【1本目】
大爆笑帰国!和毅改めアフロ亀田?/サンケイスポーツ
プロボクシング「亀田3兄弟」の三男・和毅(18)=亀田=が、プロ10戦目となる5日のバンタム級8回戦(有明)で、かつらをかぶって入場することを示唆した。
和毅は2日、練習拠点のメキシコから3カ月ぶりに帰国。
到着ゲートにアフロヘアのかつらをかぶって登場し、周囲の爆笑を誘った。
(中略)
メキシコ滞在中、プロレス観戦に出かけ、現地で活躍する日本人レスラー、ウルティモ・ドラゴンの空中殺法に魅了された。
刺激を受けたのは技の攻防だけではない。
いまのボクシング界にはない、約1万人の観衆が一体になる雰囲気だった。
会場で日本円にして約1000円のアフロヘアを購入し、頭に乗せてお祭り騒ぎに酔いしれた。

ミステル・ニエブラメキシコマットのアフロヘアって言ったらミステル・ニエブラじゃないですか!
前回、貼り付けたYouTubeの動画で観客が被ってるアフロは会場で1000円くらいで売っているんですね。
そういえば、現在はWWEのファーム団体FCWに行ってしまったドス・カラスJr.がルード転向しマスクに角が生えた時も観客席に角付きカチューシャしてる人がたくさんいました。
会場内で売っているCMLLオフィシャルのグッズではなく、会場の外の露店で売っている物でしょう。

ミスティコフェリーノそうそう、意外とお茶目なミスティコはニエブラのアフロヘアを奪って被ることが多いですね(^o^)
そしてペスタ・ネグラでニエブラとユニットを組んでいるフェリーノも現在はボサボサの髪付きマスクを被っています。
ニエブラは入場時だけのカツラですが、フェリーノの方は試合中もこのまま、決して取れることはありません。


【2本目】
神の子、×がつく。/繰言別館ββ(もうのり塩はお腹一杯です)さん

これはタイトルの「神の子、×がつく。」を日本ブログ村で見つけ「ん?ミスティコは初代タイガーマスクみたいに連勝街道を爆走している訳ではないのになんだろう!?」って思ったんですよね。
「神の子」は「神の子」でも山本“KID”徳郁の離婚ネタでした。
KIDが離婚したというのは知っていたのに、完全に「神の子」=ミスティコしか浮かばない(^_^:)

ミスティコ私のそう多くはない脳の容量では
「神の子」=99% ミスティコ
「選ばれし神の子」=1% 中邑真輔
でKIDのことはすっかり忘れてました。


【3本目】
8月30日、全日本プロレス両国大会で約20年ぶりにプロレスに帰って来た船木誠勝。
試合翌日に全日本と1年間の選手契約を発表、サムライTVのSアリーナに出演しました。







淡々とした口調ながらも、なかなか興味深い発言が多かったです。
中でも面白かったのは、次期「FLASHING TOUR 2009」開幕戦、9月13日の後楽園ホールで対戦する稔についての言葉。
一番印象に残ってるのはHEATですね。
やっぱり、自分はタイガーマスク(初代)に憧れてプロレス界に入ったんで、逆にそういう新しいマスクマンになれるという環境が羨ましかったんですね。
マスク、貰いたいですね。

おそらく昭和40年代生まれには、こういう感覚の人って多いんじゃないですか?
もしかしたら船木もマスクを持っていたりして。
そう言えば、海外遠征時には緑のドラゴンマスクを作っていましたし、Vシネマではタイガーマスクを演じていました。
なんか物凄く親近感が湧いて来ます(^_^)/
以前、書いたように若手時代に強烈な思い出(船木誠勝 忘れ得ぬドロップキックの衝撃)があるのですが、これからの活躍にも大注目です!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン MISTICO TIGER