3月30日(金)アレナ・メヒコ大会の結果速報です!

プリンス・デヴィットvsボラドールJr.

大注目の一戦、王者ボラドールJr.が新日本プロレスから遠征中のIWGPジュニアヘビー級王者プリンス・デヴィットを挑戦者に迎えたNWA世界ヒストリック・ミドル級タイトルマッチはデヴィットが勝利!!
第3代王者のボラドールは2月14日にグアダラハラでラ・マスカラから王座奪取、残念ながら初防衛に失敗しました。

30年来の新日ファンにとって、これは正直嬉しい結果。
昭和の時代とは全く異なる管理、運営ながら、やはり新日の選手がNWAの名を冠したタイトルを奪取すると心躍るものが今でもあります。
昨年、ヒストリックと改称され、ベルトのデザインも一新されましたが、元々はNWA世界ミドル級だったタイトル。
歴史を繙けば、第43代王者にはサトル・サヤマの名も刻まれている由緒あるベルトです。

デヴィットのCMLL遠征がいつまでなのか、アナウンスされていませんが、おそらく遅くても5月27日開幕の“ジュニアの祭典”BEST OF THE SUPER Jr. XIXには新日に帰って来ると思います。
残念ながら初防衛に失敗したボラドールですが、デヴィットとは間違いなく、日墨軽量級のトップ同士の対戦。
スーパー・ジュニアにエントリーしてデヴィットと再戦が1番ですが、例えスーパージュニアに他のルチャドールが参戦したとしてもデヴィットvsボラドールは日本でも是非実現して欲しいカードです!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン