2012年03月

【Campeones de CMLL】Marzo 2012

2012年3月末日現在のCMLLが管理するタイトルのチャンピオン一覧です。
尚、カッコ内は通算防衛回数とその月に行われたタイトルマッチです。

■ CMLLウニベルサル
 2009年 ウルティモ・ゲレーロ
 2010年 獣神サンダー・ライガー
 2011年 ラ・ソンブラ

■ CMLL世界ヘビー級
 第17代 テリブレ (0度防衛)

■ CMLL世界ライトヘビー級
 第12代 ルーシュ (5度防衛 3月4日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでテリブレの挑戦を退ける)

■ CMLL世界ミドル級
 第17代 ドラゴン・ロホJr. (1度防衛)

■ CMLL世界ウェルター級
 第26代 マスカラ・ドラダ (4度防衛)

■ CMLL世界スーパーライト級
 第12代 ヴィールス (3度防衛)

■ CMLL世界ミニ
 第12代 ペケーニョ・オリンピコ (1度防衛)

■ CMLL世界女子
 第15代 マルセラ (0度防衛 3月9日 アレナ・メヒコで栗原あゆみから奪取)
 〈栗原あゆみvsマルセラ CMLL世界女子王座戦 動画/Mask Maniaへの道!!〉←こちらで動画紹介済み

■ CMLL世界6人タッグ
 第24代 マルコ・コルレオーネ&ルーシュ&マキシモ (0度防衛)
 2月19日にアレナ・メヒコでアベルノ&メフィスト&エフェストから奪取した試合動画をまだ紹介していませんでした。



■ CMLL世界タッグ
 第31代 ウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr. (8度防衛)


■ NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
 第3代 レイ・ブカネロ (0度防衛)

■ NWA世界ヒストリック・ミドル級
 第4代 プリンス・デヴィット(0度防衛 3月30日 アレナ・メヒコでのボラドールJr.から奪取)
 この試合を観戦したディック東郷選手のブログに詳細が記されていました。〈デヴィット勝利!!/Backpacking wrestler ディック東郷の『東郷見聞録』〉

■ NWA世界ヒストリック・ウェルター級
 第3代 ネグロ・カサス (0度防衛)


■ ナショナル・ライトヘビー級
 第62代 ラ・マスカラ (4度防衛)

■ ナショナル・ウェルター級
 第69代 ポルボラ (3度防衛 3月19日 アレナ・プエブラでストゥーカJr.の挑戦を退ける)

■ ナショナルライト級
 第49代 ペケーニョ・ピエロー (4度防衛)

■ ナショナル女子
 第16代 プリンセサ・ブランカ (6度防衛 2月27日 アレナ・プエブラでダリス・ラ・カリベーニャ 3月6日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでレディ・アパッチェの挑戦を退ける)



■ ナショナル6人タッグ
 第32代 アトランティス&デルタ&ゲレーロ・マヤJr. (2度防衛 3月6日 アレナ・メヒコでテリブレ&レイ・ブカネロ&タイゲルの挑戦を退ける)



今月はなんといってもデヴィットのベルト奪取!
4月はこの至宝奪還に向け、誰が挑戦の名乗りをあげるのか注目!!
防衛したまま日本にベルトを持ち帰り、奪取のためにCMLLからルチャドールが新日マットに参戦する展開になれば、それはそれで嬉しいです!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

デヴィットがボラドール撃破!NWA世界ヒストリック・ミドル級王座獲得!!

3月30日(金)アレナ・メヒコ大会の結果速報です!

プリンス・デヴィットvsボラドールJr.

大注目の一戦、王者ボラドールJr.が新日本プロレスから遠征中のIWGPジュニアヘビー級王者プリンス・デヴィットを挑戦者に迎えたNWA世界ヒストリック・ミドル級タイトルマッチはデヴィットが勝利!!
第3代王者のボラドールは2月14日にグアダラハラでラ・マスカラから王座奪取、残念ながら初防衛に失敗しました。

30年来の新日ファンにとって、これは正直嬉しい結果。
昭和の時代とは全く異なる管理、運営ながら、やはり新日の選手がNWAの名を冠したタイトルを奪取すると心躍るものが今でもあります。
昨年、ヒストリックと改称され、ベルトのデザインも一新されましたが、元々はNWA世界ミドル級だったタイトル。
歴史を繙けば、第43代王者にはサトル・サヤマの名も刻まれている由緒あるベルトです。

デヴィットのCMLL遠征がいつまでなのか、アナウンスされていませんが、おそらく遅くても5月27日開幕の“ジュニアの祭典”BEST OF THE SUPER Jr. XIXには新日に帰って来ると思います。
残念ながら初防衛に失敗したボラドールですが、デヴィットとは間違いなく、日墨軽量級のトップ同士の対戦。
スーパー・ジュニアにエントリーしてデヴィットと再戦が1番ですが、例えスーパージュニアに他のルチャドールが参戦したとしてもデヴィットvsボラドールは日本でも是非実現して欲しいカードです!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

逸・本・完・売

棚橋弘至サイン会早めに仕事を切り上げて「棚橋弘至の100年に1人の逸材★BODYのつくりかた」発売記念のサイン会に行って来ました!
全国6カ所で行われる「逸本サイン会JAPANツアー2012」〈裏・側・舞・台/棚橋弘至 オフィシャルブログ〉(笑)の1番最初の開催地!!
先週の土曜日に行くことを決め、翌日に久美堂本店さんに電話。
この時点では、まだ整理券がありました。
6時ちょっと過ぎに現地に到着。
レジへ行き、代金を払って逸本と整理券をもらいました。
案内に従ってサイン会の開始を待つファンの列の最後尾へ。
私は3階付近まで階段を昇りましたが、最終的にこの列は4階にも達した模様。
開始時刻の6時半になり、1階からは逸材登場で拍手の音が聞こえてきましたが、残念ながら私の場所からは何も見えません。
徐々に徐々に列が進み、やっと逸材の姿が見えてきました。
1階のサインスペースには入場テーマソング「HIGH ENERGY」が鳴り響く中、ファンと談笑しながら逸本にサインを入れ、ツーショット。
合間合間にエアーギターも披露していました。
サイン会が始まってから来店されたお客さんに店員さんが「すみません。予定数は全て完売なんです。」という声を耳にしました。
この日の予定数100冊を完売!!
ちなみに1番上に貼った画像のポスターの向こう側で椅子に座っているのが棚橋選手です(笑)
もう1つ書き加えるならば、タイトルの「逸・本・完・売」は棚橋選手のブログのいつもの4文字タイトルをパクってつけようと行く前から、あれやこれやと考えていました(笑)

棚橋弘至
棚橋弘至
棚橋弘至 サイン男女比率は7:3くらいで女性ファンの方が多いだろうと予想していましたが、意外と男性ファンも多く、女性6男性4くらいだったと思います。
全てを見ていた訳ではありませんが、得意の女性とハグするシーンは見かけませんでした。
リング上の戦っている時とは違う柔和な表情が良いですね。

私も逸本にサインを入れてもらった後にツーショットしてもらいました。
途中でメキシコ絡みのことを少しお話しさせてもらいました。

IWGPヘビー級のベルトを失ってからも全力ファイトに全力プロモーション、そして全力ファンサービス。
「生まれてから1回も疲れたことがない」を広言する“100年に1人の逸材”ではありますが、その姿をブログや新日本プロレスオフィシャルWEBサイトで見る度に胸が熱くなります。
「IWGPヘビー級チャンピオン」の文字が消えたサインには「ACE☆」の文字が書き添えられていました。
でも、きっと太陽の天才児はまた昇る!!




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

プリンス・デヴィット メキシコデビュー!そしてボラドールとのタイトルマッチが決定!!

3月23日 アレナ・メヒコ メイン
ふくらはぎの肉離れにより当初の予定から1週遅れの3月23日(金)に“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコのメインに出場となったプリンス・デヴィット。
対戦カードはマルコ・コルレオーネ&プリンス・デヴィット&ルーシュvsボラドールJr.&ウルティモ・ゲレーロ&メフィスト。
1ー1のイーブンで迎えた3本目、デヴィットがブラディサンデーでボラドールJr.からピンフォールを奪い、見事にメキシコデビュー戦に勝利!
まだ、この試合の動画を観た訳ではありませんが、CMLL公式サイトがアップした画像を見る限り、ケガを感じさせない躍動感溢れる写真ばかりで、まずは一安心。
この結果に納得のいかないボラドールはマノ・ア・マノ(シングルマッチ)での決着戦を要求。

3月30日 アレナ・メヒコ 対戦カード
これを受け、翌週の3月30日(金)アレナ・メヒコでボラドールvsデヴィットのタイトルマッチが決定!!
デヴィットの保持するIWGPジュニアではなく、ボラドールの保持するNWA世界ヒストリック・ミドル級にデヴィットが挑戦します。

CMLLで勃発した日墨軽量級トップ選手同士の抗争。
この抗争が新日本プロレスでも展開されると嬉しいです。
FANTASTICA MANIA2012のラ・ソンブラ戦で見せてくれたボラドールのポテンシャルは“世界最高峰”新日ジュニアの戦いに加わっても遜色のないレベルだったと確信しています!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

“Tomodachi” Aguila Solitaria Jr.

アギラ・ソリタリアJr.
アギラ・ソリタリアJr.
アギラ・ソリタリアJr.
アギラ・ソリタリアJr.
アギラ・ソリタリアJr.
19??年6月25日生まれ
2011年7月17日 アレナ・ネッサでデビュー
178cm/88kg

アギラ・ソリタリア アギラ・ソリタリアJr.今回のマスク紹介は私が超個人的に今一番、来日して欲しいと願っているルチャドール、ネットで知り合ったトモダチです。
通称“アギラさん”の父、アギラ・ソリタリアは第31代NWA世界ウェルター級と第43代ナショナル・ウェルター級のチャンピオン。
未来日ではありますが、メキシコ国旗にも描かれている鷲のデザインのマスクは日本のマスクコレクターの方々にも人気が高いと思います。

今回、アギラさんとアギラさんのマスクを紹介するにあたって、本人にきちんと画像使用の許可を得て(笑)、プロフィールを取材しました。
なにせluchawikiにも彼はまだ載っていませんし、父アギラ・ソリタリアの家族欄も「non」になっています。〈Aguila Solitaria/Luchawiki〉
これを機にあちらにも彼のプロフィールが載ったら嬉しく思います。
画像使用の許可を得てから数日後、彼から「ちょっと待って。カメラマンの友達に頼んで新しい写真を撮るよ」とメッセージが。
数日後に写真が届き、見てみるとフルコスチュームで凄く気合いの入った物ばかり。
まさか、こんなに良い写真が送られてくるとは思いませんでした。
とにかくカッコいい!!
そういえば、プロレス先進国の日本とアメリカとメキシコで、こんな風にフルコスチュームで屋外で撮影するのはメキシコだけの文化のような気がします。
まさしく「ルチャドールの宣材写真」といった画像の数々に感激でした。
1番上に貼った4枚の他、数枚が今回のために新しく撮ってくれた写真です。

誕生日やデビューの日、身長と体重以外にもいくつか質問してみました。

Q. お父さん以外に尊敬しているルチャドールは?
A. エル・ソリオリオ、アンヘル・ブランコ、カネック、ペロ・アグアヨ、サングレ・チカナ、エル・ダンディなど「黄金時代」のルチャドール。それからウルティモ・ゲレーロ、ボラドールJr.、ドス・カラスJr.。

Q. 好きな日本人レスラーは?
A. 力道山、アントニオ猪木、獣神サンダー・ライガー、小林邦昭、佐山聡、栗栖正伸、グレート・ムタ、藤波辰爾、小島聡、棚橋弘至、中邑真輔、飯伏幸太、内藤哲也、高橋裕二郎、YOSHI-HASHI、NOSAWA論外、CIMA。

メキシコのルチャドールも日本のレスラーもクラシカルな人選!
日本人の棚橋以下のレスラーは皆、メキシコ遠征した時に交流した面々だと思います。
しかし、力道山にもびっくりしましたが、栗栖正伸はかなり渋い!
調べてみると栗栖もメキシコ遠征の経験がありますので、もしかするとお父さんと交流があって知っているのかもしれません。

最初は「あっ、アギラ・ソリタリアの息子だ」くらいの動機で友達申請したのですが、彼は日本の文化や食べ物などが大好き。
メキシコに滞在している日本人の友達もいるらしく、簡単な日本語は理解している親日家。
そして何よりナイスガイです!
スペイン語と日本語と英語のちゃんぽんで翻訳サイトを使いながら彼との会話が成立しています(笑)
不思議とネット上のやり取りでも人柄って伝わるんですよね。
彼以外のルチャドールとも何度かチャットしたことがありますが、いい人は一生懸命に何かを伝えようと翻訳サイトを使ってまでして日本語を打ってくれます。
でも、その日本語がさっぱり理解不能。
その奇妙な日本語を見て「きっと自分のスペイン語もメキシカンからすると妙な言葉なんだろうな」と思うのです(汗)
彼らの言っていることの何分の1しか理解出来ていないと思いますが、若いルチャドール達は皆一様に「日本に行きたい」と思ってくれているようです。
アギラさんは“昔ながらの陽気なメキシカン”というよりもどこか日本人っぽい繊細さを持った青年のように感じます。

アギラ・ソリタリアJr. デビュー戦ポスターアギラ・ソリタリア アギラ・ソリタリアJr.アギラ・ソリタリアJr.アギラさんがデビューしたのは“流星仮面”マスクド・スーパースターが日本で引退試合を行った昨年の7月17日、アレナ・ネッサでの試合でした。
対戦カードはアギラ・ソリタリア親子&ハケ・マテ親子vsドクトル・カロンテ親子&セプルクロ親子の8人タッグ。
ちなみにアギラさんが連れている鷲はムサシかスカーレットのどちらかです(笑)
カロンテ親子はあの“神の子”のお父さんと弟!?
この試合と試合前のインタビューの動画があるのが現代ネット社会の凄い所ですね。





友達が大挙応援に駆けつけたのか大声援を受けるアギラさん。
ドロップキックのフォームはお父さんに似ているように思いました。
そしてデビュー戦でラ・ケブラーダを繰り出していたのにはびっくり!!

尚、今回、彼に直接聞いてわかったのですが、この2011年7月の正式デビュー以前に実はリングに上がったことがあるそうです。
それは2010年3月7日、イダルゴでの出来事。
出場予定のルチャドールが来場せず、急遽、試合に出場することになったそうです。
その時の対戦カードはアギラ・ソリタリア親子vsハケ・マテ&キド。
対戦相手のキドについてアギラさんに聞いてみましたが「覚えていない」そうで、ちょっと調べてみたら、日本人ではなくオリエンタルキャラのルチャドールのようです。〈Kido/Luchawiki〉


アギラ・ソリタリアJr.アギラ・ソリタリアJr.アギラ・ソリタリアJr.アギラさんはお父さんから受け継いだ鷲のマスクに物凄く誇りを持っています。
二世ルチャドールには父と全く同じマスクを被って欲しいと思っている人もいますが、私は先代のイメージは残しつつ、ドクトル・ワグナーJr.やドス・カラスJr.のように発展させたデザインもありだと思っています。
アギラさんもお父さんのデザインは大事にしつつ、新時代のアギラ・ソリタリアとしてお父さんも被っていた黒や青の他にジュニア独自の色や素材のマスクを模索しているようです。
「マスクをコレクションしてはいないけれど、マスクのデザインや色を考えるのが好きな『マスカラオタク』です」って言ってました(笑)
しかも「otaku」ってローマ字で打ってましたから(爆)
「どんな色でも似合うデザインだからメキシコカラーなんてどう?」と提案したら「実はメキシコ国旗のカラーはもうオーダーしているんだ」と。
同じことを考えていてお互いに笑ってしまいました。

今まで入手してきたマスクは1枚1枚に思い出がありますが、中でも今回のアギラさんのマスクは1番、劇的な入手で忘れられない1枚です。
昨年のデビュー戦で被った物はお父さんのデザインはそのままに近代マスクの流行であるリクラプンティーニの本体生地にホログラム模様。
アゴボタン式でお父さんのマスクにはなかった首から後頭部に赤いラインの入ったデザイン。
このお父さんのイメージはそのまま生かしつつ、Jr.ならではの新しい要素を盛り込んだデザインに一目惚れ。
紐式ではない後頭部がどうなっているのか気になって「後ろはどうなっているの?」と聞いたら、画像をアップしてくれました。
首から後頭部にかけてのラインはアギラさん自身が考えたそうです。
良いマスクだなぁと思っていた頃にとんでもないチャンスが訪れました。
このブログを通じて知り合った友人が昨年の秋に1ヶ月ほど渡墨。
一昨年もメキシコを旅行していて、その時も現地からローマ字のメールをくれましたが、今年はリアルタイムで時折チャットしていました。
ある日「友達がシン・カラと友達でシン・カラ本人から使用済みマスクを買ったんだけど、買わない?」と言われました。
値段が相場より格安過ぎたこと、マスクの画像もネット環境的に送れないとのことで、本物か不安過ぎて、この話はお断りしました。
その時に「実はアギラさんのマスクが気になっていて・・・。もし可能なら本人と会って買ってきてくれない?」とお願いするとOKが出て、アギラさん本人と交渉することになりました。
このことをアギラさんに伝え、譲ってもらえることが決定。
あとは友人と直接連絡を取ってもらい、マスクを渡してもらうことになりました。
2度とないチャンスかもしれないし、アギラさん自身がかなり日本語を理解していることからローマ字で「パラ(スペイン語で〜の為にの意)日本の友達MISTICO TIGER」の文字と共にサインを入れてもらいました\(^O^)/
数あるマスクの中で唯一のハンドルネームの宛名入りマスクです!
これを書いているシーンも本人着用写真とともにカメラに収めてくれていました。
この後、友人の帰国がどれだけ待ち遠しかったことか(笑)
改めて「Muchs gracias Verde san」m(_ _)m
数日後、無事に手元にやって来てくれたお宝中のお宝マスクです。
デビュー戦で被ったマスクと相違点は2つありますが、ほぼ同仕様。





 

 



 

 




アギラ・ソリタリア Tシャツアギラ・ソリタリア ポートレートこのマスクと一緒にお父さんのTシャツとサイン入りポートレートもお土産に友人に渡してくれていました(泣)
この時は長かったアギラさんの後ろ髪は昨年の12月に40cmくらいバッサリと切り、今はスッキリしています。

数多いるというルチャドール。
その中でCMLLやAAAなどメジャー団体に所属し、ルチャだけで生活出来るのは一握りの選ばれしエストレージャだけ。
その一握りのエストレージャの中でも彼らにとって憧れの国ハポンに来れるのは本当にわずかなルチャドールだけです。
それ以外に、ここ数年、府中プロレス改め東京多摩ルチャスなどメヒコのレジェンダなどを招聘するインディー系プロモーションも増えてはいますが、それでもやはりルチャドールの来日は狭き門。
いつの日かアギラ・ソリタリアJr.がルチャドールとして来日することを願っています。
この夢が叶ってアギラさんに会う日が来たら、感動のあまり間違いなく泣くでしょう(笑)

最後に何枚かはここに貼りましたが、今回、アギラ・ソリタリアJr.が撮ってくれた全ての画像をフォト蔵のアルバムにアップしました。
どれも素晴らしく魅力的な写真ばかりで世に出さないのはもったいないですから。
そうそう、アギラさんのマスクから覗く優しい目は初代タイガーマスクに匹敵するくらい魅力的だと思っています。
私のもう1人のアイドル、ミスティコはやんちゃ坊主の目ですね(笑)




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

第5回ふく面ワールドリーグ戦/ハヤブサ渡墨

4年に1度みちのくプロレスで開催される“最強マスクマン決定戦”ふく面ワールドリーグ戦。
本来は昨年が開催年。
昨年開催予定でした「第5回ふく面ワールドリーグ戦〜決勝トーナメント〜」は震災の影響で2012年夏の開催が正式に決定いたしました。

16名の選手により3日間をかけてのトーナメント戦が開催されます。
(トーナメント戦に敗れた選手も3日間参戦いたします)

参加選手などは決定次第発表いたします。
〈「第5回ふく面ワールドリーグ戦」開催決定〜“4年に1度”予定が昨年は震災で見送り/プロレス専門BLOG:ブラックアイ2〉

ザ・グレート・サスケ2007年に開催された第4回大会の出場選手はタイガーマスク(4代目)、アトランティス、タイガースマスク、義経、エル・サムライ、オリンピコ、ウルティモ・ドラゴン、獣神サンダー・ライガー、ビリーケン・キッド、スペル・デルフィン、菊タロー、ザ・グレート・サスケ、ラッセ、メカマミー、スペル・シーサー、しばてんとそれはそれは超豪華でした。
今年もこれに匹敵する選手に参加してもらいたいところです。
また第1回がドス・カラス、第2回がブラック・ウォリアー、第3回がアトランティスとイホ・デ・アニバル、第4回がアトランティスとオリンピコと全ての大会にルチャドールが参戦しています。
今回はいったい誰がやってくるのか!?

みちのくのレギュラー参戦マスクマンはザ・グレート・サスケ、ラッセ、ヤッペーマン1号&2号、剣舞と準レギュラーのウルティモ・ドラゴン。
これらの選手が全て参加するとしても残りは10人ですからワクワクします。

気になる日程は
8月31日(金) 東京・後楽園ホール (1回戦)
9月1日(土) 宮城・仙台アズテックミュージアム (2回戦)
9月2日(日) 岩手県営体育館 (準決勝・決勝)

うーむ・・・、東京は金曜日かぁ。
是が非でも観戦したいが、平日はちょっと厳しいかもしれません。
でもなんとか行きたい!


ハヤブサそして!
ハヤブサ選手と大川昇カメラマンのブログで発表されたのが、ハヤブサ選手のメキシコ行き!!
〈スペルルチャス/ハヤブサオフィシャルブログ「愛と勇気とあるこーる」〉
〈HAYABUSA REGRESA A MEXICO/プロレスカメラマン 大川 昇のブログ〉
毎週月曜日に発売されるルチャリブレ専門誌の1つ、スペル・ルチャスの最新454号の表紙にデカデカと載っています。
5月に開催されるルチャ・ファン・フェスト5にゲスト参加することが決定。
このルチャ・ファン・フェストとはルチャ・エキスポに次ぐ、毎年開催されているイベント。
リングが設置されて試合が行われる他、団体を問わず、レジェンドから若手まで様々な選手のグッズ販売ブースが並びます。
そのブースにはルチャドール達が立ち、ファンサービスするのですから堪りません。
一昨年のルチャ・ファン・フェスト3の模様はFOTO LIBRE Numero19に付いていたDVDで映像を確認出来ますが、バンド演奏もありましたので“シンガーソングレスラー”として美声も披露することになりそうです。

仮面貴族FIESTA2010の試合後に少しながら車椅子から立たれて歩く姿を、そして昨年の仮面貴族FIESTA2011では10年ぶりにリングに立った姿を目撃した人間として、かつての修行の地であり、ハヤブサ生誕の地、メキシコでファンから歓迎されるシーンを想像するだけで胸が熱くなります。
以前、イホ・デル・サント興行「トド・エキス・トド」の画像を送ってくれたメキシコのルチャファンにハヤブサ選手の渡墨を伝えたら、それはそれは喜んでいました。

ルチャ・ファン・フェスト5が行われる5月は例年通りなら、闘龍門メキシコのドラゴマニアも開催されるはず。
ハヤブサ選手の“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコ登場はあるのか?
前記のメキシコの友人は毎年、ドラゴマニアをリングサイドで写真撮影していますので、さっそくドラゴマニアとルチャ・ファン・フェストの撮影と画像の送信をお願いしたところ、快諾してくれました。万事うまくいけば、当ブログで紹介したいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

栗原あゆみvsマルセラ CMLL世界女子王座戦 動画

まずは当ブログ5周年にお祝いコメントを寄せていただいた皆さん、ありがとうございました。

3月9日(金)アレナ・メヒコで行われたCMLL世界女子タイトル戦、王者・栗原あゆみvs挑戦者・マルセラの動画がアップされました。



基本的にはメヒコvsハポンの構図ですから、マルセラがテクニカ、栗原がルーダのはずなのですが、“東洋の天使”栗原にブーイングが飛ぶこともなく、むしろ声援を浴びていました。
Facebookをやっていると感じるのですが、メキシコの野郎どもは皆、日本人女性が好きみたいです(笑)
昨日はメキシコのアレナメヒコでCMLL世界女子王座防衛戦でした。
試合は1本目とって、2本目、3本目取られて負けてしまいました。
ベルト日本に持って帰れなくてごめんなさい。
離れてても応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。
でも、ものすごく悔しいけど全力で戦ったから後悔はありません!!
悔しいけど。。。
でも、自分でもびっ栗するくらい前向いてます。

マルセラベルトを失う結果とはなりましたが、内容にはご本人も納得の模様。
両者が放ったダブル・ニーは強烈!
マルセラのプランチャを栗原と一緒に受けて悶絶しているナマハゲにはちょっと笑ってしまいました。

日本でタイトルを奪われた前王者マルセラがおよそ3ヶ月ぶりに本国メヒコで王座奪還。
キャリア26年の大ベテラン、まだまだ健在です。
写真は2010年5月、大日本プロレスに参戦した時に撮影した物です。


さて、栗原あゆみと入れ替わるように3月16日、アレナ・メヒコの金曜定期戦から登場予定だったのが、IWGPジュニアヘビー級王者プリンス・デヴィット。
前日の15日に無事、メキシコ入りしたのは日本でも報じられましたが・・・。
〈プリンス・デヴィットがメキシコ到着!! CMLL遠征がいよいよ本格スタート!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
CMLL公式サイトでも報原因がじられていませんが、どうやら、ふくらはぎの肉離れで16日の出場はキャンセル。
日本を発つ前のIWGPジュニアヘビー級タイトルマッチなど激戦のダメージが出たのか?
予定より1週遅れて、23日(金)アレナ・メヒコからの出場になるようです。

3月23日 アレナ・メヒコ 対戦カード

仕切り直しの対戦カードはマルコ・コルレオーネ&プリンス・デヴィット&ルーシュvsボラドールJr.&ウルティモ・ゲレーロ&メフィストでもちろんメインに組まれています。




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

5周年

本日、当ブログは開設5周年を迎えました。
5年前はずいぶんと遠い昔のような気がします。

この機会に以前から1度はやってみたかったことを実行してみました!

5 ANIVERSARIO


色々な思い出のあるマスクやお気に入りのマスクをチョイス、並べて写真を撮りました。
実はここに写っている倍くらいのマスクを用意していましたが、それらを全て並べるとカメラのフレームに収まりきらないことが発覚(汗)
並べて撮影するまではテンション上がっていましたが、撮り終わり、1枚1枚片付ける時には、やっぱりこんなことするんじゃなかったと激しく後悔しました(爆)

6年目に突入しますが、自分なりの拘りや信念はブレることなく続けていこうと思っています。

ルチャリブレはプロレス界のおもちゃ箱。
その象徴でもあるマスクには夢がいっぱい詰まっています!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

プリンス・デヴィットのCMLL遠征初戦のカードが決定

栗原あゆみ マルセラマルセラ
まずは残念なお知らせから。
3月9日(金)アレナ・メヒコで行われたCMLL世界女子タイトル戦、挑戦者・マルセラに王者・栗原あゆみに勝利。
栗原が2度目の防衛に失敗、マルセラが第15代王者となりました。
マルセラは同タイトル3度目の戴冠。
チャンピオンベルトをメキシコに置いてくる結果となってしまいました。

OKUMURA ナマハゲ栗原サイドのセコンドに付いていたのがナマハゲ。
画像を見て、気付いたのがマスクのマイナーチェンジ。
元々はメッシュで覆われていた口が露出しています。
これは初代タイガーマスクの牙切りと一緒で呼吸がしやすいようにと本人が切ったのかもしれません。
今後もマスクのマイナーチェンジに注目です。


3月16日 アレナ・メヒコ 対戦カード
そして栗原あゆみと入れ替わるようにメキシコ上陸を果たすのが、IWGPジュニアヘビー級王者プリンス・デヴィット。
その初戦の対戦カードが発表されました。
アトランティス&プリンス・デヴィット&ラ・ソンブラvsウルティモ・ゲレーロ&ボラドールJr.&フェリーノはメインイベントに組まれています。
デヴィットはテクニコとしてのCMLL遠征になるようです。

IWGPジュニアのベルトがメキシコに上陸するのは2009年8月15日にミスティコが両国国技館でタイトル奪取後に帰国して以来ですから2年7ヶ月ぶり。
その時は8月30日にアレナ・コリセオでネグロ・ナバーロ、9月28日にはアレナ・プエブラで獣神サンダー・ライガーと防衛戦を行い、いずれも挑戦を退けています。
今回のデヴィットの遠征で防衛戦は行われるのか?
テクニコですからボラドールやドラゴン・ロホJr.などとの防衛戦が見てみたい!
ニュージャパンのレスラーで1番ルチャスタイルに適応しそうなデヴィットの遠征、ルチャドールとどんな化学反応を起こすのか、非常に楽しみです。
イメージ的にはやっぱりペガサス・キッド=クリス・ベノワのメキシコ遠征が重なります。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

まさかの結末 ブルー・パンテルvsネグロ・カサス カベジェラ戦

しばらく風邪で体調不良でした。
今年の風邪は長引くみたいですから、お気を付け下さい。

さて、まずは前回の「【Campeones de CMLL】Febrero 2012」に貼れなかった2月19日、アレナ・メヒコでのCMLL世界6人タッグタイトルマッチ、アベルノ&メフィスト&エフェストvsマルコ・コルレオーネ&ルーシュ&マキシモの試合動画から。



昨年7月にラ・ソンブラ&マスカラ・ドラダ&ラ・マカスラから奪取以来3度防衛してきたロス・イホス・デル・アベルノが4度目の防衛戦で王座陥落。
一時はそれぞれがシングルのタイトルも保持していましたが、3人ともこれで無冠となってしまいました。
第24代王者組となったコルレオーネ&ルーシュ&マキシモはこのタイトル初戴冠。
3人とも別のパートナーと組んでの戴冠もありません。
また、ルーシュはCMLL世界ライトヘビー級との二冠王となりました。
本国で更に自身のグレードを上げて再びの来日に期待!
やっぱり当たりの激しい日本のスタイルの方がルーシュには合っている気がします。


そして、もう少し早く更新したかった3月2日、アレナ・メヒコで行われたCMLL春のビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」。
メインはブルー・パンテルvsネグロ・カサスのカベジェラ・コントラ・カベジェラ。
ベテラン2人の戦いは1本目、ブルパンがワキ固めで先取。
2本目はカサスがカシータ(ラ・マヒストラル)でタイスコアに持ち込む。
そして決勝の3本目はなんとダブルフォール。

ブルー・パンテル ネグロ・カサス


日本的には勝負を決するために延長、もしくは決着は次回に持ち越しで両者とも髪を守るという2つしか考えられないと思いますが・・・。
ブルパン、カサスとも延長での決着をアピールするものの認められず、ドローの裁定は覆らず。
そして、まさかまさかの2人とも髪の毛を切られる結末に!!!

ブルー・パンテル ネグロ・カサス


そんな馬鹿な!てな結末にびっくり。
本格的にルチャを見るようになったのが数年前からですが、こんな両者が髪を切られるカベジェラ戦って、かつてあったのでしょうか!?
これがマスカラ戦だったらと思うと・・・。

2008年に青豹のマスクを失ってからブルパンは初のペロン。
一方、カサスはこれがおそらく8度目のペロン。
ここ数年は2009年9月にミスティコに敗れ、翌2010年にチャーリー・マンソンに敗れて丸坊主になっています。
基本的にはパーマのかかったロングヘアのカサス。
ペロンになった後、いい感じに髪が伸びて元々のイメージが板についてきた頃にまたペロンという印象があります。
「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」の激闘の模様はきっとFIGHTING TV サムライで放送されるでしょう!




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ