初代虎vs究極龍9・18後楽園のメインで初代虎VS究極龍/リアルジャパン会見
週刊プロレスmobileから

20日午後3時より、東京・本郷の興義館にてリアルジャパンが会見を行い9・18後楽園大会のメインイベントとして、初代タイガーマスクVSウルティモ・ドラゴンのドリームカードを発表した。
当初、タイガーの対戦相手には藤波辰爾が候補に挙がっていたが、諸事情により今回は実現しなかった。
その代役となるような大物選手をリストアップしてきた同時期、初代タイガーは9月3日(水)に発売されるDVD『初代タイガーマスク大全集』の解説をしていたのだが、かつての自身のファイトを改めて映像で見ると「これは参った。改めて凄いな」と我がことながら脱帽。
現在タイガーの気持ちにあるのは昔からいままで応援してくれるファンへ恩返ししたいという気持ち。
そして、その恩返しとは全盛期に近いファイトを見せることだと考えている。
「昔のような試合を見せれること。あとはドラゴン。このふたつを考えて思い浮かぶのがウルティモ選手だったと」とウルティモにオファーした。
初代タイガーからの指名を受けたウルティモは9・19アレナメヒコでのCMLL主催「ルチャリブレ75周年記念大会」からオファーを受けていたが、自身に多大なる影響を与えた憧れの存在との初対決を断るわけはなかった。
「僕たちが子供のころのヒーロー。ウルトラマンや仮面ライダーと一緒ですよ。21年間のプロレス人生のある意味集大成になるのかな」
ウルティモはかつて2代目ザ・タイガーとして活躍していた時期もあったが、シングルでの対戦は初。
「佐山さんは昔のような試合と言っていましたが、それには自分はうってつけの相手じゃないかと思う。昔の試合はすべてインプットされてますから。どういう場面で、どういう動きをするかは全部わかってます。昔のタイガー、いまのタイガーを全部引き出します。勝ち負け以上に最高の試合をしたいと思う」と意気込み。
初代タイガーも「いま体調的には絶好調。かなりのトレーニングを積んでて、絞れてます。あの時代の自分がライバルになると思うけど、それにも負けないぐらいの練習を積んでいます。去年は肉離れを繰り返していた時期もありましたけど、いまはそういうのもない」と自信のコメントを残した。

☆☆☆

20日発売になったGスピリッツのことを書こうと思っていましたが、物凄いカード発表に興奮気味です(笑)
私的には超ビッグニュースなんですけど、まだネット上にこのニュースを報じている所があまりないので、勝手に使命感に燃えて書いてたりします。
8月26日の愛弟子4代目タイガーとのタッグ、9月3日にはDVD発売と初代タイガーから目が離せない1ヶ月となりそうです。
日本のマスク好きの方には虎好きと龍好きが多いと思うのですが、この夢の龍虎対決、ホントに楽しみです!!
もちろん、CMLLのアニベルサリオだって楽しみにしていますけどね(^^;)