2008年07月

功夫仮面二世

クン・フーJr.クン・フー&クン・フーJr.
クン・フーJr.

いやぁ~、困りました(汗)
クン・フーJr.について、毎度のようにネットを彷徨ってみましたが、全然プロフィールが載ってない!
身長・体重はおろか、生年月日やデビューもわかりません。

画像右側は父であるクン・フーとのツーショットですが、白ハチマキといい、黒と赤のコスチュームといい、クン・フー父の素顔は、ちょっと“破壊王”橋本真也選手っぽいですね。

このクン・フーJr.も父から受け継いだデザインはそのままで、父が被っていなかったカラーリングや父の時代にはなかったピンホールメッシュやリクラピエールなどの素材を使って自身で製作しているようです。

最近は右耳の辺りに龍のようなシンプルな模様が入っているタイプも被っていますね。
最初は左右両方に入っているのかと思っていました。
同じ二世でもワグナーのように基本は父譲りのデザインながら、ベースの生地がわからないくらい模様が追加されているのも大好きですが、最近はこういった模様の多いルチャドールが増えているので、かえってクン・フーJr.のシンブルな模様に惹かれたりします。
結局はどっちも好きだって話しかも(笑)
今回、クン・フーJr.のことを調べてみて、家系を見れば必ずルチャドールに当たるというルチャリブレの世界で実は二世であっても成功しているのは極わずかなんだなぁと感じました。

そういえば、AAAにはオクタゴンがいますが、CMLLには現在、東洋人キャラがいませんね。
ギミックではない闘龍門の大原はじめ選手、OKUMURA選手(負傷欠場中)がいるから無理もありませんが。
ところでセンセイって東洋人キャラなんでしょうか?

さて動画の方もかなり苦労しました。
やはりメジャーどころに上がってないので、こんなのしか見つかりませんでした(--:)
逆に動くクン・フーJr.は貴重かも。



さてマスクの方ですが黒のリクラプンティーニ生地に金フチです。
このデザイン、子どもの頃から大好きなんですよね~。



  

  

Enciclopedia de MASCARAS Tomo XI / E-F

Enciclopedia de MASCARAS TOMO XI / E - F前回のマスク紹介に続き、こちらもちょっと間のあいてしまった“マスカラ大百科”です。
メキシコでは少なくとも既に14号までが発売されているようですが、日本でのGスピリッツ、Gリング、週刊プロレスのマスクマン555人名鑑などのネタで、すっかり旬ではない11号です(笑)

このマスカラ大百科シリーズ、届いて最初に見た時と、しばらく時間をおいて再び見た時の印象が全く違うことがよくあります。
魔力を秘めてますねぇ(笑)

この11号、日本でも有名なのはエスペクトロ、エストレージャ・ブランカ、ファンタスマ、フィッシュマン、フェリーノ、ファラオン、フェルサ・ゲレーラあたりだと思います。
以前から思っていましたが、CMLL前座戦線で活躍中のエウフォリアの黒・黄・赤・紫という色使いは絶対に日本人には思いつかないと思います。
また、表紙の左上のEstallido(エスタジドかな?)は意味を調べれば「爆発」なので納得。
これもまた凄いデザインです!!
右の下から2番目のExcalibur(エクスカリバー?)なんて、何がどうなってるのか、さっぱりわからんデザインです。
その他にも赤レンジャーみたいなFactorやマグニテュード岸和田に激似のFuerza Osucuraなんてのもあります(笑)
中でも1番びっくりなのはEuro Dance、たぶんスペイン語的にはエウロ・ダンスと読むんだと思いますが、早い話しユーロ・ダンスですよね。
Euro Dance21ベージの上で紹介されてるデザインはユーロダンスという名前とはウラハラに美空ひばりか小林幸子にしか見えないのは私だけでしょうか?(爆)

鳥人二世

ボラドールJr.1ボラドールJr.2ボラドールJr.
1981年1月26日生まれ
1997年デビュー
172cm/77kg

気が付いてみれば、3月のウルティモ・ゲレーロ以来、マスクを紹介してませんでした。
久々のマスクはボラドールJr.です!

このルチャドールも父・ボラドールから受け継いだデザインそのままですが、唯一の違いは額の五角形に「JR」の文字が入っています。
このデザインも日本人には、なかなか思いつかないデザインですよね。
最初にこのボラドールのデザインを見た時は違和感ありありだったんですけど、今ではすっかりカッコ良く感じています(笑)
頭頂部から後頭部にかけてと左右にヒラヒラ(フリンジ)が付けられ、ボラドールの名のままに空中を舞う度にこのフリンジがひらひらします。

ソンブラ、サグラードを紹介した時にも触れましたが、現在もこの2人とともにナショナルトリオ王座をキープしています。
この3人、最近は何故か左上のボラドールの画像にあるようにボディーペインティングで登場することが多いんですよね。
ボディーペインティングの方は、まだカッコ良いとは思ってなかったりして(汗)

動画の方はCMLLで毎年、春に行われるReyes Del Aireの昨年の物です。
中堅・若手の空中戦自慢が集まって行われる、この一戦。
本当に彼らもまた、命懸けで戦っています!
昨年の優勝者はボラドールJr.だったんですが、この時のマスクは坊主頭を露出したタイプでした。
最近も同じCMLLのメフィストやAAAのアンティファスが同タイプのマスクを着用していましたが、メキシカンは坊主にすると何故か、この頭が露出するタイプを被りたがるのか謎です。




それでは久々のマスク画像!
紹介していなかった間にも色々と考えていたのですが、メヒコでのルチャ&マスクのブームを作ったと言っても過言ではない“マスカラ大百科”に敬意を表すとともに、日本でもプロレス&マスクブームがまた起きて欲しいという願いを込めて、画像も全く同じ角度からの4枚にしてみました。
いかがでしょうか?
小さい画像もクリックして頂ければ大きな画像で見れます。

本体生地は金のラメ入りの黒です。
ミステリオがWWEでマジックテープ式で試合をして以来、メヒコでもマジックテープやボタンで止めるタイプで試合するマスクマンが増えたように思いますが、このマスクもアゴの下をボタンで止めるタイプです。



  

  

ミステリオ復活 ※ネタバレ注意※

7月7日、RAWのルイジアナ州ニューオーリンズでのTVショーでレイ・ミステリオが復帰しました。
この復帰戦に合わせて今後もこのデザインでいくのか、この1試合だけなのかは現時点では不明ですが、マイナーチェンジしたマスクで登場しました。
目にはピンホールメッシュが入り形状も変更。
両サイドの鳥の部分や後ろのカレンダリオアステカも変化しています。
まだ見慣れていないので違和感ありありですが、今後このマスクを被り続ければカッコ良く感じるかなぁ。
皆さんのご意見お待ちしております(笑)
コスチュームのアームバンドは、ちょっとミスティコチックですね(^^;)

それではサンティーノ・マレラとの復帰戦をご覧下さい。



フィニッシング・ムーブも619からダイビング・ボティープレス(スプラッシュ)になってますね。

うーん(#+_+)

55e1b956.jpg72800a0d.jpgせめてカラーにしてもらいたかっです、週刊プロレス・・・。

555という人数は凄いけど、小さな写真に名前だけって(ToT)


スペイン語の発音がいまいちわからない私にはカタカナ表記のルチャドール名って、このブログ書く時には助かるんですけど。


でも、普段はカラーのページなのに何故モノクロにしたんですかね?
やっぱりカラーじゃないとマスクの魅力は伝わらないです。

週刊誌には、あれが限界なんでしょうか。
今回の企画の反響いかんではルチャ&マスク特集の別冊を発売!なぁんて流れに期待してたんですよ。

ルチャバブルのメキシコが羨ましいです。

きたぁーっ!!

…と言っても、もちろんあの人のモノマネで人気のあの人ではありません(^_^;)

当ブログ始まって以来、初の1日2度更新!

昨晩からGリングにばかり心を奪われてましたが、昼休みに飯食いながら、ペラペラとめくっていた週プロの次号予告に・・・
な、な、なんと!
85241b90.jpg「特別付録 555人掲載 メキシコマスクマン名鑑」の文字が!!

実は週プロMobile(週刊プロレスの有料携帯サイト)の懸賞応募の度に「やって欲しい企画は?」のアンケート欄があり、いつも「メキシコマット&マスクの記事の充実」って書いてたんですよ。
その甲斐あってか本誌ではなかなか取り上げられないルチャ情報がMobileの方にはマメに載るようになってたんですが、遂に!遂にですよ〜\(^O^)/
週刊なんでページ数は期待出来ませんが、昔からマスクに強いのはゴング系というのが定説ですが、以前は「マスクマンワールド」という良い雑誌を出したこともあります、ベースボール・マガジン社!

あの〜、週プロ編集部の皆様!
ルチャマスクはカラーじゃないと魅力半減ですからね。
555人となるとマスカラ本のように正面・右・左なんて訳にはいかないと思いますが、なるべく大きく紹介して下さい!

Gリング Vol.8発売

c990e8a6.jpg1ヶ月発売延期となったGリングVol.8が無事に発売されましたo(^-^)o

今号は期待していたメキシコ特集!
1ヶ月待たされた分「うーん、辛抱たまらん」と昨晩、市内とは言え普段はあまり行かない地域にある書店と一体化しているコンビニに買いに行っちゃいました(;^_^A

サイズは大きくなりましたがページ数は激減(+_+)
でも中身を見ると、カラーページの半分以上はCMLL&マスクで大満足の内容でした!
AAA好きの方は…ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
印刷されている文字が日本語なだけで、なんかメヒコのルチャ雑誌みたいですよ〜\(^O^)/

けれど…
次号の発売日は確定しておらず今後は不定期刊だそうです。
同じような雑誌がいくつかあるよりも、いっそのことルチャ&マスクに特化した内容で季刊でも発売してくれませんかね。

メヒコのルチャ人気爆発が羨ましい!
頑張れ日本プロレス界
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ