2011年10月

ミステリオッソJr.

ミステリオッソJr.ミステリオッソJr.ミステリオッソ ミステリオッソJr.
19??年2月2日生まれ コアウイラ州トレオン出身
1994年2月22日トレオンでデビュー(1995年デビュー説もあり)
176cm/95kg

久しぶりにコレクションのマスクを紹介します。
今回はCMLL中堅ルードのミステリオッソJr.。
この人もJr.を名乗っていますが、WWEのスーパースター、レイ・ミステリオ(Jr.)やCMLLのアンヘル・アステカJr.同様、先代の息子ではなく甥にあたると言われています。
若手時代はテクニコで先代同士もタッグを組んでいたボラドールJr.とのコンビ、さらには売り出し中のミスティコを加えたトリオで次世代の空中戦士として期待されていました。
この当時はまだCMLLにのめり込む前でしたが、その後に発売されたGリングvol.8の付録「新華麗なる世界 MISTICO」などでマスクとコスチュームの色を合わせたこのトリオの写真を何度か目にしています。

そして、個人的にミステリオッソJr.で忘れられないのは、あのメキシコ発の新型インフルエンザ騒動によってCMLLからミスティコとOKUMURAと共に来日中止となってしまった一昨年5月の後楽園2連戦。
あの時は後楽園ホールという器でミスティコが見れることが嬉しくて、2日共チケットを入手していたので凄くがっかりしたのを覚えています。
ミスティコ初来日の東京ドームに帯同したのが、最大のライバル、アベルノで2度目の来日、2月の両国でシングルを戦ったのがメフィストだということを考えると、3度目の来日となるはずだった5月の後楽園2連戦にミステリオッソを指名したのはミスティコにとっては手の合う、ひょっとするともっと上のポジションで神の子のライバル足り得る実力の持ち主なのでしょう。
こういう選手間で信頼の厚い選手って得てして人柄が良過ぎて出世争いに遅れてしまうのでしょうか?
これはあくまでも私の想像でしかないのですが・・・。

昨年はCMLLから離脱したブラック・ウォリアーの穴を埋めるべく、サングレ・アステカ&ドラゴン・ロホJr.のポデール・メヒカに加入。
現在はサングレ・アステカがテクニコ転向、ロホはウルティモ・ゲレーロと組みCMLL世界タッグ王者となり、ポデール・メヒカは空中分解。
いつの日か頼れる万能ルードがスポットライトを浴びる時が来ることを願います。

動画は昨年6月18日アレナ・メヒコでマスカラ・ドラダ&ストゥーカJr.&メトロの第29代ナショナル・トリオ王者組にポデール・メヒカが挑戦した試合です。
ミスティコ&ボラドールと組んでいた若手時代の動画を探しましたが見つかりませんでした(-_-;)





このカード、同年1月の王座決定戦を含め、タイトルマッチで3度対戦していますが、1度も勝利することが出来ませんでした。
ルチャドールの中では長身の部類のメトロが放ちフィニッシュとなったジャーマン・スープレックス・ホールドは何度見ても現在WWEでチャンプにまで登り詰めたアルベルト・デル・リオ=ドス・カラスJr.を思い出してしまいます。
ちなみにナショナルトリオ王座はこの後、11月にドラダの返上を受け、今年1月にトーナメントが開催され、アンヘル・デ・オロ&ルーシュ&デルタの期待の若手トリオが戴冠した後、今年の9月20日、ボラドールJr.&オリンピコ&シコシスの手に渡っています。

マスクはパールラメに紫のリクラプンティーニの本体に赤模様。
ミステリオッソのマスクの最大の特徴はやっぱり頭のモヒカン(?)と首のフリンジ。
到底、日本人には思いつかないであろうメキシコならではのデザインで、いつかは入手したいと思ってい1枚でした。





 

 





人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

府中プロレスルチャ第2弾のメインはカネック親子vsヤマト

ヤマト カネックまだまだ仮面貴族FIESTAの余韻に浸っていて、あの時を思い出すと今でもウルッとすることが多いのですが・・・。
次のお楽しみは11月20日(日)新木場1stRINGで開催される府中プロレスルチャ第2弾興行。
注目のメインカードが発表されています。

カネック&カネックJr.&エル・サムライvsヤマト&ブラック・タイガーV&ベアー福田

カネック親子の来日が今大会最大のニュースですが、その対戦相手はヤマト!
もちろんDRAGON GATEのYAMATOではありません。
Gスピリッツ最新号でも取り上げられていますし、ご存知の方はご存知かと思いますので書きますが、ヤマトとは'93年6月からメキシコ遠征したタイガー戸口(キム・ドク)が日本海軍の軍艦旗をモチーフにしたマスクを被った時のリングネーム。
同年8月1日にエル・トレオでカネック、ドス・カラスと三つ巴のマスカラ戦でドスに敗れてマスクを失いました。
更には2週間後の8月15日のエル・トレオではカネックとマスカラ・コントラ・カベジェラで敗北、丸坊主にされています。
そして'94年3月14日にはアレナ・プエブラでカネックを撃破し、4日後の18日アレナ・ネッサで奪回されてしまいましたが、第27代UWA世界ヘビー級王者に君臨しています。
17〜18年前のメヒコでの抗争が再び実現するとは。
当の本人達もびっくりでしょうね。
当日のカネック、ヤマトのマスクにも注目です!

GスピリッツVol.21を改めて読むとタイガー戸口は1948年2月7日生まれの63才。
近年も単発的にリングに上がっているものの、本人曰く「もう半分以上リタイアみたいなものだよ」と。
しかし「自分にはプロレスの魂があるからね。だからもう1回ぐらい花を咲かせたいなと思う」とも。
観戦したばかりの仮面貴族FIESTA2011でも同世代の天龍源一郎、藤原喜明はまだまだ元気。
肉体的には衰えている部分、長年の激戦でガタのきている部分はもちろんあるでしょうが、それを感じさせない、この世代の人々の醸し出す迫力は物凄いものがあります。
ヤマトにも凄いファイトを期待!
あっ、仮面貴族FIESTAのマスカラス・ブラザースの活躍がカネックの耳にも入って、ライバル心から熱いルチャを見せてくれるといいですね。


そして、7月の旗揚げ戦で初代王者に輝いたソラールの保持するMWFジュニアヘビー級選手権への挑戦者決定トーナメントも行われます
出場選手はネグロ・ナバーロ、勇者アモン、清水基嗣、沖本摩幸、矢野啓太、イホ・デ・ディープインパクト、イホ・デ・アドマイヤムーン、宇宙銀河戦士アンドロス、ウルトラマンロビンの9選手(組み合わせは当日発表)

アモンさんにも頑張ってもらいたいですが、やっぱりここはナバーロさんに勝ち上がってもらってソラールさんとの“華麗なるジャベの世界”が再び見たい!!

大会前日19日(土)にはカネック親子とナバーロも参加するファンイベントも開催されます。

大物ルチャドールを招聘してくれる府中プロレスルチャを応援せずにはいられません!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

〜僕らの夢のオールスター戦〜 仮面貴族FIESTA2011 オフ・ザ・リング そして夢の続き

それでは毎度、恒例の試合以外の写真と入手した記念の品の数々を時系列で。

エル・サムライ サインまずはエル・サムライ選手のサインをGET!
写真がないのはマスク被ってなかったからです(汗)


風香風香風香 サイン会場入りするスターダム風香GM。
現役時代に試合を観戦する機会がなかったので、今回サインがもらえて良かったです。


鹿島沙希続いては、この日は試合に出場しなかったスターダムの鹿島沙希選手。
ゴールデンタイムの地上波、テレビ朝日系「銭形金太郎」に出演して知名度アップ。
この日も多くのファンに囲まれていました。
エレベーターが来てしまったので残念ながらサインはなし!(^_^;)


ウルティモ・ゲレーロそして会場入りするCMLL最強ルードのウルティモ・ゲレーロ選手。
間近で見るとやっぱり体の厚みが凄い!


ロッキー・ロメロロッキー・ロメロロッキー・ロメロ サイングレイ・シャドー サインこの人も試合出場はなかったものの後楽園ホールにやって来たロッキー・ロメロ選手。
ロッキー・ロメロで1度サインを終わった後、他の人達がブラック・タイガーのサインを頼むのを見て、私がリクエストしたのがグレイ・シャドウ(笑)
その名を伝えると「フォゲット(忘れた)」と言ってスペルを思い出しながら書いてくれました(^_^)
このリングネームでは1度も来日していませんので、これは嬉しかった。
我ながらグッジョブ!


世IV虎世IV虎世IV虎 サインしばらくすると、この人も「銭形金太郎」に出演した世IV虎先輩がやって来ました。
カメラを向けるとこんな表情になりますが、決して怖い人ではありません。
というか、むしろめちゃくちゃいい人だと思います。
この写真見ると、つい「先輩、あざーす!」って言いたくなりますね(^_^;)


この後、会場内の売店スペースへ。

ドス・カラスドス・カラス人垣の向こうにドス・カラスさん発見!
トレードカラーの食事用マスクが見られて大満足でした。


ハヤブサハヤブサ ストラップドス・カラスさんがいたスペースとは反対側の奥へ向かうとハヤブサ選手が!
この大会限定発売のマスクと同じ型と素材を使ったエンブレムのストラップを購入し、写真を撮らせてもらいました。
この時点では、このストラップ、ハヤブサ選手の大ファンのイタリアの友人へのお土産にするつもりでした。
しかし、あの大感動のエンディングを目撃して手放せなくなってしまいました。
どうしても、この日の記念に手元に置いて置きたくなってしまったのです。
10年ぶりにリングに立ったハヤブサ選手が被っていたマスクに付いている物と全く同じですから。
きっと、このストラップが元気をくれるはずです!
黙っていても良いのですが、イタリアの友達もこのブログ見てますから、先日「ごめん、お土産にするつもりで買ったんだけど、どうしても記念に取っておきたくなった。また次の機会にお土産買って来るから今回は勘弁して」とこの画像を添えて伝えました(汗)
CMLLロゴのキーホルダー、そしてYN製IIIマークストラップとともに、いつもデジカメの充電池を入れている日本の友人からもらったマスカラ・プルプラの小物入れに付けました。


ウルティモ・ゲレーロウルティモ・ゲレーロマスク以外に売るグッズがなく暇そうなゲレーロ選手。
カメラを向けるとポーズをとってくれました。
1月のFANTASTICA MANIAで来日したアベルノ選手と並んで「いい人だ」という噂を聞くCMLL最強のルード戦士。
こういう何気ないことが嬉しい!


飯伏幸太残念ながら負傷欠場した飯伏幸太選手。
この日、パンフレット代わりに販売されたFOTO LIBRE Numro 0には水色のマスクとコスチュームを身に纏ったハヤブシの姿がありました。
いつの日か不死鳥FIESTAが開催された時、幻のハヤブシが降臨する!?


ハヤブサ剣舞客席につくと放送席に座るハヤブサ選手とセコンド業務に勤しむみちのくプロレス剣舞選手をパチリ。


飯伏幸太 ブラック・タイガーVWメインイベント第1試合終了後の休憩タイム。
飯伏選手の横にブラック・タイガーV選手の意外なツーショット。


高木三四郎大いに盛り上げ、楽しませてくれた高木大社長。
売店でも試合と同じハイテンションだったような・・・。


大畠美咲大畠美咲 サインFOTO LIBREが発売され、今後ますます人気が上がりそうな大畠美咲選手。
ポートレートを買い、サインを入れてもらって、それを手に写真を撮りました。
名前を聞かれ、書き込んでくれましたが、あの人混みの中でハンドルネームを言える訳がなく本名を伝えました(笑)


A☆YU☆MIA☆YU☆MIこちらはタイトルを防衛したA☆YU☆MI選手。
今回は今までサインをもらったことのない選手を優先しましたので、良い写真を撮るのは無理でした。


これにて休憩時間終了、以下は試合後の物です。

菊タロー菊タロー サイン会場内で知人?の方と話している菊タロー選手からサインをGET!
書いてもらったばかりの色紙を手に写真も。
藤原組長との異次元対決から生還出来て良かった!


愛川ゆず季愛川ゆず季 サイン愛川ゆず季 サイン最後の最後まで群がる人々でごった返していた“ゆずポン”愛川ゆず季選手の売店スペース。
何とかギリギリでポートレートを購入し、サインをもらいました。
小さなカードにも。
プロレスに真摯に向き合っていることがわかりましたし、やっぱりこのルックスですから、今回の観戦を機にグッと好感度upしました(笑)
流星仮面FIESTA・FINALと仮面貴族FIESTA2011でスターダム人気の理由がわかったような気がします。


愛川ゆず季後楽園ホールから出て来たゆずポンも撮りました。


ドス・カラスもう誰も出て来ないだろうと思っていた時に現れたドス・カラスさん!!
紫のマスクに合わせるようにネクタイも紫!
やっぱりコーディネートはこうでねぇと(古い&苦笑)
いや、冗談はともかく、ホントにカッコ良かった。
そして、この優しそうな眼差しが堪りません!




これにて水道橋を後にし、帰宅。
撮ってきた画像を少し確認し、寝ようとするが興奮で眠れない・・・。
結局、空が明るくなり始めた頃に寝付きましたが、9時前には目が覚める。
多少の準備をして、再び水道橋に出発!!
ええ、馬鹿です(笑)
12時頃にはDEPO MARTさんに到着。
友人達と合流し、前日の興奮・感動話に盛り上がりつつ、次の興奮へとワクワク感は徐々に高まる。
13時少し前にマスカラス・ブラザースが到着し、整理券の番号順に店内へ案内される。
もう、ひょっとしたら無いかもしれないマスカラス・ブラザースとのスリーショットを前に心臓のバクバクは最高潮に。

ミル・マスカラスドス・カラスミル・マスカラス ドス・カラス サイン選んだ写真入りの色紙にお2人のサインを入れてもらった後、念願のスリーショット!!
イベント開催が発表される前から、きっとあると思っていたこの瞬間が現実に。
何か優しい声で話されていましたが、スペイン語はほとんどわかりませんし、緊張のあまり記憶が定かではありません。
でも、お2人のマスクを両手に持ってスリーショットするという夢は、きちんと実現出来ました。
スリーショットの前も後も手が震えてカバンから上手くマスクを出し入れ出来ませんでしたけど(^_^;)
マスカラスさんの笑顔とこの画像では私の部分はカットしましたが、ドス・カラスさんが私の左肩にそっと手を添えてくれているのが、むちゃくちゃ嬉しい!


ミル・マスカラスミル・マスカラス ドス・カラスミル・マスカラス ドス・カラスミル・マスカラス ドス・カラスミル・マスカラス ドス・カラスドス・カラスマスカラスと言えば、やっぱりこの両手Vサインにスマイルですね。
最後まで残ったファンに最高の笑顔を見せてくれました。



この日はマスカラス・ブラザースだけでは終わりません!
この後はCMLL最強のルード戦士、ウルティモ・ゲレーロの登場!!

ウルティモ・ゲレーロウルティモ・ゲレーロ サインやっぱり、憧れのルチャドールとの記念撮影は何度経験しても緊張します。
ゲレーロ選手とも今年の正月に購入したマスクを手にツーショットしましたが、マスカラス・ブラザースもそうですが、もう少しマスクを上向きに持たないとダメですね。
これは次の課題ということで。
撮ってもらった写真を見て初めて気付きましたが、マスクを指差してくれているのが嬉しいです(^_^)




これにて夢のような2日間は終了。
またまたアミーゴ達とワイワイ、ガヤガヤやりながら楽しいひとときを過ごしました。
感動、興奮を共有出来るというのは良いもんです。
そして、またこの2日間で新たな出会いもありました。
また次の機会にどこかでお会いしましょう!
Muchas gracias amigos!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

ハヤブサがリングに立った!仮面貴族FIESTA2011 大感動のフィナーレ

想像していた以上の夢のマスクマントリオの試合を見ることが出来たシアワセ感に充たされて迎えた大成功の大会のエンディング。
ムーチャス入江リングアナウンサーの呼びかけで出場選手が続々とリングへと向かう。
それと同時に夢の舞台となったリングのロープが外されていく。
ん?何故だ??
と思っていたところで藤原組長がマイクを掴み、テレビ中継の解説をしていたハヤブサを呼び込む!
後楽園ホールを大ハヤブサコールが包む。
盟友たちに支えられ、ハヤブサは一歩一歩、ゆっくりと自分の足で10年ぶりとなるリングへ上がる。

ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ 大ハヤブサ
「すみません、上がるつもりではなかったので、しかも急にマイクを持ってきていただいて何を喋っていいのかわからないですけど、本当にマスカラスさん、まずは来日40周年おめでとうございます。そして今日、リング上で試合をしてくれた皆さんに改めてプロレスの面白さを教えていただきました。プロレスラーで良かったと改めて思いました。このリングにはやっぱり夢がいっぱい詰まっています。まだまだこれから皆さんと一緒にプロレスを楽しんでいきたいと思います。とりあえず僕がいえることは、あと一言だけなんで、それだけ言わせてください。お楽しみはこれからだー!!」

もう感動して涙を堪えるのに必死でした。
正直、私はずっとハヤブサ選手を追いかけていた訳ではありません。
それでも、ちょうど1年前の仮面貴族FIESTA2010からFIESTAシリーズを観戦し、来場するハヤブサ選手の姿を見て来ました。
イタリアの友人が世界で1番好きなプロレスラー、ハヤブサ。
友人に喜んでもらおうと観戦の度にハヤブサ選手の売店に行き、グッズを買い、一言二言だけお話させてもらいました。
昨年の仮面貴族FIESTAの時は大会終了後、会場を後にする時に少しだけ車椅子から立ち上がり歩くハヤブサ選手を見て、友人と胸を熱くしました。
そして、この日の大感動のエンディングに繋がるいくつかのエピソード───
いつも「FIESTA」を開催する時は出場選手の誕生日やデビュー戦の日に当たってないか確認する主催者の大川昇カメラマン。
そして私も観戦した流星仮面FIESTA・FINAL終了後の関係者打ち上げでリングに呼び込んだ藤原組長とハヤブサ選手の会話。
「流星仮面FIESTA・FINAL」無事に終了!
暑い中たくさんの方が流星仮面の最後の勇姿を焼き付けようと集まってくれてました(^^)
スタッフの皆さんも本当におつかれさまでした!
試合後には軽く打ち上げ♪
そこで久しぶりにお会いした藤原組長に声をかけてもらった。
藤原組長といえばオレら世代にとっては正に「ザ・プロレスラー」だ。
デカくて豪快で酒豪で…古きよき時代を象徴するレスラーの一人。
そんな組長が歩いてるオレを見て
「ハヤブサ!お前スゴいな!立てるようになってんじゃねぇか!…さすがプロレスラーだな!」
素直に嬉しかった(^^)
そして組長は続けて
「オレは感動したぞ!こうなったらオレとシングルマッチやろう!待ってるぞ!…オレだってガンの手術したけど今はこうだ!いいか!ハヤブサ!プロレスラーはあきらめちゃダメだ!」
この上なく光栄な言葉だ。
「がんばります!!」
そう答えると
「ただ、あんましのんびりすんなよ!オレは後10年くらいで引退しちまうぞ!(^^)」
…ありがとうございます!!
最後の乾杯の酒の味噛みしめてがんばります!!

これらを知っていただけに、ハヤブサ選手が苦難の道を歩み、10年経ってリングに立てるようになったことはもちろん、ここに至るまでの色々な人々の思いがビンビン伝わってきて涙を抑えることが出来ませんでした。
大会から10日あまり立った今でもハヤブサ選手の入場テーマ曲が頭の中でリフレインし、この日の出来事を思い出しては、またウルッとしてしまいます。
また1つ、生涯忘れ得ぬ大会が増えました。

“正体不明の謎のマスクマンブロガー”でいたいので(笑)あまりプライベートなことは書きたくないのですが、8月の終わりに今までの人生で1番重たい出来事があり、楽しみにしていたこの大会を観戦するのは無理なんじゃないかと思っていた時期がありました。
でも、なんとかして観戦出来る術はないかと同時に考えていたりして。
まだまだ全てが解決した訳ではありませんが、本当にこの大会に観客として参加出来、そしてまた頑張れる勇気と元気をもらいました。

Si no habia tu, muchos suenos que mire nunca se harian realidad.
Agradezco al misionero de la lucha sinceramente.

いつかきっと不死鳥FIESTAが開催されることを信じて───。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

日墨レジェンド・マスクマンの競演!仮面貴族FIESTA2011 Wメインイベント第2試合

マスカラス&ドス&初代タイガーvs4代目タイガー&ゲレーロ&CIMA
ウルティモ・ゲレーロ
CIMA
4代目タイガー ゲレーロ CIMA
マスカラス ドス 初代タイガー
ミル・マスカラス
初代タイガーマスク
4代目タイガー ゲレーロ CIMA
ドス・カラス
ドス・カラス
ドス・カラス CIMA
マスカラス ドス 初代タイガー CIMA
CIMA 初代タイガーマスク
初代タイガーマスク CIMA
ミル・マスカラス
ミル・マスカラス ウルティモ・ゲレーロ
ミル・マスカラス ウルティモ・ゲレーロ
ウルティモ・ゲレーロ ミル・マスカラス
ドス・カラス CIMA
CIMA
初代タイガーマスク CIMA
ミル・マスカラス ドス・カラス ウルティモ・ゲレーロ
ミル・マスカラス ウルティモ・ゲレーロ CIMA
ウルティモ・ゲレーロ ミル・マスカラス
ドス・カラス ウルティモ・ゲレーロ
ウルティモ・ゲレーロ ドス・カラス
ドス・カラス CIMA
ミル・マスカラス ドス・カラス 初代タイガーマスク
遂にこの時がやって来た!
おそらく今回が最初で最後と思われるミル・マスカラス&ドス・カラス&初代タイガーマスクの夢の日墨レジェンド・マスクマン・トリオが現実に!!

まず入場して来たウルティモ・ゲレーロとCIMAの虎の牙付きオーバーマスクにびっくり!
でも虎のマスクのランプに当たるゲレーロの額、本来は丸に人の字のようなマークですが、このマスクはVの字になっていて上下が逆さまでした。
この大会のために複数のマスクを突貫作業で仕上げたからか、いやもしかしたら何かしらの深い意図があるのかもしれません。
けれど、この日だけのこのマークというのが逆にプレミア感を増すかもですね。
そして、いよいよ主役の登場、初代タイガーに続いて会場に「スカイハイ」の旋律が鳴り響く!
ファンが押し寄せる花道を入場して来るマスカラスとドスの姿はあの時のまま。

正直に書くと大会前はこの超豪華なレジェンド・マスクマンが並び立つ様を一目見れれば満足だと思っていました。
しかし!仮面の英雄3人は主催者・スタッフの方々、全試合に参加した選手、リングを囲んだカメラマンや記者の人々、そして大声援で迎えた後楽園ホールに集った観客の声を追い風に華麗に舞い、そして魅了する!!
まずはレジェンドトリオの中では1番若い初代タイガーのあのタイガースピンのスピーディーさに感嘆。
ドスはフライング・クロスチョップで舞い、更にこの日1番の驚きだったトペ・スイシーダ発射!!
帰宅後、撮ってきた画像を見て、場外に矢のように飛んで行った師匠に口を開け驚愕するCIMAの表情を見つけてニヤリとしてしまいました。
いやぁ、でもホントにびっくりしましたし、改めて凄いと思いました。
そして、マスカラスもヘッドシザースホイップ、フライング・クロスチョップ(兄弟の編隊飛行も2度!)で魅せ、最後はフライングボディーアタック!!

もう、想像していた以上の試合に大満足でした。
そして敗れはしたものの、師匠のドスに握手を求めるフェイントから蹴りを見舞ったり、「マスク剥ぐぞー!」とマスカラスのマスクに手をかける(結局そんなことは出来ませんでしたが)など観客のヒートを買っていたCIMA、そして対戦チームの見せ場を存分に作ったゲレーロのルードとしての仕事っぷりにも最大級の賛辞を送りたいと思います。
本当に夢のような試合でした。

第6試合 Wメインイベント第2試合 ミル・マスカラス来日40周年記念試合 60分1本勝負
○ミル・マスカラス&ドス・カラス&初代タイガーマスク(17分13秒 フライングボディーアタック→片エビ固め)タイガーマスク&ウルティモ・ゲレーロ×&CIMA
〈試合速報/スポーツナビ〉


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

〜僕らの夢のオールスター戦〜 仮面貴族FIESTA2011 Wメインイベント第1試合

大ハヤブサ&サスケ&人生vs健介&サムライ&デヴィット
エル・サムライ
プリンス・デヴィット
佐々木健介
佐々木健介 エル・サムライ プリンス・デヴィット
新崎人生
大ハヤブサ サスケ
大ハヤブサ
佐々木健介 新崎人生 プリンス・デヴィット
佐々木健介 新崎人生
新崎人生 佐々木健介
大ハヤブサ
佐々木健介 ザ・グレート・サスケ
プリンス・デヴィット ザ・グレート・サスケ
エル・サムライ ザ・グレート・サスケ
大ハヤブサ エル・サムライ
新崎人生 佐々木健介
プリンス・デヴィット
大ハヤブサ エル・サムライ
大ハヤブサ ザ・グレート・サスケ 新崎人生
大ハヤブサ ザ・グレート・サスケ
佐々木健介 大ハヤブサ ザ・グレート・サスケ プリンス・デヴィット
いよいよ、ハヤブサプロデュースのWメインイベントの第1試合!
6人が6人ともヘビー、ジュニアヘビーの階級の違いはあれどトップ中のトップ選手。
この大会ならではの豪華な組み合わせに久々の大ハヤブサ登場でプレミア感が更に増す!
大ハヤブサ入場に“双子の弟”天龍源一郎のいつもの幟が出て、ドッと会場が沸く(笑)
速報!バトル☆メンで焦らされた注目のマスクは当時の本体に今大会用にアレンジした模様のマスクだったように見えました。
サスケが捕まるシーンが多かったですが、6人が6人とも持ち味を存分に発揮した試合だったと思います。
圧巻はデヴィットのノータッチ・トペコンが口火を切った場外弾5連発!
デヴィットの後、人生がプランチャ、サムライがトペ、健介のプランチャと続き、トリは大ハヤブサがエプロンを走ってのプランチャ!!
その後、サスケもケブラーダ!!
最後は大ハヤブサのテキサスクローバーホールドで決着しましたが、試合後の大ハヤブサと健介のマイクアピール、なんか健介の真っすぐな性格が出たおとぼけぶりが面白かったです。
大ハヤブサ「健介、テメエこの野郎!11月10日、俺の弟がおまえと目一杯チョップを打ち合うから覚悟しとけ」
健介「えっ!?弟なの?弟か。じゃあ、弟に35周年おめでとうって言っとけ。そして、この胸が弾け飛ぶぐらいに打ち合おうって言っとけ、お兄ちゃん、よろしくね」

第5試合 Wメインイベント第1試合 ハヤブサ・プロデュースマッチ 60分1本勝負
○大ハヤブサ&ザ・グレート・サスケ&新崎人生(19分35秒 テキサスクローバーホールド)佐々木健介&エル・サムライ×&プリンス・デヴィット
〈試合速報/スポーツナビ〉


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

忘れかけていた頃に・・・LUCHAS 2000掲載

「果報は寝て待て」とは言いますが、すっかり忘れかけていた夢のような話が実現していたことに昨晩、気付いてびっくり!

話はおよそ2ヶ月前に遡る。
7月31日に観戦した府中プロレスルチャ中河原旗揚げ戦。
いつものようにブログに拙い観戦記を書き、これまた拙い撮ってきた画像をFacebookにアップ。
それから数日後、画像を見たソラールさんの息子、イホ・デ・ソラールから「アミーゴの撮った写真をルチャス2000に載せてもいいですか?」とメッセージが届く。
えっ!マジでと驚いたが「メッセージありがとうございます。私が撮った写真がルチャス2000に掲載されるならば、私は幸せです。写真が載ったら教えて下さい。日本での最高の試合と思い出をありがとうございましたとパパに伝えて下さい。あなたが来日する日を待っています」と返信しました。
すると「雑誌に掲載されたら教えます。そしてあなたのメッセージをパパに伝えます。私はすぐにでも日本に行きたい」とまた返信が。
「ありがとうございます。私は本当に嬉しいです」と感謝の思いを伝えました。
もちろん翻訳サイトと格闘しながら(^_^;)

こんなやり取りがあって、しばらくは載るか?載るか?とルチャス2000のサイトをこまめにチェックしていましたが、あれから2ヶ月、イホ・デ・ソラールからは連絡なく、もうほとんど諦めかけていました。
ところが!
昨夜、何気なくTwitterをチェックしていてびっくり!!
府中プロレスでリングアナウンサーを務める山本雅俊氏のこんなツイートを発見!!
メキシコのプロレス専門誌“ルチャス2000”に、7・31府中プロレスのリポートが載っています ルチャマニアは要チェック!! http://pic.twitter.com/6UQm3YCw

キターー!!(笑)
このリンク先のルチャス2000のページの右側に使われている5枚の写真は間違いなく私が撮ったものです!

ソラール
ネグロ・ナバーロ ソラール
ソラール ネグロ・ナバーロ
ネグロ・ナバーロ ソラール
ソラール ネグロ・ナバーロ
ただの一ファンが撮った写真がルチャの本場の専門誌に掲載されるとは!!
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるでアホみたいにたくさん画像を撮ってきた甲斐がありました。
“謎の団体”の旗揚げ戦を取材したメディアがほとんどなかったことがラッキーだったと思います。
うーん、これは本当に嬉しい!
先ほど、イホ・デ・ソラールに感謝のメッセージを送りました。
掲載されたのは、どうやらNUMERO 584らしく、既に友人に入手を頼みましたm(_ _)m

先週の仮面貴族FIESTA2011観戦で爆笑&大感動してからの1週間、不思議と良いことが重なっていてシアワセ感は継続中。
まさに「お楽しみはこれからだー!」状態です。
明日も偶然が偶然を呼び、もの凄く嬉しいことになった、その結果そのものが届くんですよね(^_^)
やっぱり、人の縁って大事だとつくづく思います。
Muchas gracias amigo y amiga!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

〜僕らの夢のオールスター戦〜 仮面貴族FIESTA2011 第4試合

高木三四郎&愛川ゆず季vsパッション・ナッキー&岩谷麻優
パッション・ナッキー
パッション・ナッキー 岩谷麻優
愛川ゆず季
高木三四郎
高木三四郎 愛川ゆず季
高木三四郎 愛川ゆず季
高木三四郎
高木三四郎 愛川ゆず季 パッション・ナッキー 岩谷麻優
高木三四郎 愛川ゆず季
高木三四郎
岩谷麻優 高木三四郎
愛川ゆず季 パッション・ナッキー
岩谷麻優 愛川ゆず季
パッション・ナッキー 岩谷麻優 愛川ゆず季
高木三四郎 愛川ゆず季
高木三四郎 愛川ゆず季
高木三四郎 愛川ゆず季
高木三四郎 愛川ゆず季
さぁて爆乳222cm砲の試合です!
ゆずポンの試合は初観戦。
高木大社長のゆずポンへのラブコール?はTwitter上で知っていましたし、タッグ結成が決定した流星仮面FIESTA・FINALを観戦したので、この試合は楽しみでした。
女子の中に男1人、試合開始前の両軍の握手でキャリアの浅い女子プロレスラーにありがちな「お願いします!」を野太い声でオマージュ、ゆずポンが攻め込まれるとオーバーアクションで自身も痛がる等々、最初から最後まで大社長には本当に楽しませてもらいました。
今もって“スターダム提供試合”になぜ高木大社長が入っていたのかは謎のままですが(笑)
息の合った連携を見せた爆乳222cm砲でしたが、大社長の願望は成就せず、ゆずポンにフラレる形でこの1試合限りで解散!
でも、いつか再びFIESTAシリーズで再結成されるといいですね。

第4試合 スターダム提供試合 30分1本勝負
高木三四郎&○愛川ゆず季(7分1秒 ダブルゆずポンキック→体固め)パッション・ナッキー&岩谷麻優×
〈試合速報/スポーツナビ〉


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

Descanse en paz Dr. X

ドクトル・エキス
また悲しいニュースがメキシコから舞い込んでしまいました。
Facebookでメキシコの友達と翻訳サイトを使いながらチャットをしていると・・・。
「muy mala noticia Dr.X-Treme (Dr.X cmll ) murio」
翻訳サイトによって変換された日本語は「非常に悪いニュース Dr.X-Treme(Dr.X cmll)は死にました」
まさか!と言葉を失いました。
慌ててメキシコのルチャ雑誌のサイトを覗いてみると、どこもこのニュースを伝えていました。
〈Descanse en paz Dr. X-Treme./Superluchas.net〉
〈DR X-TREME MUERE/LUCHAS2000〉
〈Fallecio Dr. X-Treme/RECORD LUCHAS〉

これらのサイトで報じられている内容を翻訳サイトを使ってみても、私には全てを理解することは出来ませんが、10月11日に何者かによって命を奪われました。
またしても銃で。

ドクトル・オボルマンJr. ドクトル・エキスNOSAWA ドクトル・エキス最近はCMLLを離れ、Dr.X-Tremeと改名し、ペロス・デル・マールやDTU、その他インディー団体のリングに上がっていました。
私は一目見てルードとわかる、このおどろおどろしく、それでいてカッコ良いエキスのマスクデザインが大好きでした。
このデザインはドクトル・オボルマンJr.からドクトル・エキスへとキャラチェンジした時にタッグパートナーだったスペル・カカオ(現NOSAWA論外)のものを引き継いだものでした。
彼と昔タッグチームを組んでいて
自分がマスカラ戦に負けた後に自分のマスクのデザインをあげたら気にってくれて
そのまま使ってくれてるいいやつなのです!



1970年7月17日生まれ、1995年3月18日デビュー。
キャリア16年半の41才、まだまだ早過ぎます。

心からご冥福をお祈りします。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

〜僕らの夢のオールスター戦〜 仮面貴族FIESTA2011 第3試合

浜田 TAKA NOSAWA vs 山懸 サスケ・ザ・グレート ブラック
ブラック・タイガーV
サスケ・ザ・グレート
山懸優
ブラック・タイガーV サスケ・ザ・グレート 山懸優
TAKAみちのく
NOSAWA論外
グラン浜田 TAKAみちのく
TAKAみちのく 山懸優
グラン浜田 サスケ・ザ・グレート
グラン浜田 サスケ・ザ・グレート
NOSAWA論外 ブラック・タイガーV
NOSAWA論外 ブラック・タイガーV
ブラック・タイガーV サスケ・ザ・グレート 山懸優
男子の中に女子1人というマッチメイク。
山縣優選手の試合を観るのは初めてでしたが、KAIENTAI DOJOに所属していた為か、全く違和感なし!
というか、この選手もカッコいいっすね。
対峙するTAKA代表に「顔がエロい!」という声が観客から飛びましたが、そういう試合をするつもりはさらさら無く、この声に反応しなかったのは良かったと思います。
試合は両軍入り乱れたところでブラックが論外にデスバレーボムを決め、あっさり勝利。
論外がマスクを脱ぐ間もなく、まだまだこれから見せ場があると思っていた観客からは驚きの声が漏れましたが、私ももう少し続きを観ていたかったです。

第3試合 スペシャル6人タッグ 30分1本勝負
○ブラック・タイガーV&サスケ・ザ・グレート&山縣優(4分33秒 デスバレーボム→片エビ固め)グラン浜田&TAKAみちのく&NOSAWA論外×
〈試合速報/スポーツナビ〉


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ