色々と書きたいことはあったのですが、ちょっと忙しくて・・・(+_+)
情報としては、ちょっと遅い感もありますがお付き合い下さいm(__)m
タイトル情報です。

レイ・ブカネロvsエフェストレイ・ブカネロvsエフェスト2まずは5月26日、アレナ・メヒコで行われた王者レイ・ブカネロvs挑戦者エフェストのCMLLライトヘビー級タイトルマッチ。
この試合、数日前まではYouTubeにアップされていたので貼り付けてご覧頂こうと思っていましたが・・・
何故か削除されてます(ToT)
1本目、ブカネロが丸め込んで先取した後の2本目、場外のエフェストに向けてトペ・コンヒーロをブカネロが放ちますがエフェストが避け、着地の際に左足を負傷。
そのままリングに戻れずリングアウト負け。
3本目も戦闘不能でアクシデント絡みとは言え、エフェストが王座奪取、第11代王者となりました。
メジャーなシングル王座は初戴冠ですね(^_^)
一方、ブカネロは2006年7月に現在のパートナー、ウルティモ・ゲレーロから奪い、約3年間守って来たタイトルを失いました。
また、膝の故障は深刻らしく半年間欠場の模様です。

ラ・ソンブラvsメフィスト続いては5月27日アレナ・コリセオ・アカプルコで行われた王者ラ・ソンブラvs挑戦者メフィストのNWAウェルター級タイトルマッチ。
映像を見ていないので詳細はわかりませんが、19才のソンブラに40才のメフィストが勝ち、第56代王者になりました。
メフィストはナショナルウェルター級のベルトを巻いて以来のシングル王座奪取です。


アベルノvsブルー・パンテルそして5月29日のアレナ・メヒコではHijos del Avernoのボス、アベルノがブルー・パンテルを相手にCMLLミドル級王座を防衛。
アベルノはNWAのミドル級王座も保持する二冠王、テハノJr.もNWAライトヘビー級王者とHijos del Avernoが勢力を拡大しています。

これらのタイトル移動やブカネロの負傷欠場を受けて、新設のCMLLユニバーサル王者決定トーナメントの参加ルチャドールにも若干の変更が出ているようですね。
この辺りについては次回に(^o^)/

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへMISTICO TIGER