2011年03月

アクシデントを乗り越えた勇敢な空中戦士

バリエンテ
バリエンテバリエンテ
生年不明
メキシコシティー出身
1997年5月デビュー
170cm/90kg


プロフィールについて、Luchawikiには
「グアダラハラ出身 1996年5月30日デビュー」となっていますが、昨年5月8日の「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st」参戦時に新日本プロレスから発表されたものを載せました。
また、Luchawikiでも新日本プロレスオフィシャルWEBサイトでも生年月日は不明になっていますが、こちらも昨年の来日前の『CMLL期待の「ブエロ・エストレージャ」2人を紹介!「バリエンテ」/FOTO LIBRE カメラマン・大川昇のメキシコ中心のフォトギャラリー 』に「今年で35歳になる」と書かれていますので、現在35才で今年の誕生日を迎えると36才になる1975年生まれだと思われます。

バリエンテバリエンテ増殖
現在は肉体改造に成功し、見事にビルドアップした肉体を誇示していますが、数年前まではご覧のような体型でした。
それにも関わらず、バンバン飛ぶもんですから、トップロープの踏切に失敗して場外に墜落しての負傷欠場が多かったように思います。
肉体改造してからの欠場は記憶にありません。
右の画像はバリエンテの甥っ子のバリエンテJr.とイホ・デ・バリエンテ。
肉体改造前のバリエンテはぽっちゃり体型とその体型からは想像出来ない空中戦を見せることから「スペル・アストロのよう」とよく言われていましたが、甥っ子2人の体型を見ると何やらブラソ一族に通じるモノを感じてしまいます。

'09年8月16日にアレナ・メヒコでサングレ・アステカからナショナルウェルター級王座を奪取。
第68代王者として現在まで4度の防衛に成功しています。
動画はこの時のバリエンテにとって初のタイトル奪取に成功した試合のダイジェスト。



もう1つ空中弾の詰め合わせ動画。



決して華麗な空中弾ではありませんが、この人の最大の魅力は思い切りの良さ!
まさにバリエンテ(「勇敢な」の意)の名の通り!!

さて、このバリエンテ、私にとっては思い出深いルチャドールの1人。
「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st」で初来日した時の荷物遅配トラブルは忘れることが出来ません。
マスクとコスチュームを詰めたトランクが試合に間に合わないという不安の中、パートナーのマスカラ・ドラダからショートタイツを借り、カメラマンにしてプロレスマスクの専門店DEPO MARTを経営されている大川さんのサポートにより、マスクは以前に自身が使っていたお店の商品を、レガースはウルティモ・ドラゴンが使っていた物を借り、急場しのぎながら、何とかリングに上がる体裁が整いました。
そしてトラブルに見舞われながらも、ひとたびリングに上がれば、そんなことを微塵も感じさせない期待通りの空中戦でJCBホールの観客を魅了してくれました。
〈初来日の二人に何が・・・/プロレスカメラマン 大川 昇のブログ〉
〈バリエンテのコスチューム&マスクが届かず、全て借り物だった! / NC/プロレス専門BLOG:ブラックアイ2〉
〈バリエンテ、なんと荷物が空港に届かなかった/多重ロマンチック〉
〈それでも彼らは飛ぶ 〜僕らの“ルチャ幻想”を乗せて〜/Mask Maniaへの道!!〉


マスクはあの時のピンチを救ってくれた試合で使用した物とほぼ同仕様。
紫のリクラプンティーニに模様は銀ホログラムと金と黒と紫。
バリエンテ本人がかなり使い込んだ物らしく、紫リクプンの本体生地がくすんでいたり、銀ホログラムだった部分はほとんど剥げ、金の部分もだいぶ色褪せています。
もともと私は使い込まれた傷みの激しいマスクよりも新品か新品に近い綺麗な物が好きです。
しかし、このマスクを入手してからは本人が使い込んでくたびれたマスクも激戦を物語り、なかなか味があって良いなぁと思うようになりました。
そしてバリエンテのマスクの特徴である長いベロの内側にはあの思い出の日付が書き記されています。
よく見ると2010年であるはずが2100と90年後になっていますけど(^_^;)







  

  



順風の時よりも、むしろ逆境の時にこそ、その人の真価が問われるのだと思います。
支え、助けてくれるまわりの人達に感謝し、最善を尽くす。
日本がピンチの今だからこそ、そういう人間でありたいと思います。
あの日、バリエンテが見せてくれたファイトのように。

そして!
バリエンテの再来日を熱望します!!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

色々と盛り沢山です

今週は何かとルチャ関連のニュースが多いのでいくつかまとめてご紹介。

メフィストvsラ・ソンブラ■メフィストvsソンブラ NWA世界ウェルター級タイトルマッチ動画

3月13日(日)アレナ・メヒコで前王者ラ・ソンブラを挑戦者に迎えて行われた第56代王者メフィスト、5度目の防衛戦。
6分45秒位からがメフィストvsソンブラのタイトルマッチですが、その前には何ともサイケデリックなペイントとコスチュームの新日本プロレス、吉橋伸雄の姿も。








メフィストvsラ・ソンブラソンブラが1年10ヶ月ぶりにNWA世界ウェルター級王者に返り咲き。
マスカラ・ドラダ&ラ・ソンブラと保持するCMLL世界6人タッグタイトルと合わせて二冠となりました。
やはり、ポスト・ミスティコの1番手はソンブラなのか?
このシングル王座獲得でCMLLのエースの座が近づいたと思います。



ブラック・タイガー(5代目) ウルティモ・ドラゴン■ドラゴマニアVI 5月15(日)開催決定

今週発売された週刊プロレスNo.1571の「ニュース・ファイル」に掲載されていましたが、今年のドラゴマニアは5月15日(日)アレナ・メヒコでの開催が決定。
メインはウルティモ・ドラゴンvsブラック・タカイ・・・もとい5代目ブラック・タイガーのマスカラ戦。
現在のようにCMLLから新日本プロレスへルチャドールが頻繁にやって来るようになる以前はドラゴマニアが、ほとんど唯一の日本とルチャリブレの接点でした。

今年も日本から大物ゲストが参戦し、メヒコのスペル・エストレージャとの競演が見られると思いますし、大会の模様は例年通りファイティングTVサムライで放送されることでしょう。
現地でもまだまだ無名ながら、ドラゴマニアに出場した若いルチャドールがその後、意外な変身を遂げることがあるので、ドラゴンランブルあたりに登場する二世、三世ルチャドールにも注目です!

メキシコシティはコミッショナーが厳格で一度マスクを失った選手が再びマスクを被ることを許さず、あのシルバー・キングがシルバー・カインと改名したり、苦肉の策でマスクと同じデザインをペイントしたのを見聞きしていますが、ファンタスマと5代目ブラックの間で一悶着なんてことはないのでしょうかね?(^_^;)

ブラソ・デ・プラティーノドラゴマニアの後に今年も日本でルチャフィエスタが開催されると嬉しいです。
なんとなく暗くなってしまった日本に今こそブラソ一族の理屈抜きで楽しいルチャを届けて欲しい!



■3月30日(水)発売 Gスピリッツ

Gスピリッツ Vol.19 (タツミムック)
Gスピリッツ Vol.19 (タツミムック)
クチコミを見る

毎号毎号、ディープなルチャネタを提供してくれるGスピリッツの主な内容が発表されました。
【4万字インタビュー】
藤波辰爾の過去・現在・未来

【回想】
長州力
天龍源一郎
北沢幹之
グラン浜田
新間寿
チャボ・ゲレロ
カネック
ミル・マスカラス

【特別企画】
“放浪の殺し屋”ジプシー・ジョー「77歳のバンプ哲学」
全日本格斗打撃連盟総裁・琴音隆裕「師・力道山」と「盟友・猪木」

【好評連載】
実録・国際プロレス(第9回)=森忠大 元TBS運動部部長
カンジ・イノキのアメリカ武者修行(第4回)
ミル・マスカラス 謎の1033日(第2回)
“太陽仮面”ソラール誕生秘話


今号の特集は藤波辰爾。
“炎の飛龍”についてミル・マスカラス、カネックのインタビューがある他、昨年7月のルチャフィエスタで行われたネグロ・ナバーロとのマエストロ対決で観客を魅力したソラールの特集もあります!
今回も読み応えありそうです。


FOTO LIBRE Numero 24■FANTASTICA MANIA特集のFOTO LIBRE発売
〈写真集・FOTO LIBRE NUMERO24「 FANTASTICA MANIA2011」大特集号/DEPO MART〉
〈間もなく完成!FOTO LIBRE24/プロレスカメラマン 大川 昇のブログ〉

FANTASTICA MANIAから早いもので2ヶ月。
早々に注文して本日到着しました。
プロレスを見始めて30年、こんなに思い入れを持って観戦した大会はありませんでしたので、あの時の感動、興奮が蘇って、また涙腺が緩みました(;^_^A

獣神サンダー・ライガーの銀ラメマスクはいつもの赤ラメより小顔に見えることにちょっとびっくり(^_^)
どれもこれも良いのですが、1番好きな写真はアベルノの場外空中弾を受ける直前の両手を広げたミスティコの写真。
「オレはココだ!思いっきり飛んで来いよ!」というミスティコの覚悟がヒシヒシと伝わって来るような気がします。
一流は華麗な攻撃のみならず、受ける姿も美しい!


■新日本プロレス スーパー・ジュニアの日程発表

■『BEST OF THE SUPER Jr.XVIII』現在の日程(2大会追加予定)

●5月26日(木) 18:30〜 東京・後楽園ホール(開幕戦)
 
●5月29日(日) 18:30〜 東京・後楽園ホール
 
●6月2日(木) 18:00〜 愛知・豊橋市総合体育館・第2競技場
 
●6月4日(土) 18:00〜 京都・KBSホール
 
●6月5日(日) 17:00〜 兵庫・明石市立産業交流センター
 
●6月7日(火) 19:00〜 東京・ディファ有明
 
●6月8日(水) 19:00〜 東京・ディファ有明
 
●6月10日(金) 18:30〜 東京・後楽園ホール(決勝戦)



福島原発の問題は心配ですし、このことが海外では日本よりも深刻に報道されているのが気がかりですが、ここにはCMLLからのルチャドール派遣を熱望!
FANTASTICA MANIAではマッチメイクでちょっと損をした気がするものの活きの良さを見せてくれた新進ルード、ドラゴン・ロホJr.の参戦が第1希望。
出来れば、もう1人飛来してくれたら・・・なんて思いますが、贅沢は言えません。
4ヶ月ぶりに会場に足を運ぶことになりそうで今から楽しみです!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

“荒武者”後藤洋央紀 3・25アレナ・メヒコのメインに登場!

3・25 アレナ・メヒコ 対戦カード
後藤洋央紀 OKUMURA OHARA 下田美馬3月23日に日本を出発、帰国時期は未定の新日本プロレス、後藤洋央紀のCMLL初戦が発表されました。
3月25日(金)アレナ・メヒコでアベルノ&メフィストと組みマスカラ・ドラダ&ブラック・ウォリアー&ルーシュとメインで対戦!
前回'06〜'07年のCMLL登場は若手時代の海外武者修行的な雰囲気でしたが、今回は提携団体、新日本プロレスからトップの一角がやって来る!といった受入れ態勢ですね。
オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスで生まれた抗争に後藤が加わりました。
さて、メキシコでどんな活躍を見せてくれるでしょう?
日本のことはしばし忘れ、思い切り暴れて欲しいです!


吉橋伸雄吉橋伸雄
そして後藤のメキシコ遠征が追い風となりそうなのが、昨年6月からCMLLに上がってはいるものの、これといったチャンスに恵まれていない吉橋伸雄。
今後の対戦カードに吉橋の名前を確認していないので、ひょっとすると後藤と入れ替えで帰国という可能性もなきにしもあらずですが、日本と違ってメキシコは数週先のカードまで発表される訳ではありませんし、新日側からも帰国の発表もありませんので、6人タッグが主流のメキシコマット、ここは後藤&OKUMURAとの日本人トリオでトップ戦線に食い込んで欲しい!
そうそう、あまり目立った活躍がないのでメキシコのルチャ系サイトで吉橋の姿を目にする機会はあまりないのですが、たまに見かける吉橋はちょっと例えようのない奇妙なペイントを施しています。
毎回ペイントが違うような気もします。

昨年5月7日には棚橋弘至が遠征初戦でタイチ&OKUMURAとのトリオでいきなりエクトール・ガルサ&ラ・マスカラ&イホ・デル・ファンタスマから外国人初のCMLL世界6人タッグ奪取という快挙もありました。
CMLLマットで日本人トリオが旋風を起こすのを楽しみにしています!
ブログのネタに困らないという個人的事情もありますが(^_^;)
頑張れ!後藤、OKUMURA、吉橋!!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

ヴィールスvsデムス3:16/オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス動画

CMLL春のビッグショー「オメナへ・ア・ドス・レジェンダス」の1週前、3月11日(金)アレナ・メヒコで行われたヴィールスvsデムス3:16のカベジェラ戦の動画がYouTubeにアップされました!





この試合の前には新日本プロレス、後藤洋央紀のCMLL遠征がメキシコでもアナウンスされました。
〈“荒武者”後藤洋央紀選手のメキシコ・CMLL遠征が決定/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
現在、新日からは吉橋伸雄が遠征中。
もしかすると後藤と入れ替わりで吉橋が帰国ということも考えられますが、メキシコはほとんどが6人タッグで行われるのでCMLL所属のOKUMURAと日本人トリオを結成してもらえれば、後藤にとっても吉橋にとってもチャンスは広がると思います。
'06〜'07年の遠征時にはOKUMURA&OHARAと黒袴トリオを結成しましたが、今回のコスチュームはどうなるのか?
棚橋弘至、中邑真輔、真壁刀義のトップ勢からは水をあけられ、内藤哲也の猛追で後輩から突き上げられ、少しくすぶっているように感じる後藤にとっては再度のCMLL遠征で捲土重来ですね。

ヴィールス デムス3:16そして大一番に臨むデムスは腰に日の丸を巻き入場!
デムスの奥さん、日本人ルチャドーラのHIROKAは大地震の被災地、福島県郡山市の出身。
甚大な被害を受けた日本へ、そして奥さんの故郷へのエールだったのだと思います。
1本目を先取したものの2本目、3本目を落とし、残念ながら敗北。
この敗戦によって髪の毛を失うとともに再びミニのカテゴリーへと戻ることになってしまいました。


更に先週18日(金)のオメナへ・ア・ドス・レジェンダスの動画も最後のシーンのみですが見つけました。
まずはセミのNWA世界ミドル級タイトルマッチ、王者アベルノvs挑戦者マスカラ・ドラダ。



アベルノvsマスカラ・ドラダブラック・ウォリアー
うーん、セコンドのメフィストがドラダの足をすくい、メフィストに気を取られているドラダにアベルノが急所蹴りからピンフォール勝ち。
反則絡みの決着でこの対決は今後も続いていきそうですね。
そして!この試合前にブラック・ウォリアーが登場!!
試合後にはアベルノと乱闘を展開し、テクニコとしてCMLL復帰が決定的です!
ウォリアーの帰って来たアレナ・メヒコのリングにミスティコがいないというのが、ちょっぴり残念ですが、また“ルチャの殿堂”で世界一の弾丸トペが見れる!
あっ、それから試合には関係ありませんが、ドラダはマスクからはみ出ていた長髪をバッサリと切ったみたいです。

そしてメイン、エル・テハノJr.&テリブレvsスペル・ポルキー&マキシモのカベジェラ戦。



エル・テハノJr. テリブレスペル・ポルキー マキシモ
こちらはまぁ予想はしていましたが、ポルキー&マキシモの親子がペロン。
改めて記録を調べてみてわかりましたが、テハノJr.とテリブレの2人、カベジェラ戦では負け無しなんですね。
自慢のロングヘアを切り落とすチームが現れるのか?
この2人が坊主頭になるとどうなるのか見てみたい気もします(笑)

きっと今回のオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスも今までのビッグショーと同じく、現地メキシコの地上波放送よりも日本のサムライで放送される方が先になるでしょう。
ブラック・ウォリアー、テクニコでのカムバックと新展開を見せたCMLLからやっぱり目が離せません!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

再びの悲劇・・・

ファビアン・エル・ヒタノファビアン・エル・ヒタノまた辛く悲しい事件が起こってしまいました。
3月17日(木)、CMLLの中堅ルチャドール、ファビアン・エル・ヒタノが自宅にて銃で撃たれ亡くなりました。
酒を飲んでのトラブルが原因のようです。
ファビアン・エル・ヒタノ選手は本名エミリオ・ファビアン・フェルナンデス・デ・レオン、1972年1月24日生まれの39才。
昨年7月のインフィエルノ・エン・エル・リングでアンヘル・デ・オロにマスクを奪われ、素顔で戦っていましたが、ご覧のように二枚目で人気は高かったようです。

ファビアン・エル・ヒタノファビアン・エル・ヒタノ
オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスの1週間前、3月11日(金)のアレナ・メヒコがラストファイトになったものと思われます。
昨年11月にはIWRGを主戦場にしていたイホ・デ・シエン・カラス選手がやはり銃によって命を奪われていますが、ネットで調べてみるとメキシコは日本と同じく法律で銃の所持は禁じられています。
イホ・デ・シエン・カラス選手が亡くなった時に書きましたが、麻薬によってかなり治安が悪化していることは間違いなさそうです。

ファビアン・エル・ヒタノこういった悲劇は2度と起こって欲しくありません。
棺に乗せられたマスクが悲し過ぎます。
亡くなられたファビアン・エル・ヒタノ選手のご冥福を心からお祈りします。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

勇気と希望

深刻な被害をもたらした大地震から6日。
地震以降、連絡が取れなかった仙台の友人から13日の夜にメールがあり、本当に安心しました。
その他、万が一を心配した方から電話やメールを頂きました。
私自身はスーパー、コンビニで空っぽになっている棚やどこまでも続くガソリンスタンドの列に少し不安を感じる一方で1日遅れで配送された週刊プロレスを買いに寄ったコンビニのレジ横に置かれた募金箱には沢山の紙幣が入れられているの見て安心したり。
地震当日に停電した以外は自宅でも職場でも計画停電の時間になっても停電せずにいますが、夜間でも極力、照明を点けることなく節電に努めています。

デムス3:16遠く離れたメキシコでもルチャ雑誌「スペル・ルチャス」が「がんばって日本!」とエールを送ってくれている他、画像や映像ではまだ確認していませんが、3月11日(金)アレナ・メヒコでアレナ・メヒコ、ヴィールスとのカベジェラ戦に敗れてしまったデムス3:16(元ぺケーニョ・ダミアン666=日本人ルチャドーラHIROKAの旦那さん)が入場時に日の丸を掲げてくれたそうです。

1日も早い被災された地域の復興と首都圏の正常化を願ってやみません。


4 ANIVERSARIOそして、僭越ながら当ブログ、おかげさまで本日4周年を迎えました。
こういう時だからこそ、愚痴や不安を煽ることを書くよりもルチャやマスクを通して読んで下さった方々に勇気と希望を少しでも送れるブログにしたいと思っています。
今後とも宜しくお願いします。

その国独自の文化を色濃く反映するのがプロレスのスタイルだと思います。
アメリカともメキシコともちょっと違う日本のプロレスの醍醐味はカウント2.9からの大逆転劇。
だから絶対に日本は大丈夫!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

大地震

大地震の時は得意先を出て、ちょうど赤信号で停車中でした。
何やら荒波にもまれる船のように車が揺れる揺れる。
今までの人生で一番の揺れ、そして長さでした。
よく見ると信号機のポールも物凄く揺れていました。
しばらくして信号を見ると灯りが消えていました。
対向車や隣の車が動き出したので、私も車を動かしましたが、その先では安全のため車を停めているのが数台。
まわりの建物からは人々が外に出てきていました。
少し走ると先ほどの信号とその先の信号、合計3つが止まっていて、流れに乗りながら交差点を通過しました。
その後に行ったお客さん数軒は皆ソワソワした様子でした。
とにかく携帯が繋がり難い状態。
会社は何も問題ありませんでしたが、少し早めに帰宅しようと車を走らせると会社から15分程度の街の灯りが信号から何から消えている!
仕方なくコンビニで弁当を買って帰ろうと思いましたが営業自体していない店が多く、少し車を走らせ営業中のコンビニを見つけては弁当売場を覗きましたが、どこも売り切れ。
仕方なく会社近くに戻り、ファミレスで夕食をとって帰宅しました。
現在も停電中でテレビを見ることもネットチェックも出来ません。
このブログ更新は携帯からしています。
直接、地震により被害を受けた訳でもなく、通勤は車ですので電車で帰宅出来なかった訳でもないのが幸いです。
帰宅したら自室のテレビの上に置いていたマスクスタンドが落ちていた程度でした。

一刻も早く電気が復旧して欲しいとは思いつつ、暗闇と化した街を見て「こんな風になっちゃうんだ」と思えるだけ幸せだと感じています。
心配してくれた友人からメールをもらったり、Twitterやmixiで友人の無事を確認したり、海外からも日本の大地震を知った友人からメッセージをもらいました。
まだ携帯が不安定で連絡が取れていない友人・知人がいます。
どうかご無事で。

自然の猛威には人間は無力だと痛感した1日になってしまいました。
これ以上、被害が拡がらないことを願いつつ――


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

CMLL今年初のビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」

ミスティコのWWE移籍で正直、ポッカリと心に穴が空いています。
時間の経過とともにCMLL FANTASTICA MANIAの意味が変わって来て、まだまだ余韻に浸りつつも絶対的な主役不在の現在のCMLLを見ることが、ちょっと辛かったりします。
なかなか以前のようなテンションでメキシコのサイトをチェックする心境にならないと言いますか・・・。
しか〜し!
そんなことは言ってられません!!
世界最大の団体WWEに移籍したシン・カラの動向に注目しつつ、ポスト・ミスティコと目されるマグヌスの成長を見守り、そして他のスペル・エストレージャの活躍を追い、ミスティコの穴を埋めるカリスマの誕生を願ってCMLLの動向を見届けたいと思います。
今年に入ってから既にサングレ・アステカのテクニコ転向、トルネオ・デ・パレハス・インクレイブレスでは2年連続でアトランティス&マスカラ・ドラダが優勝。
タイトル戦線ではルーシュがエフェストからCMLL世界ライトヘビー級を奪取し第12代王者に、またルーシュ&アンヘル・デ・オロ&ディアマンテが第30代ナショナル6人タッグ王者組になっています。

そして3月18日(金)にアレナ・メヒコで開催されるCMLL今年最初のビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」の対戦カードが決定しました。

(1) エレクトリコ&ウルティモ・ドラゴンシート&バン・バンvsピエローシート&ペケーニョ・ニトロ&ペケーニョ・ビオレンシア

(2) ストゥーカJr.&メトロ&ディアマンテvsエウフォーリア&カンセルベロ&ラシエル

(3) ブルー・パンテル&バリエンテ&アンヘル・デ・オロvsウルティモ・ゲレーロ&アトランティス&ドラゴン・ロホJr.

(4) ラ・ソンブラ&トスカーノ&ルーシュvsミステル・ニエブラ&ネグロ・カサス&フェリーノ

(5) NWA世界ミドル級選手権試合
〈王者〉アベルノvsマスカラ・ドラダ〈挑戦者〉
※第85代王者9度目の防衛戦

(6) カベジェラ・コントラ・カベジェラ
エル・テハノJr.&テリブレvsスペル・ポルキー&マキシモ

エル・テハノJr. テリブレ スペル・ポルキー マキシモ注目のメインはFANTASTICA MANIAの2日間、第1試合に登場し、大いに客席をあたためたマキシモがスペル・ポルキーとの親子タッグでテハノJr.&テリブレとカベジェラ戦!
4選手のカベジェラ戦を調べてみるとテハノJr.&テリブレは2009年12月4日アレナ・メヒコで裕次郎(当時)&内藤哲也のNO LIMITをペロンにして以来。
スペル・ポルキーは昨年5月25日アレナ・コリセオ・グアダラハラでアセシノ・ネグロをペロンに、マキシモは昨年6月6日にアレナ・メヒコでタイチをペロンにして以来のカベジェラ戦となります。
そして、ちょうど2年前の2009年3月15日にはテハノJr.とマキシモのカベジェラ戦がアレナ・コリセオ・グアダラハラで行われ、この時はテハノJr.が勝利していますからマキシモにとってはテハノJr.の長髪を切り落としレバンチャしたいところでしょう。

そしてセミに組まれたのが、アベルノvsドラダのNWAミドル級タイトルマッチ。
今までの実績から言ってミスティコの穴を埋める最有力はソンブラでしょうが、CMLL首脳陣の思惑としてミスティコ最大のライバルであった試合巧者アベルノと抗争させることでドラダの更なる成長を促したいといったところでしょう。
これはこれで良いと思いますが、初代タイガーマスクと小林邦昭さんの関係のようにアベルノはやっぱりミスティコの最高の好敵手だと思います。
初代タイガーの突然の引退後、小林さんは全日本プロレスに戦いの舞台を変え、2代目タイガーマスクと抗争しましたが、初代との対決以上にはインパクトを残せなかったと思います。
ドラダがアベルノとの抗争で成長した暁にはアベルノより若い、例えばロホなどと自前のライバルストーリーを展開して欲しいと願っています。
それにしてもCMLLのルード陣営は試合巧者のベテラン揃いでロホ以外に今後、台頭して来そうな若手ルードがいないのが、ちょっと残念ですね。



そして注目のマグヌスは残念ながら今回のビッグショーのカードに名前がありませんでした。
ポスト・ミスティコとして急ごしらえのサクセスストーリーを展開するよりもじっくりと本物のオーラを放つ時を待ってから主役の座に据えるCMLLの姿勢に好感が持てます。
さぁ!ミスティコ不在のCMLL、主役の座に登り詰めるのは誰だ!?


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

FOTOLIBRE Numero23

ミスティコがWWEへシン・カラと名を変え移籍となり、日本でのNJPW PRESENTS FANTASTICA MANIA 2011のアベルノ戦がCMLL所属として・・・というよりも「ミスティコ」として当分の間の最終試合となってしまいました。
あの時も大感動、大満足し、たっぷりとシアワセ感を味わったFANTASTICA MANIAですが、大会終了後もミスティコのWWE入りで様々な想いが湧き上がってきます。
メキシコの方々には本当に申し訳ないけれど、日本に生まれ、FANTASTICA MANIAを観戦出来て良かった!

FOTOLIBRE Numero23こうなってくるとあの時のグッズがより一層輝いて見えてきちゃいます。
本当は大奮発してあの時のミスティコの置き土産のマスクが欲しいところではありますが、無い袖は振れません。
それでもミスティコの歴史に重要な意味を持つ大会の記念の品を入手したいと購入したのがFOTOLIBRE Numero23!
来日時にサインしたスペシャル版。
ええ、画像の通り1冊は大会初日に後楽園ホールで買ってます。
そしてDEPO MARTさんで購入したFOTOLIBREには2日分の対戦カードチラシが付いてきます。(数に限りあり)
会場では初日に買うと初日の対戦カードチラシが、2日目に買うと2日目の対戦カードチラシが付いてくる仕組みで、もともとそれぞれの日に1冊ずつ買って対戦カードチラシを両日分ゲットしようと思っていましたが、結局は特に理由はないのですが、2日目は買わなかったんです。
2日目のアベルノとのマノ・ア・マノこそ正真正銘ミスティコの最終試合。
FANTASTICA MANIA 2011 対戦カードチラシこのチラシが付いて更にミスティコのサインが入るとなれば買わない訳にはいきません!
100円ショップで額を買い、部屋に飾りました。
まぁ、ミスティコバカだと思って笑って下さい(;^_^A

そして大感動のFANTASTICA MANIAの模様を収めたFOTOLIBRE Numero24が3月末発売予定になりました\(^O^)/
〈「FOTO LIBRE NUMERO24」/プロレスカメラマン 大川 昇のブログ〉
あの時の感動が蘇る!
こちらも楽しみです!!

そうそう、FANTASTICA MANIAで真価を発揮し、日本のファンを魅了したミスティコがブラックアイ2さん選定、1〜2月の月間アワードのベスト外国人レスラーに見事、選ばれました\(^O^)/
〈「2011年1月&2月のプロレス界流れをまとめてみる〜その3/プロレス専門BLOG:ブラックアイ2〉


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ