2010年07月

LUCHA FIESTA 2010 第3試合

第3試合

ブラソ・デ・プラティーノ A☆YU☆MIプラティーノ NOSAWA A☆YU☆MI ミラニート
試合開始早々、対戦相手は置き去りに自分への熱烈声援を送る女性ファンに返事することに夢中のプラティーノ。
延々と続くプラティーノと女性ファンのやり取りに呆れて対戦相手が突っ込むも女性からの声援はやまず「チョットマッテ」と言ってから声のする方向に手を振るなどして応えるプラティーノ(笑)
観戦後にこの熱烈な声援を送った女性ファンが誰だったかを知る訳ですが(^_^;)

A☆YU☆MINOSAWA 藤田 プラティーノ
あまりに長いプラティーノと女性のやり取りにNOSAWAと藤田がツッコミを入れると泣いちゃうプラティーノ(笑)
大畠の顔面に股間を当てた後もNOSAWA、藤田に怒られて泣いてました。
少し前にサムライTVで観たドラゴマニアと同じ展開に大爆笑。

A☆YU☆MI大畠美咲
ブラソ・デ・プラティーノブラソ・デ・プラティーノ
ブラソ・デ・プラティーノコミカルな展開で試合が進むも魅せる所はしっかり魅せる!
A☆YU☆MI、大畠のプランチャに続いて、コーナートップから場外へ巨漢が舞う!!(落ちる!?)


P1080730プラティーノ A☆YU☆MI ミラニート
最後もプラティーノがコーナー最上段からのダイビング・ボディープレスで対戦相手3人をまとめて圧殺。
この人、やっぱり千両役者でした!

第3試合 30分1本勝負
○ブラソ・デ・プラティーノ&A☆YU☆MI&ミラニートコレクションa.t.(13分42秒 トリプル体固め)NOSAWA論外×&藤田ミノル×&大畠美咲×

ドラゴン モレノさんウルティモ・ドラゴン
第3試合終了後、恵比寿のメキシコレストラン「エル・リンコン・デ・サム」店長のサム・モレノさんとともにウルティモ校長が再登場。
モレノさんが1曲披露した後、校長にも「歌いませんか?」とリクエスト。
「タイトルマッチ前なので・・・」と渋りながらも、結局「ベサメムーチョ」を披露してくれました。

これにて前半戦終了、休憩時間となりました。
ブログの方は、あまり休憩せずに残り試合の観戦記、頑張ります(汗)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

LUCHA FIESTA 2010 第2試合

P1080642

P1080644
まずはエスペクトゥリートがダンスしながら入場。
エクスペクトロのミニ版なのに何故かラ・パルカのオーバーマスク!

P1080650プロデューサーのウルティモ・ドラゴン校長がこの大会最初のサプライズに用意したXは闘龍門JAPANに上がっていたヴェネチア。
ヴェネチアのことを知らなかったので、登場した瞬間「サル?ケモニート?・・・いや、ケモニートじゃないなぁ」なんて思ってました(汗)


P1080656
P1080662
昨年のルチャフィエスタの映像は観ていたのでウルティモ校長の「マスカリータ・ドラダを凌ぐX」の言葉に期待を膨らませていたのですが・・・。
エクスペクトゥリートのリストを取ってサードロープからセカンド、トップと飛び乗ってのアームホイップのムーブに入ろうとするヴェネチア。
ところが、かなり小柄なせいなのか、最初のジャンプでサードロープにも飛び乗ることも出来ず(大汗)
なんだかグダグダな展開になりかけて心配していると、一転コルバタやケブラーダを今度はホントに華麗に決めたりと、とても不思議な試合でした。

第2試合 ミニ・エストレージャ 30分1本勝負
○X=ヴェネチア(8分49秒 高角度回転エビ固め)エスペクトゥリート×

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

LUCHA FIESTA 2010 第1試合

LUCHA FIESTA 2010 第1試合
南野たけし パイナップル華井南野たけし パイナップル華井 バナナ千賀
南野たけし パイナップル華井 バナナ千賀大鷲透 パイナップル華井
大鷲透大鷲透 バナナ千賀

田島久丸 バナナ千賀村上学 バナナ千賀
南野たけし パイナップル華井 バナナ千賀パイナップル華井
「普段、開けないルチャの引き出しを開けてやる」とアピールしてからのスピーディなルチャムーブを披露するものの息切れして心臓を押さえたり、観客からの声援が止まったと見るや「お前ら、まったり観てないで応援しろ」と言ったりと大鷲が盛り上げる。
6人中4人が普段はみちのくプロレスを主戦場にしているメンバー。
そういった部分で互いに何をするのか理解している南野組の方が有利だったのでしょうか?
最後は南野が急所蹴りからの丸め込みで勝利。

第1試合 30分1本勝負
○南野たけし&パイナップル華井&バナナ千賀(9分0秒 横入り式エビ固め)大鷲透&田島久丸&村上学×

それにしても昨年末のみちのくプロレス「宇宙大戦争」で観た九龍バージョンの南野とのギャップにびっくり。
休憩時間に売店に行くとこの試合コスチュームのまま、頭だけウルティモ校長の応援用マスクを被る様は懐かしのHAPPY MANのようでした(^_^;)
あまりの変わりように写真を撮るのもサインを頂くのも躊躇してしまいましたが、こっちの姿が素なんですかね?

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

LUCHA FIESTA 2010 オープニング

少し遅くなってしまいましたが、7月19日(月・祝)後楽園ホールで開催された日墨友好400周年記念ウルティモ・ドラゴンプロデュース「LUCHA FIESTA 2010」の観戦記を少しずつ。

LUCHA FIESTA 2010
大会のオープニングはマリアッチの演奏から!

LUCH FIESTA 2010
そして大会プロデューサー“世界の究極龍”ウルティモ・ドラゴン校長がスーツ姿で登場!!
もちろんマスクの左右には日墨友好400周年の刺繍ワッペンが。

ウルティモ・ドラゴンウルティモ・ドラゴンウルティモ・ドラゴン
いつものようにリングの回りを1周しながら、リングサイドのお客さんとスキンシップ。
そしてリング上から日本語とスペイン語で挨拶。

この後、スクリーンを使っての全対戦カード発表が行われ、いよいよ試合開始です!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

LUCHA FIESTA 2010

LUCHA FIESTA 2010日墨友好400周年記念ウルティモ・ドラゴンプロデュース「LUCHA FIESTA 2010」を観戦して来ました!
いや〜、楽しかったですよ。
後楽園ホールではブログを通じて知り合った凸凹プロレス編集長ご一家ともお会い出来ました。
試合後にまだまだ小さなお嬢さん達が「おもしろかった」って素直な感想を言っていたのが、また嬉しかったです。


〈ウルティモがNWAジュニア王座奪取「メキシコとの交流を深めたい」/スポーツナビ〉
〈後楽園が大熱狂! 至高の関節技対決が実現=ルチャ・フェスタ/スポーツナビ〉
結果詳細については上記リンク先でご確認頂くとして、当ブログはじっくり、ゆっくり、のんびりと観戦記をアップしていこうと思います。

初代タイガーマスク ソラール ネグロ・ナバーロそれにしても、サプライズで登場した初代タイガーマスクとソラール、ネグロ・ナバーロの再会は初代タイガーがプロレスの入口だった私には感涙モノでした。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

ユニバーサルプロレスリング設立20周年記念作品 空中殺法ルチャ伝説

空中殺法ルチャ伝説
Amazonに注文していた「ユニバーサルプロレスリング設立20周年記念作品 空中殺法ルチャ伝説」が発売日の本日、届きました!
〈クエスト 商品詳細〉

まだ全く観てはいませんが、パッケージに載るルチャドール達を見るだけでテンションが上がります。
いよいよ2日後に迫った「LUCHA FIESTA 2010」の対戦カードに名を連ねるソラール、ネグロ・ナバーロ、そして素顔時代のウルティモ・ドラゴン校長の試合が収録されています。
2枚組469分収録と19日の後楽園ホールまでに全部という訳にはいかなそうですが、しっかりとこれを観て予習したいと思います。
このDVDで欲しいマスクがまた増えちゃいそうです(汗)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

気になるマスク2枚

最近、非常に気になるマスクが2枚ありまして・・・。
1枚目は既に話題になっている7月18日の「梶原一騎24回忌追悼記念・第13回梶原杯」後楽園ホールでデビューする5代目タイガーマスク!
〈5代目タイガーマスク誕生!初代と共闘/スポーツナビ〉
〈5代目タイガーマスク 衝撃のデビュー!/多重ロマンチック〉

もちろん誰が虎のマスクを被るのかにも興味津々ではありますが、やっぱり、どんなデザインのマスクで登場するのかも気になります。
ちょっと手かがりになるかもしれない画像を発見。
〈『原画』/プロレス・マスク・ミュージアムブログ/TIGER ARTS〉

会見で真樹日佐夫氏と初代タイガーマスクが手にしていた5代目のイメージイラストを描かれたのが、現在、初代と4代目のタイガーのマスクを製作されているYNの中村之洋さん。
イラストを見る限り、4代目が初期に被っていたマスクに似た雰囲気ですが、当日はまた違った感じのYN製マスクで登場するのかもしれません。
〈参考:4代目タイガーマスク 覆面の変遷/TIGERMANIA〉

素顔で戦っている選手の変身で武藤敬司とグレート・ムタのように5代目タイガーと素顔とを平行していくそうですが、その方がかえって初代タイガーの幻影に縛られること無く、のびのびと戦えるかもしれません。
2代目や3代目の時代とは観る側であるファンの心理も変化していると思いますし。


そして、もう1枚はミスティコとラ・ソンブラのマスク。







7月2日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で2人のハーフマスクで登場しました!
同じハーフマスクとは言え、ミスティコは喉紐式でソンブラは後ろ紐式、鼻と口の開き方が通常2人が被っているタイプに合わせてあります。
映像を見るとこのハーフマスク、おそらくフーリガン製だと思います。
ルチャドールでもあるフーリガン、ブシオのように販売用を製造するようなメーカーではありませんので、入手は困難になりそうです。
同じタイプの物をブシオが製作する可能性はありますが・・・。

実際に試合で被ったミスティコのパートナーなどのデザインのハーフはブラック・ウォリアー、ドクトル・ワグナーJr.、ボラドールJr.、4代目タイガーマスクに続いてソンブラが5番目だと思います。

そう言えば、最近のミスティコはオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスでテクニコ・ルードのハーフを被って以来、白黒や紅白と左右で色の違うハーフマスクが多い気がします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

LUCHA FIESTA 2010 全カード決定

LUCHA FIESTA 2010いよいよ大会当日まで2週間を切った「LUCHA FIESTA 2010」の全対戦カードが発表されました。

7月19日(月・祝) 後楽園ホール 試合開始12:00

(1) 大鷲透&田島久丸&村上学vs“ロス・サルサロス・ハポネセス”バナナ千賀&パイナップル華井&南野たけし

▼ミニ・エストレージャ
(2) エスベクトゥリートvsX

(3) ブラソ・デ・プラティーノ&栗原あゆみ&ミラニート・コレクションa.t.vsNOSAWA論外&藤田ミノル&大畠美咲
▼ルチャ・クラシカ・デ・ロス・マエストロス
(4) ソラールvsネグロ・ナバーロ

▼NWAインタージュニアヘビー級選手権試合
(5) 〈王者〉藤田峰雄vsウルティモ・ドラゴン〈挑戦者〉 大原はじめ〈挑戦者〉ブラック・タイガー〈挑戦者〉ダーク・ドラゴン〈挑戦者〉佐藤秀〈挑戦者〉

第2試合のミニのXとメインのタイトルマッチの試合形式は当日発表。
欲を言えば、もう1人くらいルチャドールが来日してメインに名を連ねればという思いもありますが、ホントはソラール、ナバーロ、プラティーノで十分に贅沢なんです。
あちらから選手を呼べば、当たり前ですが人数に応じて経費がかかる訳で。
それでもサプライズ好きのウルティモ校長プロデュースですから、何かを期待してしまいます。

エスペクトゥリートの対戦相手Xについて校長は「昨年のマスカリータ・ドラダの空中殺法を超える」と語っていましたが、そんな選手がまだいるのか!?

そしてメインのタイトルマッチ、ブラック・タイガーは6月17日のリアルジャパンプロレスで初代タイガーマスクと戦った5代目だと思われますが、まさかの3代目=シルバー・キングや4代目=ロッキー・ロメロだったら嬉しいのですが、まぁ、ないでしょう。

ダーク・ドラゴンさらに2008年6月25日、イタリアに本拠地を置くNWEのスペイン遠征でウルティモ・ドラゴンとのマスカラ・コントラ・マスカラに敗れたダーク・ドラゴンの登場!
スペインの時の中身は大原はじめ実行委員長だった訳ですが、今回の正体はいったい?
佐藤兄弟の片割れしかカードに名前がないのも気になりますし、前回の会見では参加選手に入っていたのに対戦カードに名前のない選手も気になります(汗)
このダーク・ドラゴンのマスク、ちょうどタイミング良く7月2日にテレビ東京で放送された『ワールドビジネスサテライト』の中古ビジネス特集で大原実行委員長の自宅に大事に保管されている15万円の鑑定額がついたNWA世界ウェルター級のチャンピオンベルトとともにチラッと映りました。
〈ワールドビジネスサテライト 7/2 金曜フォーカス 加熱!中古市場 買い取りも”加熱”/ワールドビジネスサテライト.Log〉
〈大原選手、7/2放送のテレビ東京『ワールドビジネスサテライト』に出演!/Smash News〉
〈宝物/大原はじめ OFFICIAL BLOG〉



さぁて、当日の会場はどんな雰囲気になるのでしょう?
メヒコの空気を堪能したいと思います!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

サスケが極秘メキシコ遠征!?

大会ポスター
6月26日の大会を告知するこのポスター、あれっ?見覚えのあるマスクマンがいるぞ!
上から2段目、右から2番目の選手は間違いなく、みちのくプロレス社長ザ・グレート・サスケ!
ん?でもKAMIKAZEって・・・。
そして何故メキシコに?

最近、週刊プロレス誌上にも登場した奥様メリーさんはメキシコ出身。
奥様の里帰りに同行か?

それとも今年も12月に再び行なわれるであろう(予定は未定)宇宙大戦争に向け、昨年、助っ人参戦してくれた獣神サンダー・ライガーを追いかけ、憎き佐藤兄弟&怪獣退治の作戦会議のためなのか!?
続きを読む

“平成”最強の忍者

HANZO
1967年6月10日 広島県福山市出身
1992年9月14日デビュー
173cm/85kg

●1987年 日本大学レスリング部在籍中、新日本プロレス・プロレス学校インストラクターを務める。
●1992年 大学卒業後、ユニバーサル・プロレスリングに入門。
 6月 後楽園ホール大会にてブラックマジックの名でプレデビュー。
 8月 後楽園ホール大会にてレオパルド・ネグロとしてデビュー。対戦相手はダイナミック・リン。
●1993年 みちのくプロレス旗揚げに参加。
●1994年10月31日 マスクを脱ぎ、後に中島半蔵に改名し忍者スタイルとなる。
●1995年11月 ブラックマンとのコーナーポスト倒立合戦を行う。
●1997年2月 イギリス遠征。
●1998年9月 帰国、海援隊☆DXに電撃加入する。
 トップ・オブ・スーパージュニアに参戦。
 膝のケガによる長期欠場。
●1999年5月 福山市にてフィットネスジム「フィットネスアリーナNAKASHIMA」を設立。
●2000年12月 ジム主宰によるみちのくプロレス福山大会を開催。
●2001年 HANZOに改名し、みちのくプロレスにはOBとしてスポット参戦する。
●2003年 プロレスラー養成ジム「レッスルゲート」を開設。(プロレス教室・ボクシング教室)
〈HANZO - Wikipedia〉


先週の予告通り、久しぶりのマスク紹介です。
現在、地元の広島県福山市で「子供達が憧れる」バトルエンターテイメントを標榜する団体「レッスルゲート」を主宰するHANZOのかつてのリングネーム、みちのくプロレス時代の中島半蔵です。
一昨年2008年には2月にレッスルゲート初の東京大会を新宿FACEにて開催、6月にみちのくプロレス“15周年記念”ノスタルジックツアー後楽園ホール大会に参戦と2度、東京の大会に出場していますが、その後2年間はじっくりと地元とその近辺で活動し、東京進出は無し。
一度、試合を観てみたい選手の1人ですが、ここに来てちょっと期待出来そうな展開が6月11日、後楽園ホールで行われた、みちのくプロレス「ザ・グレート・サスケ20周年記念大会」の試合後に。
メインでザ・グレート・サスケ&ディック東郷に敗れたTAKAみちのく&FUNAKIの夢狩人のバックステージでのコメント。

TAKA「オレ、個人的にはディック東郷が辞める前に海援隊☆DX、5人、もしくは6人揃えたいね」
FUNAKI「6人?」
TAKA「いたかもしんないじゃん、もう1人、広島の方に。それはKAIENTAI DOJOでやりたいね。これが最後だと思うから。この間、プロレスサミットでやったときは昔の海援隊☆DXだったけど、次揃うときは現在進行形の姿で5人揃えたいなと。もしくは6人」


海援隊DXサスケ20周年大会の後、6月27日にはTAKAがレッスルゲート「バトルシアター50回記念大会」に出場し、海援隊☆DXの旧友HANZOとタッグを結成しています。
〈レッスルゲート福山大会/TAKAみちのくの独り言〉
〈中島半蔵/TAKAみちのくの独り言〉
〈50回記念大会アラカルト(1)/HANZOの倒立しちゃう?〉
〈50回記念大会アラカルト(2)/HANZOの倒立しちゃう?〉

次は海援隊☆DX6人揃い踏みの大会を東京近郊で是非!!


それでは動画を3つ。
今となっては、どれもプレミアものの対戦カード!

まずは1994年に行われた海援隊☆DXの前身、平成海援隊のSATO&テリー・ボーイvs中島半蔵&星川尚浩。
試合前のスキットがちょっと面白いです(笑)


MPRO 1994 Terry BOY SATO vs Hanzo NAKAJIMA Naohiro HASHIKAW


続いては1995年のスーパーJカップトーナメント1回戦。
対戦相手は現WWEスーパースター、クリス・ジェリコのライオン・ハート!



最後は1996年、みちのくがイギリス遠征した際の4代目タイガーマスク戦。
サミー・リー伝説は生きていた!



初代タイガーマスクに憧れ、虎系のレオパルド・ネグロのマスクを被っていたこともあるHANZOらしく、入場しコーナーに立って右手を上げたり、場外の相手へのフェィント「フィンタ・デ・レギレテ」を見せたりと随所にタイガームーブを繰り出していますね。

中島半蔵、HANZOの忍者マスクはマスクの本場メキシコの“マスカラ大百科”Enciclopedia de MASCARASのTOMO13の13ページに紹介されているんです。
これを見たご本人が自身のブログで──

メキシコ雑誌になんと自分の初期の忍者マスクが掲載されてました。
メキシコのマスクマンに憧れ、マスクマンになり日本で作った自分のマスクが海を渡りメキシコの雑誌で紹介されるなんてなんか不思議です。
日本でも紹介されてないのにね!(笑)
なんかこの雑誌"夢"があっていいんです。ページめくりながら完全に童心に戻ってしまいました。(笑)
〈メキシコ雑誌/HANZOの倒立しちゃう?〉


これ読んだ私、いつの日か忍者マスクを入手して、このブログで紹介したい!と小さな野望(笑)を抱いていました。
ええ、ホントに小さな野望で、しかも雑誌で紹介されるのとは月とスッポン、雲泥の差があるのは重々、承知です。それほどタマ数のあるマスクではないですから、入手するのにちょっと苦労しました。
2008年9月にHANZO選手のブログを読んでから1年10ヶ月、やっと紹介出来ることになりました(涙)
中島半蔵他団体時代の今でこそ、忍者をモチーフとしたマスクマンは数多くいますが、インディー黎明期のみちのく時代にこのマスクを被ったということは日本国内では忍者マスクの先駆者ですかね?
もちろんサスケは猿飛佐助をイメージした忍者キャラクターだと思いますが、マスクのデザイン的には歌舞伎の隈取りがモチーフであって忍者とは違うと思います。

マスカラ大百科に掲載されているマスクとほぼ同じデザインですが、違う点は口のメッシュの形状とサイドのHANZOの文字、そして何よりベロの長さです。
基本的なフォルムは残しつつ、現在の忍者マスクはより重厚かつ複雑に進化しているようです。



  

  




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ