訃報が続くプロレス界にまた悲しい知らせが・・・

新日本プロレスでレスラー、レフェリーとしてご活躍された柴田勝久氏が今朝、お亡くなりになったそうです。
悲報です。/プロレス・マスク・ミュージアムブログ/TIGER ARTS

柴田勝久/出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
柴田 勝久(しばた かつひさ、1943年12月4日 -2010年1月16日 )は、三重県桑名市出身で朝日山部屋(入門時は大鳴戸部屋)所属の元大相撲力士、元プロレスラー、レフェリー。大相撲時代の四股名は、三重ノ山 勝久(みえのやま かつひさ)。柴田勝頼は実子。
大鳴戸部屋(師匠は二瀬山)に入門して、柴田の四股名で1960年7月場所に16歳で初土俵を踏む。鉄扇(てっせん)と改名して1961年5月場所には序ノ口優勝、1963年9月場所には三段目優勝を果たした。この間、大鳴戸部屋と朝日山部屋の合併に伴い新・朝日山部屋所属となり、四股名も三重ノ山と改名した。しかし1966年9月場所限りで廃業、最高位は幕下35枚目。
大相撲廃業後はプロレスへ転向、1966年に東京プロレスに入団して同年10月12日プロレスデビューした。1967年2月の東京プロレス崩壊後は、日本プロレスを経て1972年の新日本プロレス旗揚げに参加。
1977年2月9日、肩の怪我のため、小沢正志戦で現役を引退、レフェリーへ転向。厳格なレフェリーとして活躍したが、1999年6月25日に新日本プロレス「柴田勝久レフェリー引退記念興行」でレフェリーを引退した。全試合終了後の引退記念セレモニーでは、息子勝頼を激励の意を込めてボディスラムで投げた。
2005年9月11日、メインイベントで勝頼が試合を行なったビッグマウス・ラウド旗揚げ戦にレフェリーとして参加した。
現在はドラディションで活躍。
2010年1月16日心筋梗塞にて急逝


私はレフェリーとしての柴田さんしか知らない世代ですが、現在の三重に移転する前に千葉で『オモチャのシバタ』を経営。
メキシコ直輸入のマスクなども販売していたようで、その関係か「れふりい・シバタ」のタグの付いたマスクをネット上でたまに見かけることがあります。
色々とネット検索していたら、ちょうど当時の物でしょうか、こんなタイガーのマスクを被る勝頼少年との親子ツーショット画像を見つけました。

謹んで心からご冥福をお祈りします。
そして頑張れ!柴田勝頼!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン MISTICO TIGER NEW