本題に入る前に、まずは当ブログ、本日3時31分35秒にめでたく8万アクセスを記録しました。
訪問くださる方々に感謝、感謝ですm(__)m

週刊プロレス No.1494さて、またもやタイミングが遅くなってしまいましたが、今週号の週刊プロレスNo.1484に9月28日アレナ・プエブラで行われたミスティコvs獣神サンダー・ライガーのIWGPジュニアヘビー級タイトルマッチがなんと!カラー2ページで載りましたね(^o^)/
アレナ・メヒコ、アレナ・コリセオのいわゆる中央での大会ではなかったので、色んなサイトを見ましたけど、あまり画像がなかっただけに、これは物凄く嬉しい!

ミスティコミスティコのマスクはアニベルサリオでのネグロ・カサス戦と同仕様のようです。
週プロの写真のおかげで、このマスクの後ろには「76」の上に「ANIVERSARIO」の文字が入ったスペシャルバージョンだったことに気付きました。
最近のミスティコはホントに色々なマスクで楽しませてくれます。
マスクやコスチュームを頻繁に変えられるというのもスペル・エストレージャの証ですね。
この試合を最後にメキシコから帰国したライガーですが「ミスティコは素晴らしい選手で、いくら若いとはいえ、尊敬する部分もある」とタイトルマッチ後にコメント。
戦い終わればノーサイドで清々しいです。
是非、今度は日本でライガー・ミスティコ組が見たいです。
きっとレジェンド、ライガーがミスティコの良い所を引き出してくれるでしょう。

ブラック・ウォリアー 裕次郎そしてアニベルサリオが終わり、ライガーの帰ったCMLLマットですが、次なる闘いが展開されています。
中でも注目は2つ。
まずは16日(金)アレナ・メヒコでのブラック・ウォリアーvs裕次郎のカベジェラ戦が正式決定しました。
アレナ・メヒコ金曜定期戦ではセミに登場することの多かったNO LIMITですが、ライガーのCMLL遠征、そして裕次郎&OKUMURAのトルネオ・デ・ラ・グラン・アルテルナティバ優勝と日本人勢の大活躍でメイン登場が格段に増えているように思います。
ミスティコとのマスカラ戦に敗れてからしばらくは鈴木みのるのような奇抜なヘアースタイルだったウォリアーがここのところ髪を伸ばしているのが気がかりではありますが(笑)
さて、このカベジェラ戦、ペロンになるのはどちらでしょう?

そして18日(日)、この週はコリセオではなくアレナ・メヒコのようですが、中堅、若手のマスクマンが金網で激突するマスカラ戦が行われます。
参加選手はアルカンヘル・デ・ラ・ムエルテ、アストロ・ボーイ、ぺガソ、ティグレ・ブランコ、ドクトル・エキス、スカンダロ、フーリガン、アンヘル・デ・オロ、タイガー・キッド、レイ・コメタ、フラッシュ、ポルボラの12選手。
CMLLに登場したばかりの若手がマスクを失うのは気の毒ですが、中堅だって・・・。
しかし、特別な遺恨もないのに金網でマスクを賭けて戦うのは酷な気がしますが、それがルチャのサバイバル競争なのでしょう。
個人的にはエキスのマスクのデザインが大好きなので、なんとかマスクを守って欲しいと思っています。

そして更にストロング・マンという筋肉ムキムキマンとWWEや新日本プロレスにも参戦したバル・ビーナスが参戦して来ますので、やっぱりCMLLから目が離せません!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン MISTICO TIGER