飛鳥仮面二世

ドス・カラスJr.
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ドス・カラス・ジュニア(Dos Caras Jr.、1977年5月25日 - )は、メキシコシティ出身の覆面レスラー。身長197cm、体重100kg。覆面レスラーとしてPRIDEなどの総合格闘技にも参戦している。スペイン語のリングネームは「イホ・デ・ドスカラス」。
実父のドス・カラス、伯父のミル・マスカラス、従兄弟のエル・シコデリコ・ジュニアも著名な覆面レスラー。

父や伯父の影響で14歳でレスリングを始め、体格に恵まれていた事もあり強豪としてならし、2000年にはシドニーオリンピックのメキシコ代表に選ばれる。
マルコ・ファスに師事し2001年から覆面(ハーフマスク)姿でDEEP(パンクラス)のリングに参戦するようになり、史上初の覆面バーリ・トゥーダーとなる。
当初は、覆面レスラーの総合格闘技参戦を疑問視する声が主流だったが、「DEEP2001」で謙吾(パンクラスism)の右肘を脱臼させTKO勝ちを収める等高いレスリング技術を見せつけ、2002年のリベンジマッチでは激闘の末、謙吾のチョーク・スリーパーの前に敗北を喫したが総合格闘家としての評価は高まった。
2003年10月5日にさいたまスーパーアリーナで行われた「PRIDE武士道」では、プロレスラーキラーの異名を持つミルコ・クロコップと対戦し、鮮やかな左ハイキックの前に1R46秒という短時間で「秒殺」された。
2004年2月1日に大阪城ホールで行われた「PRIDE 27」では、吉田道場の中村和裕と対戦し健闘したものの3R終了の末判定で敗れた。
「DEEP2001」で対戦した謙吾はリング・インする際、ミル・マスカラスばりに「オーバーマスク」を被って入場し観客に放り投げるパフォーマンスをしたために、メキシコの文化とも言えるルチャ・リブレにプライドを持っているドス・カラス・ジュニア曰く「私の怒りに火をつけた」そうだ。
プロレスと総合格闘技に覆面レスラーとして参戦するドス・カラス・ジュニアは、ルチャドールをDEEPのリングに多数参戦させる先鞭を着け、ルチャドールのポテンシャルの高さを証明させる事に意欲的だ。
高いレスリング技術に裏打ちされた接近戦には定評があるものの、ミルコ戦で露呈した打撃戦の未熟さは否定できない。その潜在能力に期待して「未完の大器」と呼ばれる事もある。

☆☆☆☆☆

ちょっと久しぶりの更新です。
実は、みのる選手を追い掛けがてら本場のルチャを見て来ようとメヒコに行っていた訳で…は、もちろんなく、せっかくUPする画像なんで、もっと綺麗に撮れないかと試行錯誤していた訳です。
いかがでしょうか?
だいぶ良くなったと自分では思っています。

さて、今回みのる&高山ともCMLL定期戦で絡んだドスJr.です。
父を超える体格の持ち主で、もうすぐちょうど30才になるんですね。
これから、今まで以上にメヒコでも日本でも活躍出来る逸材だと思います。
ライガーも今回メヒコに言ってますから、新日に引っ張って来てくんないかなぁ。
なかなか、すぐにIWGPヘビーのベルトに絡んでこれるとは思いませんが、しばらく定期的に参戦するようになれば戴冠も夢ではない気がします。

マスクの方ですが、今はもう、このデザインは被ってません。
父譲りのデザインで良いんじゃないかと思いますが、これ以降のデザインの方がドス・カラスの進化版っぽくてより良いです。



  

ドス・カラスJr. 01-左  ドス・カラスJr. 01-後ろ

暴風仮面

ウラカン・ラミレス
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウラカン・ラミレス(Huracan Ramirez 1926年頃 - 2006年11月1日)はメキシコの元ルチャドール(プロレスラー)。本名はダニエル・ガルシア (Daniel Garcia)。
1952年、ルチャ・ムービー「ウラカン・ラミレス」に出演した事がきっかけで、翌年に同名の覆面ルチャドールとしてデビュー。その後 1989年まで制作された同シリーズ 8本の内、1979年までの7本に出演した。フォール技のウラカン・ラナ・インベルティダを編み出した事でも知られる。メキシコ、中南米、米国などで高い人気を持ち、1975年には新日本プロレスの招聘で来日。シングルでは藤波辰巳に勝利するも、アントニオ猪木には敗れた。1987年に引退。
2006年11月1日、心筋梗塞のため80歳で死去した。

☆☆☆☆☆

手抜きじゃないっすよ!
すみません。
さすがに、ちょっとこの時代のルチャドールは…。

もちろんウラカン・ラナの創始者だっていうのは知ってますよ!
ご存知とは思いますが、良く似た技、フランケンシュタイナーは頭を打ち付ける技で、このウラカン・ラナは丸め込んでフォールを狙う固め技です。
この辺がアメリカとメキシコのプロレスの違いで面白いなぁと思います。
やっぱりプロレスは、その国の民族性が色濃く出る文化だと思っています。



  

  

100万円争奪ワンナイト6人タッグTの組み合わせ決定=6.7ノア選手会

5月12日14時55分配信 スポーツナビ

 プロレスリング・ノアの第6回選手会興行「〜仁義〜横浜前夜祭」(6月7日 後楽園ホール)で行われるワンナイト6人タッグトーナメントの出場チームと組み合わせが決定した。優勝賞金は100万円。全試合15分1本勝負で、引き分けの場合はジャンケンで優勝チームが決まる。

 出場チームと組み合わせは以下の通り。

■ノア 第6回選手会興行「〜仁義〜横浜前夜祭」
6月7日(木) 東京・後楽園ホール 開場17:30 開始19:00

<第1試合 ワンナイト6人タッグトーナメント1回戦第1試合 15分1本勝負>
志賀賢太郎、川畑輝鎮 、平柳 努
モハメド ヨネ、ムシキング・テリー、金丸義信

<第2試合 ワンナイト6人タッグトーナメント1回戦第2試合 15分1本勝負>
力皇 猛、齋藤彰俊、井上雅央

本田多聞、杉浦 貴、谷口周平

<第3試合 ワンナイト6人タッグトーナメント1回戦第3試合 15分1本勝負>
丸藤正道、潮崎 豪、太田一平
秋山 準、佐野巧真、伊藤旭彦

<第4試合 ワンナイト6人タッグトーナメント1回戦第4試合 15分1本勝負>
KENTA、鈴木鼓太郎、リッキー・マルビン
泉田純至、菊池 毅、石森太二

<第5試合 ワンナイト6人タッグトーナメント準決勝第1試合 15分1本勝負>
1回戦第1試合の勝者
1回戦第2試合の勝者

<第6試合 ワンナイト6人タッグトーナメント準決勝第2試合 15分1本勝負>
1回戦第3試合の勝者
1回戦第4試合の勝者

<第7試合 ワンナイト6人タッグトーナメント決勝戦 15分1本勝負>
準決勝第1試合の勝者
準決勝第2試合の勝者

☆☆☆☆☆

大変ですね?
大変ですよ!
何が?

どのチームが優勝するんだろうか?
優勝チームは、わからないが1つだけ、わかっていることがある!
決勝戦は絶対にモハメド ヨネ、ムシキング・テリー、金丸義信vsKENTA、鈴木鼓太郎、リッキー・マルビンにはならない!
…たぶん(^_^;)

リアルジャパンでは虎が増殖中ですが、タイガー・エンペラーもっとみたいなぁ)^o^(
これ以上は書きませんよ、私は。
デイリースポーツは書いてますけど。


週プロモバイルによるとみのる&高山、メヒコでもやりたい放題!みたいです。
傍若無人ぶりこそ、この2人の最大の魅力!

残念なことにミスティコは負傷欠場中のためDORAGOMANIAには出なくなりました。

アビスモ・ネグロ

いわゆる最近の立体系マスクです。
AAAで活躍中です。
以上……って、ここで終わる訳にはいかないと思いますが、あんまりこの選手自体を知らないんですよ。
入場時、ライターとスプレー缶を持って、火を噴きます。
アビスモとは深淵、奈落、 底なし地獄でネグロは黒ですから、暗黒地獄仮面ってな感じでしょうか。
なにがモチーフなのか、リンピオなのかルードなのか、ちょっと日本人にはわかりにくいキャラじゃないですかね。
マスクは一見、ヒーローっぽい気もしますが、マスクの口の部分は白くペイントしていて唇は黒く塗ってて、ちょっとヘヴィメタっぽくもあります。
そういえば、このマスクマンなのにペイントするのって元祖はハヤブサですかね?
以前、書きましたが、やっぱりこういう立体系のマスクは好きではないんですが、でも一応、持ってたりするんですよ。
コレクターの悲しい性ですねぇ。



  

  

タイガーマスク デビュー!?

賞金全額寄付!あしながホース君!

 中央競馬に「あしながおじさん」ならぬ“あしながホース”が現れた。レースで稼いだ賞金を慈善団体へ寄付するプランが明らかになった競走馬は、その名も「タイガーマスク」。児童養護施設のヒーローとして戦う覆面レスラーを主人公にした同名アニメから命名されたサラブレッドが、チャリティー活動という使命を背負い、20日の東京競馬でデビューを迎える。

 ≪超良血「タイガーマスク」≫新しい形の慈善活動を行うことになった競走馬タイガーマスクは、ダービー馬キングカメハメハや凱旋門賞2着馬エルコンドルパサーと同じキングマンボを父に持つ、超良血の3歳馬。母の父はG14勝シンボリクリスエスの父クリスエスだ。

 オーナーの山本英俊氏(遊技機企画・販売会社「フィールズ」代表)と同馬を管理する藤沢和雄調教師(55)が、同馬がレースで獲得した賞金を全額寄付するプランを表明した。

 中央競馬の賞金は全体の80%が馬主の取り分。残り20%は「進上金」として調教師(10%)、騎手(5%)、厩務員(5%)に支払われるシステムとなっている。

 デビュー戦は、オークスが行われる20日の東京競馬5R3歳未勝利戦(芝1600メートル)。コンビを組むのは当代一の名ジョッキー武豊(38)だ。依頼を受けた武豊は「藤沢先生から趣旨を聞いた時に“凄いアイデアだな”と思った。もちろん、快く了承しました。こういう寄付の仕方は初めてでしょうし、社会貢献になることなので全面的に協力させてもらいます」と騎乗を快諾するとともに、進上金を寄付に充てることにも賛同した。さらに「賞金を寄付するということであれば、金額も大事になる。1つでも上の着順を狙って騎乗します」と意気込みを見せた。

 デビュー戦の1着賞金は未勝利戦とあって500万円だが、国内最高賞金レースのジャパンCともなれば1着賞金は2億5000万円。勝利を重ねて大レースに出るようになれば、寄付される金額も膨大なものとなる。具体的な寄付先などの詳細は未定だが、どこまでチャリティー活動に貢献できるか。タイガーマスクのデビュー戦に注目だ。
スポニチ 2007年05月10日付

☆☆☆☆☆

競馬の話しですよ。

私は20代前半は毎週、東京競馬場に行きました。
というより連れて行かされましたと言った方がいいかもしれません。
当時はオグリキャップの人気絶頂期でしたね。
私はミホノブルボンが大好きでした。
でも、ここ10年位、競馬場に行ってません。
馬券だって買ってません。
だから最近の馬は全然、知らないんですよ。

競走馬も覆面してるのいますね。
メンコともいいますが。
このタイガーマスク号、覆面しなきゃダメでしょ!
虎の!
で脚には青地に黄色の初代タイガーと同じ柄のバンテージ巻きましょうよ。
お願いします!馬主様!


さて鈴木みのる、ホントに三冠ベルトをメヒコに持って行ったみたいです。
DORAGOMANIAの結果はもちろん、みのるの動きも大注目!!
NEWS入ってくるんですかね?
こちらは東スポさん!週プロさん!お願いします!!

黄金の虎

そろそろ出します!初代タイガーマスク!
紆余曲折を経て、プロレス界に復帰。
現在はリアルジャパンプロレスを立ち上げて理想のプロレスを追求しています。
この初代タイガーについては色々と書き出したらキリがないので、やめときますが、間違いなく言えることは、このレスラーが出現しなかったら、私はプロレス&マスクにこれほど熱くはなってはいなかったと思います。
プロレスとマスクの魅力を教えてくれてありがとうございます。

マスクはいわゆるヤギリタイプ。



  

  


東北の英雄

最近は、鈴木みのるの言動を追いかけている私ですが、このブログ開設当時はちょうど統一地方選真っただ中でした。
なもんで岩手県知事選に立候補したサスケにエールをおくっていたんですが、残念ながら皆さんご承知の通り落選してしまいました。
落選以来、まだどこのリングにも上がってないですよね?
大丈夫!お前にはプロレスがあるじゃないかと言いたい!!
日本のプロレス界において、それまでは割と軽く見られていたルチャを根付かせたのはウルティモ・ドラゴンとこのサスケの功績ではないかと思います。
また、最近は珍しくなくなりましたが、地域密着型の団体のハシリはサスケが作ったみちのくプロレスです。

さてマスクですが、初めて見た時は他の長くプロレスを見てきた人たちと一緒で「マッハ隼人のパクリ」だと思いました。
雑誌のインタビューで本人は偶然だと否定していますが。
後頭部のヒラヒラは最近のマスクマンでは珍しくなくなりましたが、少なくとも日本ではサスケが元祖だと思います。
人生で一度も長髪にしたことのない私には、このマスクを被るとなーんか不思議な感覚に陥ります(笑)



  

  


銀座に出現!プロレスショールーム

5月8日9時50分配信 日刊スポーツ

 新日本が8日の「銀座初興行」をオフィス街に全面公開する。7日、広報担当者が明らかにした。地下鉄東銀座駅そばのADK松竹スクエアの、ガラス張りの1階エントランスにリングを設置。通行人からも試合が見られるようにする。永田や中西らトップレスラーの迫力ある戦いをライブで見せて、プロレス全盛時代を知るサラリーマン世代をリングに呼び戻す。
 プロレスの魅力を全面公開−。新日本が銀座に「プロレスショールーム」を開く。もちろん見物は無料。IWGPヘビー級王者永田をはじめ、中西、天山、中邑、稔ら王者クラスが出場する。2方向がガラス張りのビルの1階にリングを設置。午後6時から2時間、会社帰りにビルの前を通る数万人のサラリーマンにアピールする。
 会場は東銀座のオフィス街。歌舞伎座がすぐそばで、老舗の料理店もある「大人の街」だ。広報担当者は「ターゲットは銀座で働く中高年層。プロレスファンだった少年時代を思い出してもらいたい」と話す。プロレス市場はテレビ中継が深夜に移って露出が減ったことなどが原因で人気が低迷している。今回の銀座興行ではかつてのファンをもう1度プロレスに振り向かせる狙いがある。
 初の試みに選手たちもやる気を見せている。永田は「細かい技は捨てて、バチーンという音だけで通行人を振り向かせる。痛さ、強さを伝えます」。通常の興行よりも、キックやラリアットなどの迫力のある大技を連発して、プロレスの「すごみ」をアピールする決意だった。
 本来は親会社ユークスの新作ゲームPRイベントだった。だが、立地の良さに目を付け、新日本プロレス自体を売り込むことになった。「テレビでしかプロレスを見られなかった人もいる。生の迫力を伝え、再び興味を持つきっかけをつくりたい」と永田。銀座にふさわしい最高級の試合でアピールするつもりだ。【来田岳彦】

☆☆☆☆☆

凄い良い企画だと思います。
銀座のサラリーマン達はどんな反応をするんでしょうか?
力道山の時代の街頭テレビのように黒山の人だかりになるといいですね。

あとは逆に子どものファンをどれだけ引っ張れるかじゃないですか。
小さい頃にファンになって、ずっーとプロレスを愛してくれるような企画を是非!!

私の少年時代、コブラの時にも書いたディスカウント・ストアの駐車場に組まれたリングで当時、若手だった船木優治(当時)のドロップ・キックを間近で見たことがあります。
何日間かに渡って行われた新日のサイン会で、この日は若手ばかりの出場で、一緒に来ていた鬼軍曹・山本小徹さんが私たちをフェンスの中、つまり普段はセコンドやカメラマンしか入れないエプロンまで入れてくれたんです!
テレビでは、何気なく見えるドロップ・キックを間近で見た時の衝撃は今でも忘れられません。
「あれ食らったら死ぬな」と本気で思いました。
同時に「やっぱりレスラーってすげぇ!!」って思いましたよ!

是非、私のように子ども達にプロレスの素晴らしさを伝えられる企画があればいいなぁと思います。
でもホント最近の新日は良くなってきましたね。
アメリカで行われるDynamite、桜庭vsホイスの再戦決定で色々書こうかなとも思いましたが、なんか嬉しくて、このニュース取り上げちゃいました。
桜庭vsホイスはPRIDE、東京ドームでの一戦が伝説になっているだけに、再戦しなくてもいいんじゃないですか?


ジョシュ、IGF参戦決定!アングル、レスナーに宣戦布告

5月7日17時10分配信 スポーツナビ

 アントニオ猪木氏が代表取締役社長を務めるIGF(イノキ ゲノム フェデレーション株式会社)は7日、6月29日に開催される旗揚げ戦「闘今BOM−BA−YE」(東京・両国国技館)にジョシュ・バーネットが参戦することを発表した。

 参戦に伴い、IGFを通じてジョシュのメッセージが届いた。

■ジョシュ・バーネットのメッセージ

 ミスター猪木、そして日本のファンの皆さん、6月29日IGFの大会へ参加することになりとても興奮しています。
 とにかく、プロレスラーとしてプロレスが最強であること、IGFをNO.1にすること、そして俺がNO.1であることを証明してやる。
 ミスター猪木に一つだけ俺の願いを聞いてもらいたい、IWGPファーストのベルトを復活させてくれ、全ての始まりはこのベルトからだ。俺がチャンピオンになり俺が全てのベルトをIGFに集結させる、それがNO.1ということだ。
 カートでも、ブロックでもないこの俺が証明してみせる。
 カート、ブロック“お前はもう死んでいる”

 ジョシュ・バーネット

 果たしてジョシュの対戦相手は誰か!? 6月29日の大会に向け、今後続々と発表されるカードに期待したい。

■IGF「闘今BOM−BA−YE」

6月29日(金) 東京・両国国技館 開場17:30 開始18:30

[出場予定選手]
ジョシュ・バーネット

【IGFオフィシャルサイト】
http://www.igf.jp

☆☆☆☆☆

大会まで2ヶ月弱。
やっと出場選手が1人決まりました。
ジョシュは久々のプロレスですね。

確かにIWGPヘビーのベルトは初代が1番カッコいいと思います。
今、新日ではレスナーに3代目のベルトを持ち逃げされたので、やむを得ず2代目のベルトを引っぱり出してきて、棚橋→永田と王者が変わりましたが、そもそもこの2代目のベルトは“破壊王”橋本真也が亡くなった時に、橋本に捧げたはずの物。
初代を猪木が所有していたのもビックリですが…。

さて次なる出場選手は誰になるんでしょう?


初代
初代IWGPヘビー
2代目
2代目IWGPヘビー
3代目
3代目IWGPヘビー

ホーガンの娘に“猪木ビンタ”ダーッ

4月24日6時4分配信 スポーツニッポン

 日本でCDデビューする米人気プロレスラー、ハルク・ホーガン(53)の長女ブルック・ホーガン(18)が、来月8日にプロモーションのため来日する。来日会見には父も“マネジャー”として同席し、盟友のアントニオ猪木氏(64)の“参戦”も急きょ決定。83年には歴史的死闘を繰り広げた2人による史上最強タッグが、ブルックの大ブレークをバックアップする。

 猪木氏とホーガンといえば、83年6月の蔵前国技館決戦が有名。ホーガンのアックス・ボンバーを受けた猪木氏が、リング下に転落し、舌を出して失神。強い脳しんとうを起こしたとして東京医大病院に運び込まれた。82、83の両年にはタッグを組み、新日本プロレスの「MSGタッグリーグ戦」で連覇。名タッグとしても知られる。

 ホーガンの来日は、新日本プロレスの東京ドーム大会で蝶野正洋と対決した03年10月以来。日本は米国で国民的スターになる前の主戦場として活躍した第2の故郷でもあり、招へい元の担当者に「おれは日本のNo.1である猪木を倒した唯一のレスラーだが、日本はいつも温かく迎えてくれる。楽しみだ」と話し、当の娘よりも訪日を心待ちにしているという。

 一方、猪木氏はホーガンの招へい元からのオファーを快諾し、ホーガン来日の翌9日に都内で行われる会見に同席する。詳細は決まっていないが、会見ではブルックへの闘魂(とうこん)注入ビンタが見られる可能性も。盟友の娘のPRを買って出るとともに、人気が低迷するプロレス界に話題を作りたい一心もあるようだ。

 また、ブルックの日本デビュー盤「アンディスカバード」は当初4月18日の発売が予定されていたが、来日会見を行う5月9日に変更された。

 CD発売元のポニーキャニオンによると、ブルックは父同様、市場が大きい日本でのブレークを最重要課題とし、世界へ羽ばたきたい意向。ド派手な日本デビューを飾り、父の決めポーズ「イチバァーン!」を勝ち取りたいところだ。

 ▼83年・蔵前VTR 6月2日、東京・蔵前国技館で行われた第1回「IWGPリーグ」決勝で、猪木氏とホーガンが時間無制限1本勝負で対決。場外乱闘の末、ようやくエプロンサイドに上がった猪木氏にホーガンがとどめとばかりにアックス・ボンバーを見舞い、猪木氏は場外に倒れて失神。21分27秒、KO負けした。ホーガンは昨年、米若手人気レスラーのランディ・オートン(27)を撃破するなど現役レスラーとして活躍。現在はホーガン一家の日々を追う地元テレビの番組「ホーガン・ノウズ・ベスト」に出演中だ。

☆☆☆☆☆

鈴木みのるの動きが報道されない、本人のブログも更新されてない(T_T)ので、昭和の時代からプロレス野郎としては、このニュースをアップしておきます。

別にホーガンの娘はどーでもいいや。(←微妙に猪木口調^_^;)
“超人”ハルク・ホーガンですよ!

第1回IWGP決勝でのエプロンに立つ猪木にホーガンがアックス・ボンバーを放った、有名な「猪木ベロ出し失神事件」は少年時代の忘れられない1シーンでありました。
あの事件以来、猪木は坂道を転がり落ちるように全盛期を終えたように思います。

さてホーガン娘は歌の世界で「イチバァーン!」になれるのか!?
やれんのか!?おいっ!

赤と黄色のロングタイツやnWoの時代もいいけど、やっぱり「一番」と縫い付けられた黒のショートタイツにシルバーのリングシューズがカッコいいですよ!
あっ!この頃、「一番」ってプリントされたTシャツ流行りましたね(*´∇`*)

ホーガン
Mr.アメリカ
こちらはホーガン激似(^_^;)のミスター・アメリカ
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ