テリブレvs高橋裕二郎のCMLL世界ヘビー級タイトルマッチに向けての舌戦、新日のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦したアンヘル・デ・オロの帰国報告、マキシモの新日7月シリーズの参戦、6月29日(金)アレナ・メヒコでルチャドーラ10人参加の金網マスカラ・コントラ・カベジェラ戦「インフィエルノ・エン・エル・リング」の開催など様々な発表があった6月20日のCMLLの会見。
〈なんと2代目「ミスティコ」襲名へ!! テリブレvs裕二郎のCMLL世界ヘビー級選手権が実現!! CMLL最新情報!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

中でも最も注目を集めたのはやっぱりドラゴン・リーの2代目ミスティコ襲名。
この会見の動画がアップされています。

この動画を見て、画像だけではわからなかったことが1つわかりました。
やはりこのマスクは2代目誕生の為に新しく作られた物ではないと思います。
フライ・トルメンタがアタッシュケースから取り出したマスク、ベロにはCMLLのタグが縫い付けられていました。
選手が実際に試合で被る物と同じ作りではあるものの、このタグ付きマスクは販売用のはずです。
サイズ的にも初代より2代目の方が若干、頭が小さいようで少し生地にたるみがあるように見受けられました。
このまま試合で使っても支障はないレベルでしょうけど、これで2代目のリングデビューの時は真新しいマスクを被る可能性が高くなったと思うのですが、はたして!?
まだデビューの日が正式発表されてはいませんが、これでますますその日が楽しみになりました。

そしてもう1つ。
会見で数々の優勝賞品が発表された「エン・ブスカ・デ・ウン・イドロ」。



ティタン トリトン先週22日(金)のアレナ・メヒコでティタンvsエウフォリアの決勝戦が行われ、ティタンが優勝。
新日で来年も開催予定のFANTASTICA MANIAの参戦権を獲得、他のルチャドール達よりも早く来日メンバーの座をゲットしました。
どこか爬虫類を彷彿とさせるティタンのマスクとコスチューム。
2011年秋に前名パラシオ・ネグロから現在のティタンに転身。
同時にメタル・ブランコから転身したトリトンとのタッグを中心に活動する軽量級の新星。
今後は2代目ミスティコ&トリトンとトリオで売り出しながら、凌ぎを削る出世争いを展開したら面白そうです。
見る者を驚愕させる奇想天外な空中戦はラ・ソンブラやマスカラ・ドラダなどもう出尽くしたのではないかと思うところもありましたが、まだまだ進化は止まりません。
ティタン独特のムーブは逆立ち!
たいてい逆立ちして歩いている所を対戦相手に攻撃されちまいますが(笑)
この逆立ちムーブ、来年のFANTASTICA MANIAで日本のファンのハートを掴むかもしれませんよ!
今から初来日が楽しみです。
欲を言うとトリトンと同時初来日してくれたら最高です。
トリトンはマスクとコスチュームが白基調なこともありますが、体型が初代ミスティコによく似ていて注目している1人です。
あっ、ティタンの決勝戦の相手、エウフォリアのマスクがどことなくウルティモ・ゲレーロっぽくマイナーチェンジされていました。
同じくゲレーロ的なマスクのニエブラ・ロハと今後はゲレーロス近衛兵的なポジションになるのでしょうか?


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン