2012年07月

【Campeones de CMLL】Julio 2012

本日3度目の更新、そして新日本プロレスのLast Rebellion観戦記を始めたばかりですが・・・これだけはきっちり月末にやっておかねば。
2012年7月末日現在(日本時間)のCMLLで行われているタイトルのチャンピオン一覧です。
カッコ内は防衛回数とその月に行われたタイトルマッチです。

■ CMLLウニベルサル
 2009年 ウルティモ・ゲレーロ
 2010年 獣神サンダー・ライガー
 2011年 ラ・ソンブラ

■ CMLL世界ヘビー級
 第17代 テリブレ (2度防衛 7月16日 アレナ・プエブラでショッケルの挑戦を退ける)

■ CMLL世界ライトヘビー級
 第12代 ルーシュ (6度防衛)

■ CMLL世界ミドル級
 第17代 ドラゴン・ロホJr. (4度防衛 7月20日 アレナ・メヒコでティタンの挑戦を退ける)

■ CMLL世界ウェルター級
 第26代 マスカラ・ドラダ (7度防衛)

■ CMLL世界スーパーライト級
 第12代 ヴィールス (3度防衛)

■ CMLL世界ミニ
 第12代 ペケーニョ・オリンピコ (2度防衛)

■ CMLL世界女子
 第15代 マルセラ (3度防衛 7月1日 アレナ・コリセオ・サン・ルイス・ポトシでアマポーラの挑戦を退ける)

■ CMLL世界6人タッグ
 第24代 マルコ・コルレオーネ&ルーシュ&マキシモ (3度防衛 7月1日 アレナ・メヒコでオリンピコ&クラネオ&シコシスの挑戦を退ける)



■ CMLL世界タッグ
 第31代 ウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr. (11度防衛)


■ NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
 第3代 レイ・ブカネロ (1度防衛)

■ NWA世界ヒストリック・ミドル級
 第4代 プリンス・デヴィット(2度防衛 7月8日 後楽園ホールでタイチ 7月29日 後楽園ホールでボラドールJr.の挑戦を退ける)

■ NWA世界ヒストリック・ウェルター級
 第3代 ネグロ・カサス (1度防衛)


■ ナショナル・ライトヘビー級
 第62代 ラ・マスカラ (7度防衛 7月24日 アレナ・メヒコでレイ・エスコルピオンの挑戦を退ける)



■ ナショナル・ウェルター級
 第69代 ポルボラ (3度防衛)

■ ナショナルライト級
 第49代 ペケーニョ・ピエロー (5度防衛)

■ ナショナル女子
 第16代 プリンセサ・ブランカ (7度防衛)

■ ナショナル6人タッグ
 第33代 ボラドールJr.&ブラック・ウォリアー&ミステル・アギラ (0度防衛)
こちらの動画は先月22日アレナ・メヒコでアトランティス&デルタ&ゲレーロ・マヤJr.から王座奪取した試合



プリンス・デヴィット ボラドールJr.今月はタイトルの移動なし。
いや、29日の後楽園ホールでボラドールがデヴィットからNWA世界ヒストリック・ミドル級を奪還し、メヒコにベルトを持ち帰ってくれるものだとばかり思っていました。
この試合については改めて観戦記でと思っていますが、次のチャレンジャーがメヒコから飛来するのでしょうか?
まだ正式発表はされていませんが、後楽園ホールで見たG1の後のキャンプ座間大会のポスターにはベルト奪還へ期待が持てるルチャドールの顔写真が入っていました。

9月に開催される年間最大のビッグショー、アニベルサリオに向けて、8月はタイトルも含めて色々と動きがありそうです。
来月下旬からは新日本プロレスからIWGPヘビー級王者、棚橋弘至が今年もCMLLを遠征します。
IWGPヘビーの防衛戦がメヒコで行われるのか!?
こちらも注目です!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

2代目ミスティコのデビュー戦のカードが決定!!

2代目ミスティコがデビューする8月3日(金)のアレナ・メヒコのカードが遂に発表されました!

viernes

■第6試合 CMLL世界タッグ選手権試合
〈王者組〉ウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr.vsアトランティス&ディアマンテ・アスール〈挑戦者組〉

■第5試合
マスカラ・ドラダ&マキシモ&ショッケルvsボラドールJr.&ミステル・ニエブラ&ネグロ・カサス

■第4試合
アンヘル・デ・オロ&バリエンテ&ミスティコvsメフィスト&エフェスト&エウフォリア

■第3試合
ストゥーカJr.vsフェリーノ

■第2試合
トリトン&ディアマンテ&フエゴvsミステリオッソJr.&OKUMURA&ナマハゲ

■第1試合
スタルマン&モロトフ&ティグレ・ブランコvsアルカンヘル・デ・ラ・ムエルテ&スカンダロ&ノスフェラトゥ


第4試合というポジションから新たなミスティコの物語はスタート、同じ空中戦士のオロ&バリエンテと組み、メフィスト&エフェスト&エウフォリアの仕事のデキるベテランルードと激突します。
一時は2代目ミスティコ襲名の噂もあったオロにとって、自分よりも若いドラゴン・リーが会社からプッシュされ、脚光を浴びるのは心中穏やかではないかもしれません。
同じチームながら「オレが、オレが」とライバル心を剥き出しにしたファイトになる可能性もあります。
2代目ミスティコとアンヘル・デ・オロ、数年後には初代ミスティコとボラドールJr.のようにテクニコ、ルードの立ち位置を変え、激しく火花を散らす抗争を・・・なんて妄想を今からしてしまいます。
2代目襲名会見からテレビや雑誌などのメディアに露出する時は銀ラメ生地に金ホログラムの同じマスクを被っているようですが、実際のリングデビューではどんな出で立ちで登場するのかも楽しみです。

そういえば29日(日)の新日本プロレス後楽園大会の試合後、ホールの前でルーシュと少し話す機会がありました。
「弟が2代目ミスティコとしてデビューするのにあなたは日本にいるから弟の晴れ舞台が見れないね」と言うと「そうなんだよ」と。
「弟は顔似てるの?」と聞くと「いや、弟の方がグアポ(イケメン)だよ」と言ってました。
ルーシュの謙遜なのか、弟想いの兄だからなのか、ルーシュよりもグアポかどうかはともかく、マスクから唯一覗く眼差しは初代がやんちゃ坊主の目だったのに対し、2代目はすごく優しいかわいい目をしていますね。
近年稀に見る空前絶後の大プロモーションに見事応えることが出来るのか、全く新しい2代目をデビューから追える幸福感を噛みしめつつ、あたたかく見守りたいと思います。
そして本物のスペル・エストレージャへと登り詰めた暁にはFANTASTICA MANIAなど新日本マット登場を期待しています!











この日のメインには前名メトロからキャラクターチェンジ後、トップ戦線に食い込んできているディアマンテ・アスールがアトランティスとのコンビでCMLL世界タッグ王座に挑みます。
マスクとコスチュームはメトロ時代よりもクラシカルなデザインになりましたが、このキャラチェンジは大正解、真のトップ入りなるか注目です。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

7・29 新日本プロレス Last Rebellion 第1試合

グングンと加速度を増し、勢いに乗る新日本プロレス。
“真夏の祭典”G1 CLIMAX 22を目前に控え、プロレスリング・ノアの丸藤正道を除くG1参戦選手の出場とダブルメインイベントの軽量級タイトルマッチと豪華カードが組まれた7月29日(日)の後楽園ホール大会を観戦しました。
もちろん、最大のお目当てはメヒコからやって来るボラドールJr.とルーシュ!

猛暑の昼12時開始の大会なれど試合開始の段階で客席は埋まり、これから繰り広げられる闘いへの期待感がいやが上にも高まります。

邪道 外道
外道 邪道
KUSHIDA
キャプテン・ニュージャパン KUSHIDA 邪道
キャプテン・ニュージャパン KUSHIDA 邪道
キャプテン・ニュージャパン KUSHIDA 外道
外道 KUSHIDA
キャプテン・ニュージャパン 外道
キャプテン・ニュージャパン 外道
キャプテン・ニュージャパン KUSHIDA
序盤、邪道の強烈な逆水平チョップを見舞ってからの「Wooooooo!!」や攻撃を食らった後にしばらくしてから前に倒れるバンプとキャプテン・ニュージャパンの長過ぎるアピールからコーナーに昇りダイビングヘッドバットの自爆と最近定番のコミカルな展開で後楽園ホールの雰囲気は第1試合から完全に出来上がりました。
22日、山形大会までの巡業では、これにマキシモのオカマちゃんムーブが加わっていたのですから、行く先々で大爆笑させていたに違いありません。

思わず頬が緩んでしまう展開、そして終盤にキャプテンとKUSHIDAの誤爆がありましたが、1週間前の山形大会でノンタイトルながらIWGPジュニア王者ロウ・キーを撃破したKUSHIDAが最後はバズソーキックで外道の首を刈り、きっちり締めてくれました。
KUSHIDAにすれば、この試合は楽しみつつも次なるステップ、ベルト獲りへの意気込みが感じられました。
それにしても勝ち名乗りを上げるキャプテン、満面の笑みでとっても嬉しそう。

第1試合 20分1本勝負
キャプテン・ニュージャパン&○KUSHIDA(07分22秒 バズソーキック→片エビ固め)邪道&外道×
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉



 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

第5回ふく面ワールドリーグ戦とイホ・デル・パンテーラWNC留学

この3日間は妙な涼しさですが、その前の猛暑とルチャ&マスク好きにはとても重たい出来事にすっかり更新サボってました。
いささか旬ではないネタですが、これだけは書いておかなければ!

7月15日のみちのくプロレス、岩手・矢巾町民総合体育館大会のメインで行われたふく面ワールドリーグ戦出場者決定戦、ラッセvs剣舞はラッセが勝利。
しかし、例の問題でSUGIが出場辞退。
空いてしまった1枠に剣舞が名乗りをあげ、出場が決定。
トーナメント全対戦カードが発表になりました。
■8月31日(金) 18:30 東京・後楽園ホール

1回戦 第8試合
ラッセvs剣舞

1回戦 第7試合
獣神サンダー・ライガーvs獅龍

1回戦 第6試合ウルティモ・ドラゴンvs5代目ブラック・タイガー

1回戦 第5試合
エル・サムライvsザ・グレート・ゼブラ

1回戦 第4試合
ザ・グレート・サスケvsビジャノIV

1回戦 第3試合
怪人ハブ男vsシーサー王

1回戦 第2試合
タイガースマスクvsヒート

1回戦 第1試合
K-ness.vsソラール

■9月1日(土) 18:30 宮城・仙台市アズティックミュージアム

2回戦 第4試合
1回戦6試合目の勝者vs1回戦8試合目の勝者

2回戦 第3試合
1回戦5試合目の勝者vs1回戦7試合目の勝者

2回戦 第2試合
1回戦2試合目の勝者vs1回戦4試合目の勝者

2回戦 第1試合
1回戦1試合目の勝者vs1回戦3試合目の勝者


■9月2日(日) 15:00 岩手・盛岡市岩手県営体育館

決勝戦
準決勝 第2試合
2回戦2試合目の勝者vs2回戦4試合目の勝者

準決勝 第1試合
2回戦1試合目の勝者vs2回戦3試合目の勝者

*全試合時間無制限本勝負。両者リングアウト、反則の場合は再試合。


ラッセ 剣舞8月31日の1回戦が行われる後楽園ホールは少し遅刻してでも駆け付けようと思っていますが、まさかのソラールさん第1試合(汗)
抽選の結果、7月15日に矢巾で行われた出場者決定戦、ラッセvs剣舞のみちのく勢同士の再戦が“聖地”のメインに組まれました。
豪華な出場選手の中でどんなファイトで締めるのか、注目です!
ソラール、ビジャノIVのメヒコのレジェンダ2人の大活躍にももちろん期待!!
この組合せだとソラールvsビジャノIVが激突する可能性があるのは決勝戦のみ。
そこまで両雄が勝ち上がれるのか!?

そして、もう1つルチャドール来日のニュースが!
最近では仮面貴族FIESTA 2010に来日したエル・パンテーラの息子、エル・イホ・デル・パンテーラがWrestling New Classicに留学来日。
■8月2日(木) 19:00 東京・新宿FACE

第2試合
エル・イホ・デル・パンテーラ&土肥孝司vs児玉ユースケ&黒潮二郎


■8月4日(土) 18:30 広島・広島産業会館大会

第4試合
大原はじめvsエル・イホ・デル・パンテーラ


■8月6日(月) 18:30 福岡・博多スターレーン

第6試合
大原はじめvsエル・イホ・デル・パンテーラ


■8月7日(火) 18:30 鹿児島・オロシティーホール大会

第3試合
大原はじめvsエル・イホ・デル・パンテーラ


エル・パンテーラ現在の日本マット界でメキシコとの太いパイプと言えば新日本プロレスとCMLLのみ。
あとは今日、GHCジュニアタッグを奪取したスペル・クレイジーなど選手個人との契約だと思われます。
今回はパナマ出身のルチャドール、VENENOと関係の深いWNCがCMLLやAAAのメキシコのメジャー団体にはまだ出ていないイホ・デル・パンテーラを留学という形で呼んでくれました。
イホ・デル・パンテーラはIWRGにも上がっているようですが、YouTubeで検索してもコレといった動画はありませんでした。
来日初戦を除き、ルチャドールとしてのキャリアを誇りに思っている大原選手と対戦するのはパンテーラにとってプラスでしょう。
大原選手は最近、日本ではあまり見せないルードファイトでパンテーラを引っ張ってくれそうです。

「日本に行きたい」「日本のスタイルを学びたい」と多くの若いルチャドールが思ってくれている中でこういった形で門戸が開かれるのはとても良いことだと思います。
父パンテーラで思い出すのはメキシコ州とベラクルス州、そしてヌエボ・レオン州でアギラ・ソリタリア&シクロン・ラミレスと6人タッグ王座を保持していたこと。
息子達の代もトリオ結成なんてことになったら嬉しいのですが・・・。
こういう親子2代、3代に渡ってストーリーが紡がれるのが、ルチャリブレの良い所ですね。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ボラドールJr.とルーシュの再来日が決定!!

只今絶好調の新日本プロレスから嬉しすぎる発表が!

まずは8日の後楽園ホール大会で“真夏の最強戦士決定戦”「G1 CLIMAX 22〜The One And Only〜」の参加選手、ブロック分け、公式戦が発表されましたが、注目のCMLL枠はルーシュ!!
〈今年の『G1』出場メンバーが決定!! 丸藤、べンジャミン、ルーシュ、オカダが初出場!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

ルーシュ

今年のFANTASTICA MANIA以来、2度目の来日でG1初出場となるルーシュの全公式戦を抜き出してみました。

8月1日(水) 東京・後楽園ホール vs 後藤洋央紀
8月3日(金) 東京・後楽園ホール vs ランス・アーチャー
8月4日(土) 愛知・愛知県体育館 vs オカダ・カズチカ
8月5日(日) 大阪・大阪府立体育会館-BODYMAKERコロシアム vs MVP
8月7日(火) 宮城・仙台サンプラザホール vs 内藤哲也 
8月8日(水) 神奈川・横浜文化体育館 vs 天山広吉
8月10日(金) 新潟・新潟市体育館 vs 真壁刀義
8月11日(土) 東京・後楽園ホール vs 中邑真輔

初戦がFANTASTICA MANIAでもシングルで激突した後藤戦というのはありがたい。
後藤の他にCMLL遠征している内藤、中邑の手の内はわかっているでしょう。
注目は4日のオカダ戦!
ルーシュがキャリア5年の23才でオカダがキャリア8年の24才と同世代。
端正な顔立ち、恵まれた体格、優れた運動能力を持ち、短期間でトップに登り詰めた“持ち過ぎた男”はメキシコのファンからテクニコなのにブーイングを浴びています。
今年のイッテンヨンで凱旋試合の後、IWGPヘビー級王者の棚橋弘至に挑戦表明した時には大ブーイングを浴びたものの、初挑戦にして至宝奪取に成功し“新日本プロレス40年の歴史で初めて現れた本物”として大ブーイングを声援に変えたオカダはどことなく似た経歴の持ち主のように思えてきました。
闘龍門出身、メキシコをルーツに持つレインメーカーとの対戦は楽しみですし、これを機に日墨に渡ってライバルストーリーが紡がれることを期待!!

そして、ヒラヒラシューズ対決となる内藤戦もやっぱり楽しみです。
ヒラヒラ付きのリングシューズはルーシュから許可を得て履いていることを内藤は公言しています。
最近、ルーシュの実弟ドラゴン・リーが2代目ミスティコを襲名することになって、この一族についてちょっと調べてみたのですが、ルーシュのリングシューズのヒラヒラは父トロ・ブロンコから受け継いだ物だったんですよね。
このLuchawikiの画像はちょっと橋本真也に似ているような・・・。

CMLLの重量級ルチャドールの中では最も日本向きでパワーで押すアグレッシブなスタイルのルーシュなのでアーチャー、MVP、真壁、天山と並みいるトップファイターとの対戦も注目しています。


私のテンションを更に上げた発表がこちら!
〈7.29(日)後楽園でデヴィvsボラドール、ロウ・キーvs飯伏の“2大ジュニア戦”!! IWGPタッグ決定戦のルール変更!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

ボラドールJr.

こちらも今年のFANTASTICA MANIAで「ボラドールJr.」としては初来日した“鳥人二世”の再来日が決定!
NJPW 40th anniversary Last Rebellion
7月29日(日) 12:00 東京・後楽園ホール

第7試合 60分1本勝負
ダブルメインイベントII CMLL認定NWA世界ヒストリック・ミドル級選手権試合
(第4代王者)プリンス・デヴィットvsボラドールJr.(挑戦者)
※デヴィット2度目の防衛戦

第6試合 60分1本勝負
ダブルメインイベントI IWGPジュニアヘビー級選手権試合
(第63代王者)ロウ・キーvs飯伏幸太(挑戦者)
※ロウ・キー2度目の防衛戦

第5試合 30分1本勝負
棚橋弘至&真壁刀義&後藤洋央紀&内藤哲也vs中邑真輔&オカダ・カズチカ&高橋裕二郎&YOSHI-HASHI

第4試合 30分1本勝負
天山広吉&小島聡&永田裕志vs矢野通&飯塚高史&石井智宏

第3試合 30分1本勝負
“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン&MVP&シェルトン・ベンジャミン&ルーシュvs鈴木みのる&ランス・アーチャー&TAKAみちのく&タイチ

第2試合 20分1本勝負
獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク&井上亘vs田口隆祐&BUSHI&タマ・トンガ

第1試合 20分1本勝負
キャプテン・ニュージャパン&KUSHIDAvs外道&邪道


プロレスリング・ノアの丸藤正道を除くG1参戦選手が出場!

もちろんルーシュもやって来る!

セミはロウ・キーvs飯伏のIWGPジュニア王座戦!

そしてメインはデヴィットのNWA世界ヒストリック・ミドル級に前王者ボラドールが至宝奪還のためメキシコから飛来!!

これは観戦するしかない!!と早速チケット押さえました。
外様同士の対戦とは言え、IWGPジュニアをセミに押さえて、デヴィットとボラドールのタイトルマッチがメインに組まれたのは本当に驚きました。
3月30日に“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコでデヴィットにベルトを奪われてから早4ヶ月。
今度は舞台を日本の“プロレスの聖地”後楽園ホールに移し、ボラドールがFANTASTICA MANIAでのラ・ソンブラ戦を上回る最高の試合を見せた上でベルト奪還するのを期待しています!!
しかし、G1前に超豪華な出場選手&対戦カード、ホントに最近の新日本プロレスは凄い!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

テリブレvs裕二郎 CMLL世界ヘビー級タイトルマッチ動画

前回更新の【Campeones de CMLL】Junio 2012に間に合わなかった動画を紹介します。
まずは昨日発売された週刊プロレスNO.1638に掲載されている6月24日(日)にアレナ・コリセオで行われたCMLL世界ヘビー級タイトルマッチ、王者・テリブレvs挑戦者・高橋裕二郎。



6月5日、ルーシュのCMLL世界ライトヘビー級に挑戦した時にはルーシュがテクニコ、裕二郎がルードにも関わらず、ルーシュが攻勢に出ると一斉にブーイングが起きていましたが、ルード同士の対決となった今回の観客は完全にテリブレ贔屓。
会場はテリブレコール、メヒココールに包まれました。
普段は名バイプレイヤー的な印象の強いテリブレですが、こうしてマノ・ア・マノを見ると当たり前ですけど、やっぱりオールラウンドに渡る地力があります。
2本目にテリブレからタップを取った裕二郎の変形裏足4の字固めは日本ではあまり出していなかったと思いますが、この技は今回のCMLLの収穫でしょうか?
2本のベルトに挑戦して惜しくも奪取ならず。
どちらかは日本に持ち帰って欲しかったです。


続いては6月22日(金)のアレナ・メヒコで行われたナショナル6人タッグタイトルマッチ。王者組・アトランティス&デルタ&ゲレーロ・マヤJr.vsボラドールJr.&ミステル・アギラ&ブラック・ウォリアー。



かつてマスクマンだったアギラとボラドールお互いのデザインをミックスしたコラボマスクで入場。
アギラの方は自慢の?モヒカンが露出するマスクでしたが、どうせならウォリアーもコラボして欲しかったと思ってしまうのはコラボマスク好きの性ですね(笑)
しかし、最近のボラドールはアメコミとのコラボや父スペル・パルカとのハーフ等々、マスクがどんどん凝ってきています。

新進気鋭のデルタ&マヤもきらりと光る技を見せてくれましたが、海千山千のルードトリオがタイトル奪取、第33代王者組となりました。
このタイトルの記録を調べてみるとボラドールは'03年にフェリーノ&サファリ(現・エフェスト)と第23代、'07年にラ・ソンブラ&サグラードと第27代、'11年にシコシス&オリンピコと第31代と今回で4回目の戴冠。
アギラは'07年にダミアン666&ハロウィンと第26代、ウォリアーは'09年にドラゴン・ロホJr.&サングレ・アステカのポデール・メヒカで第28代と、アギラ、ウォリアーとも2度目の戴冠です。
ベテランルードトリオがベルトを巻いたのでアンヘル・デ・オロ、ティタン、トリトン、ディアマンテ・アスール、ディアマンテなど若いテクニコにガンガン挑戦してもらいたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ