2012年11月

テリブレ&タマ・トンガがCMLL世界タッグ王座奪取!!

10月12日(金) にアレナ・メヒコで行われたレジェンダ・デ・アスールからCMLL遠征をスタートさせたタマ・トンガはルードとしてファイト。
日本では底抜けに明るい超陽性キャラクターなのでルードはどうなのかとも思っていましたが、実にノビノビとそしてイキイキとCMLLマットを楽しんでいるように見受けられます。
日本との違いは裸足ではなく黒いリングシューズを着用していることくらい。
レジェンダ・デ・アスールに優勝し、11月21日(水)開幕のWORLD TAG LEAGUEにルーシュとのコンビで初来日するディアマンテ・アスールとの抗争中。
11月11日(日)アレナ・メヒコのメインではアスールとタマ・トンガがシングルで激突。
レフェリーの死角をつき、アスールのマスクを剥いでからの丸め込みとすっかりルードらしさを身に付けたタマ・トンガが勝利し、遺恨は更に深まるばかり。

迎えた11月13日(火)アレナ・メヒコのメインイベントはアトランティス&ディアマンテ・アスールの王者組にテリブレ&タマ・トンガが挑戦するCMLL世界タッグ王座戦。
アトランティス&ディアマンテ・アスールvsテリブレ&タマ・トンガ
結果は王者組が2度目の防衛に失敗、テリブレ&タマ・トンガが第33代王者組となりました。
〈あのタマ・トンガがメヒコで初栄冠!! テリブレとCMLL世界タッグ選手権を奪取!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

記録を調べてみると数年前までエル・テハノJr.とのタッグで売っていたテリブレも意外とこのタイトルは初戴冠。
タマ・トンガはCMLLでのタイトル初挑戦で見事に王座奪取。
CMLL世界タッグの歴史を見ると1995年6月30日にベルトを巻いたヘッドハンターズ以来のメキシコ人以外の外国人王者。
この結果を受け、ふとルーシュ&ディアマンテ・アスールがWORLD TAG LEAGUE参戦前に挑戦し、王座奪取して来日となれば面白いと思いましたが、もう来週21日(水)にWORLD TAG LEAGUE開幕ですから挑戦は無理。
抗争相手を失う形となるタマ・トンガは次は誰をターゲットとするのか?
そしてCMLL世界タッグ初防衛戦の相手に名乗りを上げるのはどのチームだ?


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

大挙15人の来日が決定!! FANTASTICA MANIA 2013

まさか、まさかの早い発表。
来年1月18〜20日の3デイズ開催の“ルチャの祭典”FANTASTICA MANIA 2013に参戦するルチャドールが発表されました。
〈2代目ミスティコが待望の初来日!! 『CMLL FANTASTICA MANIA』“超豪華”な参戦メンバーが決定!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

発表された顔ぶれは3度目の大会にして過去最高となる15選手。

【テクニコ】
●ルーシュ (2年連続2回目)
●ラ・ソンブラ (3年連続3回目)
●マスカラ・ドラダ (3年連続3回目)
●ラ・マスカラ (2年ぶり2回目)
●マキシモ (3年連続3回目)
●ティタン (初出場)
●2代目ミスティコ (初出場)
●ディアマンテ (2年連続2回目)
 
【ルード】
●ボラドールJr. (2年連続2回目)
●ドラゴン・ロホJr. (2年ぶり2回目)
●メフィスト (2年連続2回目)
●レイ・ブカネロ (初出場)
●エウフォリア (初出場)
●ミステリオッソJr. (2年連続2回目)
●OKUMURA (3年連続3回目)

カッコ内はFANTASTICA MANIA出場回数

テクニコ8人、ルード7人のとてもバランスの良い人選。
テクニコ勢は日本のファンにもお馴染みのルーシュ、ソンブラ、ドラダ、マキシモに新鋭空中戦士のティタン、ミスティコ、ディアマンテ。
ある意味でFANTASTICA MANIAは初代ミスティコがいればこそ2011年から開催された大会。
それを考え、あの時に大感動した1人として“聖地”後楽園ホールに再びミスティコのテーマソング、アメノが流れるのは感慨深いものです。
以前に「2代目の来日はもう1年後でも良い」と書きましたが、今でももちろん大きな目玉の1つになることは間違いありません。
決して難易度の高い空中戦を繰り出す訳ではなく、基本的な動き1つ1つの華麗さと圧倒的なオーラを放つ佇まいで魅せるタイプだった初代とは違い、まだまだオーラでは敵わないものの場外の相手にスワンダイブからシャーティングスターアタックなど超高難度の技を繰り出す2代目。
きっと後楽園ホールの観客をびっくりさせることでしょう。
ティタンの逆立ちムーブにも注目です。
そして2011年では大会直前に来日というトラブルのため体調不良で真価を発揮出来なかったマスカラが再来日を果たします。
来年は是非とも汚名返上、名誉挽回のファイトを期待しています。
ルード勢は主役級のボラドールとロホにメフィスト、ブカネロ、エアフォリア、ミステリオッソ、OKUMURAと仕事のデキるベテランが名を連ねました。
ロホもマスカラと同じく2011年に登場していますが、現在はCMLLとNWAヒストリックのミドル級2冠王、NWA世界ヒストリック・ミドル級前王者プリンス・デヴィットとの絡みなど今回は主役級の舞台が用意されるでしょう。
超豪華な15人のルチャドールに加え、“聖地”をメキシコの雰囲気に変えるリングアナのイバンが3年連続でやって来てくれます。
さらに2013年はリングに彩りを添えるエデカン(エスコートガール)のブルニも登場。
さすがにエデカンまでは顔と名前が一致する人はごく僅かで「ブルニってどのエデカンだ?」と思いましたが、ネット検索したらアレナ・メヒコの花道でよく見かけるこの人でした。



さて、想定外の早い時期の発表に焦りました。
なにせ「FANTASTICA MANIAに参戦して欲しいマスクマン」のアンケートを始めて僅か2日後の惨劇でしたから(苦笑)
こちらには短期間にも関わらず、21人の方に投票いただきました。
ありがとうございます。
発表された以上、続ける訳にはいきませんので、これにて打ち切りとさせてていただきます。
3年連続開催となったFANTASTICA MANIA、過去2年はいずれもメキシコで先に発表された後に日本でも発表されてきました。
それが今回は初めて日本での発表が先となり、新日本プロレスとCMLLがとても良好な提携関係を築いているように感じました。
そして「参戦して欲しいマスクマン」に代わる新たなアンケートを思い付きました。
題して「ファンタスティカマニア2013で応援するルチャドールは?」です。
今回発表された15選手で最も応援したいルチャドール、期待するルチャドールにご投票ください。
全開同様、このアンケートのシステムは残念ながら携帯では表示されず、投票も出来ません。
また、1度投票したPCから再度の投票は出来ないシステムになっています。
投票期間はFANTASTICA MANIAが行われる1週間前の2013年1月11日に締め切り、投票結果を何らかの形で発表したいと思います。
投票と一緒にその理由をコメント下さると幸いです。
それではふるってご投票下さい。
宜しくお願いします!




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

WORLD TAG LEAGUE 2012にルーシュ&ディアマンテ・アスール参戦!!

新日本プロレスからルチャ好きを狂喜乱舞させる発表が続々と!
まずは今年からシリーズ名称が変更されたWORLD TAG LEAGUE 2012にCMLLからルーシュ&ディアマンテ・アスールの参戦が決定!!
最終戦の12月2日(日)の愛知・愛知県体育館では準決勝と決勝が行われるため、カード未発表ですが、その他の日のルーシュ&アスール絡みのカードを記載しておきます。
■11月20日(火) 東京・TOKYO DOME CITY HALL
第1試合 20分1本勝負
後藤洋央紀&“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン&獣神サンダー・ライガー&KUSHIDAvsルーシュ&ディアマンテ・アスール&タイガーマスク&BUSHI

■11月21日(水) 東京・TOKYO DOME CITY HALL
第3試合 30分1本勝負
Bブロック公式戦 vs天山広吉&小島聡

■11月23日(金・祝) 岡山・岡山県卸センター・オレンジホール
第2試合 30分1本勝負
Bブロック公式戦 vs矢野通&飯塚高史

■11月24日(土) 京都・KBSホール
第2試合 30分1本勝負
Bブロック公式戦 vs田中将斗&高橋裕二郎

■11月25日(日) 広島・広島グリーンアリーナ・小アリーナ
第2試合 30分1本勝負
Bブロック公式戦 vsランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.

■11月27日(火) 千葉ポートアリーナ・サブアリーナ
第2試合 30分1本勝負
Bブロック公式戦 vs中西学&ストロングマン

■11月28日(水) 茨城・茨城県立スポーツセンター
第2試合 30分1本勝負
Bブロック公式戦 vsMVP&シェルトン・ベンジャミン

■12月1日(土) 石川・石川県産業展示館2号館
試合順未定
棚橋弘至&田口隆祐&KUSHIDAvsルーシュ&ディアマンテ・アスール&BUSHI

〈11月20日(火)開幕!!『WORLD TAG LEAGUE 2012』の対戦カード決定!! TDC大会、愛知大会には桜庭&柴田が特別参戦!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

今年のFANTASTICA MANIAで初来日したルーシュはG1にも参戦し、今回が3度目の来日。
開幕戦では公式戦が組まれていませんが、第1試合で8人タッグながら後藤洋央紀と激突。
また真正面からぶつかり合う2人の熱いファイトが展開されそうです。
翌22日は天山との猛牛対決となるテンコジ戦が組まれています。
ディアマンテ・アスールは今回が初来日。
今年の2月に前名メトロからダィアマンテ・アスールへと転身。
アトランティスと組みCMLL世界タッグを奪取後、レジェンダ・デ・アスールにも優勝とめきめき頭角を現しトップ戦線入り。
現在はCMLLに遠征中のタマ・トンガと熱い火花を散らす抗争中。
華麗な空中戦を売りにするタイプではありませんが、ジャーマンスープレックスを得意技にするなど日本のスタイルにアジャスト出来るルチャドールだと思います。
ルーシュも今年は年間最大のビッグショー、アニベルサリオのメインでテリブレとのカベジェラ・コントラ・カベジェラに勝利して確固たるトップの1人としての地位を築きました。
ルーシュとアスールはCMLLで最もブレイクした2人と言えるかもしれません。
IWGPタッグ王者のアーチャー&スミスを筆頭に一筋縄ではいかないメンツの揃ったBブロックではありますが、それなりの結果も内容も残して欲しいと思います。

最後に初来日のディアマンテ・アスールの試合動画を紹介します。
10月12日(金) にアレナ・メヒコで行われたレジェンダ・デ・アスール。
もちろん優勝はディアマンテ・アスールですが、この試合がタマ・トンガのCMLL初戦でした。
慣れないリングでコーナー最上段に飛び乗り損ねるシーンもあります。
その他の出場選手はウルティモ・ゲレーロ、ボラドールJr.、アトランティス、ラ・ソンブラ、ミステル・アギラ、ショッケル、マルコ・コルレオーネ、テリブレ、ルーシュ、ブラソ・デ・プラタ、クラネオ、ディアマンテ、ミステリオッソJr.、そして来年のFANTASTICA MANIAで初来日が決定したエウフォリアです。




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

来年は3デイズ!【アンケート】FANTASTICA MANIA 2013に参戦して欲しいマスクマンは?

11月2日の新日本プロレス後楽園ホール大会の休憩時間に3年連続となる開催が発表されたFANTASTICA MANIA。
2013年は1月18日(金)、19日(土)、20日(日)と3日間開催とスケールアップ!
〈来年はなんと後楽園3連戦!!「CMLL FANTASTICA MANIA 2013」チケット情報決定!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
開催が発表になると次の興味はもちろん飛来するルチャドールは誰か?です。
そこで今年もやります!
FANTASTICA MANIA 2013開催決定記念!参戦して欲しいルチャドールは?のアンケート。
選手層が厚く、若い選手がどんどん台頭してくるCMLLですので、選択肢を絞るために例年通りの条件を設定しました。
第1条件はマスクマンであること。
第2条件は新日本プロレスとCMLLの交流が活発化した'09年1月以降に来日しているマスクマンは除きます。
それでも、まだまだ飛来してマスクマンは多数いますので、選択肢としてCMLLで行われているNWAヒストリックとCMLL、そしてナショナルのタイトルを保持したことのある選手に絞りました。
一応、ここ4年間に来日していないマスクマンであれば投票OKとし「その他」の項目も設けています。
念のため、2009年から現在までの4年弱の間でに来日(予定も含む)しているCMLLのマスクマンを列記するとメフィスト、ウルティモ・ゲレーロ、マスカラ・ドラダ、バリエンテ、ラ・ソンブラ、アトランティス、ラ・マスカラ、ドラゴン・ロホJr.、アルカンヘル・デ・ラ・ムエルテ、フエゴ、ボラドールJr.、ディアマンテ、ミステリオッソJr.、アンヘル・デ・オロ、ストゥーカJr.の15人。
マスクマンという括りですので、現在は素顔になっているアベルノなどもNGです。

残念ながら、このアンケートのシステムは携帯では表示されず、投票も出来ません。
また、1度投票したPCから再度の投票は出来ないシステムになっています。

今年は上記の条件から選択肢にしたマスクマン、テクニコ5人、ルード5人の簡単なプロフィールも書いてみました。
マスクのデザインで「この選手が見たい」というのも全然OKです。

◇ テクニコ ◇

ディアマンテ・アスールディアマンテ・アスール Diamante Azul
1983年12月20日生まれ 2007年デビュー
183cm 97kg
現CMLL世界タッグ王者(パートナーはアトランティス)
元ナショナル6人タッグ王者(パートナーはマスカラ・ドラダ&ストゥーカJr. この時のリングネームはメトロ)
今年2月に前名メトロからブルー・デモンを彷彿とさせるマスクとコスチュームを纏い、ディアマンテ・アスールにキャラクターチェンジ。
改名後、CMLL世界タッグ王座獲得やタマ・トンガも参加したレジェンダ・デ・アスール優勝と今年最もブレイクしたルチャドール。
メキシコでは珍しいジャーマン・スープレックスの使い手。

デルタデルタ Delta
19??年8月27日生まれ 2007年5月20日デビュー
177cm 90kg
現ナショナル6人タッグ王者(パートナーはアトランティス&ゲレーロ・マヤJr.)
2009年8月に前名イホ・デ・トルエノからデルタにキャラチェンジ。

jpgゲレーロ・マヤJr. Guerrero Maya Jr.
1985年8月8日生まれ 2005年2月7日デビュー
178cm 88kg
現ナショナル6人タッグ王者(パートナーはアトランティス&デルタ)
ムルティファセティコのリングネームでIWRGで活躍後、2009年にゲレーロ・マヤJr.にキャラチェンジし、CMLLデビュー。
日本人では到底、創造し得ないメキシコらしいデザインと色使いのマスクが特徴。
画像の目と口のまわりはマスクのデザインではなくペイントが施されています。

イホ・デル・ファンタスマイホ・デル・ファンタスマ Hijo del Fantasma
1984年生まれ 2000年(?)デビュー
180cm 90kg
元CMLL世界ミドル級 CMLL世界6人タッグ王者(パートナーはエクトール・ガルサ&ラ・マスカラ)
1984年7月、旧UWF「無限大記念日」に来日したファンタスマの息子。
2010年5月にはルード転向の素振りを見せるガルサとの不協和音もあったとは言え、棚橋弘至&タイチ&OKUMURAにCMLL世界6人タッグ王座を奪われたのがガルサ&マスカラ&ファンタスマ。

サグラードサグラード Sagrado
1975年生まれ 1992年4月30日デビュー
177cm 90kg
元ナショナル6人タッグ王者(パートナーはエル・テハノJr.&マキシモとボラドールJr.&ラ・ソンブラ)
私がCMLLを夢中で見始めた当時にナショナル6人タッグ王者だったのがボラドール&ソンブラ&サグラード。
場外の対戦相手にボラドール&ソンブラ&サグラード3人が同じコーナーから3方向に同時発射するケブラーダの競演が最大の見せ場でした。

◇ ルード ◇

ミステル・ニエブラミステル・ニエブラ Mr. Niebla
1973年2月22日生まれ 1990年11月11日デビュー
175cm 98kg
元CMLL世界ヘビー級王者
元CMLL世界タッグ王者(パートナーはショッケル)
元CMLL世界6人タッグ王者(パートナーはリスマルク&アトランティスとアトランティス&ブラック・ウォリアー)
元ナショナル6人タッグ王者(パートナーはオリンピコ&サファリ)
“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコで現在の会場人気ナンバー1がこのニエブラ。
ネグロ・カサス&フェリーノの兄弟とのユニット、ペステ・ネグラは卓越した技術を持ちながら、小汚い出で立ちとコミカルなキャラクターが大人気。
脇の汗を手で拭い、舌で舐め、上空に吐いた唾を飲み込むお下劣ムーブとかつて日本で流行った小島よしおの「はい!おっぱっぴー」によく似たポーズは新日マットでも見てみたい!
フェリーノとカサスが久々の来日を果たし、次はニエブラ!の期待は高まるばかり。
来日経験はあるものの、ファイトスタイルは大きく変化している現在のニエブラ。
2011の目玉がミスティコ、2012年の目玉がボラドール、そして迎える3度目のFANTASTICA MANIAで“準・未だ見ぬ強豪”として目玉となり得る存在だと思います。

シコシスシコシス(2代目) Psicosis
1967年2月22日生まれ
175cm 85kg
元ナショナル6人タッグ王者(パートナーはボラドールJr.&オリンピコ)
2010年にアレブリへ(現クラネオ)やイステリア(現モルフォシス)らとともにAAAからCMLLに突如、移籍。
ルード軍団ロス・インバソーレルの一員。

エフェストエフェスト Ephesto
1965年6月10日生まれ 1982年5月29日デビュー
177cm ??kg
元CMLL世界ライトヘビー級王者
元CMLL世界6人タッグ王者(パートナーはアベルノ&メフィスト)
元ナショナル6人タッグ王者(パートナーはミステル・ニエブラ&オリンピコとボラドールJr.&フェリーノ この時のリングネームは2度ともサファリ)
日本でもすっかりお馴染みとなったアベルノ&メフィストとのユニット、イホス・デル・アベルノはCMLLの名ルードトリオ。盟友アベルノやメフィスト、更にはミステリオッソJr.など玄人好みの仕事のデキるルチャドール達は皆、テレビ解説のミラノコレクションA.T.さんなど関係者からの評価は上々のようですので、そろそろエフェストにも来日のチャンスが与えられると嬉しいです。

ポルボラポルボラ Polvora
1979年7月19日生まれ 2000年9月30日デビュー
172cm 84kg
現ナショナルウェルター級王者
現在のCMLLで1番ド派手なマスクを被っているのがポルボラかもしれません。
年齢的には決して若くはない中堅ルードではありますが、CMLLの近未来を担う2代目ミスティコやティタン、トリトンなどなどの空中戦士とライバル関係を築き、名勝負を展開していくと化ける可能性を秘めている気がします。

サングレ・アステカサングレ・アステカ Sangre Azteca
1975年11月5日生まれ 1996年10月5日デビュー
171cm 81kg
元ナショナルウェルター級王者元ナショナル6人タッグ王者(パートナーはドクトル・エキス&ニトロとドラゴン・ロホJr.&ブラック・ウォリアー)
ルードのイメージが強いですが、昨年は一時期テクニコでした。
しばらくして再びルードターン。
タイトル歴が示す通り、ドクトル・エキス&ニトロとのパンディージャ・ゲレーラ、ドラゴン・ロホJr.&ブラック・ウォリアーとのポデール・メヒカと頼れる名バイプレイヤー。
2006年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア参戦以来の来日なるか?

※タイトルなどのデータは2012年11月10日現在のもの 参考 : Luchawiki


なお、現ナショナルウェルター級王者ティタンはエン・ブスカ・デ・ウン・イドロの優勝時にFANTASTICA MANIA 2013の参戦が内定済み。
その他、タイトル獲得歴はないものの2代目ミスティコを筆頭にトリトンやニエブラ・ロハなどなど、今後に来日して欲しいルチャドールもいますので「その他」の選択肢も入れてありますのでルチャドール名をコメント欄にルチャドール名を記入ください。
個人的には2代目ミスティコはもう1年寝かせて大物のオーラを纏ってから2014年のイッテンヨン東京ドームかFANTASTICA MANIA 2014で初来日が良いかなと思っています。
今年、CMLLに出現したオリエンタルキャラ、ナマハゲの日本逆上陸(?)や東京ゲームショウ限定(?)のスーパー・ストロング・アステカ・マシンの再登場なんていうのも面白いかもしれません。



投票期間は念のため、年内いっぱいとしていますが、きっと昨年と同様、CMLLの年内最終のビッグショーのカード発表と併せてメキシコでFANTASTICA MANIA参戦選手が発表されると思いますので、その時点で締め切り、投票結果を発表したいと思います。
投票と一緒にその理由をコメント下さると幸いです。
それではふるってご投票下さい。
宜しくお願いします!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

タマ・トンガのCMLLタイトル初挑戦が決定!!

10月12日(金)のレジェンダ・デ・アスール出場から初めてのCMLL遠征を行っているタマ・トンガ。
ルードとしてCMLL世界ヘビー級王者のテリブレやゲレーロスから脱退したNWA世界ヒストリックとCMLL世界のミドル級2冠王ドラゴン・ロホJr.とレイ・エスコルピオンと共闘し、メインやセミに登場、CMLL公式サイトなどの画像だけでも想像よりも遥かに上のポジションで実にイキイキと闘っている雰囲気が伝わってきます。
現在は今年のレジェンダ・デ・アスールの優勝者ディアマンテ・アスールとの抗争が激化、対戦する度にアスールのマスクを剥ぎ、遺恨は深まるばかり。
今週日曜日、11日のアレナ・メヒコではマスカラ・ドラダvsポルボラのCMLL世界ウェルター級タイトルマッチやショッケル&ブラソ・デ・プラタ&バリエンテvsボラドールJr.&ドラゴン・ロホJr.&レイ・エスコルピオンといったカードを押しのけ、ディアマンテ・アスールvsタマ・トンガのマノ・ア・マノ(シングルマッチ)が堂々のメインイベントにマッチメイクされました。
更に6日(火)のアレナ・コリセオでの試合後、タマ・トンガがタイトル挑戦のアピールをして、遂にタマ・トンガのCMLLで初のタイトルマッチが決定しました!

11月13日(火) アレナ・メヒコ 対戦カード

11月13日(火)のアレナ・メヒコでアトランティス&ディアマンテ・アスールvsテリブレ&タマ・トンガのCMLL世界タッグ王座戦が組まれました!
アトランティス&アスールにとってこれが2度目の防衛戦。


タマ・トンガのこのツイートは前にも紹介しましたが「mi Hermano luchador 'Terrible'!」とは日本語にすると「オレのブラザー、ルチャドールのテリブレだ!」てな感じでしょう。
今年のアニベルサリオでルーシュとのカベジェラ戦に敗れ、テリブレの髪は現在この長さですが、もともとは長髪。
対戦相手を威嚇する舌出しポーズももともとやっていて、髪が長ければ結構、似た者同士のタッグかもしれません。
海千山千の大ベテラン、レジェンダのアトランティスとメトロからキャラチェンジ後、あれよあれよという間にトップ戦線に躍り出たディアマンテ・アスールのコンビが対戦相手ですが、タマ・トンガの勢いをもってすれば、タイトル奪取は十分にあり得ると思います。
頑張れ!タマ・トンガ!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ