2008年12月

良いお年を(^_^)/~

いよいよ'08年も残すところ数時間となりました。
'07年3月から始めた当ブログも2度目の年越しとなりました。

タイガーマスク(初代)今年最大の出来事と言えば、なんと言っても6月1日に東京・水道橋のバトルロイヤルさんで行われた初代タイガーマスクのイベントで少年時代からの憧れのスーパースターとマスクを被っての2ショットを撮ったことです。
ホントに少年時代に戻って緊張と感激の時間でした(^_^)
マスクから覗く優しい眼差しは、あの頃とちっとも変わってなかったです。

下半期の初代タイガーはウルティモ・ドラゴン戦、藤波辰爾戦、藤原喜明戦、そしてタッグながらも2代目タイガーであった三沢光晴戦と、ずーっとタイガーを見続けていた者には感涙モノの試合を次々と実現してくれました。


今年はどういう訳か海外の方にもアクセス頂いて、1度、ルチャの本国メキシコからコメント頂いたこともありました。
英語にはないaやnの上に〜があるなどのスペイン語のせいか、文字化けしていてスペイン語のわかる方に翻訳をお願いしましたが、意味のわからない部分が多々あり、公開は見送りましたが「ついにルチャの本場メキシコからコメントが届いたよ〜!」と感激したもんです(^_^;)

色々な方々のコメントなどに支えられて、今までなんとか続けて来れました。
感謝、感謝です。

そして迎える'09年も1・4新日・東京ドームを皮切りにマスク&ルチャリブレの道を驀進します!!
明年も宜しくお願いしますm(__)m
MISTICO TIGER

X'masプレゼント

週プロ本日発売の週刊プロレスに「新日本1・4ドーム大会特集」の記事が!
そして、その3「メキシコから飛来する“未だ見ぬ強豪”をクローズアップ」としてミスティコがカラー1ページ紹介されています!!

ミスティコ参戦決定以来、ドームにミスティコのテーマソングが鳴り響くのを想像しただけでホントに鳥肌が立つんですよね(^o^)

ここに書かれいる「スラム街で育ち、フライ・トルメンタ神父に見出されルチャを始めた」というのは、もちろんギミックですが、そんなことはさておき、あまりミスティコを知らない方々には是非、読んで頂きたいと思います。

また、週刊プロレスmobileによると本日、ウルティモ・ドラゴンが会見し、来年3月20日(金=祝)に日墨400周年記念ウルティモ・ドラゴンプロデュース興行「LUCHA FIESTA 2009」を東京のZepp Tokyoで開催することを発表したとのことです。
ドラゴンは「ルチャリブレをメキシコの文化としてプロレスファンはもちろん、それ以外の日本の人たちに知ってもらいたいなと。だから、ぼくのなかではあんまりプロレス興行という感覚はない。規模は小さいかもしれないけど、400周年をみんなでお祝いしようということですね。」
「もちろん自分は参戦します。あとはメキシコ人なら誰でも知っているようなレジェンドを呼びたいなと。いま交渉中で、間違いなく出てくれると思う。あと日本人にも出てもらいたいと。日墨友好のイベントですから、どちらかだけでもしょうがない。でも、プロレスラーではなく、あえてルチャドールと呼べるメキシコで修行したり、本場のルチャドールと最高のパフォーマンスができる選手を呼びたいですね。それもいま交渉中です。期待してほしいですね。」とルチャ好きにはたまらないコメントをしてくれました!、
全5試合を予定、現時点でのカードは未定だそうです。

1・4東京ドームのミスティコ&アベルノ参戦を皮切りに、2009年は本場のルチャドールを日本で観れる機会が増えそうです。
クリスマスイブに嬉しい記事&ニュースで良いクリスマスプレゼントが送られて来た心境です\(^O^)/
MISTICO TIGER

クレイジー・ボーイ

クレイジー・ボーイ1クレイジー・ボーイ21978年3月30日イダルゴ州トゥランシンゴ生まれ
1996年デビュー
175cm/92kg

日本のFMWから始まったデスマッチ、エクストリーム、ハードコアの流れはアメリカECWを経て華麗なる空中戦のイメージの強いメキシコにまで及んでいます。


このクレイジー・ボーイはメキシコでのエクストリーム、ハードコア・スタイルの第一人者と言ってもよいのではないでしょうか。
現在はAAAマットでウルティモ・グラディアドールと組んでのメキシカン・パワーズとして、また自身が主宰するDTUマットでも、それこそクレイジーな試合をしています。
メキシコにまで、こういったハードコアな試合があるのを知った時はホントにびっくりしたもんです。

そんなクレイジー・ボーイのエクストリームな戦いぶりをちょっと短いですが動画でご紹介します。
ルチャのムーブも十分に破天荒ですが、そこに蛍光灯、椅子、ラダーなどが合わさって更に破天荒になっています!


さて、マスクですが、今回このクレイジー・ボーイを紹介したのには、ちゃんと理由がありまして、実は昨年のクリスマスシーズンにも「赤・白・緑のメヒコカラーはクリスマスカラーと一緒」なんて勝手な持論を展開し、メヒコカラーに聖なる物の象徴である十字架デザインのサグラードを紹介しました(笑)
今年もクリスマスシーズンにはメヒコカラーのマスクを紹介しようと密かに目論んでいたのです。

最近はメキシカン・パワーズのユニット名の通りメヒコカラーのマスクが多いですが、この緑ベースに赤と白の模様、額には十字架と、なんとなくクリスマスツリーを連想させませんかね?(^ ^;)
これが読んで下さった方へのクリスマス・プレゼント!
「Mask Maniaへの道!!」的クリスマス・ツリーでございます!!
冗談はさておき、額に入っているイニシャルCBの文字と十字架の下に敷かれた模様は物凄く細かく精巧に作られています。
また、最近ですとサグラードが被っている後ろに模様があって口の開きの小さいタイプは、左右の紐を結んで被るマスクですが、このクレイジー・ボーイの左右のボタンと紐の部分は機能的には無くても全く問題のないフェイク、飾りです。
この額の部分と左右のフェイクのデザインが大好きなマスクです!

あっ、今回から本人着用写真とサインのある物はアップしてみました。





  

  




クリスマス・イブに男はみんなクレイジー・ボーイになるなんてオチはありませんので(笑)良いクリスマスをお過ごし下さい(*^o^*)/~
MISTICO TIGER

Gスピリッツ Vol.10

Gスピリッツ Vol.1017日の水曜日に発売となったGスピリッツVol.10です。
本当は発売日に更新したかったのですが、師走の忙しさで今日になってしまいました(- -;)

さて、本題ですが、やっぱりマスク&ルチャの記事に目が行きますね。
「真説 ─ 悲劇のスーパーヒーロー ウルトラセブン」の記事では冒頭から「取材時にマスク着用での写真撮影をお願いすると、『今は1枚も持ってない。全部、売っちゃった』という・・・。現役にもかかわらず、マスクを1枚も持っていない覆面レスラーなど初めて見た。」なんて書かれています。
新日での初代タイガーブームに対抗してセブンに変身したのは、同時期に新日からメキシコ修行中だったヒロ斉藤のアイデアだったなんてことも語られています。

もう1つ、私にとっての目玉は「エル・サントからミスティコまで 神秘のベールに包まれた『聖者伝説』の光と影」。
サントからイホ・デル・サントへ、そしてミスティコへと繋がる聖者伝説。
イホと他のサントファミリーとの確執や、そのサントファミリーから94年にAAAマットにイホのライバルとして出現したサント・ネグロへのクレーム、現在CMLLに上がっているアクセルのニエト・デル・サントのリングネームを巡る問題などなど・・・リアルタイムでこれらの事件を知らなかったので、現在のビッグネームであるミスティコにこれから先、こういったような問題が起こらなければ良いなぁと思います。


日テレのノア中継の打ち切りという暗いニュースの中でマスコミを含めた業界全体が協力してプロレス界にとって明るい2009年にしてもらいたいですね!
MISTICO TIGER

エル・メヒカーノ

エル・メヒカーノ1957年7月28日生まれ
1977年デビュー

さてさて、困ったことにこのエル・メヒカーノ、ネットで検索してもほとんどヒットしません。
AAAマットにエル・ソラールの別キャラであるマリアッチとマスク職人でもあった故アンヘル・アステカの別キャラのチャロ・デ・ハリスコとのトリオ、ロス・フォルクロリコスとして活躍。
メヒカーノもアルコン(ハルコン)'78なんて別キャラもあります。
ゴング・マスク・コレクションを見ると平成6(1994)年に新日本プロレスに初来日していてソンブレロを被った写真が載っています。
記録を調べてみますと「AAAルチャ・ワールド」というシリーズにブラック・タイガー(2代目)、ペロ・アグアヨ、マスカラ・サグラダ、コナン・エル・バルバロ、エル・イホ・デル・サント、ブルー・パンテル、シコシス、ラ・パルカなどと共に参戦していたんですね。
もともと新日好きなんで見ていたはずなのですが、何故かこの辺りの記憶は全くありません(- -;)
また、平成11年に発売された、このゴング・マスク・コレクションには「現在はAAAの事務を担当し、欠員が出た時のサブとして試合に出場。93年8月にいきなりメインで登場した衝撃のデビュー戦や、マリアッチ、チャロ・デ・ハリスコとのトリオでの活躍は当時、絶大なものであった。」と書かれていますが、現在はいったいどこで何をしているんでしょうか?

さて、動画ですがAAAマットで行われたエル・ボラドール&エル・メヒカーノvsフベントゥ・ゲレーラ&シコシス。
メヒカーノの少しあんこ型の体から繰り出される投げ技とセントーンはなかなか強烈です!

新日参戦時の映像も入手可能みたいですから手に入れて観てみたいと思っています。

メキシコ国旗マスクですが直訳すれば「メキシコ人」の名前通り、メキシコ国旗の中央の鷲=アギラを前面に赤・白・緑のメヒコカラーをアギラの羽の部分と後頭部の紐通しの横に使っています。
今でこそマスクの横や後ろにも模様があるマスクは珍しくなくなっていますが、当時としては紐通しの横にある3色の模様は斬新だったのではないでしょうか?
また、前面のアギラのまわりにラインストーンの無い物、有る物とがあり、ラインストーンもびっしりと付けられていたり、ある程度、間隔を置いたりの2パターンあるようです。
メーカーによってはアギラの顔が反対向きの物もありますが、とにかくこのデザインは秀逸で大好きな1枚です!



  

  


MISTICO TIGER

1・4 新日 東京ドーム大会 ミスティコのカード発表

ミスティコ アベルノ 1ミスティコ アベルノ 2








やっとミスティコのカードが発表されましたね。
かねてからの噂通り好敵手の1人であるアベルノが同時来日することになりました。

■Wrestle Kingdom Grand Opening VIENTO DORADO
ミスティコ&田口隆祐&プリンス・デヴィット vs アベルノ&外道&邪道

個人的にはミスティコとタイガーマスク(4代目)のヒーローコンビに獣神サンダー・ライガーとアベルノの角コンビの対戦なんかいいなぁと思っていましたが、ライガーはかつてのライバルであるNOAHの佐野巧真と組み、デビュ−20周年記念試合、タイガーの方はロウ・キーの保持するIWGPJr.ヘビーに挑戦と意味のあるカードになったので仕方ないですね。
アベルノ&外道&邪道は玄人好みの職人派ルチャドール&レスラーですからミスティコの対戦相手としては申し分ないと思います。
[その他のカード][菅林社長の記者会見]はこちらからご覧下さい。

TNAから豪華外国人レスラーやまだ発表にはなっていませんがNOAHから三沢社長、秋山などの参戦が予想される中、ミスティコのパートナーの田口とデヴィットに寄せ集め感は拭えないところではありますが・・・。
タイガーは「ミスティコが継続参戦するなら組んでJr.タッグに挑戦してみたい」と発言したようですが、メキシコでのミスティコの人気を考えると、どうしたってカート・アングルのように大会場でのワンマッチ限定しか参戦の目はないと思います。
ドーム以降は単発でミスティコを呼びつつCMLLとの提携関係を強化して中堅・若手などを招聘してもらいたいもんです!

ミスティコ再負傷!?カードが発表されたものの一抹の不安が・・・。
7日に行われたCMLLタッグ選手権でアベルノ&メフィストに王座を奪われたミスティコ&エクトール・ガルサ。
どうも試合中にミスティコは再び肩を痛めてしまったようです。
ケガの程度はわかりませんが、また来日キャンセルなんてことにならないのを祈るばかりです。
とにかく待ちに待ったメヒコのスペル・エストレージャ、ミスティコの来日を東京ドームで目撃したいと思います!!
MISTICO TIGER

二転三転

ペロス・デル・マー会見前々回のブログでペロス・デル・マール旗揚げ戦のカードを書きましたが、新プロモーションらしくカードが二転三転しているようです。
最大の原因となっているのは普段は日曜日はアレナ・コリセオで定期戦を行っているCMLLが今週に限っては「ドミンゴ・ファミリア」と銘打ちアレナ・メヒコでペロス・デル・マールを意識した大会を行うことでしょう。
日曜コリセオ定期戦では考えられないタイトルマッチ2試合を含む豪華カードで対抗してきました。
また、どうやらドスJr.もペロスには出ずCMLLの方に出るようです。

現在、わかっているカードですが、まずはペロス・デル・マールから
1) ブラック・スピリット&スペル・ノバ&トゥルボ vs ブラック・サンダー&セレブレ・ネグロ&ヘッド・ハンターI
2) 浜田文子&エステル・モレノ vs マルタ・ビジャロボス&ロッシー・モレノ
3) イントカブレ&ライマン&スペル・クレイジー vs ダミアン666&ミステル・アギラ&オリンピコ
4) シベルネティコ&イホ・デル・ペロ・アグアヨ&エレア・パーク vs ドクトル・ワグナーJr.&X&XX

メインのカードの2人が誰になるのかが、まだわかっていません。

一方、迎え撃つCMLLは
1) イホ・デル・ファラオン&トニー・リベラ vs アポカリプシス&フーリガン
2) ペケーニョ・ダミアン666&ペケーニョ・ハロウィン&ペケーニョ・ウォリアー vs ニーニョ・デ・アセロ&ペケーニョ・ニンジャ&ペケーニョ・オリンピコ
3) マスカラ・ドラダ&マキシモ&バリエンテ vs フェリーノ&ヘビー・メタル&サングレ・アステカ
4) ラ・ソンブラ vs エフェスト [NWAウェルター]
5) ブルー・パンテル&ドス・カラスJr.&トスカーノ vs ブラック・ウォリアー&ミステリオッソ&ウルティモ・ゲレーロ
6) エクトール・ガルサ&ミスティコ vs アベルノ&メフィスト [CMLLタッグ]

さてペロス旗揚げ戦のメインカードはどうなるのでしょう。
AAAから援軍が来るのか?
ペロスは14時開始、CMLLは17時開始で地理的なことはわかりませんが、もしかすると掛け持ちが可能かもしれません。
今後、CMLLに協力するのを条件に一発逆転、CMLLから選手派遣なんてことになったら面白いですね。
実際にCMLLはシベルにオファーを出してるなんて話しも聞きますし。
少し前にメキシコの時間がわかるパーツを貼り付けましたが、日本との時差はマイナス14時間。
まだメキシコは7日の日曜日にはなっていませんが果たしてどんなカードが組まれ、そしてどんな結果になるのか楽しみです!

楽しみと言えば新日も今日、大阪でのビッグマッチがあり結果を受けて週明けには1・4東京ドームの武藤 vs 棚橋以外のカードが発表されそうですね!
ジュニアはシングル・タッグとタイトルマッチが組まれているので、この試合の結果でミスティコのカードも決まりそうな気がします。
MISTICO TIGER

Enciclopedia de MASCARAS TOMO 17 M-O

TOMO 17TOMO 17 裏まだまだ続く“マスカラ大百科”17号です。
今回はMの続きからOとなっています。

いきなり最初のページからスペル・デルフィンのメキシコ武者修行時代のモモタロウが紹介されていますが、日本人ではもう1人、スペル・カカオがNOSAWAの名で紹介されています。


そして今号からはマスクの紹介のみならず、そのマスクを生み出す職人さんを紹介するページも加わりローリンが紹介されています。
前々回のLUCHA LIBRE誌の時にも書きましたが、ローリンの工房には日本を感じさせる物が飾られていて、この17号には2代目ブラック・タイガー、政宗、ウルティモ・ドラゴン、ザ・コブラのマスク写真が写り込んでいます。

本題のマスクですが、今回は裏表紙の方がわかりやすいと思って初めてアップしてみました。
まずは今のクリスマスシーズンにぴったりの裏表紙の下段やや右側に4枚分の大きさで載っているMr.Lee。
名前からしてクリスマスとは全く関係ないと思われますが、マスクのデザインは角が大きくてトナカイに見えます。

そして、これも裏表紙の最上段右から3枚目のMr.Lady。
怪しい女王様系アイマスクに口紅を塗った唇!
Mr.LeeもMr.Ladyも読み方がミステル・リーなのかミスター・リーなのか、そしてミステル・ラディなのかミスター・レディーなのかわからないので、そのままアルファベット表記としましたが、どちらにしてもMr.Ladyはデザインを見る限りメキシコでも日本と全く同じ意味みたいですね(笑)

日曜のアレナ・コリセオ定期戦によく出てくるサタニコ率いるインフェルナレスのノスフェラトゥが載っていましたが、この選手といいエウフォリアといい一見してルードとわかりつつ日本人には発想出来ないようなメキシコならではのデザインが結構好きだったりします。

この雑誌を見ているとメキシコのマスクの歴史に比べれば、まだまだ日本なんて浅いんだなぁと痛感します。
もちろんマスクのデキに関しては日本の方が優れている部分もありますし、逆に言うと浅い歴史の中でここまで進化した日本のマスクってすごいなぁとも思います。
MISTICO TIGER

Perros del Mal

ポスターCMLLを離脱したペリートが中心となり7日に行うロス・ペロス・デル・マール自主興行の全貌が2日の記者会見で明かされたようです。
カードは・・・

イホ・デ・ペロ・アグアヨ&シベルネティコ&ドクトル・ワグナーJr. vs エレア・パーク&ドス・カラスJr.&オリンピコ

スペル・クレイジー&イントカブレ vs ダミアン666&ミステル・アギラ

スペル・ノバ&ブラック・スピリット&トゥルボ vs ヘッドハンターI&セレブロ・ネグロ&サンダー・ブラック

エステル・モレノ&エニグマティカ vs ロッシー・モレノ&フロール・メタリカ

の4試合です。



ワグナー シベル ペリートとにもかくにもCMLL離脱のペリートとAAA離脱のシベル、そして久しぶりに私の好きな迷彩メッシュのマスクで登場したワグナーの3ショットは豪華過ぎます。








オリンピコノバ結局、CMLLからペロス・デル・マールとしてはダミアンとアギラしかペリートと行動を共にしませんでしたがオリンピコとノバが離脱して、この大会に出場することになりました(ToT)
ポスターのPPPの所にオリンピコが入るようです。






WWEを解雇されたスペル・クレイジーや反対に年明けからのWWE移籍が噂されるドスJr.もカードに名を連ね
思っていたよりも豪華なラインナップになりました。
メンバーを見ると華麗な空中戦というよりは当りの激しい肉弾戦を売りにするプロモーションになりそうですね。
この興行、メキシコのテレビで放映されるんですかね?
メインだけでもいいから是非観てみたい注目の大会となりました!!
MISTICO TIGER
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ