サグラード現在はドットがプリントされたリクラプンティーニが全盛のマスク生地。
そんな中、数年前から見かけるようになったのが、レンズ柄と言いますか、プリズム模様と言いますか、およそ1cmの四角の模様が入ったリクラピエールに似た生地。
たしかこれ、最初の見たのは白のサグラードか黒のラヨ・デ・ハリスコJr.のマスクだったと思います。
白と黒の他に赤も見かけましたし、日本国内ではグレーをコスチュームに使っている選手がいますね。
四角が少し膨らんでいるように見える不思議な生地。
こういうのが出ると、どうしても自分の目で確かめたくなって入手しちゃいます。
実際に手にして見ると目の錯覚なのか、膨らんではいませんでした。
最近はこの生地のマスクを被っている選手も増えました。


ボラドールJr.更に最近、メキシコで流行りそうなのが、ボラドールJr.がルード転向後に被り出した通称ヴェノムで使った生地。
この生地は四角のレンズ柄以上に最初に見た時は不思議に感じました。
「なにコレ!? どうなってるの?」と(笑)
冷静に見ると、黒い生地がCの字のようにくり抜かれていて、くり抜かれた部分に見える白は黒い生地の内側にある物らしい・・・つまり2重生地になっているようです。
なので内側の生地の色を変えれば、組み合せは自由自在みたいです。
ただ、この生地はかなり特殊なので使用されるのはボラドールのヴェノムだけだと思っていました。
ところがどっこい、この生地をボラドール以外も被り始めました!


ドラゴン・ロホJr.ドクトル・エキス
ドラゴン・ロホJr.とドクトル・エキス!
たしかにこの生地はイメージ的にテクニコには合わないかもしれませんね(笑)
今のところ、この赤と黒しか見かけませんが、理屈的にはCの字の型があればくり抜ける訳で色や素材を選ばず、今後は他の色も見かけるようになるかもしれません。
ただ、この生地の最大の難点は耐久性だと思います。
ある程度、強い素材でないと簡単に千切れてしまいそうです。
そういった意味ではマスク以上にマットに擦れるタイツやニーパッドなどのコスチュームに使うのは無理かもしれません。
今、入手したい生地No.1(笑)
これもどんな感じなのか自分の目で確かめたい!と思う今日この頃。
マスクってどんどん進化するので、やっぱりその魅力は無限大です!! (^_^;)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask