後半戦、出発!(長さん風に 古っ)

第6試合 レッスルキングダムIV スペシャルシングルマッチ 60分1本勝負
○真壁刀義(5分39秒、トップロープからのダイビングキングコングニードロップ→体固め)モハメド・ヨネ×

モハメド・ヨネ 真壁刀義真壁刀義 モハメド・ヨネ真壁刀義 モハメド・ヨネ真壁刀義 モハメド・ヨネ真壁刀義 モハメド・ヨネ真壁刀義 モハメド・ヨネ真壁刀義 モハメド・ヨネ真壁刀義 モハメド・ヨネ真壁刀義
藤原組長を師匠に持つヨネの普段は見せない何かが見れるかもしれないと思っていましたが、結果は真壁の圧勝!
この勢いでノアのタッグリーグも荒らしまくれ!


第7試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
<王者>×タイガーマスク(14分14秒、タイガー・フロウジョン→エビ固め)丸藤正道○<挑戦者>

丸藤正道タイガーマスクタイガーマスク 丸藤正道丸藤正道 タイガーマスク丸藤正道 タイガーマスク丸藤正道 タイガーマスク丸藤正道 タイガーマスク丸藤正道 タイガーマスク丸藤正道 タイガーマスク丸藤正道 タイガーマスク丸藤正道 垣原賢人丸藤正道
4代目タイガーは赤ラメ金模様のマスクで登場。
パンタロンも新調してきましたが・・・うーん、最近なんでもアリになってませんか?
マスクもパンタロンも、どんどん初代から離れていって個人的にはちょっと悲しかったです。
試合は丸藤のスペクタルワールド。
本当にこの人の独創力って素晴らしい!
ジュニアタイトルのグランドスラムおめでとうございます。
しばらく丸藤がベルトを持っていた方が色々なカードが楽しめそうです。
あっ、ミスティコと対戦したら、どんな凄いシーンが観られるのかとちょっと妄想(^_^;)


第8試合 レッスルキングダムIV スペシャルシングルマッチ 60分1本勝負
○棚橋弘至(19分4秒、ハイフライフロー→片エビ固め)潮崎豪×

潮崎豪棚橋弘至棚橋弘至 潮崎豪潮崎豪 棚橋弘至 潮崎豪潮崎豪 棚橋弘至棚橋弘至 潮崎豪
丸藤に続いて、棚橋の試合もハズレなし!
潮崎のペースに乗る所もありましたが、そこは2009年MVP男の貫禄、最後はハイフライフローで決めてマイク無しで四方への「愛してま〜す!」。
潮崎に足りないのはキャリアだけで、放ったチョップの音でドームを沸かせるなど、この人も未来を感じさせてくれる男でした。
数年後には、きっとこの棚橋戦が潮崎のターニングポイントとして語られるのではないでしょうか。


第9試合 GHCヘビー級選手権試合 60分1本勝負
<王者>○杉浦貴(20分54秒、足首固め)後藤洋央紀×<挑戦者>

後藤洋央紀杉浦貴 後藤洋央紀杉浦貴 後藤洋央紀
中邑、棚橋に話題を持っていかれている分、ちょっと尊をしていますが、後藤もいつも熱い良い試合を見せてくれます。
直球勝負しか出来ないのが後藤の良い所でもあり、もろい部分でもあると思うのですが、もうこのまま突き進んで欲しいです。
杉浦、田中と真正面からやり合える良いライバルがいるので、今年はもう一度浮上して、IWGP王者・中邑の前に立ってもらいたいです。
杉浦も良い選手ですね。


第10試合 IWGPヘビー級選手権試合 60分1本勝負
<王者>○中邑真輔vs高山善廣×<挑戦者>

高山善廣 入場高山善廣中邑真輔 高山善廣中邑真輔 高山善廣中邑真輔
6年前と同じような帝王の戦慄のカウンターの膝を喰らう場面もありましたが、あの時と違って、まだ安心して観れました。
それでも高山の攻めは1発1発が豪快で厳しい。
グーパンチの殴り合いも凄かった!
6年前は「拾った」感が否めなかった勝利を今回は「掴み取った」と思わせたのが中邑の成長だと思います。
だんだんと中邑なりの王者像が見えてきた気もします。
決着がついた瞬間にリングに上がり、中邑に詰め寄って挑戦アピールの中西は、ちょっとタイミングが悪くて・・・。
マイクも使わず、もしかしたら気付いていない観客もいたかもしれません。
でも、そこが中西らしい。


日本マット界最大のイベントらしい豪華な大会だったと思います。
リングへと続く花道と豪華な入場ゲート、光りと音の演出も素晴らしかった!
大型ビジョンを正面から臨む座席だったので、アレナ・メヒコの入場シーンもきっとこんな感じなんだろうなと思いながらデジカメを構えていました。

なんだかんだ言っても、やっぱり新日が元気じゃないと困ります!
無事にスタートを切った2010年、今年はどんな闘い模様を見せてくれるのでしょうか?
ヘビーは中邑、棚橋、真壁、後藤を中心に、ジュニアはCMLLが華を添えてくれるとますます面白くなると思います!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン MISTICO TIGER