またいつもの噂話と同じであって欲しいと願っていました。
けれども、今回はいつもとは違うとずーっと感じていました。
ミスティコのWWEとの契約は真実でした。
ミスティコのWWE行き希望は新日本行き希望と同時期からありました。
「いつかは」がドスカラス・ジュニアがアルベルト・デル・リオとしてWWEで大ブレイクしてから、その思いは強くなったようです。
昨年9月にメキシコで会った際には僕にノートを見せて「WWEへ行くために今英語を勉強しているんだ」と言っていました。

そして12月、新日本のドーム大会にミスティコの名前が無かった事でミスティコ本人から僕に連絡があり、「WWEと契約した」と打ち明けられました。
ただこの時点では本人がそういってもドスカラス・ジュニアの時のように実際リングに上がるまでに1年かかる事もある訳で半信半疑でした。
「いつからアメリカへ行くの?」と聞くと1月中旬の予定だと。
じゃあ「FANTASTICA MANIA2011」には来日できないじゃないかと。
僕はWWEは事前に入ってた契約は出場できるはずだから、ちゃんとWWEと話してミスティコが主役なんだから「FANTASTICA MANIA」には必ず来るよう説得しました。


少年時代に夢中になった初代タイガーマスクがプロレスの入口でした。
初代タイガーの突然の引退以降も度々会場へ足を運んでいましたが、成人し仕事をし始めた辺りから時間的に観戦の機会は減っていました。
マスクがきっかけでメキシコの“神の子”を知り、理屈はともかく私にとってミスティコは四半世紀の時を越えてメキシコに現れた初代タイガーの再来だったのです。
「ミスティコ」以前に来日した時のことが原因で再び日本の土を踏むことはないと思っていたメヒコの英雄が'09年1月4日の東京ドームに飛来すると友人からメールをもらい、地元の体育館で都合のあった時以外は行くことのなかったプロレス会場に。
久しぶりに東京ドームへ向かいました。
その後、ミスティコの来日の度に両国国技館に。
そしてミスティコが教えてくれたルチャリブレの楽しさ、ルチャドールの素晴らしさを見届けにウルティモ・ゲレーロ、アベルノ、マスカラ・ドラダ、バリエンテ、ラ・ソンブラ達の応援に出掛けるようになりました。

FANTASTICA MANIAの大成功で少なくとも年に1回は“神の子”に会えると喜んでいた矢先のWWE移籍話。
正直まだまだ胸中は複雑です。
「ミスティコ」の所有権を巡り、まだ障壁はあるようですが、決まった以上は頑張って欲しい!
メキシコで、そして日本でも多くの人達を魅了したミスティコ。
WWE入りで、きっと世界中の人々から愛されることになるでしょう。
しばらく会場で試合を観たり、サイン会などで間近に接することはなさそうなのが残念ですが、これからも心からミスティコの活躍を応援し願っています。
そして、またいつか“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコのリングに、そしてFANTASTICA MANIAで約束してくれた最高のライバル、アベルノとのカンペオナートを実現しに「第二の故郷」日本に帰って来て下さい(涙)

Muchas gracias MISTICO!

Vamos MISTICO!


ミスティコ アベルノ
画像はFANTASTICA MANIA2日目のアベルノ戦で偶然に撮れた神の子に光が降り注ぐ不思議な画像。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW