NO LIMIT 1NO LIMIT 25月27日に無事にメキシコ入りした新日本プロレス、NO LIMITの裕次郎と内藤哲也。
翌々日の29日には早速、ルチャの殿堂アレナ・メヒコに登場。
セミでドス・カラスJr.と組み、エクトール・ガルサ&ボラドールJr.&ラ・ソンブラと対戦。(当初の予定ではソンブラではなくショッケルでしたが)

この試合もレイ・ブカネロvsエフェストと同じく、YouTubeにアップされていたのですが、これまた削除されちゃいました(ToT)
ダイジェストですが、こちらをご覧下さい。
冒頭にはメキシコ上陸直後のベニート・フアレス空港でのインタビューも収録されています。



裕次郎=YUJIROはスペイン語読みだとジュージローになるのが少しおかしかったり、内藤の語る「ルチャドールファン」は日本語だと「プロレスラーファン」になるので、正しくは「ルチャリブレファン」だろっ!なんてツッコミ入れてしまいました(^_^;)

冗談はともかく、新日ジュニアの成長株NO LIMITとCMLLのトップどころの対戦は日本とメキシコのというより、新日とCMLLのスタイルの違いが少し見えて、なかなか興味深かったです。
NO LIMITはとにかくハードヒット、当りが強い!
日本では当たり前の攻撃であるチョップ1発も重い!
キャリア豊富なベテラン、エクトール・ガルサや日本やアメリカでも試合経験のあるボラドールJr.はNO LIMITの放つチョップに怯まず打ち返していましたが、ソンブラはチョップ1発で倒れてました。
体格差ももちろんあるとは思いますが、打ち返すだけの気の強さも必要かなと感じました。
今後、新日に参戦するであろうルチャドール達の課題はこの辺りかもしれません。
華麗な空中戦がクローズアップされることの多いミスティコはルードにマスクも体もズタズタにされても向かって行って、最後に伝家の宝刀ラ・ミスティカで勝利!という気の強さも持ち合わせていますし。
こういった新日×CMLLの化学反応はゴールデンウィークの後楽園2連戦で実験されるはずだったのが、新型インフルエンザの影響でCMLL勢の来日中止で流れてしまいましたが、NO LIMITがメキシコ入りしたことで見えてきたように思います。
ルチャ本来の華麗さは絶対に残さなくてはいけないと思いますが、将来的には金本アニキにボコボコにされながらも向かって行く、今の岡田かずちかのようなルチャドールが1人出て来ても面白いだろうなぁと思ってしまいます。

ドス・カラスJr.1さて、この試合のもう一方の主役は今後、NO LIMITとトリオを結成することが多くなりそうなドス・カラスJr.。
久しぶりにご覧のようなボディ・ペイントで登場(^o^)
驚いたのは角付きの応援用マスクを被ったり、角の付いたカチューシャをした観客を何人もカメラが捉えていたことです。
カチューシャの方は中に電球が入っているようでピカピカ光ってました(^o^)/
小さな女の子がしているのが多かったのですが、おじさんも1人いましたねぇ。
ルード転向後、角付きマスクを被り始めたドスJr.、完全にブレイクです\(^O^)/
俄然、角付きマスクが欲しくなってきたりして(^_^;)


そして、いよいよ今週から始まる新設ユニバーサル王座決定トーナメント!
タイトル移動を受けて出場選手にも変化がありました。

【グループA】アベルノ、ラ・ソンブラ、サングレ・アステカ、イホ・デル・ファンタスマ、ドラゴン・ロホJr.、マスカラ・ドラダ、ブラック・ウォリアー、テハノJr.

【グループB】ミスティコ、エフェスト、メフィスト、エクトール・ガルサ、ラ・マスカラ、ボラドールJr.、ネグロ・カサス、ウルティモ・ゲレーロ

当初発表の各グループ7選手から8選手出場に拡大。
更に楽しみが増えました!
参加選手の一部が意気込みを語っています。



ええ、もちろんスペイン語はわかりませんよ(^o^;)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへMISTICO TIGER