2011年05月

BEST OF THE SUPER Jr. XVIII 〜Bring it on!〜を観戦して来ました!

BEST OF THE SUPER Jr. XVIII 〜Bring it on!〜P1150754BEST OF THE SUPER Jr. XVIII 〜Bring it on!〜
5月29日に後楽園ホールで行われたBEST OF THE SUPER Jr. XVIII 〜Bring it on!〜第3戦を観戦して来ました!
もちろん最大のお目当てはマスカラ・ドラダ。
ここに来てドラダのトンパチぶりがクローズアップされる中、初戦は獣神サンダー・ライガーに勝利、続く公式戦2戦目のTAKAみちのく戦に勝利すれば一気に勢いに乗るのではないかと期待して後楽園ホールへ向かいました。

TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ
TAKAみちのくマスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
TAKAみちのく マスカラ・ドラダ
TAKAみちのく マスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく


小島軍(仮)から鈴木軍(仮)と新日マットではヒールのTAKAに対して試合開始早々からドラダコールが発生。
これで気を良くしてガンガン飛べれば良かったのでしょうが、場外に落ちたTAKAはドラダの空中弾を警戒して場外の奥へと逃げる。
ドラダの見せ場は鉄柱越えのプランチャとロープ渡りからのドロップキックぐらいだったでしょうか。
エプロンからのムーンサルトは標的のTAKAを越えてしまうミスもあり、この日のドラダは本領発揮出来ず。
凄いときは物凄く凄いのにダメな時はあっさり負けてしまうんですよねぇ(>_<)
逆に言えば、TAKAが上手くいなして勝利したとも言えますが・・・。
そういえばドラダ戦を前にTAKA代表、こんなツイートを
今日はルチャリブレ(*_*)最初に入った団体がルチャな団体だったしメキシコ修行にも行った。しかしルチャは苦手。自分的には別競技くらいの感覚。飛ぶだけの華やかなイメージがあるが緻密な細かい技術が必要だ。プロである以上対応せねば。今日は第一試合だし火付け役にならないとなぁ(*_*)

ルチャへの苦手意識はドラダの次の公式戦の対戦相手、飯伏幸太も様々な所で語っていますが、この辺りは選手でないとわからない感覚ですね。
でも、さりげなくルチャの技カンパーナを繰り出したのは見逃していません!

第1試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
○TAKAみちのく(9分45秒 ジャストフェイスロック)マスカラ・ドラダ×
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉

試合後のコメントを読むとその昔、長州力から「あいつ宇宙人か?」と言われたTAKAがドラダに対して同じセリフを言ってますね(笑)
これで2戦して1勝1敗、残りの公式戦は6つ。
観戦には行けませんが、持てるポテンシャルを全開出来るよう全力で応援したいと思います!
頑張れ!ドラダ!!
結果はともかく“ジュニアの祭典”での経験はこれからのルチャドール生活に絶対活きるはず!
過酷なシリーズを大きなケガなく駆け抜けろ!


その他の試合も観戦記とまではいかないまでも撮ってきた画像はアップしたいと思っています。
でも、多重ロマンチックさんからプレッシャーかけられた中邑真輔のメヒコ遠征(汗)やアベルノvsラ・マスカラのマスカラ戦、そしてもう1つ大きなニュースが飛び込んで来ましたので、さてさて、どうなることやら・・・。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

DRAGOMANIA VI

PURORESU MISSIONこの度、当ブログはイタリアのプロレスファンサイト「PURORESU MISSION」と提携、「PURORESU MISSION」日本支部となりました。
なんて書くと大げさですが、フベントゥ・ゲレーラのビデオメッセージを撮ってくれたイタリアの友人、リカさん他、数人で運営しているサイトと今後も今までと変わらずアミーゴ・サイトとして交流していこうといった感じです。
英語的には「PRO WRESTLING MISSION」とすべきところを「PURORESU」と日本でしか使われていない「プロレス」と表記しているのが日本マット界をこよなく愛していることを表していると思います。
事実、私が観戦の度に撮って来たヘタクソな画像に何も説明していないのにちゃんとした説明文がついています。
イタリア語を翻訳して読んでみるとと日本のファンも「なんでここまで知ってるの?」と感心するようなことが書かれています。

さて、今回イタリア経由で5月14日(土)“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコで開催されたDRAGOMANIA VIの画像を入手しました。
今週号の週刊プロレスにもDRAGOMANIAの模様は掲載されていましたが、これ仕方ありませんが、どうしても日本向けの日本人選手中心の構成でした。
今週、バタバタと忙しく、ちょっと時間的には遅くなってしまいましたが、日本人選手以外の画像もご紹介します。
尚、私は観戦した訳でも試合の映像を観た訳でもありませんので、画像と試合結果のみのフォトレポートになります。


第0試合(ダークマッチ)
○クレイジー・シド(詳細不明)XL×

PMDragonmania-VI-003PMDragonmania-VI-004PMDragonmania-VI-006



PMDragonmania-VI-010PMDragonmania-VI-018PMDragonmania-VI-040PMDragonmania-VI-041



第1試合 時間無制限1本勝負
○花岡大輔&ロビン・フッド&カト・クン・リー(11分26秒 片エビ固め)ミステル・ローリン&イステリアJr.×&ビサロ
※ロビン、カト、ローリンはもちろん息子の方です

PMDragonmania-VI-044
PMDragonmania-VI-053
PMDragonmania-VI-055PMDragonmania-VI-072



第2試合 時間無制限1本勝負
○朱里&マルセラ&ジュビア(10分40秒 メキシカンストレッチ)下田美馬&ラ・コマンダンテ&ダリス・ラ・カバーニャ×

PMDragonmania-VI-086PMDragonmania-VI-090PMDragonmania-VI-104PMDragonmania-VI-109PMDragonmania-VI-110PMDragonmania-VI-113



第3試合 時間無制限1本勝負
△ソラール&イホ・デ・ソラール(7分35秒 ダブルフォール)ネグロ・ナバーロ△&トラウマII

PM\Dragonmania-VI-118
PM\Dragonmania-VI-119
PM\Dragonmania-VI-120PM\Dragonmania-VI-123
PM\Dragonmania-VI-128
PM\Dragonmania-VI-132PM\Dragonmania-VI-135PM\Dragonmania-VI-139PM\Dragonmania-VI-142PM\Dragonmania-VI-144PM\Dragonmania-VI-146



第4試合 時間差バトルロイヤル(10人参加)
○大原はじめ(16分49秒 体固め)デムス3:16
※出場選手 ブラソ・デ・オロ、ブラソ・デ・プラティーノ、トラウマI、ニトロ、デムス、スカンダロ、ドゥランゴ・キッド、大原、ヘディ・カラウイ、ロコ・マックス

PMDragonmania-VI-155PMDragonmania-VI-157PMDragonmania-VI-160PMDragonmania-VI-161PMDragonmania-VI-163PMDragonmania-VI-171PMDragonmania-VI-173PMDragonmania-VI-181



第5試合 時間無制限1本勝負
○TAJIRI&イホ・デル・ファンタスマ&マグヌス(9分50秒 片エビ固め)ウルティモ・ゲレーロ&アトランティス&サングレ・アステカ×

PM\Dragonmania-VI-188PM\Dragonmania-VI-196PM\Dragonmania-VI-202PM\Dragonmania-VI-205PM\Dragonmania-VI-207PM\Dragonmania-VI-212
PM\Dragonmania-VI-214
PM\Dragonmania-VI-218PM\Dragonmania-VI-221PM\Dragonmania-VI-231PM\Dragonmania-VI-237



第6試合 時間無制限1本勝負 マスカラ・コントラ・マスカラ
○ウルティモ・ドラゴン(23分36秒 片エビ固め)ブラック・タイガー×

PM\Dragonmania-VI-249PM\Dragonmania-VI-253PM\Dragonmania-VI-256PM\Dragonmania-VI-268PM\Dragonmania-VI-274PM\Dragonmania-VI-282PM\Dragonmania-VI-291PM\Dragonmania-VI-298PM\Dragonmania-VI-307PM\Dragonmania-VI-320PM\Dragonmania-VI-323PM\Dragonmania-VI-329PM\Dragonmania-VI-333PM\Dragonmania-VI-346PM\Dragonmania-VI-350PM\Dragonmania-VI-358PM\Dragonmania-VI-389PM\Dragonmania-VI-395PM\Dragonmania-VI-398PM\Dragonmania-VI-416PM\Dragonmania-VI-419PM\Dragonmania-VI-427PM\Dragonmania-VI-434PM\Dragonmania-VI-449PM\Dragonmania-VI-451PM\Dragonmania-VI-453PM\Dragonmania-VI-459PM\Dragonmania-VI-467



PM\Dragonmania-VI-476PM\Dragonmania-VI-482PM\Dragonmania-VI-500PM\Dragonmania-VI-509



この大会の模様は6月18日(土)23:00〜25:00にFIGHTING TV サムライにて放送されます!


◆ SPECIAL THANKS ◆
PURORESU MISSION
Riccardo "El Rika" Ali
Antonio "Joshyman" Ramirez



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

開幕目前!「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII 〜Bring it on!〜」



マスカラ・ドラダいよいよ今週木曜に開幕する新日本プロレス「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII 〜Bring it on!〜」。
1月の「NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2011」以来、4ヶ月ぶりの観戦に既にワクワクしております。
ご存知の通り、この伝統ある“世界最高峰のジュニアの祭典”にCMLLから飛来するのは今回が実に6度目の来日となる“脅威の五次元殺法”マスカラ・ドラダ。
ドラゴン・ロホJr.など、まだまだじっくり見てみたいルチャドールがいる中で「またドラダ!?」という感は拭えませんが、決まった以上はCMLLのトップの1人として大活躍を願っています。
スーパージュニア後の6月21〜23日、ディファ有明3連戦「J SPORTS CROWN 〜無差別級6人タッグトーナメント〜」にも棚橋弘至&KUSHIDAと組んでエントリーが決まっていますし、もうここはとことん新日スタイルを身に付けて、最大の持ち味である空中戦+アルファの獣神サンダー・ライガーの言う「凄い選手」へと進化を遂げて欲しいと思います!

Bブロックにエントリーされたドラダのスーパージュニアの日程をまとめてみました。

■5月26日(木) 18:30〜 東京・後楽園ホール
第3試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs 獣神サンダー・ライガー

■5月28日(土) 18:00〜 東京・ディファ有明
公式戦なし

■5月29日(日) 18:30〜 東京・後楽園ホール
第1試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs TAKAみちのく

■6月2日(木) 18:00〜 愛知・豊橋市総合体育館・第2競技場
第5試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs 飯伏幸太

■6月3日(金) 18:30〜 和歌山・岩出市立市民総合体育館
第7試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs 田口隆祐

■6月4日(土) 18:00〜 京都・KBSホール
第4試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs ザ・グレート・サスケ

■6月5日(日)17:00〜 兵庫・明石市立産業交流センター
第1試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs 佐々木大輔

■6月7日(火) 19:00〜 東京・ディファ有明
第1試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs 外道

■6月8日(水) 19:00〜 東京・ディファ有明
30分1本勝負 ※試合順は得点経過により当日発表予定
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs KUSHIDA

6月10日(金)18:30〜 東京・後楽園ホール(最終戦)
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」決勝戦 
準決勝戦の勝者vs準決勝戦の勝者
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」準決勝戦
Aブロック1位 vs Bブロック2位
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」準決勝戦
Aブロック2位 vs Bブロック2位


曲者揃いのBブロックでこと奇想天外さならサスケ、飯伏、ドラダが3トップですね(笑)
ドラダとサスケ、飯伏との対戦は観たかったのですが、豊橋と京都ですから・・・。
あぁ、そういえば新日本プロレスオフィシャルWEBサイトでは遂に「CMLLを代表するトンパチヤロー」なる称号がドラダに与えられてしまいました。
ドラダは愛すべきトンパチですから、そこんところ宜しくお願いします(^_^;)
冗談はさておき、場外フェンスなしのジュニア仕様、とにかく遠慮なく飛んで対戦相手とお客さんのド肝を抜いて欲しいです!
“ジュニアの祭典”参戦に向けて、スーパージュニア用のマスクを既に用意しているとか、いないとか(^o^;
また連日、試合結果、星取りが気になって、試合が行われている時間はtwitterや新日携帯サイトを覗いてしまいそうです。
頑張れ!ドラダ!!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

神の子メヒコ凱旋

CMLL所属のミスティコとしてのラストマッチを日本で戦った後、メヒコのファンにアディオスを告げることなくWWEに移籍し、リングネームをシン・カラとした神の子が遂に母国凱旋!
WWE RAW World Tour 2011のメキシコ公演、5月12日(木)グアダラハラ、翌13日(金)メキシコシティー、パラシオ・デ・ロス・デポルテスで2戦を行いました。

シン・カラ
シン・カラ

WWEの公式サイトにアップされたこの2枚の画像はこちらまで嬉しくなってしまいます。
英雄の母国凱旋をまさしく大歓迎!
2日目のパラシオ・デ・ロス・デポルテス大会は週刊プロレスmobileで「“英雄”シン・カラが母国凱旋/WWEメキシコ試合結果」としてトップニュースで報じられました。
セミファイナルにマッチメイクされたシン・カラのテーマ曲が流れると、会場の観客は“新たなメキシコの英雄”に大歓声を送った。試合はロックアップからスタート。この時点でシン・カラコールが起こるが、ブレイクし、2度目のロックアップを相手のドルフ・ジグラーに腕を取りに行かれると、ヒーローのピンチに客席からは思わず胸の中にしまっていた名前が飛び出してしまったのか、大ミスティココールが場内を渦巻いた。これに後押しされたシン・カラはミスティコ時代と同じポーズで、場内のミスティココールを誘導する。約4ヶ月ぶりにメキシコ・シティー登場とあって、かつてのミスティコ・ムーブに会場は大熱狂。しかしジグラーは連続攻撃を許さず、合間に反撃を見せる。しかし最後はスパニッシュ・フライで3カウントを奪ったシン・カラが地元凱旋を勝利で飾った。


思わずわき起こった大ミスティココール。
このメヒコのお客さんの気持ち、よ〜くわかります。
7月に予定されていたWWEの日本公演は震災の影響でどうも中止になってしまったようですが、シン・カラとして「第二のふるさと」日本に帰って来て試合を観戦し、ピンチになったらメヒコのお客さんと同じく、ついミスティコ!って叫んでしまうと思います。
シン・カラの試合をYouTubeにアップされる度に観ています。
彼はどこに行っても大声援を浴びていますが、今回のメキシコ公演、テレビマッチではなかったので映像で確認することは不可能だと思いますが、きっとどこの国よりも熱烈な声援を浴びたことでしょう。

12日のグアダラハラではファンと触れ合うイベントも行われたようです。

シン・カラ

この時にシン・カラが被っていたのが今までのデザインとは違うマスク。
基本的なデザインは同じものの目のメッシュと縁は銀になり、その回りの金ホログラムもここ最近メヒコではポヒュラーな波模様の物。
そして目の横には新たに模様が追加され、後頭部には今までの十字架とは違う何かが縫い付けられているようです。
上の画像をクリックするとWWEのサイトに飛び、他の画像も確認出来ますので、ご覧下さい。

シン・カラのマスクはWWE入団会見と時を同じくして公開されたプロフィール画像のマスクが初代。
入団会見と今までのテレビマッチで被っている物が2代目。
そして今回のグアダラハラで被った物が3代目になります。
WWEはマスクやコスチュームまで細かく契約内容に記されていそうで、今後このグアダラハラモデルでテレビマッチに登場することはないかもしれません。
このマスク、今までのブシオ製とはちょっと違う印象を受けます。
色的にはこちらの方がハッキリしていて好みではありますが・・・。


あぁ、そういえばこのWWEの侵攻を迎え撃つ形となったCMLLアレナ・メヒコ金曜定期戦に「新ミスティコ登場」の噂がありましたが、噂は噂で終わりました。
〈シン・カラがメキシコ凱旋 興行合戦旗手 プロレスニュース/nikkansportscom〉

何はともあれ2代目ミスティコが登場しなくて本当にホッとしました。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

DRAGOMANIA VI 一部カード発表

何故かカード発表が例年に比べてかなり遅かったですが、14日(土)アレナ・メヒコで開催されるDRAGOMANIA VIの一部決定分カードが10日の会見でようやく明らかになりました。

メインイベント マスカラ・コントラ・マスカラ
ウルティモ・ドラゴンvsブラック・タイガー

セミファイナル
TAJIRI&イホ・デ・ファンタスマ&Xvsウルティモ・ゲレーロ&アトランティス&サングレ・アステカ

ソラール&ソラールJr.vsネグロ・ナバーロ&トラウマ1号

朱里&マルセラvs下田美馬&ラ・コマンダンテ

大原はじめはドラゴンスクランブル(時間差バトルロイヤル)に出場予定。
ほか3試合予定

週刊プロレスmobile


ブラック・タイガー(5代目) ウルティモ・ドラゴン今年のDRAGOMANIAには日本からTAJIRI、大原はじめ、朱里のSMASH3選手が参戦。
メインに登場するブラック・タイガーは闘龍門メキシコ自主興行で生まれた抗争の決着戦ならば5代目のあの選手のはずです。
セミには「WWEに行ったミスティコの後継者と目される」Xが出場とのことですが、まぁコレ、あのルチャドールみたいです。
一昨日、偶然に出場選手の写真の入ったDRAGOMANIAのポスター見ちゃいました。
でも、このポスター、今回発表されたSMASH勢の写真はなくて、別の日本人大物選手の化身の物が印刷されていました。
この辺りがカード発表の遅れた原因だったのかもしれません。
当のXと思われるルチャドール、未だにハポンからやって来る大物選手の化身と組むのだとばかり思っているようなのですが(;^_^A
そして、昨年のLUCHA FIESTA 2010でおひねりの飛んだマエストロ対決、ソラールvsナバーロが今度は息子をパートナーにタッグ対決!
大原選手は久々の“ルチャの殿堂”登場です!
CMLLルチャドールの旧友たちとの再会も楽しみでしょうね。
大原選手が出場するドラゴンスクランブルには今年もウルティモ校長の人脈による日本でも馴染みのあるルチャドールの息子達が出て来そうで楽しみです。
昨年の大会に出場したルチャドールがその後、続々とCMLLデビューを果たしていますし、ちょっと不思議に思っていたある選手が思いもよらぬ大変身を遂げたりと今年は更に注目してサムライの中継にかじりついてしまいそうです。
そして!
ウルティモ校長は今年もLUCHA FIESTAを開催したいと語ったようです!!


もう1つメキシコのニュースを。
11日のミル・マスカラス切手発売レセプションの模様がYouTubeにアップされていました。



DRAGOMANIA VIの翌日にアレナ・ナウパルカンで行われるLUCHA FAN FEST 4ではマスカラス&ドス・カラス&カネックの豪華な夢のトリオが実現するんですよね。
こちらの試合の映像もどこかで観れるといいなぁと思っています。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

BIG SURPRISE!!!

イタリア人マスクコレクターの友達、リカさんから物凄い動画が送られて来ました!



IWGPジュニアヘビー、WWEとWCWのクルーザー級を始め、日米墨で数々のタイトルを手中にし、世界中で活躍するフベントゥ・ゲレーラからメッセージが届いちゃいました!
昨日、イギリスに向けて旅立ったようですが、6日間イタリアのリカさんの家に滞在していたとのこと。
「フービーのサインいるか?」とは聞かれていましたが、まさかこんな動画を撮ってくれるとは・・・本当にびっくりしました。

THANK YOU JUVI!

THANK YOU RIKA SAN!

ANTAWA HONTONI SHINSETSU DESUNE (^_^)





人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

当時物

明日はいよいよレジェンド・ザ・プロレスリング大阪府立体育会館第2競技場大会、初代タイガーマスクvs小林邦昭ですね!
〈藤波vs.長州、初代タイガーvs.小林邦昭 レジェンドが大阪上陸 5月7日、プロレスの伝説に酔いしれろ!/スポーツナビ〉

お2人とも当時のままという訳にはいかないとは思いますが、素晴らしい試合となることを願っています。
そして、メインは藤波辰爾vs長州力と80年代の新日本プロレス黄金期にブラウン管の向こうで繰り広げられる熱戦に夢中になった世代には堪らないカードです。

「大阪」「初代タイガー」「小林邦昭」と言えば、やっぱり思い出すのは83年7月7日、寺西勇とのNWA世界ジュニアヘビー級王座防衛戦後の赤金のハーフ(ツートン)マスク!
あれから四半世紀が過ぎ、マスクを集めるようになった今、色やデザインが半分半分のハーフマスクや2つ以上のデザインがミックスされたコラボマスクに妙に惹かれてしまうのは少年時代に見た赤金ハーフの特別感が脳裏に深く刻み込まれているせいかもしれないと思っています。
今のところブログは更新されていませんが、現在の初代タイガーのマスクを手掛ける中村之洋さんが明日の決戦のために用意されるマスクも赤金ハーフなんじゃないかと勝手に想像しています。

タイガーマスク 貯金箱タイガーマスク 貯金箱
画像は初代タイガー全盛期に発売されて、今なお我が家にある貯金箱。
いつだったか記憶は定かではありませんが、子供の頃に中の小銭欲しさに缶切りで開けてしまったものの現在もペン立てとして現役で活躍中です(;^_^A


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

ニュートレンド?

サグラード現在はドットがプリントされたリクラプンティーニが全盛のマスク生地。
そんな中、数年前から見かけるようになったのが、レンズ柄と言いますか、プリズム模様と言いますか、およそ1cmの四角の模様が入ったリクラピエールに似た生地。
たしかこれ、最初の見たのは白のサグラードか黒のラヨ・デ・ハリスコJr.のマスクだったと思います。
白と黒の他に赤も見かけましたし、日本国内ではグレーをコスチュームに使っている選手がいますね。
四角が少し膨らんでいるように見える不思議な生地。
こういうのが出ると、どうしても自分の目で確かめたくなって入手しちゃいます。
実際に手にして見ると目の錯覚なのか、膨らんではいませんでした。
最近はこの生地のマスクを被っている選手も増えました。


ボラドールJr.更に最近、メキシコで流行りそうなのが、ボラドールJr.がルード転向後に被り出した通称ヴェノムで使った生地。
この生地は四角のレンズ柄以上に最初に見た時は不思議に感じました。
「なにコレ!? どうなってるの?」と(笑)
冷静に見ると、黒い生地がCの字のようにくり抜かれていて、くり抜かれた部分に見える白は黒い生地の内側にある物らしい・・・つまり2重生地になっているようです。
なので内側の生地の色を変えれば、組み合せは自由自在みたいです。
ただ、この生地はかなり特殊なので使用されるのはボラドールのヴェノムだけだと思っていました。
ところがどっこい、この生地をボラドール以外も被り始めました!


ドラゴン・ロホJr.ドクトル・エキス
ドラゴン・ロホJr.とドクトル・エキス!
たしかにこの生地はイメージ的にテクニコには合わないかもしれませんね(笑)
今のところ、この赤と黒しか見かけませんが、理屈的にはCの字の型があればくり抜ける訳で色や素材を選ばず、今後は他の色も見かけるようになるかもしれません。
ただ、この生地の最大の難点は耐久性だと思います。
ある程度、強い素材でないと簡単に千切れてしまいそうです。
そういった意味ではマスク以上にマットに擦れるタイツやニーパッドなどのコスチュームに使うのは無理かもしれません。
今、入手したい生地No.1(笑)
これもどんな感じなのか自分の目で確かめたい!と思う今日この頃。
マスクってどんどん進化するので、やっぱりその魅力は無限大です!! (^_^;)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ