのメインで行われたロハ選手&オロ選手vsテリブレ選手&ベスティア・デル・リング選手のカベジェラス・コントラ・カベジェラス。
エルマノス・チャベスが辛勝し、ロス・インゴベルナブレスの2人が丸坊主となった一戦。
ルーシュ選手としてはインゴベルナブレスとして、またムニョス家としてこの時の仇を討ちたいところでしょう。
制御不能な親子のリベンジなるか?
それとも再びエルマノス・チャベスが勝ち名乗りを受けるのか?
今年から始まったコパ・ディナスティアスを制するのはいったいどちらのチームになるのでしょう?




ルーシュ選手&ベスティア・デル・リング選手が決勝戦進出 コパ・ディナスティアス予選1週目

7394F8C7-E5A5-4E3F-A3E7-62D0BAA27B3E
6月7日アレナ・メヒコ金曜定期戦で最強のファミリータッグを決める新たなトーナメント、コパ・ディナスティアスがスタート。

コパ・ディナスティアス予選1週目は1時間46分23秒から

●ボラドールJr.選手 (おじ) &フライエル選手 (甥)

●ルーシュ選手 (息子) &ラ・ベスティア・デル・リング選手 (父)

●ネグロ・カサス選手 (兄) &フェリーノ選手 (弟)

●エウフォリア選手 (父) &ソベラノJr.選手 (息子)

上記4チームが参戦し、まずはフライエル選手、ソベラノ選手、フェリーノ選手、ベスティア・デル・リング選手が登場して試合順を決めるバトルロイヤルを行い、1回戦はボラドール選手&フライエル選手vsカサス選手&フェリーノ選手、エウフォリア選手&ソベラノ選手vsルーシュ選手&ベスティア・デル・リング選手と決定。

39F77696-C29A-4127-987B-DED4D30EC2B7
こういったタッグトーナメントは各チームがお揃いのハーフやコラボのマスク、コスチュームを着用するのも楽しみの1つ。
ボラドール選手はフライエル選手とのハーフマスクで入場。
エウフォリア選手とソベラノ選手はソベラノ選手が今年のファンタスティカマニア最終戦で被ったものと同じキラキラのスパンコール生地のマスクでした。
ルーシュ選手とベスティア・デル・リング選手はベスティア・デル・リング選手の前身のピエローカラーの黄色と黒のコスチュームでルーシュ選手のショートタイツの後ろには漢字で「猛牛」の文字が入っていました。

最も注目していたエウフォリア選手とソベラノ選手の普段は組むことのない親子タッグはルーシュ選手とベスティア・デル・リング選手の制御不能な親子との1回戦で残念ながら敗退。
親子揃って嬉しそうに入場し、試合に負けてしまった後は互いにいたわり合い、2人揃って両手をあげるとアレナ・メヒコの観客からあたたかい大歓声が降り注いだシーンに胸が熱くなりました。
これを機にたまには組めるようになると良いなと心から思います。

1回戦を勝ち上がったボラドール選手&フライエル選手vsルーシュ選手&ベスティア・デル・リング選手の対戦はルーシュ選手&ベスティア・デル・リング選手が勝利し、21日に予定されている決勝戦へと駒を進めました。
実力的に見れば予選1週目の大本命に思えたルーシュ選手&ベスティア・デル・リング選手ですが、きっといつものようにやりたい放題に暴れるだけ暴れて対戦チームを痛めつけたあとは急所攻撃かマスク剥ぎで反則負けになると予想していたので、この結果はちょっと意外でした。
一族の威信がかかったトーナメントだけに内容だけではなく結果も求めているのかもしれません。


86B958CE-6A58-41E8-A2D0-B21BF3F1506F
14日に行われる予選2週目の参加チームは5日に配信されたインフォルマで先行して2チームが、残り2チームは7日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のライブ配信中に実況陣から発表されました。

●ミスティコ選手 (兄) &ドラゴン・リー選手 (弟)

●ウルティモ・ゲレーロ選手 (兄) &グラン・ゲレーロ選手 (弟)

●アンヘル・デ・オロ選手 (弟) &ニエブラ・ロハ選手 (兄)

●マスカラ・アニョ・ドスミル選手 (おじ) &サンソン選手 (甥)


2DDA3EE1-8520-4065-9739-7120352D6375
惜しくもIWGPジュニアヘビー級王座から陥落したドラゴン・リー選手はこの日がCMLL復帰戦。
コパ・ディナスティアスと同趣旨でファンタスティカマニアで行われたCMLLファミリータッグトーナメント2019の優勝チームがミスティコ選手&ドラゴン・リー選手。
前年のCMLL兄弟タッグトーナメント2018の優勝チームがウルティモ・ゲレーロ選手&グラン・ゲレーロ選手。
兄弟タッグトーナメント2018の決勝戦はウルティモ・ゲレーロ選手&グラン・ゲレーロ選手vsミスティコ選手&ドラゴン・リー選手でこの時はゲレーロ兄弟が勝利。
ファミリータッグトーナメント2019を優勝したミスティコ&ドラゴン・リー選手が翌日に兄弟タッグトーナメント2018優勝チームのウルティモ・ゲレーロ選手&グラン・ゲレーロ選手とスペシャルマッチで対戦し、この時はミスティコ選手&ドラゴン・リー選手が勝利しました。
この2チームのうちどちらかが予選2週目を突破して決勝戦に進出することが濃厚だと思いますが、5月31日のフイシオ・フィナルでウルティモ・ゲレーロ選手とのカベジェラ・コントラ・カベジェラに敗れて丸坊主となったドスミル選手は虎視眈々と復讐を狙っていることでしょう。
そして、もしミスティコ選手&ドラゴン・リー選手が予選突破となれば決勝戦のカードはまさかのムニョス家対決となります。




【Campeones de CMLL】Mayo 2019

月に1度、各タイトルの動向を振り返るCampeones de CMLL。
CMLLで防衛戦が行われている主要タイトルの2019年5月末日現在のチャンピオン一覧、カッコ内は防衛回数と5月に行われたタイトルマッチです。

320C15D9-2345-4850-AE3A-5A421079FFBE

●カンペオン・ウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手
2017年 ボラドールJr.選手
2018年 未開催
2019年 テリブレ選手


●CMLL世界ヘビー級
第20代 ウルティモ・ゲレーロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ライトヘビー級
第16代 ニエブラ・ロハ選手 (5度防衛)

●CMLL世界ミドル級
第19代 クアトレロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第33代 ドラゴン・リー選手 (0度防衛)

●CMLL世界ライト級
第15代 ドラゴン・リー選手 (6度防衛)

●CMLL世界ミニ
第14代 ショッケルシート選手 (5度防衛)

●CMLL世界女子
第19代 マルセラ選手 (2度防衛 4月29日 アレナ・プエブラでメタリカ選手に防衛)

●CMLL世界タッグ
第41代 エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (0度防衛 5月31日 アレナ・メヒコでディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手から奪取 前王者組ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手は3度目の防衛に失敗)

A35A3FCA-1ADC-4A71-9C20-91F4A920CEBE
CMLL世界タッグ王座戦は1時間32分7秒から



CMLL世界6人タッグ
第30代 ウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (3度防衛 5月28日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでカリスティコ選手&ストゥーカJr.選手&ソベラノJr.選手に防衛)

9A6073D3-30D9-45CA-B344-78B4D155D11C



●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第7代 ストゥーカJr.選手 (2度防衛 )

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第8代 カリスティコ選手 (2度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第9代 ボラドールJr.選手 (2度防衛)


●ナショナル・ヘビー級
第65代 テリブレ選手 (4度防衛)

●ナショナル・ライトヘビー級
第71代 バルバロ・カベルナリオ選手 (1度防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第75代 ソベラノJr.選手 (6度防衛)

●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ選手 (4度防衛)

●ナショナル女子
第20代 メタリカ選手 (0度防衛)

ナショナル6人タッグ
第40代 サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手 (10度防衛)

参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉

5月の話題の中心は31日に開催されたビッグショーのフイシオ・フィナルでした。
遺恨決着戦としてカベジェラ・コントラ・カベジェラが2試合と敗者引退マッチが組まれたこともありタイトルマッチはフイシオ・フィナルでのCMLL世界タッグ、28日のグアダラハラでのCMLL世界6人タッグの2つのみでどちらもロス・ゲレーロス・ラグネロス絡み。
CMLL世界6人タッグ王座戦ではエウフォリア選手とソベラノJr.選手の親子がベルトをかけて激突する珍しい出来事もありました。
カリスティコ選手はNWA世界ヒストリック・ミドル級、ストゥーカ選手はNWA世界ヒストリック・ライトヘビー級、ソベラノ選手はナショナル・ウェルター級と挑戦者組は3人揃ってシングル王座を保持する実力者ではありますが、連携に勝るゲレーロスの牙城は崩せず。
ウルティモ・ゲレーロ選手がレイ・ブカネロ選手と3度、ドクトル・ワグナーJr.選手、アトランティス選手、ドラゴン・ロホJr.選手とパートナーを変え、通算6度もベルトを巻いたCMLL世界タッグ王座はエウフォリア選手もグラン・ゲレーロ選手も今回が初戴冠となりました。

6月のCMLLは新企画のコパ・ディナスティアス7日のアレナ・メヒコ金曜定期戦からスタート。

IMG_0797
IMG_0796
また、BEST OF THE SUPER Jr. 26に参戦した第84IWGPジュニアヘビー級チャンピオンのドラゴン・リー選手は9日のDOMINION大阪城ホール大会後、14日のアレナ・メヒコ金曜定期戦、ティタン選手は8日のアレナ・コリセオ土曜定期戦からそれぞれCMLLマットに復帰予定です。




6月7日コパ・ディナスティアス開幕

7394F8C7-E5A5-4E3F-A3E7-62D0BAA27B3E
5月31日に様々なドラマを見せたビッグショー「フイシオ・フィナル」を終えたCMLL。
6月7日のアレナ・メヒコ金曜定期戦からは新企画のコパ・ディナスティアスが始まります。
コパ・ディナスティアスは今年1月にファンタスティカマニアで行われたファミリータッグトーナメントと同じく血の繋がりのある選手のタッグが出場します。
6月7日と14日の2週にわたってそれぞれ4チームがエントリーし予選が行われ、勝ち上がった2チームが21日に決勝戦で激突するCMLLではお馴染みのスケジュール。

7日の予選1週目には以下の4チームがエントリーされました。

●ボラドールJr.選手 (おじ) &フライエル選手 (甥)

●ルーシュ選手 (息子) &ラ・ベスティア・デル・リング選手 (父)

●ネグロ・カサス選手 (兄) &フェリーノ選手 (弟)

●エウフォリア選手 (父) &ソベラノJr.選手 (息子)

ボラドール選手とフライエル選手はファンタスティカマニアのファミリータッグトーナメントにもエントリーされ、テクニコ同士でエレア・パーク選手やスペル・パルカ選手、イホ・デ・エレア・パーク選手のファミリア・レアルとしてタッグを組むことも多い間柄。
ルーシュ選手とベスティア・デル・リング選手はロス・インゴベルナブレス、カサス選手とフェリーノ選手はラ・ぺステ・ネグラと血縁関係に加えて同じユニットに所属。
他の3チームとは違い、テクニコとルードに別れているため普段は組むことのないのがエウフォリア選手とソベラノ選手の親子。
コパ・ディナスティアスの開催は5月16日に行われたフイシオ・フィナルについての記者会見で発表されましたが、この時に個人的に密かに期待していたのがエウフォリア選手とソベラノ選手の親子タッグの参戦でした。
カサス選手とフェリーノ選手、エウフォリア選手とソベラノ選手の2チーム参戦は他の2チームよりも先行して5月29日のインフォルマで発表。
この日は6月1日のアレナ・メヒコ日曜定期戦で行われるナショナル・ウェルター級王座戦の王者ソベラノ選手と挑戦者カサス選手が前半に、5月31日のフイシオ・フィナルでディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手の保持するCMLL世界タッグに挑戦するエウフォリア選手とグラン・ゲレーロ選手が後半にゲスト出演。
後半のエウフォリア選手とグラン・ゲレーロ選手の出演時に司会のフリオ・セサール・リベラ氏がソベラノ選手を呼び込み、コパ・ディナスティアスに親子での出場が発表されました。
嬉しそうに笑顔を浮かべる息子ソベラノ選手に対して父エウフォリア選手は感極まって言葉に詰まる場面もありました。



2017年のファンタスティカマニアに親子揃って来日。
ソベラノ選手はこの初来日を機に本国メキシコでめきめきと頭角を現し一気にスペル・エストレージャへ駆け上がりました。
インフォルマにゲスト出演した前日にはグアダラハラでカリスティコ選手&ストゥーカJr.選手とのトリオでウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手のロス・ゲレーロス・ラグネロスの保持するCMLL世界6人タッグに挑戦。
鉄壁の連携を誇るゲレーロスが防衛に成功しましたが、最近では息子ソベラノ選手が父エウフォリア選手と同じポジションまで上がってきたことで親子対決が珍しくなくなってきました。
「ソベラノJr.」の名は2007年までエウフォリア選手が名乗っていたリングネーム。
そしてマスク職人でもあるエウフォリア選手は自身のマスクとともにソベラノ選手のマスクのほとんどを製作してもいます。
様々なカラーバリエーションはあるものの頑なにほぼほぼ基本デザインを崩さない親子ですが、コパ・ディナスティアスでコラボやハーフのマスクを被るのか⁉︎
いずれも実力者揃いのトーナメントではありますが、エウフォリア選手とソベラノ選手の親子に大期待しています!

6C40FD99-10DE-43FF-B673-68F219A2D38A





心揺さぶるドラマの連続 ビッグショー「フイシオ・フィナル」

A35A3FCA-1ADC-4A71-9C20-91F4A920CEBE
5月31日に開催されたCMLLのビッグショー「フイシオ・フィナル」。
ウルティモ・ゲレーロ選手vsマスカラ・アニョ・ドスミル選手と小林香萌選手vsアマポーラ選手の2つのカベジェラ・コントラ・カベジェラ、ヴィールス選手vsメタリコ選手の敗者引退マッチ、そしてCMLL世界タッグ王座戦と見所満載の大会となりました。
是非YouTube動画で全試合をご覧いただければと思います。



●第1試合
ブルー・パンテルJr.選手&レイ・コメタ選手&ブラック・パンテル選手vsミステリオッソJr.選手&カワト・サン選手&ディストゥルビオ選手


イメージチェンジしたコメタ選手とディストゥルビオ選手が第1試合に登場。
カワト選手がブラック・パンテル選手のマスクを剥ぎ、ルード側の反則負け。
同じ日本人の小林香萌選手がカベジェラ戦に挑む過程に大いに刺激を受けたのか、試合後にカワト選手がツイート。
カワト選手のCMLL武者修行も早いもので1年3ヶ月が経過、今のところはCMLLでこれといったライバル関係を築いてはいません。
今後、ブラック・パンテル選手に照準を絞りライバルストーリーを構築していくのかに注目です。
もしかするとブラック・パンテル選手の兄ブルー・パンテル選手や父ブルー・パンテル選手、そしてカワト選手と同じ大阪府池田市出身で虫垂炎からの復帰を目指して徐々にトレーニングを開始したOKUMURA選手を巻き込んでの抗争に発展することも十分に考えられます。


●第2試合
アンヘル・デ・オロ選手&ニエブラ・ロハ選手&ソベラノJr.選手vsメフィスト選手&ルシフェルノ選手&エフェスト選手


ソベラノ選手はおそらく今までには着用していない黒基調に青模様のマスクとロングタイツで登場。
メフィスト選手はプエブラ月曜定期戦で行われていたインクレイブレ・デ・パレハスで着用していたボラドール選手とのコラボマスクでした。
ロハ選手&オロ選手&ソベラノ選手が3方向に同時に空中弾を発射するなど見せ場を作り、ロス・イホス・デル・インフィエルノに勝利。


●第3試合 敗者引退マッチ
メタリコ選手vsヴィールス選手

ベテランルード同士のキャリアを懸けた1本勝負。
この試合から一気に緊張感が高まります。
互いに持てる技術を駆使、後半はジャベと丸め込みの応酬となりますが、地力に勝るヴィールス選手が“ヴィールス・ストレッチ”モトシクレタで勝利。
大量のおひねりがリングに投げ込まれるなかメタリコ選手は27年のルチャドール生活に幕を下ろしました。






●第4試合 カベジェラ・コントラ・カベジェラ
小林香萌選手vsアマポーラ選手

このカベジェラ戦が決定してからというもの色々なことを考えました。
愛国心の強いメキシコ人。
メキシコ人から見た外国人との試合の場合、大抵アレナ・メヒコは大メヒココールに包まれます。
立ち位置的には香萌選手がテクニカ、アマポーラ選手がルーダ。
体格的に見るとアマポーラ選手は香萌選手の倍近く厚みがあるように感じるので判官贔屓という言葉は適切ではないかもしれませんが、香萌選手に声援が集まることも考えられました。
しかし、アレナ・メヒコの観客はもともとが若干ルード (ルーダ) 贔屓。
いったいアレナ・メヒコの観客はこの一戦にどんな反応を示すのだろうというのが1つ。
もう1つは、いざ日本人女子選手のカベジェラ戦が決まってつくづく思ったこと。
CMLLでは抗争の決着戦としてマスカラ・コントラ・マスカラやマスカラ・コントラ・カベジェラ、カベジェラ・コントラ・カベジェラが日本よりもはるかに多く行われます。
マスクマン (マスクウーマンも含めて) にとってマスクはたしかに「命」であることに違いありませんが、マスクを失っても素顔が晒されることにより街中でファンに見つかりやすくなること以外は日常生活で支障はないと思います。
男子選手が髪を失い丸坊主になってもそれほど違和感はない。
それらに比べると女子選手が丸坊主になるかもしれないことの方がはるかに覚悟のいることではないかと。

セコンドは香萌選手にカワト選手、アマポーラ選手にはエフェスト選手。
リングアナウンサーのコールの最中、アマポーラ選手の奇襲で試合がスタート。
1本目はアマポーラ選手、2本目は香萌選手がそれぞれ短い時間でフォールを奪い決勝の3本目へ。
パワーのアマポーラ選手に対してスピードで対抗せんとする香萌選手。
一進一退の展開が続くもデビルス・ウィングスでアマポーラ選手が勝利。
惜しくも敗れた香萌選手は潔く髪を刈られ、アマポーラ選手に自らの手で髪を差し出した後、リングのど真ん中にあぐらをかきバリカンでさらに髪を刈られました。
目には涙が浮かんでいたようにも見えましたが、泣き叫ぶこともなく溢れ出そうな感情を必死に抑えている様は女性への表現としてはどうなのかとは思いますが、まさしくサムライでした。
健闘を称えあったアマポーラ選手にコーナーに上がるように促されるとアレナ・メヒコの観客から香萌選手へ称賛の歓声が降り注ぎます。
試合中、大メヒココールに包まれなかったことが香萌選手がCMLLで勝ち得た信頼に思えてなりません。



香萌選手はバックステージでのコメントの第一声で「ブエナス ノーチェス アレナ・メヒコ (こんばんはアレナ・メヒコ) 」と挨拶した後「トドス アミゴース ムーチャス グラシアス (友人の皆さんありがとう) 」と感謝を述べました。
さらにはアレナ・メヒコを去る際に大勢のメキシコ人ファンとの記念撮影に笑顔で対応。
カベジェラ戦で敗れた後に誰にも気付かれず、ひっそりと会場を後にしたいはずなのに、丸坊主となってしまった頭を隠すことなく…。
負けてしまったのは本当に残念でしたが、香萌選手の姿勢には本当に感動の連続で完全に涙腺崩壊しました。


●第5試合 CMLL世界タッグ王座戦
(王者組) ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手vsグラン・ゲレーロ選手&エウフォリア選手 (挑戦者組)


鉄壁の連携を誇るロス・ゲレーロス・ラグネロスのエウフォリア選手とグラン・ゲレーロ選手が第41代の新王者組となりました。
ウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手のトリオがCMLL世界6人タッグ王座、ウルティモ・ゲレーロ選手がCMLL世界ヘビー級王座を保持。
これでゲレーロスは3つ目のタイトル獲得となります。
敗れたディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手は3度目の防衛に失敗。




●第6試合
カリスティコ選手&ボラドールJr.選手&ミスティコ選手vsミステル・ニエブラ選手&ネグロ・カサス選手&バルバロ・カベルナリオ選手

テクニコ黄金トリオがラ・ぺステ・ネグラに勝利。
2本目のフィニッシュとなったラ・ミスティカが少し崩れたせいか途中からミスティコ選手へブーイングが浴びせられました。


●第7試合 カベジェラ・コントラ・カベジェラ
ウルティモ・ゲレーロ選手vsマスカラ・アニョ・ドスミル選手

ウルティモ・ゲレーロ選手のセコンドは弟のグラン・ゲレーロ選手。
ドスミル選手のセコンドはこの日カードに名前がなかった甥っ子達ではなくディストゥルビオ選手。
このディストゥルビオ選手が度々エプロンに上がってレフェリーの目をひくなど試合に介入。
前座戦線からこの日の因縁でゲレーロスと抗争に突入し、一気にメイン級のカードに参入か!?とも思いましたが、グラン・ゲレーロ選手とセコンド同士で場外乱闘を繰り広げ、両者ともコミッショナーから退場を宣告されてしまいました。
3本目の勝負どころでサンソン選手、クアトレロ選手、フォラステロ選手、ウニベルソ・ドスミルJr.選手、そしてCMLLには上がっていないイホ・デ・マスカラ・アニョ・ドスミル選手の5人がリングへ雪崩れ込まんとするもセキュリティがこれを阻止。
混乱の最中、ウルティモ・ゲレーロ選手がドスミル選手を丸め込んで3カウント奪取。
ウルティモ・ゲレーロ選手は2014年9月のアニベルサリオでアトランティス選手とのマスカラ・コントラ・マスカラに敗れマスクを失ってから、これでカベジェラ戦4連勝。
ドスミル選手は2017年元日にマキシモ・セクシー選手に敗れて以来の丸坊主となりました。
リングに雪崩れ込んで来たラ・ヌエバ・ヘネラシオン・ディナミタとエウフォリア選手、グラン・ゲレーロ選手、テンプラリオ選手のロス・ゲレーロス・ラグネロスを巻き込んでルード同士の抗争がさらに拡大してしまうのか、今後の展開に注目です。







ヴィールス選手vsメタリコ選手の敗者引退マッチが追加 5月31日フイシオ・フィナル

ウルティモ・ゲレーロ選手vsマスカラ・アニョ・ドスミル選手、小林香萌選手vsアマポーラ選手の2つのカベジェラ・コントラ・カベジェラなど全6試合が発表されていた5月31日開催のビッグショー「フイシオ・フィナル」。
5月19日のアレナ・メヒコ日曜定期戦の第4試合で行われたフライエル選手&メタリコ選手&ペガソ選手vsヴィールス選手&スティグマ選手&ダーク・マジック選手のレレボス・インクレイブレスでロープを掴んでヴィールス選手から3カウントを奪ったメタリコ選手が試合後にヴィールス選手に対してカベジェラ・コントラ・カベジェラをアピール。
これに対しヴィールス選手はなんと敗者引退マッチを要求。
メタリコ選手はこれを承諾していましたが、22日のインフォルマに両選手がゲスト出演。
調印書にサインし「フイシオ・フィナル」での敗者引退マッチが正式に決定しました。

1時間4分2秒から19日のアレナ・メヒコ日曜定期戦の試合のダイジェスト動画に続いて2選手の出演シーン。

ヴィールス選手は1968年12月生まれの50歳、1986年4月デビューのキャリア33年。
“ペケーニョ・ヒガンテ”や“ペケーニョ・グラン・マエストロ”と称されるアレナ・メヒコのルチャクラスで後進の指導に当たるプロフェソールの1人。
メタリコ選手は1969年11月生まれの49歳、1992年デビューでキャリア27年。
今月4日のアレナ・コリセオ土曜定期戦で行われたカベジェラ・コントラ・カベジェラで勝利し、ディストゥルビオ選手の髪を刈ったばかり。

ヴィールス選手とメタリコ戦のカレラ・コントラ・カレラが追加され「フイシオ・フィナル」は全7試合に変更されました。

A35A3FCA-1ADC-4A71-9C20-91F4A920CEBE

●第7試合 カベジェラ・コントラ・カベジェラ
ウルティモ・ゲレーロ選手vsマスカラ・アニョ・ドスミル選手

●第6試合
カリスティコ選手&ボラドールJr.選手&ミスティコ選手vsミステル・ニエブラ選手&ネグロ・カサス選手&バルバロ・カベルナリオ選手

●第5試合 CMLL世界タッグ王座戦
(王者組) ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手vsグラン・ゲレーロ選手&エウフォリア選手 (挑戦者組)

●第4試合 カベジェラ・コントラ・カベジェラ
小林香萌選手vsアマポーラ選手

●第3試合 敗者引退マッチ
メタリコ選手vsヴィールス選手

●第2試合
アンヘル・デ・オロ選手&ニエブラ・ロハ選手&ソベラノJr.選手vsメフィスト選手&ルシフェルノ選手&エフェスト選手

●第1試合
ブルー・パンテルJr.選手&レイ・コメタ選手&ブラック・パンテル選手vsミステリオッソJr.選手&カワト・サン選手&ディストゥルビオ選手

当初、ヴィールス選手が出場予定だった第1試合には奇しくもメタリコ選手に敗れて丸坊主となり、現在は緑を基調としたコスチュームにイメージチェンジしたディストゥルビオ選手が入りました。
カベジェラ戦が2試合、敗者引退マッチ、そしてCMLL世界タッグ王座戦と豪華、且つ各選手の命運がかかるビッグショー「フイシオ・フィナル」がいよいよ8日後に迫ってきました。




ウルティモ・ゲレーロ選手vsマスカラ・アニョ・ドスミル選手 小林香萌選手vsアマポーラ選手 5月31日「フイシオ・フィナル」で2つのカベジェラ戦

5月16日にCMLLが記者会見を行い、5月31日にビッグショー「フイシオ・フィナル」の開催とその全対戦カードが発表されました。



●第6試合 カベジェラ・コントラ・カベジェラ
ウルティモ・ゲレーロ選手vsマスカラ・アニョ・ドスミル選手

●第5試合
カリスティコ選手&ボラドールJr.選手&ミスティコ選手vsミステル・ニエブラ選手&ネグロ・カサス選手&バルバロ・カベルナリオ選手

●第4試合 CMLL世界タッグ王座戦
(王者組) ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手vsグラン・ゲレーロ選手&エウフォリア選手 (挑戦者組)

●第3試合 カベジェラ・コントラ・カベジェラ
小林香萌選手vsアマポーラ選手

●第2試合
アンヘル・デ・オロ選手&ニエブラ・ロハ選手&ソベラノJr.選手vsメフィスト選手&ルシフェルノ選手&エフェスト選手

●第1試合
ブルー・パンテルJr.選手&レイ・コメタ選手&ブラック・パンテル選手vsミステリオッソJr.選手&カワト・サン選手&未定 (会見ではヴィールス選手の出場が発表されましたがその後未定に)




現在、抗争中のウルティモ・ゲレーロ選手とマスカラ・アニョ・ドスミル選手、そして小林香萌選手とアマポーラ選手の2つのカベジェラ戦がラインナップされました。

メインで雌雄を決するウルティモ・ゲレーロ選手は1972年3月1日生まれの47歳でキャリア29年。
2014年9月にアトランティス選手とのマスカラ・コントラ・マスカラに敗れてマスクを失った後、2015年7月にレイ・エスコルピオン選手、2018年11月にコルサリオ・ネグロJr.選手、今年3月にカイファン選手に勝利し、カベジェラ戦3連勝無敗。
マスカラ・アニョ・ドスミル選手は1958年3月10日生まれの61歳でキャリア41年。
1993年4月にペロ・アグアヨ選手とのマスカラ・コントラ・カベジェラで敗れてマスクを失った後、1998年8月にブラソ・デ・プラタ選手とのカベジェラ戦で勝利したのを皮切りに1番最近では2017年1月にマキシモ・セクシー選手に敗れて丸坊主になるなど、タッグを含めたカベジェラ戦の戦績は17戦して6勝11敗。
レジェンダのマスカラ・アニョ・ドスミル選手なれども押しも押されもせぬトップルードのウルティモ・ゲレーロ選手を打ち負かすことは容易ではないと思いますが、ここまでの闘いではレフェリーの死角をつき急所攻撃から3カウントでドスミル選手が連勝しているのも事実。
ルード同士の対決ゆえ、このあたりのインサイドワークが勝負の分かれ目となるかもしれません。

昨年に続き2度目のCMLL遠征で大一番を迎える小林香萌選手は1992年5月12日生まれで先日メキシコで誕生日を迎えたばかりの27歳、キャリア5年で初めてのカベジェラ戦に挑みます。
記録を調べてみるとCMLLでの日本人女子選手のカベジェラ戦は第10代CMLL世界女子王者のHIROKA選手が2006年10月にレディ・アパッチェ選手に勝利して以来の12年7ヶ月ぶり。
男子選手を含めると2016年元日にカマイタチ (盒競劵蹈) 選手がマキシモ・セクシー選手に敗れて以来3年4ヶ月ぶりとなるCMLLでの日本人選手のカベジェラ戦挑戦。
対するアマポーラ選手は1976年9月9日生まれの42歳、キャリア21年。
2006年4月にダーク・エンジェル選手に敗れてマスクを失った後、2007年6月ディアナ・ラ・カサドローラ選手に勝利、2008年8月レディ・アパッチェ選手、2013年3月エストレジータ選手に敗れてカベジェラ戦の戦績は3戦して1勝2敗。
2007年11月から2011年10月までおよそ4年にわたって実に25回もCMLL世界女子王座を防衛したトップルチャドーラの1人。

小林香萌選手は4月24日のインフォルマにゲスト出演した際「CMLL女子の試合を金曜のアレナ・メヒコ定期戦のメインに持って行きたいという気持ちが凄くあるので、その夢を叶えたいです」と志の高さを披瀝。
そして今回の記者会見の前日の5月15日にも再びインフォルマにゲスト出演。
司会のフリオ・セサール・リベラ氏から「カホ、私はあなたをリスペクトしています。CMLLは皆あなたのルチャが好きです。どのくらいの期間あなたがいるのかわからないけど、いつもCMLLはドアをオープンにして待っています」と最大級の賛辞が送られました。
ビッグショーのカードに名を連ねること自体が凄いこと。
ましてや大注目のカベジェラ戦に出撃することはフリオさんの言葉通り、CMLLからの信頼の証に他ならないと思います。



同じ日本人として小林香萌選手の勝利を祈らずにはいられません。
Mucha suerte Kaho sensyu!!

ビッグショー「フイシオ・フィナル」は日本時間6月1日 (土) 午前10時半開始です。




カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ