2009年06月

Gスピリッツ Vol.12

Gスピリッツ Vol.12 (タツミムック)
Gスピリッツ Vol.12 (タツミムック)
クチコミを見る
約3ヶ月ぶりにGスピリッツが発売されました。
Vol.12のルチャ&マスクネタ、まずは「ドクトル・ルチャのアリーバMEXICO 風車式バックブリーカーを生み出した男 “智将”アニバル 残された千の遺産」。
'81年に新日と全日に2度の来日。
雑誌の中でしか知らないレジェンドについては、こういう機会でしか知ることが出来ないので非常に興味深く読ませてもらいました。
パナマ遠征の際に前座で試合をしていたドミニカ人、後のケンドーをスカウトしメキシコに定住させたのはアニバルだったんですね!
今まで、あまり気にして見ることのなかったマスクのデザイン、口の下のラインが喉テープの部分まで伸びていたとは!
変な所に気付いちゃいました・・・って皆さんご存知でしたよね?(^^;)
でも、口から出た縁が喉テープまで伸びるデザインって他にありますかね?

そして前回も面白かった「“プロレス冒険家”渋澤恵介の『世界・ふしぎ再発見』 第12回メキシコ中編 『人種差別』と『階級社会』と『天国へ旅立ったアミーゴたち』」。
今回は日本マットと縁の深いエディ・ゲレロ、クリス・ジェリコ、ダニー・クロファットとダク・ファーナスのカンナム・エクスプレス、ペガサス・キッド(クリス・ベノワ)、ノーマン・スマイリーなどのメキシコでの活躍からアントニオ・ペーニャが作り出したAAAの話しが中心に書かれていましたが、なんと言っても扉写真のクン・フーは必見です!!
とにかくカッコいい!!
何度も書いているような気がしますが、子供の頃に日本に来ていたテレビの中のマスクマンを除き、雑誌だけで知ることが出来るメキシコのマスクマンで一番最初に好きになったのが、このクン・フーでした。
オレンジと黒のカラーリング、シャープなデザイン、そして目も口もメッシュになっていて顔が全く見えない!
今みたいにネットでメキシコの放送と同時刻にルチャが見れたり、放送から数時間しか経たないうちにYouTubeに動画がアップされるなんていう時代ではないですから、雑誌の中の写真でこのマスクマンはどういうルチャドールなんだろうと想像してはワクワクしていたのを思い出しました(^o^)
なんかですね、この写真を見ていると小難しいうんちくなんか語るより、やっぱり素直にワクワクしている方が楽しいと思っちゃうんです。
きっとワクワクを感じたくてプロレス&ルチャを見続け、そしてマスクを手にした時のワクワク感を味わいたくて、ついつい入手しちゃうんだなぁと・・・。
いやぁ〜、ホントにクン・フーの写真には参りました(^0^;)

そして、もう1つ忘れてはいけないのがストロング小林インタビュー!
日本人初のマスクマン!
覆面太郎のマスクを2枚も手にして写真に収まっています。
このマスク、今でも大事にストロング小林さんが保管している物なのでしょうか?

ルチャ&マスクの記事は真っ先に読みましたが、あとは金剛・・・じゃなくて(笑) 今号最大のウリ「猪木vsアリ」特集をじっくり読みます。
そうそう、やっぱり少年時代に雑誌で見たアントニオ猪木vsストロング小林は白黒ページだったりするとタイツの色も判別が難しくて「どっちが猪木でどっちが小林?」なんて思ってましたよ!(^_^;)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ MISTICO TIGER

初代CMLLユニバーサル王者決定!! etc

2週に渡って行われたトーナメントを経て、初代CMLLユニバーサル王者を決めるウルティモ・ゲレーロvsテハノJr.の一戦が6月19日、アレナ・メヒコのメインで行われました。
まずはとにかくYouTubeの動画を!







ウルティモ・ゲレーロ1本目、2本目と足へのジャベで取り合った決勝の3本目、最後は必殺技ゲレーロ・スペシャルで見事にウルティモ・ゲレーロが初代王者として歴史に名前を刻みました。
普段はわりとCMLLの縁の下の力持ち的なゲレーロが3月に行われたオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスでのビジャノVとのマスカラ戦に続き主役の座に躍り出ました!
マスク&コスチュームもビジャノV戦と同じ水色の物を身につけて来ましたが、験を担いでここ一番で使用しているのでしょうか?
ここから秋のアニベルサリオへと、どう展開していくのか楽しみです!

それから、一昔前ならゴング誌がどう表記するかで日本での呼び名が決まったのであろうタイトルの表記ですが、階級に関しては日本でもわかりやすくメキシコでのスペイン語ではなくて、英語のヘビー級とかライトヘビー級と表記されるので、ずーっとCMLLユニバーサルと表記していますが、もちろん現地ではスペイン語読みのウニベルサルです。
意味合い的に考えればCMLL無差別級というのもスッキリする気がしますが、日本でどの呼び方が定着するのかわかりません。
今後、このタイトルの防衛戦が行われるのかということと合わせて注目していきたいと思います。


ドス・カラス&ドス・カラスJr.さて、その他にも気になるニュースが。
まずは何度も噂となっては立ち消えしていたドス・カラスJr.のWWE移籍。
今回はどうやら本決まりのようです。
せっかく角付きのマスクでアレナ・メヒコの観客にも人気爆発していたのに(ToT)
やはりこの人、華麗なる仮面貴族の一族ですからメキシコに留まるよりも世界に羽ばたきたい!という指向なのでしょう。
個人的にはCMLLに留まって欲しかったですが、決まったものは仕方ないですから、世界のビッグネームになって数年後にメキシコに凱旋、また日本にも来てもらいたいと思います。
まずはフロリダに入って、いとこのシコデリコJr.と合流するようです。
WWE用の新デザインマスクも既にオーダー済みとか・・・。

それから、新型インフルエンザの影響で途絶えていたメキシカンの来日。
7月26日(日) 東京・後楽園ホールで開幕する全日本プロレスの2009 SUMMER ACTION SERIESで行われる「餃子の王将 presents 2009 ジュニア・ヘビー級リーグ戦」にスペル・クレイジーが参戦します。(ジュニア・リーグに参戦 スペル・クレイジー選手プロフィール)
さて!菅林社長!次は新日本プロレスの番ですよ!!
ミスティコ+α、タイガー服部レフェリーのメキシコ視察の成果を宜しくお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ MISTICO TIGER

船木誠勝 忘れ得ぬドロップキックの衝撃

武藤&船木vs.蝶野&みのる 8.30両国で超ドリームタッグ実現!=全日本プロレス (スポーツナビ)

全日本プロレス「2009プロレスLOVE in 両国 Vol.8〜武藤敬司デビュー25周年記念大会〜」
8月30日(日)東京・両国国技館 開場15:00 開始16:00

【決定対戦カード】
<武藤敬司デビュー25周年記念スペシャルタッグマッチ>
武藤敬司&船木誠勝vs蝶野正洋&鈴木みのる


ニュースとしては少し古いですが、個人的にこのカード発表、1・4新日東京ドームにミスティコ来日決定以来のインパクトでしたし、船木にはプロレスとプロレスラーの凄さをまざまざと見せつけられた忘れられない思い出がありますので、たまにはマスク&ルチャ以外の話題で(^^;)

まだ船木誠勝が本名の船木優治でリングに上がっていた時代、それも新日ヤングライオン時代のことですから、もう20年以上も前のことです。
さすがに断片的な記憶しか残っていませんが、市内のディスカウントストアが当時、新日本プロレスのスポンサーだったのか、アントニオ猪木、藤波辰巳(当時)、初代タイガーマスクをはじめ、Uターン参戦していたUWF勢や外国人レスラーなどを呼んでのサイン会がわりと頻繁に行われるという、今思えば当時のプロレス少年にとっては恵まれた環境にありました。
初代タイガーが引退した数年後のたしか夏休み中だったと思いますが、4日連続でサイン会が行わたことがありました。
この4日間はリングを駐車場に組んだままだったと思います。
日によってサイン会は猪木だったり、UWF勢だったり、藤波&木村健悟だったりしたのですが、そのうちの1日だけドン荒川やザ・コブラのマスクを脱いだばかりのジョージ高野と若手選手という、つまりスター選手不在の日がありました。
私は4日間、欠かさずに通いましたが、この日はやはり他の日よりもお客さん少なかったです。
“鬼軍曹”山本小鉄さんも来ていて、さすがにサイン会だけではまずいと思ったのか、リングで若手選手によるスパーリングが行われました。
リングに一番近い場外フェンスの外、最前列でその様子を見ようとしていたら、小鉄さんが「中に入っていいよ」と普段はセコンドやカメラマンしか入ることが許されないに場所に入れてもらえたのです。
想像していたよりもはるかに固いロープとマットの感触に驚いたのを覚えています。

この時、リングに上がりスパーリング(というよりも練習試合)をしたのが、既に「未来のエース」と評判だった船木優治と後にケガが原因で新日を退団することになる片山明の2人でした。
船木が片山をロープに振り、戻って来たところに船木が助走をつけドロップキック!!!!!
テレビで見ると何てことのない技ですが、2人が猛スピードで接近し、船木が飛び上がって一度曲げた膝をピーンと伸ばし片山に放ったドロップキックを間近で見て「あぁ、もしこれを自分が喰らったら死ぬぞ」と本気で思うほどの衝撃でした。
この時よりも以前に隣町の商店街の駐車場で行われた屋外での大会や1983年1月6日、後楽園ホールで初代タイガーマスクvs小林邦昭のNWA世界ジュニアヘビー級戦を観戦しているのですが、この船木のドロップキックは、こんな技やこれ以上の技を常日頃、繰り出し、そして受けているプロレスラーってホントに凄い!いや凄過ぎる!と思う私の原体験になったのだと思います。

ドロップキックの衝撃が強過ぎて試合の結末は覚えていないのですが、この後、2枚の色紙に10人くらいのレスラーに寄せ書きサインをもらいました。
コブラのマスクを脱いだばかりのジョージ高野はサインをどうしようか試行錯誤しながら数パターン書いていた記憶があります。
マスクを被る前の獣神サンダー・ライガーのサインは全部、平仮名なんですよね。
今、見ると誰のものなのかわからないサインもあります。
船木優治サインその寄せ書きサインしかないだろうと大事にしまってある色紙を探してみたら、船木のみのサインが出てきました!
あの時、この選手は将来の新日のエースだからと持参した色紙に1人だけのサインを書いてもらったのだと思います。
これって結構お宝ですかね?(^o^)

あの頃もカッコ良かったですが、今もカッコいいですよね。
当時を思い出すと武藤が「同期でオレ以上に天才と呼ばれた男」と船木を絶賛しているのが、よくわかります。
後日の猪木のサイン会で「今日は一番練習する(素顔のライガー)のと一番サボる(蝶野)のを連れて来ました」と猪木が語っていたのは覚えていますが、武藤と故・橋本真也さんのことは全く覚えていませんm(__)m

武藤、蝶野、船木、みのると、どの組み合せも興味深いですが、新日退団以来のプロレスで私にプロレスとプロレスラーの凄さを教えてくれたドロップキックを船木が放つのか密かに注目しています。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ MISTICO TIGER

CMLLユニバーサル王座決定トーナメント グループB

CMLLユニバーサルチャンピオンベルト更新が少し遅くなりましたが、グループAを勝ち上がったテハノJr.と6月19日アレナ・メヒコで新設CMLLユニバーサル王座の初代チャンピオンを争う選手を決めるトーナメント、グループBが12日に行われました。
王者に与えられるベルトも公開されました。
こちらも既に動画がアップされていますので今回も貼りまくります!

第1試合はエクトール・ガルサvsメフィスト。
メフィストはこの試合の少し前から目元を中心にマスクのデザインをマイナーチェンジしています。
より精悍な顔つきになりました。



第2試合はミスティコvsエフェスト。
エフェストも口が露出するタイプにマイナーチェンジ。
こちらはキャラクター的には以前の口が見えないタイプの方が良い気がします。
あっ、ミスティコは銀ラメ生地に金模様というイメージカラーとも言えるカラーリングのマスクで登場しました。
このカラーリングを見るのは久しぶりだと思います。



第3試合はウルティモ・ゲレーロvsボラドールJr.。



第4試合はネグロ・カサスvsラ・マスカラ。



そして準決勝、まずはミスティコvsガルサ。
ミスティコのマスク、1回戦とは違い金銀ハーフです。



もう1つの準決勝ゲレーロvsネグロ・カサス。



順当にミスティコとゲレーロが勝ち上がり、いよいよ決勝!



ウルティモ・ゲレーロ大のミスティコ好きの私は次の来日の時には新しい赤いベルトを巻いて・・・と思っていましたがグループBを見事に勝ち上がったのはゲレーロでした。
レイ・ブカネロが負傷欠場、アトランティスがテハノJr.にNWAライトヘビーを奪われ、軍団としては少し元気のないゲレーロスですが、ゲレーロに限ってはビジャノVを敗りマスクを奪うなど大活躍です。
もともと実力はありますから!

さて、いよいよ今週の金曜には初代王者が決まります!
数週前のラス・デ・ロナでミスティコが語っていた「テクニコ同士の戦いも実現したい」との言葉とは裏腹にまたしてもルード対決となりました。
ゲレーロ優位は揺るがないと思いますが、もしテハノJr.が勝つようなことがあると一気にブレイク、完全にトップグループ入りするような気配も感じます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ MISTICO TIGER

緑の巨星逝く

三沢光晴三沢光晴が死亡、試合中に倒れる=ノア スポーツナビ

あまりの突然すぎる訃報に言葉もありませんが、頭の中では橋本真也さんが亡くなった時に報道ステーションで古館伊知郎キャスターが語った言葉が渦巻いています。

「(現在のプロレスは)受け身を取りづらい技を連発するようになった。それに歓声を上げるファン。リング上は、それに応えるようにヒートアップする。彼は殉職だと思います」

今はただ、心からご冥福をお祈り致します。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ MISTICO TIGER

Ras de Lona Ep 49 〜NO LIMITと新顔?〜

ユニバーサル王座決定トーナメントのグループB目前ですが、ちょっと気になる話題を最近お馴染みのRas de Lonaから紹介します。

まずはCMLLで大活躍中の新日本プロレス、NO LIMITの2人。
先週に引き続き、またもやインタビューされています。
OKUMURAが通訳していますので、これはスペイン語のわからない私でも理解出来ます(^^;)



ドス・カラスJr.&NO LIMT「CMLLで良い選手だと感じたのは?」との質問にウルティモ・ゲレーロとボラドールJr.の名を挙げた内藤。
しかし、OKUMURAがゲレーロしか通訳しなかったのは「ルードなんだからテクニコのボラドールがカッコいいはないだろ」と思ったからでしょうか?
一方、裕次郎には何故か「下痢したのは何故?」「エデカンは好き?」「エデカンでは誰が好き?」とルチャとは全く関係ない質問ばかり(笑)
なんだ?これ!?(爆)
あっ、最後の「エデカンでは誰が好き?」との質問に「トダ」と答えているのでトダという名のエデカンがいるのだろうと思っていましたが「トダ」=「みんな」って意味だと教えてもらってアナウンサー、OKUMURAが大爆笑している意味がわかりました。
トドは知ってたんですけどねぇ。
やっぱりスペイン語は難しいです(- -;)
変な質問するアナウンサーもアナウンサーなら裕次郎も裕次郎です(^^;)

そして、もう1つが6月2日アレナ・メヒコでレイ・コメタ&ペガソとトリオを結成し、アルカンヘル・デ・ラ・ムエルテ&OKUMURA&スカンダロと対戦したオルス。



レイ・コメタ&ペガソ&オルスオルス左の画像で場外にダイブしているのがコメタ、手前がペガソ、奥がオルスだと思いますが、ご覧の通りお揃いのカラーリングのマスク&コスチュームです。
6人タッグが多いメキシコマット、AAAから移籍して来たコメタとペガソのパートーナーとしてオルスが登場、このトリオで売り出すのでしょう。
まずはブラック・ウォリアー&サングレ・アステカ&ドラゴン・ロホJr.のPODEL MEXICAの保持するナショナルトリオ王座に挑戦するようになると面白そうです。
ところで、このオルス、某ルチャドールのキャラチェンジみたいですね。
正体については今のところ書くつもりはありませんが、この顔に見覚えありです!
ヒントが奇しくも当ブログにあったりします・・・。
マスクのデザイン的にはAAAから移籍のコメタ&ペガソが立体系なのに対し、オルスは突起物がないのも面白いところですね。


また、新型インフルエンザの影響で延期となっていたDragomania IVが8月に開催されるようです!(ウルティモ・ドラゴンが帰国「メキシコは危険な国ではない」スポーツナビ)
リンク先のウルティモ校長の日墨友好400周年バージョンのマスクもカッコいいです。
仕切り直しのDragomania IVのカード発表も楽しみです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ MISTICO TIGER

CMLLユニバーサル王座決定トーナメント グループA

ついに新設のCMLLユニバーサル王座を決定するトーナメントが6月5日アレナ・メヒコで開幕しました!
まずはアベルノ、ラ・ソンブラ、サングレ・アステカ、イホ・デル・ファンタスマ、ドラゴン・ロホJr.、マスカラ・ドラダ、ブラック・ウォリアー、テハノJr.の8選手参加のグループA。
早速、動画を見つけちゃいましたので貼りまくります(^_^;)
トーナメントは通常の3本勝負ではなく1本勝負なので1試合1試合は短いですから。

トーナメント第1試合はブラック・ウォリアーvsマスカラ・ドラダ。



第2試合はテハノJr.vsイホ・デル・ファンタスマ。



第3試合はアベルノvsドラゴン・ロホJr.。



第4試合はラ・ソンブラvsサングレ・アステカ。



ほぼ順当な結果で準決勝へ。
まずはテハノJr.vsブラック・ウォリアー。



そして、もう1つの準決勝、アベルノvsラ・ソンブラ。



さぁ、いよいよグループA決勝戦!
ラ・ソンブラvsテハノJr.。



テハノJr.という訳でグループAの勝者はちょっと意外な伏兵テハノJr.でした。
決勝戦のフィニッシュは新日の後藤洋央紀が使い、天山広吉を欠場に追い込んだことからネーミングされた「牛殺し」と同じ技でした。
テハノJr.の必殺技「Tornado Texas」がこの技なのかもしれません。

次週12日のグループB出場選手はミスティコ、エフェスト、メフィスト、エクトール・ガルサ、ラ・マスカラ、ボラドールJr.、ネグロ・カサス、ウルティモ・ゲレーロ。
グループA以上に誰が勝ち上がってもおかしくないメンツです。
テハノJr.と対戦するのはミスティコか?ゲレーロか?はたまた意外な伏兵が勝ち上がるのか?
目が離せません。

それにしてもテハノJr.、アトランティスからNWAライトヘビーを奪うなど、ここに来て大躍進。
個人的には、風貌からCMLL首脳部はペリートの後釜に据えようとしている!?と思ってます。
先日「Hijos del Avernoの大攻勢」なんて書きましたが、テハノJr.の活躍はHijos del Averno内のパワーバランスに微妙に影響してくることでしょう。
大活躍の兄に対して弟スペル・ノバはいつからかCMLLで見かけなくなっちゃいましたね。
日本でも駅前留学、問題ありましたし・・・(- -;)
とオチがついたようなスベったような微妙な空気で怒濤の4日連続更新を締めくくると致します(^_^;)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ MISTICO TIGER

tela metalica tamamushi

玉虫ラメずーっと気にはなっていましたが、なかなか入手する機会のなかった玉虫ラメのマスクをやっとゲットしました。
こういうキラキラ系の生地というと最近のルチャドールが被っているのはドットがプリントされたリクラプンティーニが多いですし、リクラプンティーニにもドットの大きさ、発色の違いが様々あって手に取る度に嬉しくなりますが、この玉虫ラメはちょっと趣が違いますね。
同じキラキラ系でも渋い光りを放つと言うか(^_^;)
今まで画像で見て想像していたよりも実物ははるかに良かったです!

さて、この玉虫ラメ、もしかするとメキシコにもともとは無い物なのかもしれません。
マスカラ大百科TOMO15にはローリン製ラ・マスカラの玉虫ラメが載っていますが、素材の所には「tela metalica tamamushi(escarabajo)」と日本語をそのままアルファベット表記しています。
(escarabajo)については意味を調べたところ「コガネムシ」のようですので、イコール玉虫ということでしょう。

日本ではストロング・マシンで一躍有名になった玉虫ラメですが、ルチャドールのマスクではほとんど見かけませんよね?
私の知る限りではマスカラ本に載ったローリンのラ・マスカラ、それから同じくローリンのブラック・ウォリアー。
他のメーカーだとアンヘル・アステカのウルティモ・ゲレーロ、ミゲル・アンヘルのグレイ・シャドー。

これらのメーカーはもしかすると日本から玉虫ラメを送ってもらったのかもしれません。
メキシコでは「グレイ」(灰色)と呼ぶ職人さんも多いみたいですが、たしかに銀ラメに比べればグレーですね。
画像では、なかなか伝わらないと思いますが、赤や青や金?の繊維が織り込まれている生地が角度によってキラキラと輝く様は今更ながら新鮮で感動しちゃいました\(^O^)/

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ MISTICO TIGER

NO LIMIT ルチャの殿堂に登場!

NO LIMIT 1NO LIMIT 25月27日に無事にメキシコ入りした新日本プロレス、NO LIMITの裕次郎と内藤哲也。
翌々日の29日には早速、ルチャの殿堂アレナ・メヒコに登場。
セミでドス・カラスJr.と組み、エクトール・ガルサ&ボラドールJr.&ラ・ソンブラと対戦。(当初の予定ではソンブラではなくショッケルでしたが)

この試合もレイ・ブカネロvsエフェストと同じく、YouTubeにアップされていたのですが、これまた削除されちゃいました(ToT)
ダイジェストですが、こちらをご覧下さい。
冒頭にはメキシコ上陸直後のベニート・フアレス空港でのインタビューも収録されています。



裕次郎=YUJIROはスペイン語読みだとジュージローになるのが少しおかしかったり、内藤の語る「ルチャドールファン」は日本語だと「プロレスラーファン」になるので、正しくは「ルチャリブレファン」だろっ!なんてツッコミ入れてしまいました(^_^;)

冗談はともかく、新日ジュニアの成長株NO LIMITとCMLLのトップどころの対戦は日本とメキシコのというより、新日とCMLLのスタイルの違いが少し見えて、なかなか興味深かったです。
NO LIMITはとにかくハードヒット、当りが強い!
日本では当たり前の攻撃であるチョップ1発も重い!
キャリア豊富なベテラン、エクトール・ガルサや日本やアメリカでも試合経験のあるボラドールJr.はNO LIMITの放つチョップに怯まず打ち返していましたが、ソンブラはチョップ1発で倒れてました。
体格差ももちろんあるとは思いますが、打ち返すだけの気の強さも必要かなと感じました。
今後、新日に参戦するであろうルチャドール達の課題はこの辺りかもしれません。
華麗な空中戦がクローズアップされることの多いミスティコはルードにマスクも体もズタズタにされても向かって行って、最後に伝家の宝刀ラ・ミスティカで勝利!という気の強さも持ち合わせていますし。
こういった新日×CMLLの化学反応はゴールデンウィークの後楽園2連戦で実験されるはずだったのが、新型インフルエンザの影響でCMLL勢の来日中止で流れてしまいましたが、NO LIMITがメキシコ入りしたことで見えてきたように思います。
ルチャ本来の華麗さは絶対に残さなくてはいけないと思いますが、将来的には金本アニキにボコボコにされながらも向かって行く、今の岡田かずちかのようなルチャドールが1人出て来ても面白いだろうなぁと思ってしまいます。

ドス・カラスJr.1さて、この試合のもう一方の主役は今後、NO LIMITとトリオを結成することが多くなりそうなドス・カラスJr.。
久しぶりにご覧のようなボディ・ペイントで登場(^o^)
驚いたのは角付きの応援用マスクを被ったり、角の付いたカチューシャをした観客を何人もカメラが捉えていたことです。
カチューシャの方は中に電球が入っているようでピカピカ光ってました(^o^)/
小さな女の子がしているのが多かったのですが、おじさんも1人いましたねぇ。
ルード転向後、角付きマスクを被り始めたドスJr.、完全にブレイクです\(^O^)/
俄然、角付きマスクが欲しくなってきたりして(^_^;)


そして、いよいよ今週から始まる新設ユニバーサル王座決定トーナメント!
タイトル移動を受けて出場選手にも変化がありました。

【グループA】アベルノ、ラ・ソンブラ、サングレ・アステカ、イホ・デル・ファンタスマ、ドラゴン・ロホJr.、マスカラ・ドラダ、ブラック・ウォリアー、テハノJr.

【グループB】ミスティコ、エフェスト、メフィスト、エクトール・ガルサ、ラ・マスカラ、ボラドールJr.、ネグロ・カサス、ウルティモ・ゲレーロ

当初発表の各グループ7選手から8選手出場に拡大。
更に楽しみが増えました!
参加選手の一部が意気込みを語っています。



ええ、もちろんスペイン語はわかりませんよ(^o^;)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへMISTICO TIGER

Hijos del Avernoの大攻勢

色々と書きたいことはあったのですが、ちょっと忙しくて・・・(+_+)
情報としては、ちょっと遅い感もありますがお付き合い下さいm(__)m
タイトル情報です。

レイ・ブカネロvsエフェストレイ・ブカネロvsエフェスト2まずは5月26日、アレナ・メヒコで行われた王者レイ・ブカネロvs挑戦者エフェストのCMLLライトヘビー級タイトルマッチ。
この試合、数日前まではYouTubeにアップされていたので貼り付けてご覧頂こうと思っていましたが・・・
何故か削除されてます(ToT)
1本目、ブカネロが丸め込んで先取した後の2本目、場外のエフェストに向けてトペ・コンヒーロをブカネロが放ちますがエフェストが避け、着地の際に左足を負傷。
そのままリングに戻れずリングアウト負け。
3本目も戦闘不能でアクシデント絡みとは言え、エフェストが王座奪取、第11代王者となりました。
メジャーなシングル王座は初戴冠ですね(^_^)
一方、ブカネロは2006年7月に現在のパートナー、ウルティモ・ゲレーロから奪い、約3年間守って来たタイトルを失いました。
また、膝の故障は深刻らしく半年間欠場の模様です。

ラ・ソンブラvsメフィスト続いては5月27日アレナ・コリセオ・アカプルコで行われた王者ラ・ソンブラvs挑戦者メフィストのNWAウェルター級タイトルマッチ。
映像を見ていないので詳細はわかりませんが、19才のソンブラに40才のメフィストが勝ち、第56代王者になりました。
メフィストはナショナルウェルター級のベルトを巻いて以来のシングル王座奪取です。


アベルノvsブルー・パンテルそして5月29日のアレナ・メヒコではHijos del Avernoのボス、アベルノがブルー・パンテルを相手にCMLLミドル級王座を防衛。
アベルノはNWAのミドル級王座も保持する二冠王、テハノJr.もNWAライトヘビー級王者とHijos del Avernoが勢力を拡大しています。

これらのタイトル移動やブカネロの負傷欠場を受けて、新設のCMLLユニバーサル王者決定トーナメントの参加ルチャドールにも若干の変更が出ているようですね。
この辺りについては次回に(^o^)/

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへMISTICO TIGER
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ