か〜な〜り遅くなってしまいましたが、メキシコ時間で20日に行われたCMLLのビッグマッチ、オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスについて。
いわゆる速報系のブログではないので、いつものようにYouTubeの動画を貼ってなどと考えていたら・・・
観客席から撮ったような物はいくつかアップされているものの、テレビ放送された物は全くアップされていないんですよね(ToT)
昨年のアニベルサリオの時も同じだったようですが、もしかするとメキシコでは、このオメナヘ・ア・ドス・レジェンダス、地上波放送がなくペーパービューのみの放送だったのかもしれません。
そして何より年度末で仕事が忙し過ぎました(- -;)
と言い訳を並べましたが、遅くなったからと言って書かないのも、なんか気持ち悪いので書きますm(__)m

ミスティコvsネグロ・カサスまずはセミのミスティコvsネグロ・カサスのCMLL世界ウェルターを賭けたタイトルマッチ。
2年連続でコラボマスクを被ってきたミスティコのマスクに大注目してましたが、やはり相手がカサスでは無理でしたね。
それでもカサスの弟であるフェリーノチックな耳と髭の付いたマスクで登場しないかと思っていたりもしたんですけど・・・。


ミスティコただし、この日のミスティコ、入場時には緑のオーバーマスクで登場しました!
銀がメインカラーのミスティコではありますが、今までも様々なカラーのマスクを被っていますけど、この緑はわりと珍しいのではないでしょうか?

ネグロ・カサス試合の方はミスティコが敗れ、カサスが第23代チャンピオンになっています。
2・15両国でメフィストと防衛戦をした後、帰国してすぐの18日にもアベルノを相手に防衛していましたが、5度目の防衛戦でカサスにベルトを奪われました。
まだ、膝の具合が良くないようで心配です。

ビジャノVウルティモ・ゲレーロそしてメインのウルティモ・ゲレーロvsビジャノVのマスカラ戦!
本来、ルード同士である両者の抗争の決着戦!
ゲレーロ、ビジャノVともに水色のマスクで登場しましたが、遺恨の発端となったブルー・パンテルを意識した配色だったのかもしれません。
1対1で迎えた3本目、ゲレーロがコブラツイストからグランドコブラに移行して勝ちました。
グランドコブラの動画はCMLL公式サイトで見ましたが、胸板が厚くゴツい体型の両者がゲレーロのロックにより完全に密着、ビジャノVは全く身動きがとれないといった感じの物凄く説得力のあるものでした。

ウルティモ・ゲレーロvsビジャノV 2ビジャノV 2試合後、ビジャノVが自らマスクを取り、本名ライモンド・ディアス・メンドーサ、46才でキャリア32年であることを明かしました。

そうそう、メキシコでこの試合が行われていた時、日本では21日の14時頃だったと思いますが、試合の結果が気になって気になって仕方がなかったのですが、ちょっとネットが出来る時間が出来たのでメキシコのルチャ系のサイトを見ていました。
文字で速報しているサイトがあって、2本目までの結果が出ていました。
他のサイトを覗いたら、なんと!音声のみでしたが実況中継していたんです!!
もちろんスペイン語ですから意味がわかりませんが、試合が終わってリングアナウンサーがビジャノVの経歴を伝えているところだったんです。
「あれ!?これ間違いなく実況中継だよな?」なんて思っていたら、最初に見ていた文字だけで速報しているサイトにもゲレーロ勝利の結果が出まして、ほんの少しだけリアルタイムでCMLLの大一番を体感することが出来て嬉しかったですよ。

オメナへから1週間後の金曜定期戦のカードを見ても、これから更にミスティコとカサス、そしてゲレーロとビジャノスの抗争は続くようです。MISTICO TIGER