2012年05月

【Campeones de CMLL】Mayo 2012

スーパージュニア開幕戦の観戦記の途中ではありますが・・・2012年5月末日現在(日本時間)のCMLLで行われているタイトルのチャンピオン一覧です。
カッコ内は防衛回数とその月に行われたタイトルマッチです。

■ CMLLウニベルサル
 2009年 ウルティモ・ゲレーロ
 2010年 獣神サンダー・ライガー
 2011年 ラ・ソンブラ

■ CMLL世界ヘビー級
 第17代 テリブレ (0度防衛)

■ CMLL世界ライトヘビー級
 第12代 ルーシュ (5度防衛)

■ CMLL世界ミドル級
 第17代 ドラゴン・ロホJr. (3度防衛 4月30日 アレナ・プエブラで 5月20日 アレナ・メヒコでラ・ソンブラの連続挑戦を退ける)

■ CMLL世界ウェルター級
 第26代 マスカラ・ドラダ (7度防衛 4月3日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでアベルノ 5月13日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでメフィスト 5月22日 アレナ・メヒコでシコシスの挑戦を退ける)
 ※前回4月分で4月3日のアベルノ戦が抜けていました



■ CMLL世界スーパーライト級
 第12代 ヴィールス (3度防衛)

■ CMLL世界ミニ
 第12代 ペケーニョ・オリンピコ (2度防衛)

■ CMLL世界女子
 第15代 マルセラ (1度防衛)

■ CMLL世界6人タッグ
 第24代 マルコ・コルレオーネ&ルーシュ&マキシモ (1度防衛)
こちらの動画は先月27日アレナ・メヒコでのテリブレ&レイ・ブカネロ&タイゲルとの防衛戦



■ CMLL世界タッグ
 第31代 ウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr. (10度防衛 5月1日 アレナ・メヒコでブルー・パンテル&ディアマンテ・アスールの挑戦を退ける)




■ NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
 第3代 レイ・ブカネロ (1度防衛)

■ NWA世界ヒストリック・ミドル級
 第4代 プリンス・デヴィット(0度防衛)

■ NWA世界ヒストリック・ウェルター級
 第3代 ネグロ・カサス (1度防衛)
こちらの動画は先月29日アレナ・メヒコでのアンヘル・デ・オロとの防衛戦




■ ナショナル・ライトヘビー級
 第62代 ラ・マスカラ (4度防衛)

■ ナショナル・ウェルター級
 第69代 ポルボラ (3度防衛)

■ ナショナルライト級
 第49代 ペケーニョ・ピエロー (5度防衛 4月10日 アレナ・メヒコでエレクトリコの挑戦を退ける)
 ※こちらも前回4月分で抜けていました

■ ナショナル女子
 第16代 プリンセサ・ブランカ (7度防衛 5月13日 後楽園ホールでレディ・アパッチェの挑戦を退ける)

■ ナショナル6人タッグ
 第32代 アトランティス&デルタ&ゲレーロ・マヤJr. (4度防衛 5月28日 アレナ・プエブラでボラドールJr.&シコシス&ミステル・アギラの挑戦を退ける)



5月は4月に続きタイトル移動はなかったもののタイトルマッチの多い1ヶ月でした。
昨年末から始めた【Campeones de CMLL】ですが、いったいテリブレの保持する CMLL世界ヘビー級の防衛戦はいつになったら行われるのでしょう?(笑)
でも、それよりも日本人にとってはデヴィットの保持するNWA世界ヒストリック・ミドル級の初防衛戦が気になります。
年内に再びメキシコに遠征は新日本プロレスでのデヴィットのポジション的にちょっと考えられませんので、やはりメキシコからタイトル奪還の為に前王者ボラドールJr.が2度目の来日を果たすのか?
それとも他のルチャドールが飛来するのか?
どちらにしても注目です!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

BEST OF THE SUPER Jr. XIX開幕戦 第4試合

ブライアン・ケンドリック
タイガーマスク(4代目)
タイガーマスク(4代目) ブライアン・ケンドリック
ブライアン・ケンドリック
ブライアン・ケンドリック タイガーマスク(4代目)
タイガーマスク(4代目) ブライアン・ケンドリック
タイガーマスク(4代目) ブライアン・ケンドリック
ブライアン・ケンドリック タイガーマスク(4代目)
ブライアン・ケンドリック タイガーマスク(4代目)
ブライアン・ケンドリック
入場テーマ曲に合わせダンスしながら登場のブライアン・ケンドリック。
お決まりのポーズをする為にコーナー最上段に上がろうとする4代目タイガーマスクに早くも突っかかる。
試合開始され、タイガーがアップライトの構えを見せれば、ケンドリックはロープやタイガー服部レフェリーの背後に逃げるのらりくらり戦法。
この辺りはタイチと共通する動きではありますが、攻撃に移ると1つ1つの技がえげつない。
タイツやシューズの色のせいかもしれませんが、昨年の来日の時よりも体が大きくなった気がします。
タイガーもキックを主体に厳しい攻めで反撃を試みるもセカンドロープに足を引っかけてのDDTのダメージが濃かったのか最後はロープを駆け上がってのスライス・ブレッドNo.2でケンドリックの勝利。
タイガーがちょっとあっさりと敗れた印象。

第4試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr.XIX」Bブロック公式戦
○ブライアン・ケンドリック(6分34秒 スライス・ブレッドNo.2→エビ固め)タイガーマスク×
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

BEST OF THE SUPER Jr. XIX開幕戦 第3試合

TAKAみちのく
アレックス・コズロフ
TAKAみちのく アレックス・コズロフ
TAKAみちのく アレックス・コズロフ
アレックス・コズロフ TAKAみちのく
TAKAみちのく アレックス・コズロフ
アレックス・コズロフ TAKAみちのく
アレックス・コズロフ TAKAみちのく
アレックス・コズロフ
CMLLマットも経験している“ロシアン・フーリガン”アレックス・コズロフは観客に「ロシア」コールを強要。
一方のTAKAみちのくはテレビ解説の永田さんに向かってタイツにあしらわれた千葉をアピール。
これに観客が反応、「ロシア」コールに対して「千葉」コールが起こるもTAKAが「やめれ!」のジェスチャー。
コズロフは入場時からテンション高め。
CMLL時代は女性ファンの黄色い声援を浴びていた印象があるのですが、なんだか奇妙奇天烈、爆裂キャラに変貌を遂げていました。
TAKAは対戦相手はもちろん、観客やレフェリーをも掌に乗せるようないつものちょっとコミカルなファイト。
コズロフはルチャ的な技も織り交ぜながら難敵TAKAに果敢に挑む。
ロシアの帽子を被ってコサックダンスからのキックで聖地の観客のハートを掴みました。
TAKAのジャストフェースロックとコズロフのレッドスケアー(クロス式フェースロック)と同系の技を互いに凌ぎ、最後はコズロフがロシアンストライク(ローリングエルボー)でTAKAをぶち抜いたー!!
新日マット初登場のコズロフはテンションも高いが、身体能力も高い!
よく使われる表現ではありますが、新日マットに慣れてくれば十分にベルトに絡んできそうな実力の持ち主でした。

第3試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr.XIX」Bブロック公式戦
○アレックス・コズロフ(8分22秒 ロシアン・ストライク→片エビ固め)TAKAみちのく×
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

BEST OF THE SUPER Jr. XIX開幕戦 第2試合

邪道
佐々木大輔
邪道 佐々木大輔
邪道 佐々木大輔
邪道 佐々木大輔
邪道 佐々木大輔
佐々木大輔 邪道
邪道 佐々木大輔
邪道 佐々木大輔
佐々木大輔
2年連続のスーパージュニア参戦となる佐々木大輔は師匠、ディック東郷が海援隊★DX時代に被っていた物とよく似た黒の入場用オーバーマスクを被って登場。
第1試合のBUSHIもそうでしたが、こういったオーバーマスクを被ってくる選手はたいていコーナーポストに登ったところでマスクをパッと脱ぎます。
もう少し長い間、被っていてくれないかなといつも思います。
普通に観戦していると全く気にならないのですが、写真撮影をしているとリング上とリングサイドの明るさの違いがよくわかります。
入場シーンなどはリングサイドからでないとフラッシュも届きませんし、かなり暗い写真になってしまうのです。
まぁ、きっと知識のある方なら何の問題もないのかもしれませんが、明るさを優先すると選手の動きについて行けず、ブレてしまいますし。
そう言った具合でリングに登場してからが私の撮影タイムなのですが、先程書きましたようにコーナーポストに上がった瞬間にオーバーマスクを脱がれてしまうとオーバーマスクを被った写真を撮るチャンスはもうありません。
あのシーンは非常に見栄えは良いんですけどね。

試合はここ何年かの邪道の定番ムーブ、強烈な逆水平チョップを見舞ってからの「Wooooooo!!」や攻撃を食らった後に軽いフットワークを見せてからの前に倒れるバンプで観客を沸かせる。
ショルダースルーを狙ったところをローリングクラッチホールドに切り返され、それを踏ん張る邪道のタイツに佐々木が手をかける、これまた定番の尻出しが出ると思いきや、この日はセーフ(笑)
ところがその後に佐々木は今度は邪道のタイツの前に手を掛ける!
かなりタイツはずり落ちましたが、なんとか事故(?)は回避。
邪道は嬉しそうに笑顔でセーフのポーズ(爆)
ずーっとヒール的なイメージでしたが、最近はホントに自然体で試合を楽しんでいる気がします。
佐々木は空間を利用したトペ・スイシーダやコーナーポスト最上段からのフライングボディーアタックなどで反撃を試みるが、ペースは終始、邪道が握る展開。
しかし、最後は強烈に頭を打ち付け、更に丸め込むようなフランケンシュタイナーとウラカンラナの中間のような佐々木式ウラカンラナで勝負あり。
でも圧倒的に邪道の巧さが印象に残りました。

第2試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr.XIX」Bブロック公式戦
○佐々木大輔(8分57秒 佐々木式ウラカンラナ)邪道×
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

BEST OF THE SUPER Jr. XIX開幕戦 第1試合

BEST OF THE SUPER Jr. XIX
“世界最高峰のジュニアの祭典”NJPW 40th anniversary Tour BEST OF THE SUPER Jr. XIX 〜The door to the glory〜開幕戦を観戦しました!

ロッキー・ロメロ
BUSHI
ロッキー・ロメロ BUSHI
ロッキー・ロメロ BUSHI
BUSHI
ロッキー・ロメロ BUSHI
BUSHI ロッキー・ロメロ
BUSHI
ロッキー・ロメロ BUSHI
ロッキー・ロメロ BUSHI
BUSHI ロッキー・ロメロ
ロッキー・ロメロ BUSHI
BUSHI
1年間のレンタル移籍となったBUSHIの新日本プロレス初戦の対戦相手は曲者ロッキー・ロメロ。
BUSHIはトレードカラーとも言えるメヒコカラーのマスクとコスチュームにソンブレロと白のマリアッチのコスチュームで入場。
オーバーマスクをコーナーポストから観客席に投げ込みました。
帰宅後に朝日ニュースターの生中継を録画していたものを確認しましたが、投げ込んだのはどうやら会場売店でも販売されていたセミレプリカマスクだと思われます。

ロッキーの奇襲で始まり、コーナー上でマスク剥ぎ、更には場外に連れ出されるBUSHI。
しかし、南側観客席の階段上部からケブラーダで試合開始前から熱かった聖地の観客を更に大熱狂させる!
この場外の攻防は私の席のすぐ近くで展開されたのでオープニングマッチから大興奮してしまいました。
リングに戻ってからはロッキーが試合巧者ぶりを存分に発揮しましたが、最後は逆さ押さえ込みからレッグロールホールドの要領で丸め込むブシ・ロールでBUSHIが移籍第1戦を白星で飾りました。

メキシコを通過したマスクマンですから、もともと気にはなっていた選手ですが、今回のレンタル移籍でますます気になる存在になりました。
マスクとコスチュームはとてもオシャレなデザインですし、白のリングシューズの紐はロングタイツに合わせて左右で赤と緑という細部にまでとても気を配った出で立ち。
「武士」というオリエンタルなリングネームなのにマスクとコスチュームからはほとんどと言って良いほど和のテイストは感じさせず、更にトレードカラーは赤、緑、白のメヒコカラーというのも面白いですよね。
以前から欲しいとは思っていましたが、ますます1枚マスクが欲しくなってきました(笑)
もちろんメヒコカラーでメキシコ製というのが個人的に譲れない条件だったりします。

最近、定番になりつつあるロッキーの「フォーエバー!エバー!」も聞くことが出来て、第1試合から盛り上がりました。

第1試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr.XIX」Aブロック公式戦
○BUSHI(5分23秒 ブシ・ロール)ロッキー・ロメロ×
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

明日はスーパージュニア開幕戦!

無事に来日した“黄金天使”アンヘル・デ・オロと菅林社長に出場直訴する真っすぐな高橋広夢の姿にモヤモヤは晴れ、テンションは一気に上がりました。



昼過ぎにはマスクの“師匠”と“先生”と電話で色々話せましたし(笑)
いつも本当にありがとうございますm(__)m

さぁ!明日は後楽園ホールで“ジュニアの祭典”を思いっきり楽しんできます!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ドラゴマニア7 フォトリポート 後編

メヒコのアミーゴ、ホセ・アントニオ“JOSHYMAN”ラミレスさんから届いた5月12日(土)、アレナ・メヒコで開催された「ドラゴマニア7」のフォトリポートの後編です。

■アストラル&エレクトリコvsデムス3:16&ペケーニョ・ニトロ
IMG_8293
IMG_8295
IMG_8299
IMG_8300
IMG_8301
IMG_8308
メヒコに渡った女子レスラー、HIROKAの旦那さんのデムスを含むミニのタッグ戦。


■曙&ブラソ・デ・プラタvsレイ・ブカネロ&アルカンヘル・デ・ラ・ムエルテ&ロコ・マックス
IMG_8317
IMG_8326
IMG_8328
IMG_8329
IMG_8333
IMG_8336
IMG_8340
IMG_8341
IMG_8342
IMG_8343
IMG_8345
IMG_8350
IMG_8351
IMG_8352
IMG_8354
IMG_8357
IMG_8358
IMG_8359
IMG_8362
毎年、日本からのビッグなゲストを招いて開催されるドラゴマニア。
今年の目玉は何と言っても第64代横綱の曙でしょう!
ポルキーとの巨漢タッグを結成し、2対3のハンディキャップマッチに登場しました。
画像からだけでも楽しい試合が展開されたことが伝わって来ます。
最後はやっぱりポルキーと曙が3人まとめて圧殺プレス!
アレナ・メヒコの観客も曙の巨体にびっくりだったでしょうね。


■NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座決定3way
ウルティモ・ドラゴンvs大原はじめvsウルティモ・ゲレーロ
IMG_8367
IMG_8373
IMG_8375
IMG_8389
IMG_8406
IMG_8409
IMG_8410
IMG_8411
IMG_8412
IMG_8413
IMG_8416
IMG_8426
IMG_8432
IMG_8435
IMG_8436
IMG_8437
IMG_8442
IMG_8450
IMG_8452
IMG_8455
IMG_8458
IMG_8462
IMG_8464
IMG_8466
IMG_8467
IMG_8468
IMG_8469
IMG_8471
IMG_8477
大原はまたも高岩を伴って入場。
「オレにレフェリーをやらせろ」ということか高岩は白黒のレフェリーのシャツを着ています。
予想通り、試合に介入、エプロンで校長のマスクを剥ぎ取ります。
スペアのマスクを被り直すも、それもまた今度は大原にビリビリと破かれます。
大原のピンチには高岩がリングへ上がり、校長へ攻撃を加えます。
序盤には自分も校長のマスクに手を掛けていたゲレーロもさすがにこれには怒り爆発、高岩を排除します。
フィニッシュは校長のアサイDDT2連発で大原から勝利。
復活したNWAインターナショナル・ジュニアヘビー級のベルトを腰に巻きました。

IMG_8484
IMG_8487
IMG_8488
IMG_8491
IMG_8493
IMG_8515
IMG_8516
IMG_8517
IMG_8518
IMG_8519
IMG_8521
IMG_8527
IMG_8528
IMG_8531
IMG_8532
IMG_8534
IMG_8539
大会のフィナーレにはメヒコカラーのマスクを被ったハヤブサさんが“ルチャの殿堂の”花道に車椅子で登場!
そして「仮面貴族FIESTA2011」の感動シーンを再現するかのようにかつて武者修行中に上がったアレナ・メヒコのリングに笑顔で立ちました!!
画像を見るだけで目頭が熱くなります。

◆ MUCHAS GRACIAS : JOSHYMAN ◆


このドラゴマニア7の模様はFIGHTING TV サムライで6月10日(日) 23:00〜01:00に放送されます。
今から本当に楽しみです!!

さぁ、次は今週土曜日のルチャ・ファン・フェスト5です!
また現地から画像を送ってもらえることになっている他、もう1つ私にとってのお楽しみがあります。
まさに「お楽しみはこれからだー!!」


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ドラゴマニア7 フォトリポート 前編

dragonmania7
イホ・デル・サント興行「TODO X EL TODO」などの画像を送ってくれるメヒコのアミーゴ、ホセ・アントニオ“JOSHYMAN”ラミレスさんから5月12日(土)にアレナ・メヒコで開催された「ドラゴマニア7」の画像が昨日届きました。
日本では「ドラゴマニア」と呼ばれますが、開催地のメキシコでは「Dragonmania」と表記されていることが以前からちょっと不思議でした。
この大会ロゴマークを改めて見て納得。
日本は重なったnとmを見たままmと読むからドラゴマニア、メキシコでは別々に読んでドラゴンマニアなんでしょう。
なお、今回も当たり前ながら現地で観戦した訳ではありませんので、ほぼ写真のみの紹介です。
LUCHABLOGの記事を参考に書きましたが、“JOSHYMAN”から送られてきた画像の順番とLUCHABLOGの試合順が若干相違しています。
ここでは届いたデジカメのファイル名の数字に基づく順番にしています。
対戦カードの左側の選手・チームが勝利です。
また、ありがたいことに届いた画像は140枚余りという多さ!
せっかく送ってくれた物を取捨選択することは出来ませんので約70枚ずつの前編・後編に分けました。

IMG_8043
IMG_8044
IMG_8055
IMG_8061
IMG_8062
IMG_8063
ウルティモ・ドラゴンのデビュー25周年を祝うセレモニー。
いつにも増してオシャレなプライベートマスクで登場した校長。
マスクとネクタイがコーディネートされていて、やっぱりこういう所はさすがですね。
セレモニー中に昨年、マスカラ戦で敗れ、校長にマスクを奪われた5代目ブラック・タイガーが大原はじめと共に花束持参で祝福するかのかと思いきや、やっぱり校長を襲撃!

実はこのセレモニーの前にカト・クン・リー&ロック・スター&ローリン・ボーイ&テツキvsアクマ3:16&トルナド&ボラス&スマのオープニングマッチが行われたはずなのですが・・・“JOSHYMAN”はリングサイドにいなかったのか、この試合の写真は1枚もありませんでした。
彼はいったいどこで何をしていたのだろう!?(笑)

■ソラール&ネグロ・ナバーロvsトラウマI&トラウマII
IMG_8070
IMG_8071
IMG_8082
IMG_8086
IMG_8090
IMG_8096
IMG_8101
IMG_8109
IMG_8110
IMG_8112
IMG_8118
今年も“太陽仮面”ソラールさんと“地獄の伝道師”ナバーロさんには来日してもらいたい!!
イホ・デ・ソラールとトラウマの息子達を伴ってやって来てくれたら最高です。
ソラールさんの被ったメヒコカラーのカレンダリオ・アステカのニューバージョンマスクはかなり魅力的で、これヤバいです(^_^;)
闘龍門でコーチをしていたナバーロさんは“レインメーカー”オカダ・カズチカのIWGPヘビー戴冠をきっと喜んでいることでしょう。


■折原昌夫&田島久丸&花岡大輔vsアアロン・アレクサンダー&アレックス・ディアンヘロ&アメナサ
IMG_8128
IMG_8133
日本人チームの対戦相手は私には全く馴染みのない選手。
一応、カタカナで表記しましたが、自身がないのでアルファベットも記載しておきます。
Aaron AlexanderとAlex DiangeloとAmenazaという選手だそうです。
マスクを被っているのはどの選手なのか?


■華名vs朱里
IMG_8152
IMG_8154
IMG_8169
IMG_8170
IMG_8177
IMG_8186
IMG_8188
今回のドラゴマニアで1番“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコの観客の反応が気になる試合。
画像を見る限り、日本と同じキック主体のジャパーニーズスタイルだったようですが果たして!?


■NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座決定ドラゴンスクランブル
[参加選手]ウルティモ・ドラゴン、高岩竜一、大原はじめ、ウルティモ・ゲレーロ、イホ・デル・ファンタスマ、マグヌス、ドゥランゴ・キッド、スカンダロ、アンヘリコ、ニトロ、タウロ
IMG_8196
IMG_8199
IMG_8205
IMG_8210
IMG_8214
IMG_8216
IMG_8221
IMG_8231
IMG_8236
IMG_8237
IMG_8239
IMG_8246
IMG_8247
IMG_8249
IMG_8250
IMG_8251
IMG_8252
IMG_8253
IMG_8254
IMG_8255
IMG_8256
IMG_8258
IMG_8261
IMG_8262
IMG_8263
IMG_8264
IMG_8265
IMG_8266
IMG_8267
IMG_8268
IMG_8269
IMG_8270
IMG_8271
IMG_8272
IMG_8273
IMG_8274
IMG_8275
IMG_8276
IMG_8278
IMG_8279
IMG_8280
IMG_8284
25周年記念の試合に校長は今まで漢字の「龍」が入っていた耳の部分が龍の模様に変えたニューマスクで登場!
日本で発表されていた9人にニトロとタウルスが加わり、メインで行われるNWAインタージュニアのタイトルマッチを賭けて戦う2選手が決定するまで続く生き残りのバトルロイヤル。
セレモニーにはブラック・タイガーとして乱入して来た高岩はもちろんマスクなしの素顔の時のコスチューム。
途中、対戦カードに名前のない“ウルティモ劇場の名脇役”ブラソ・デ・プラティーノが何故か乱入して来ますが、これはきっと校長を救うためのいつものお約束的な助太刀だと思われます。
レフェリーの手を借りてコーナー最上段に上がってるし(笑)
本来はメインはマノ・ア・マノで行われるはずでしたが、この画像を見ると校長と大原がエプロンで揉み合っている所をゲレーロがドロップキックで撃墜。
オーバー・ザ・トップロープで校長と大原が失格となったため3wayでのタイトルマッチになったのではないかと思います。
あくまでも画像だけの憶測ですけれど。

そして当初はカードに名前がなかったタウロ。
この選手は某ルチャドールの・・・。
というか、まだ少し線は細いものの本当に何から何まで・・・。
今後もきっとアレナ・メヒコのリングに上がってくるでしょうから要注目です!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

“ミスター・R指定”と“黄金天使”

GW明けでぼーっとしていてブログの更新をサボっていたら、日本人レスラーのメキシコ大挙上陸が既に始まっていました(汗)

アレナ・メヒコ 5月11日 対戦カード
まず先陣を切ってメキシコマットに登場するのは“ミスター・R指定”高橋裕二郎。
今回のCMLL遠征初戦のカードが発表になっています。
〈“R指定男”高橋裕二郎がメヒコに再上陸!! CMLLを席巻するか?/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

5月11日(金)アレナ・メヒコでボラドールJr.&シコシスとトリオを結成し、マルコ・コルレオーネ&ルーシュ&マキシモの現CMLL世界6人タッグ王者組と激突します。

CMLLと新日本プロレスの提携、交流が盛んになってからの数年間、CMLLマットにおける新日レスラーズの活躍を振り返ると'10年の棚橋弘至&タイチ&OKUMURAのCMLL世界6人タッグ奪取、昨年の獣神サンダー・ライガーのウニベルサルトーナメント優勝、そして今年のプリンス・デヴィットのNWA世界ヒストリック・ミドル級王座奪取という記録が燦然と輝いています。
しかし、こと記憶や印象といった部分では断トツで'09年のNO LIMITの2人だと思います。
3年前の遠征時に現地のテレビ番組のインタビューで「好みのエデカンは?」と聞かれ「全員」と答えていましたから、今にして思えば“R指定男”の片鱗は既にメキシコで見せていたんだなぁと。
とにかく色んな意味で(?)大暴れしてもらいたいものです。


アンヘル・デ・オロそして“ミスター・R指定”とは逆にCMLLから新日に飛来するのが、今月末に開幕する「BEST OF THE SUPER Jr. XIX 〜The door to the glory〜」に参戦するアンヘル・デ・オロ。
こちらも既にブロック分けと公式戦の日程が発表されました。
〈大注目のデヴィvsPAC、ライガーvsBUSHIは6.6後楽園!田口vsロウ・キーは5.27後楽園!『SUPER Jr.』ブロック分け&公式戦日程!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

アンヘル・デ・オロはAブロックで過酷な“世界最高峰のジュニアの祭典”を戦います。
オロの全公式戦をピックアップすると───
5月27日(日) 東京・後楽園ホール vsタイチ
5月30日(水) 長野・信州スカイパーク体育館 vs外道
5月31日(木) 福井・ニューサンピア敦賀 vs獣神サンダー・ライガー
6月1日(金) 和歌山・岩出市立市民総合体育館 vsPAC
6月3日(日) 兵庫・明石市立産業交流センター vsプリンス・デヴィット 
6月5日(火) 埼玉・春日部コンベンションホール vsBUSHI
6月6日(水) 東京・後楽園ホール vsロッキー・ロメロ
6月7日(木) 栃木・栃木県総合文化センターサブホール vsKUSHIDA

DRAGON GATE UKのPAC以外は全てメキシコマット経験者なのが初来日のオロにとってはありがたい!
オロの初来日、ブロック分けと公式戦日程が発表され、テンションは徐々に上がっていますが、1つ思い出したのが、オロにとっては公式戦の最終試合で対戦するKUSHIDAとのほんのちょっとした繋がり。
それはミスティコが1・4東京ドームに初来日したのを皮切りに2月の両国大会にも参戦、次の来日はGWの後楽園ホール2連戦と発表された'09年の忘れられない出来事。
この時、メキシコ発で世界的に猛威を振るったのが新型インフルエンザ。
結果、予定されていたミスティコとミステリオッソJr.の来日は中止となり、後楽園ホールというプロレス観戦に適した器で“神の子”の試合を間近で見るという私の夢は消え去りました。
ちょうどその渦中、武者修行の為、メキシコに滞在していたのがKUSHIDAでした。
〈ミスティコらの来日中止、KUSHIDAは「すっきり」で電話取材受ける〜豚インフルエンザ騒動/プロレス専門BLOG:ブラックアイ2〉
日本テレビ「すっきり」の他、東京スポーツ特別記者として現地リポートを伝えていました。
この当時、日本でもマスクを求める人が殺到し、店頭からマスクが消えるという事態が発生しましたが、メキシコでも同じ現象が。
ようやくマスクを手に入れたKUSHIDA、そのあまりにもお粗末なマスクの構造に疑問を抱く。
当時、綴っていたブログに心境が記されています。
こんな簡素な作りならば、マスクはマスクでもルチャのマスク、それも口元が開いていないタイプのマスク、そうミスティコのマスクの方がよほどウィルスの進入を防げるのではないか。真剣にそう思えてくるほど、あの青いマスクは、適当でデタラメな作りなのである。

で、リンク先に貼られているのがミスティコではなくアンヘル・デ・オロのマスクを手にした画像だったのです。
たしかに鼻部分に小さな穴の開いているミスティコのマスクよりも鼻も口も開いていないオロのマスクの方がインフル予防に効果はありそうですが・・・。
アンヘル・デ・オロ、アンヘル・デ・プラタの兄弟で共通のデザインですから、今回改めてどちらだったのか確認してしまいました。
もっとも兄プラタは既に別のキャラクターに変身していますけど。

失礼ながら、このインフル騒動でKUSHIDAというレスラーを初めて認識しました。
そしてアンヘル・デ・オロは知っていましたが、兄弟共通のマスクデザイン、まだまだCMLLに上がりたての駆け出しの頃でした。
あれから3年の月日が流れ、KUSHIDAはハッスルからスマッシュ、そして昨年4月から新日に所属。
一方のオロはCMLLでキャリアを重ね、FANTASTICA MANIAで初来日したルーシュ、ディアマンテと並び、今やCMLL次代のエース候補と言われるまでに成長を遂げました。
3年前にはまさかこの2人が新日本プロレスのスーパージュニアで対戦しようとは思いもしませんでした。
プロレスもルチャも長く見ているほど楽しみが増すというのは本当ですね。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

5月は日本人レスラーが大挙メキシコ上陸!

ゴールデンウィークも気が付けば残り1日となってしまいました。
でも今月は個人的にお楽しみがいっぱい!
日本とメキシコを繋ぐ大会の開催などが目白押し!!

まずは新日本プロレスの“ミスター・R指定”高橋裕二郎、2年ぶりのCMLL遠征。
〈5月9日から、“ミスター・R指定”高橋裕二郎選手のメキシコCMLL遠征が決定/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
前回の遠征は内藤哲也とのコンビ「NO LIMIT」として活躍、個人としてもブラック・ウォリアーとのカベジェラ戦に勝利するなど大いにCMLLマットを賑わせてくれました。
今の時点ではまだ今回の遠征初戦のカードが発表されていないものの、CMLL公式サイトのトップページでは裕二郎遠征のプロモーション動画がアップされています。



'09の遠征では叶わなかったメキシコでのタイトル挑戦を今回こそは!


そして5月12日(土)には毎年恒例のドラゴマニアが開催されます!
ドラゴマニア7 ポスター
「Dragomania VII」
5月12日(土) アレナ・メヒコ
<決定対戦カード>
▼ダブルメインイベント1
NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座決定ドラゴンスクランブル
[参加選手]ウルティモ・ドラゴン、高岩竜一、大原はじめ、ウルティモ・ゲレーロ、イホ・デル・ファンタスマ、マグヌス、ドゥランゴ・キッド、スカンダロ、アンヘリコ

▼ダブルメインイベント2
ハンディキャップマッチ
曙&ブラソ・デ・プラタvsレイ・ブカネロ&ロコ・マックス&アルカンヘル・デ・ラ・ムエルテ

▼シングルマッチ
朱里vs華名
※このほかに5試合予定。

<出場予定選手>
折原昌夫 田島久丸
〈ウルティモ・ドラゴンが『ドラゴマニア7』の開催を発表「NWA王者になったら大仁田さんと防衛戦をやりたい」/スポーツナビ〉
〈ウルティモ・ドラゴンがアレナ・メヒコでの『ドラゴマニア7』の開催を発表!5・5巌流島での初代虎戦に向けての心境も告白!/バトル・ニュース〉
大原はじめ&朱里は昨年に続き2年連続のドラゴマニア出場。
今年の目玉はなんといっても第64代横綱の曙の“ルチャの殿堂”初登場。
ブラソ・デ・プラタとのタッグできっと楽しいルチャを見せてくれるでしょう。
メヒコのファンの反応も楽しみです。
ちょっと謎なのはポスターには5代目ブラック・タイガーが載ってるのに対戦カードには高岩竜一の名があること。
何かと「ゆるい」と思われがちなメキシコですが、ことマスクに関しては厳格だったりします。
昨年の同大会でウルティモ校長とのマスカラ戦で敗れて素顔になっていますから、再びマスクを被って登場の許可が下りないだろうと予測しての素顔での参戦なのか?
それとも突如として日本マットに出現した7代目(?)ブラック・タイガーと紛らわしいと判断したのか?
ちなみに7代目(?)ブラック・タイガーについては、度々、当ブログを紹介して下さる「多重ロマンチック」さんをお読み下さい。
〈新木場に現われた新ブラックタイガーは「7代目」/多重ロマンチック〉
発表されたカードも楽しみですが、それ以外にも毎年楽しみにしていることがあります。
それは所謂「中央」と呼ばれるCMLLやAAAなどとはまだ契約していない若い二世ルチャドール達。
ウルティモ校長と彼らのお父さんとの繋がりなどで毎年多くの二世ルチャドールがアレナ・メヒコのリングに登場して来ます。
ここで見た二世ルチャドールがしばらくするとそのままのキャラクターだったり、あるいはリングネームを変えてCMLLに昇格してきますので要チェック。
きっとダイヤの原石が今年も見られると思います。


更にドラゴマニアの1週後の5月19日にはこちらも毎年恒例のルチャ・ファン・フェストがプランセクシャルで開催されます。
ルチャ・ファン・フェスト5 ポスター
このポスター、毎年開催が近づくにつれ、参加するルチャドールの顔写真がどんどん増えてきて、それを目にする度にテンションが上がります。
こちらはグッズが販売されるブースに各選手が立ち、ファンサービスする方がメインのイベントだと思います。
このイベントで行われる試合にも大挙、日本人選手が!

「Lucha Fan Fest V」
5月19日(土) プランセクシャル

第6試合
ハワー・ウォリアー&カネックvsエクトール・ガルサ&NOSAWA論外

第5試合
中嶋勝彦&宮原健斗&北宮光洋vsハロウィン&トラウマI&トラウマII

第4試合
オズ&クエルボvsサスケ・ザ・グレート&梶原慧

第3試合
SUGI SAN&フェニックスvsダーク・ドラゴン&マグヌス

第2試合
紫雷イオ&ケイラvsチカ・トルメンタ&バケリータ

第1試合
HANAOKA&KANSUKE&14K&NIHON DRAGONvsトリトン&チャップリン・ネグロ&セントゥリオン&ラティン・スター

第1試合に登場するトリトンはCMLL所属、前名メタル・ブランコの方ではなくIWRGのトリトンです。
NIHON DRAGONって誰だ!?
こちらの目玉はハヤブサ選手!!
〈ハヤブサが“生誕の地”メキシコ巡礼で熱唱ファイト!/スポーツナビ〉
“シンガーソング・レスラー”として歌を披露することになっています。



Facebookで繋がっているメヒコのルチャファン達はハヤブサ選手の渡墨決定を本当に喜んでいます。
このイベント、大成功で終わって欲しいです。
なお、ハヤブサ選手はルチャ・ファン・フェストだけではなく、ドラゴマニアの方にも来場されるとTwitterで教えてくれました。

そしてこれらの模様はFIGHTING TV サムライで放送されます。

6月10日(日) 23:00〜01:00 「ドラゴマニア 5・12 アレナ・メヒコ」
6月17日(日) 23:00〜00:00 「不死鳥と健介&北斗 メキシコ巡礼の旅」(仮題)
6月19日(火) 21:00〜22:00 「Versus」(ハヤブサ×ミル・マスカラス&ドス・カラス)
6月24日(日) 23:00〜01:00 「ルチャ・ファン・フェスト 5・19 プランセクシャル」

うーん、これは楽しみ過ぎる!!
あっ、Facebookでマグヌスに「ドラゴマニアは日本でも放送されるよ」と伝えたら「ライブ(生中継)?」なんて言ってましたので「いやいや、放送は6月だよ」と教えました(笑)
でも、日本で放送されるのを知って、きっと気合いの入った試合をしてくれるでしょう。

今年もメヒコのアミーゴからドラゴマニアとルチャ・ファン・フェストの画像が送られてくる手筈になっていますので、届き次第、当ブログでも紹介します。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ