2009年07月

CMLLミドル級王座移動とINFIERNO EN EL RING

アベルノvsイホ・デル・ファンタスマCMLLMIDDLE_hdf
先週の火曜日、7月21日にアレナ・メヒコで行われたCMLLミドル級タイトルマッチ、王者アベルノにイホ・デル・ファンタスマが挑戦し、見事にベルト奪取に成功、第14代王者となりました。

この試合、まだ観ていないのですが、何度かご紹介している「Ras de Lona」に新王者ファンタスマが親子揃って登場。
少しではありますがタイトルマッチの模様もインサートされています。



試合後はノーサイド、敗れたアベルノは素直にイホ・デル・ファンタスマを称えていました。
タイトルマッチやマスカラ戦、カベジェラ戦後は互いに健闘を称え合う感動的なシーンがよく見られますが、翌週になるとそんな感動シーンはどこへやら、また熱い抗争劇が再開されるんですよね(^_^;)

ファンタスマのような若いテクニコのマスクマンが台頭してくるのは嬉しいですo(^-^)o
エクトール・ガルサ&ラ・マスカラと組んでのCMLLトリオと合わせ二冠王になりました。
一方、敗れたアベルノもは同じ階級のNWA世界王座を保持しています。

そして、いよいよ今週31日の金曜定期戦では敗者髪切りの金網戦、INFIERNO EN EL RINGが行われます。
参加選手はテハノJr.、テリブレ、内藤哲也、裕次郎、ブラック・ウォリアー、ネグロ・カサス、トスカーノ、ショッケル、エクトール・ガルサ、ライ・メンドーサJr.、ヘビー・メタル、ブルー・パンテル、OKUMURA、マキシモ、ミクトランの15人。

こちらも「Ras de Lona」で内藤&裕次郎のNO LIMITの2人が意気込みを語っています。



「エクトールの坊主が見たい」とルードらしく薄ら笑いを浮かべながら話す内藤に対して、裕次郎は「ホントはNO LIMIT対エデカンでケージマッチで試合をしたかった」・・・ってなんだよ!?それ!! (爆)
前回「Ras de Lona」でインタビューを受けた時「Ras de Lona Ep 49 〜NO LIMITと新顔?〜」に続いて、またもやエデカンネタ!
完全にスケベな日本人キャラになってます( ̄∇ ̄;)
そんなことばっか言っててペロンにならないだろうな?
さて、エロ日本人、裕次郎の運命やいかに!?

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン MISTICO TIGER

お宝写真!? 発掘 〜新日本プロレス編〜

押し入れに眠っていた四半世紀前の写真、赤いファイルの全日本プロレスに続いて、数日後に新日本プロレスの青いファイルが見つかりました!

お宝写真!?新日マスクマン
上段左から“暗闇の虎”初代ブラック・タイガーのタイプの違うマスクが2枚、素顔でも来日したビッグ・ジョン・スタッド、“謎のアストロノーズ”ザ・コブラ。
下段は今月久々の来日をした“流星仮面”マスクド・スーパースター2枚。
左は実況の古館伊知郎アナウンサーが“戦うど根性ガエル”と称したスーパースター自身のイラストが入ったコスチューム、右はプライベート用での使用のみでしょうか?イーグルと呼ばれているタイプです。
ビッグ・ジョン・スタッドは一時期マスクド・スーパースター2号を名乗っていたこともあったようです。

お宝写真!?新日ルチャドール
さらにこちらは初代タイガーマスクとも戦ったメキシカンたち!
上段左からブラックマン、フィッシュマン、ビジャノIII、エル・ハルコン78。
下段はエル・カネック、ウルトラマン、エル・ソラール。
考えてみれば、この頃から初代タイガーとともにメキシコのマスクマンが大好きだったんですよね。
たまにやってくるエル・シグノ、ネグロ・ナバーロなどの素顔の選手たちに「メキシカンのくせに、なんでマスク被ってないんだ?」と子供心に思ってました(^o^;)
この頃が私にとってはプロレスもルチャリブレもマスクも原点ですね。

お宝写真!?ルチャドール
さらに、この青いファイルには旧UWFに移籍していたからだと思いますが、赤い全日ファイルにはなかったマッハ隼人もありました。
左は後にザ・グレート・サスケの原型になった歌舞伎面、右はサングレ・チカナタイプ。
その下の写真はクン・フー、マテマティコ&スペル・アストロ&エル・サントのスリーショット、エル・サントとおそらく写真を集めていた当時には来日していなかったメキシカンたちの写真も出て来ました。
サントはこの後も一度も来日することはなかったですけどね。
クン・フーは晩年のずんぐりむっくりではなくスリムでカッコいい!!

やっぱり25年も時が経つと忘れていることって多いですね。
こんなに色々と写真が出てくるとは思ってもいませんでした。
意外とマスクマンだけでも多かったので次回、初代タイガーマスク編に続きます(^_^)/
乞うご期待!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン MISTICO TIGER

IWGPジュニアヘビー級王座メキシコ流出!?

ミスティコ新日本プロレス「G1 CLIMAX 2009 〜New Lords,New Laws〜」期間中の8月13日の愛知県体育館15日の両国国技館に特別参戦するミスティコのカードが発表されました!

●8月13日(木) 愛知県体育館

タイガーマスク&ミスティコ vs 石井智宏&OKUMURA

●8月15日(土) 両国国技館

IWGPジュニアヘビー級選手権試合
タイガーマスク(第56代王者) vs ミスティコ(挑戦者)


正直なところ、えっ!?ですよ・・・。
残念ながらCMLLからはOKUMURAが参戦のみでメキシカンは無し。
メキシコ遠征中のNO LIMIT2人の通訳はどうするんでしょう?
G1前にNO LIMITは帰国ですか?
うーん、他のルチャドールも観たかった(><)

ミスティコ本人は来日の度にIWGPジュニアへの挑戦を口にしていましたが、四代目タイガーとのタイトルマッチって・・・。
ミスティコ最大の魅力の華やかさを消されそうな気配を感じつつ、それでも今までの来日2戦では見ることの出来なかった負けん気の強さ、本国メキシコでもルードにズタボロにされながらも向かって行って最後は“伝家の宝刀”ラ・ミスティカで勝利!というのが見れそうです。
・・・というか願望ですね(^o^;)

ジュニアタッグこそ田口隆祐&プリンス・デヴィットのApollo 55が獲り返しましたが、タッグはヘビー、ジュニアともアメリカTNAに流出しましたし、提携団体所属で新日に定期参戦すれば問題なしですね!

ホントのところ、タイトルの行方はわかりませんが、やっぱりミスティコが負けるのは観たくありません!!
もしミスティコがタイトル奪取となれば'99年11月29日にアメリカ、コロラド州デンバー、ペプシ・アリーナで獣神サンダー・ライガーを破った第36代王者フベントゥ・ゲレーラ以来、2人目のメキシカンチャンピオンになります。
IWGPジュニアのベルトを巻くミスティコが観たーい!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ MISTICO TIGER

至福の時 '09 夏「STRONG STORM IN SAGAMIHARA」

STRONG STORM IN SAGAMIHARA ポスター日付は変わってしまいましたが、リアルジャパンプロレス初の地方興行「STRONG STORM IN SAGAMIHARA」を観戦して来ました。

少年時代からの憧れのヒーロー、初代タイガーマスクの試合を生で観るのは1983年1月6日、後楽園ホールでの対小林邦昭、NWA世界ジュニアヘビー級戦を以来と実に26年半ぶりとなります。

スポーツナビを見たら、この大会について何も書かれていませんでしたので、少しではありますが、試合ごとに印象に残ったことを記してみようかと思います。

<第1試合 バトラーツ提供試合 B-1 CLIMAX Bブロック公式戦 20分1本勝負>
○ 臼田勝美 (11分39秒、アームロック) 焙煎TAGAI ×

臼田は知っているものの、両者とも試合を観るのは初めてです。
凸凹プロレス編集長お勧めのバチバチファイトが観られるかと思っていましたが、予想に反してグランド中心の展開に。
この両者だから、こういった展開になったのでしょうか!?
焙煎のローキックに苦しむ場面もありましたが、最後は臼田の貫禄勝ちでしょう。


<第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
○ 折原昌夫&和田城功 (10分24秒、コンソリクト・コンソリクター) 間下隼人&齋藤彰文 ×

リアルジャパンの若手2人に比べ和田はリキプロらしくプロレスラーらしい体。
この試合もキャリアで勝る折原の牙城は崩せずといった展開でした。 


<第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
○ タイガー・シャーク&ブラック・シャドー (16分7秒、シャープデスバイドッグ) グラン浜田&ケンドー・ナカザキ ×

ケンドー・ナカザキ、あれ!?この体つき観たことある!
なるほど、あの選手だ。
素顔の時と違って高音の奇声をあげながら技を繰り出すキャラなんですね。
マスクを被ったり、ペイントしたりすると人格が変わるのはわかるような気がします(笑)
頑張ってほし〜いのぅ・・・。
一方、リアル・ダーク軍の2人、ブラック・シャドーはバックを取られての急所蹴りなどヒールっぽいところがありましたが、タイガー・シャークはベビーフェイスっぽいですね。
なかなか見どころのある選手で今後に期待しちゃいます。


<第4試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
○ 石川雄規(10分29秒、卍固め) 泉州力 ×

この試合はある意味、猪木vs長州なのですよね?
泉州の方は完全なオマージュレスラーだと思いますし、動きはまんま長州なのですが、長州最大の魅力と言ってよい気迫までは真似出来ないのか、泉州に元気がなかったのが気になります。


<第5試合 セミファイナル タッグマッチ 30分1本勝負>
○ 鈴木みのる&スーパー・タイガー (17分23秒、エビ固め) 関本大介&石川晋也 ×

やはり鈴木みのるは千両役者です。
入場から退場まで観客も対戦相手も手のひらに乗せての試合運び。
大日本だけに留まらない活躍を見せている関本も見せ場を作りましたが、最後は若い石川が捕まってしまいました。
みのるは心底プロレスを楽しんでいるのが伝わってきました。


<第6試合 メインイベント タッグマッチ 30分1本勝負>
○ 初代タイガーマスク&藤波辰爾 (10分33秒、回転足折り固め) ザ・グレート・サスケ&アレクサンダー大塚×

試合の見せ場は藤波のドラゴンスクリュー、タイガーのタイガースピンとフロント・ネックチャンスリー・ドロップくらいだったでしょうか。
唐突にタイガーの丸め込みで終了してしまったといった感想です。
入場の時もコーナートップに上がらず、「私がタイガーマスクとして、リングで闘うことの出来る時間も限られおります。年令的にも、体力的にも、既にタイガーマスクとしては限界であることは、自分自身が一番理解しております。」と自身の公式ブログファンの皆様へで綴っていた言葉が気になります。
でもですねぇ、やはりあの時代を知っている者からすると藤波とタイガーがそこに並んで立っているだけで満足だったりする部分もあります。
新日の黄金期を知る世代にとって“ケロちゃん”こと田中秀和リングアナウンサーが全試合、コールしたことが、よりあの時代を思い出させてくれて嬉しかったですね。


さて、それでは試合以外のことも書いておきます。
ちょっと早めに会場に到着して選手の会場入りを待っていました。
こういうのが地方での試合の醍醐味ですからね。

タイガー・シャークタイガー・シャーク サイン誰か来ないかなぁ・・・と思っていたら既に会場入りしていたタイガー・シャークが体育館から出て来ました。
写真を撮りつつサインも頂いちゃいました。
試合もそうでしたが、この時の受け答えも丁寧で全然ヒールじゃないんですよね。
こういった姿勢は師匠・佐山さんの教えなのかもしれません。


藤波辰爾その後、“炎の飛龍”藤波辰爾登場!
新日時代に腰のケガで欠場していた時期もありますが、今はコンディション良さそうです。


ザ・グレート・サスケザ・グレート・サスケ サインそして“東北の英雄”ザ・グレート・サスケがタクシーに乗ってやって来ました。
もちろんマスク被ってタクシーに乗ってましたよ!
画像は私がお願いした色紙にサインをして頂いているところを正面からパチリ。
少し写っていますが、最近はプライベートで被っているマスクの紐が何故かオレンジなんですよね。
なんででしょう?


関本大介そして大日本プロレスの関本大介。
もっと前に会場入りしていて、練習後に飲み物を買いに行って帰って来たところみたいですね。


佐山聡初代タイガーマスク ツーショット写真サインこの後、だいぶ待ったような気がするのですが、初代タイガーマスク佐山聡さんがにこやかに登場。
一番の目的だった昨年バトルロイヤルでマスクを被ってツーショットして頂いた写真にサインを入れて頂きました(o^∇^o)ノ!
昨年に引き続き私側は見せてもしょうがないので、試合前は500円で売られていたのに大量に余ったからなのか、試合後は無料配布していたウチワで隠してみました(´- `;)
同じく試合前は1000円で売られていた大会ポスターもタダでもらって来ました。


グラン浜田会場内のグッズ売り場でサインをする“小さな巨人”グラン浜田。
この方も元気ですね。


IIIマーク ランプストラップ第3試合終了後の休憩時間にTIGER ARTSから発売されているIIIマーク ランプストラップを買いました。
オーソドックスなフォーエヴァー ランプストラップの方にしようかと思ったのですが、ホームページには載っていない赤金ハーフカラーのIIIマークがあったので、昨年タイガーとツーショットした時に私が被ったこのカラーにしました。
YNの中村之洋さんも三重から来られていて売店に立たれていたので、ちょっとドキドキしましたが「私もマスクが大好きなんです」と勇気を出して話しかけてみました。
物腰の柔らかそうな方で「マスクって奥が深くて魅力的ですよね」など気さくに話してくれました。
中村さんにも宣言しちゃいましたが、いつかはYN欲しいです(^o^;)


石川雄規 サイン試合後に“燃える情念”石川雄規にもサインを頂きました。
サインもらって写真撮るのは忘れちゃいました。


ザ・グレート・サスケ マスクサインそして、タイガーにツーショット写真にサインをもらうのと並んで、もう1つ実現したかったこと。
それは持っているサスケのマスクに本人のサインをもらうことでした。
ええ、会場入りの時は色紙にもらうことで頭がいっぱいでマスクのこと忘れてました(--:)
ちょうど会場前で停まった車の後部座席に座り窓を開けていたので「この時を逃したら次はいつになるかわからない」と思い切って「サスケさん!マスクにサイン頂けますか?」と声を掛けたら物凄く丁寧に対応してくれました。
意外かもしれませんが、所有しているマスクに本人のサインを頂くのは今回が初めてでしたから嬉しかったです(^o^)/

思いっ切り地方大会ならではの醍醐味を満喫して来ました。
鈴木みのるのサインも欲しかったんですけど、これ以上は贅沢ですから、またいつかどこかでもらえる日が来るのを待ちましょう。

さぁて、7月の初代タイガーが終わり・・・
8月は私のもう1人のヒーロー、ミスティコの半年ぶりの来日。
そして9月は・・・w(*゚o゚*)w

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ MISTICO TIGER

お宝写真!? 発掘 〜全日本プロレス編〜

先日、ひょんなことから思い出したこと・・・。

初代タイガーマスクをきっかけにプロレスにハマった当時、プロレス会場に行くと必ずと言ってよいほど自分で撮影した写真をアルバムに入れ売っていた“カメラ小僧”がいましたよね?
あの“カメラ小僧”をやってた幼なじみがいたんです(笑)
写真を撮っては売り、それを元手に高そうなカメラを買って足繁く後楽園ホールなどの試合会場に行っているのを少し羨ましく思っていました。

その幼なじみから少しずつ譲ってもらって集めていた写真があるはずだ!と押し入れを探してみたら出て来ました!!
まずは「全日本プロレス」とシールが貼られた赤いファイルを発見。
実に25年ぶりくらいに開いてみましたが、ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、天龍源一郎、ザ・グレート・カブキ、阿修羅・原と所属ヘビー級選手の後に大仁田厚、ウルトラ・セブン、マジック・ドラゴンのジュニアヘビー選手。
そしてスタン・ハンセン、ドリー・ファンクJr.、テリー・ファンク、ハーリー・レイスなどなどのガイジン勢。
ちゃんと当時の格や人気の順に写真が整理されていて、我ながら良く出来た少年だったと感心しました(^_^;)

そしてマスクマンたちの写真も沢山ありましたよ!!

お宝写真
画像は上段からミル・マスカラス、マスカラス&ドス・カラス、ドリーム・マシーン、スーパー・デストロイヤー。
下段はウルトラセブン、リスマルク、デストロイヤー夫妻、ドス・カラス、マジック・ドラゴン。
セブンは直筆サインが入ってました(^o^)

これ以外にもまだまだ沢山あるのですが、マスクに本格的に興味を持ち始めて数年、その数年の間に色々なマスクやマスクの画像を見て来ましたが「えっ!?こんなタイプのマスクもあったの?」なんていう写真も見つかったりして驚きました。
見覚えのある地元の体育館での写真もあって、やっぱりリスマルクは生で観ていたんだとか忘れかけていた当時の記憶が蘇ってきました。


栄光の輝き
押し入れからは、まだまだ一部ですがこんな雑誌も出て来ました!
チャンピオンベルトの実物大写真が収められている1983年発刊の「栄光の輝き」。
これA3サイズとかなりデカいのですが、なかなか保存状態も良かったです。
ベルトコレクターの方が欲しがったりするかもですね(^_^;)
あまり見かけませんので結構な値で売れたりして!?
売りませんけどね。

タイガーマスクの秘密そして、こちらは初代タイガーがデビューした1981年に発売された「タイガーマスクの秘密」。
タイガーの写真は全て牙付きです。

こういうのを見て、読んでワクワクしていた少年時代でした。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ MISTICO TIGER

今日発売の週プロ(^o^)/

週刊プロレスNo.1482来日が決定する度に載るこういう記事、1度は中止になったので、今回で4度目ですが、何度経験してもワクワクしちゃいます(;^_^A
スペースはちっさいですけどね。
“神の子”がG1をより熱くさせる!ってリード文も良いじゃないですか!

またG1開幕直前には特集記事も載るでしょう。

今回の来日は8月13〜15日と少なくとも3日間はありますし、14日は移動日で試合がありませんから、是非ミスティコにインタビューしてもらいたいっ!
人気者ゆえの過密スケジュールのせいなのか、話す言葉がスペイン語だからなのかはわかりませんが、新日劇場の登場人物となってからもミスティコのインタビューは実現してませんから。
表紙になってコンビニや書店に並んだら最高です!

一方“チャラティコ”“タナティコ”の異名を持つ(?)棚橋弘至はNOAH杉浦、ハッスルTAJIRI、ZERO1田中と他団体選手からラブコールが続き、ホントにモテモテですね。
ボクは女の子にモテたいんですけどね。俺のモテ期は半永久的。同時進行は得意ですから。三股くらいじゃへでもないです(笑)」ってコメントもらしくて良し!

「神の子」と「太陽の天才児」は夏が似合う!

あっ、でもその前に・・・

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ MISTICO TIGER

来た!来た!!来たー!!!

ミスティコゴールデンウィークの後楽園2連戦参戦が発表されながらも新型インフルエンザの影響で残念ながら流れてしまったミスティコ3度目の来日がG1の8月13日の名古屋と15日の両国に特別参戦と決定しました\(^O^)/ミスティコ選手が「G1 CLIMAX 2009」に特別参戦決定!(新日本プロレス公式HP)

画像は先週のアレナ・メヒコ金曜定期戦でのミスティコなのですが、なんと!紅白ハーフのマスク&コスチュームで登場!
白は銀かもしれませんが・・・
それにしても、今までハーフと言えば金銀かメヒコカラーの赤緑しかなかったと思います。

サグラードこのカラーリングで思い出したのが、数週前に「ラス・デ・ロナ」でともにインタビューを受けていたサグラード。
白のイメージが強いサグラードですが赤や画像の紅白ハーフをたまに被ります。
あのインタビュー以来、ちっとも組む機会はないようですが、もしかするとサグラードとのタッグ用に作ったのか?いや、5月の来日の際に被ろうと日の丸カラーのマスクを作っていたのか?などと想像していた矢先の来日決定にテンション上がりまくりです(^o^;)

まだカードはおろか、同時来日するルチャドールがいるのか、いないのかも発表されていませんが、とにかく楽しみです!
1・4東京ドーム、2・15両国と過去2回の来日ではカードとともに参戦が発表されましたが、今回のように、まずは来日が発表されてカードは後日というのも、あれこれと対戦相手を想像出来ていいかもしれないですね(^o^)/
さて、メキシコ視察したタイガー服部レフェリーのお眼鏡にかなったルチャドールは!?

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ MISTICO TIGER

突然ですが・・・

アベルノのマスクを被ったミスティコ問題です!

このマスクマン、いったい誰でしょう!?

正解はこちら続きを読む

サイケデリックじゃなくて良かった(^o^)

WWEと契約し、ファーム団体FCW入りしたドス・カラスJr.。
日課のネットチェックで今までのルチャ情報に加え、FCW関係も探っていますが、なかなか情報がありません。
しかーし、ドスJr.よりも先にFCW入りし、現在は行動を共にしている従兄弟のシコデリコJr.の動画をYouTubeで発見しました。
7月5日に行われた対Mr. Tarver(ミスター・ターバーってアナウンサーは言ってる気がしますが(- -;)戦。
「エル・シコデリコ」をリングネームに、この試合がFCWデビュー戦のようです。



シコデリコJr.あまりルチャ的な動きはありませんでしたが、終盤に自らロープに走り放ったフライング・クロスチョップは、仮面貴族の一族らしくて、ちょっと嬉しいですね。
最後はターバーのパワースラムの体勢から通常とは逆に落とすターバー・スインギング(って言ってますよね?)で残念ながら黒星スタート。
正直なところ、フライング・クロスチョップを除けば良い所なく敗北してしまった印象です。
まだまだアメリカでの経験が必要でしょう。
意外に思ったのは、金地に黒の渦巻きが画像で見ると、はっきりとわかりますが、動く映像だと渦巻きが細いからなのか、ほとんど金のマスクにしか見えませんよね?
“世界最高峰”WWEのリング。
ここに登り詰めるのには、こういったビジュアル面の良さも必要になってくるかもしれません。
まぁ、これが初戦ですから、今後の試合内容とマスク&コスチュームの進化に期待しましょう!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ MISTICO TIGER

ピロト・スイシーダ

ピロト・スイシーダ1ピロト・スイシーダ26月はユニバーサル(ウニベルサル)王者決定トーナメントがあり、ネタに困らなかったので1度もマスクを紹介しませんでしたが、そろそろネタ切れです(- -;)

今回は初期のみちのくプロレスに来日していたピロト・スイシーダです。
1970年生まれで、いくつのかローカルタイトルを獲得したということ以外ちょっとわかりませんでした。

そんな訳でみちのくで活躍していた当時の動画を早速、紹介致します。
'94年7月に行われたSATO & ケンドー & ピロト・スイシーダ vs スペル・デルフィン & スーパー・ボーイ & 愚乱・浪花の一戦。
もちろん裁くレフェリーは先月お亡くなりになったテッド・タナベさんです。





お楽しみ頂けたでしょうか?(^o^)
このカード、当時は鉄板だったんでしょうね。
メインまでの間にこういうコミカルな試合を挟むというのは緩急が効いていいと思います。

・・・とここまで書いて来ましたが、私はこの当時、ピロト・スイシーダのことは名前とマスクしか知らなかったのです。
マスクを入手するきっかけって、ほとんどがその選手が好きだ!というパターンなのですが、中には選手自体はそれほど知らないのに、デザインに惹かれて妙に欲しくなるってことが、たまにあります(^ ^;)
ストゥーカJr.ピロトに関しても完全にデザインに惹かれてというパターンで、以前にストゥーカJr.を紹介した時に書きましたが、どういう訳だか私はピロトやストゥーカのような飛行機乗りのヘルメットのようなデザインに弱いのです。
ストゥーカJr.は最初は何とも思っていなかったのですが、ある日から突然、そのダサカッコ良さに惹かれてマスクを入手。
その後、何気なく見ていたゴング・マスク・コレクションのピロト・スイシーダを見て、もしかするとピロトのデザインが無意識に脳裏に残っていてストゥーカのデザインに惹かれたのかもと思ったものです。

ドクトル・ワグナーJr.1ドクトル・ワグナーJr.2ドクトル・ワグナーJr.3
話しは変わりますが、先月行われたAAA年間最大のイベント、トリプレマニア。
そのリングには、これまた私が好きなメヒコカラーの民族衣装を身に纏ったドクトル・ワグナーJr.が登場。
一昨年くらいまでは、これでもか!これでもか!とマスクのデザインをチェンジしていたワグナーも最近は以前に被っていたデザインに顔の縁にラジョが入るというパターンでしたが、トリプレマニアでは模様はやはり以前に被っていたものでしたが、本体のラメ生地が帽子を被ったように赤、緑、白のメヒコカラーに3分割。
もともとワグナーは3分割のマスクも被っていましたが、右の画像のように分割されているのは下側でした。
トリプレマニアのワグナーを見た時は「おっ!ストゥーカタイプ」なんて思ったものです(^_^;)
ピロトやストゥーカとは分割の面積が違いますけどね。

それからピロト・スイシーダの名前について。
ルチャに興味を持ち始めてからスペイン語はローマ字読みに近いということがわかり、ピロトが英語のパイロットだということがわかりました。
トペ・スイシーダやプランチャ・スイシーダからスイシーダは入水自殺だというのは、もともと知っていましたが、直訳するとかなりおかしい。
入水自殺するパイロットってなんだ?と思っていました。
そんなおかしなパイロットはいないだろうと。
そこでルチャに精通し、スペイン語もわかる方に率直に聞いてみました。
返ってきたのは「直訳は合っています。でも、よく考えてみて下さい。日本にもそういう人たちがいたじゃないですか」と。
あぁ、なるほど!日本で言う神風特攻隊のことか!と納得した訳です。
なので直訳すると「入水自殺するパイロット」ですが、意味合いを考えれば「命知らずの特攻野郎」という感じになるんじゃないですかね。
動画を見ると全然そんな感じじゃなかったりしますが・・・(^_^;)

さて、マスクの方に参りましょう。
本体は黄色と黒のリクラピエール、目の部分はピンホールメッシュになっています。
頭から耳にかけての模様はヘッドフォンというよりもマイクは付いていませんが、パイロットがするインカム(と呼ぶのかはわかりませんが)なのだと思います。
内側に本人のサイン入りです。

ピロト・スイシーダ 01-斜め
ピロト・スイシーダ 01-正面
ピロト・スイシーダ 01-右
ピロト・スイシーダ 01-左
ピロト・スイシーダ 01-サイン


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ MISTICO TIGER
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ