ふく面ワールドリーグ戦 優勝トロフィー
ソラール
第5回ふく面ワールドリーグ戦全選手入場式
ハヤブサ
さてバッドボーイと阿修羅のオープニングマッチに続いて、いよいよお楽しみの「第5回ふく面ワールドリーグ戦」の開幕を告げる全選手入場式。
リング上には参加全16選手のデザインが盛り込まれたコラボマスクとドス・カラス、4代目タイガーマスク、アトランティスの歴代優勝者のマスクが収められた優勝トロフィーが置かれ、各試合2選手ごとに入場。
全く情報のないグレート・ゼブラは入場式をボイコット!?
それでも15人のマスクマンがリング上に揃うと圧巻、自然と興奮度はアップします。
席の関係で全部のマスクマンが見れる位置ではありませんでしたが、この後に登場する試合と違うマスクを被っていたのはソラールさんとウルティモ・ドラゴン校長とザ・グレート・サスケの3人だけだったと思います。
“ドクトル・ルチャ”こと清水勉実行委員長の挨拶の後、大会の最高顧問に就任したハヤブサ選手があの入場テーマソングで新崎人生の押す車椅子に乗って入場。
昨年の「仮面貴族FIESTA」で10年ぶりにリングに立った大感動シーンに立ち会って以来、この曲をサムライTVなどで聞くだけで涙が出ます。
この日はまわりの目もありますし、なんとか堪えましたが。
車椅子から立ち上がったハヤブサさんが開会宣言、もちろん最後は「お楽しみはこれからだー!!」


ソラール
K-ness.
ソラール K-ness.
ソラール K-ness.
K-ness. ソラール
ソラール
ソラール K-ness.
ソラール
まずはソラールさんが入場、カネックのオンブレ・アギラのデザインのアギラの部分に自身のマスクの模様が縫い付けられた最新デザインのオーバーマスクに腰には昨年7月31日、ネグロ・ナバーロとの王者決定戦で勝利したMWFジュニアヘビー級のベルトを巻いていました。
オーバーマスクの下は金サテンのオーソドックスなマスク。
最近の若いメキシコのマスクマン達は皆、ロングタイツ1枚というスタイルが多いですが、ソラールさんのように膝当ての付いたロングタイツの上にショートタイツを身に付けるスタイルは少年時代に見ていたメキシカンそのもので、これだけでワクワクしてしまいます。
K-ness.の試合を見るのは初めてでしたが、完全にソラールさんのペースに飲み込まれてしまった印象。
「ソラール!」の声援にこれでもかと何度も「ヘーイ!」と反応し、観客のハートを掴み、K-nessとの攻防もケブラドーラ・コン・ヒーロと数々のジャベで決してペースを渡さない。
そして相変わらず、1956年生まれの56才とはとても思えないグッドコンディションでした。
日頃のトレーニングの賜物に他ならないのでしょうが、メキシコのベテランルチャドールの元気さにはいつも驚かされます。
キャリアに勝るソラールさんの貫禄勝ちといった印象でした。

第2試合 ふく面ワールドリーグ戦決勝トーナメント1回戦 時間無制限1本勝負
○ソラール(10分8秒 ソラリーナ)K-ness.×
〈8・31『第5回ふく面ワールドリーグ戦〜決勝トーナメント〜 』後楽園ホール大会試合結果/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉
〈第5回ふく面ワールドリーグ戦、サスケやライガーらが順当にトーナメント一回戦突破!ラッセは2回戦で師匠超えを狙う!/バトル・ニュース〉

試合後のコメントにみちのくプロレスにルーツを持つ選手などなど興味深い発言が多かったのですが、これを報じているサイトが見当たらないので週刊プロレスmobileから引用します。
ソラール
「日本のアミーゴにまた会うことが出来て嬉しい。私はジャベのチャンピオンの称号を持っている。今日、巻いてきたベルトがそうだ。このトーナメントに優勝して大好きな日本でその防衛戦を実現させたい」

K-ness.
「情けない。何にも出来なかった。何もやらせてもらえなかった。なんだ・・・。正直、試合やる前から緊張もあったけど、おっさんだろうと。いい年こいたレジェンドだか何だか知らないけどさ。もう昔の人間だよ。甘く見てた。甘く見過ぎてた。あんな・・・やっぱり日本のスタイルとは違う。メキシコのスタイルだよ。何をやっても何でも返されるし、何にもかけられない。レスラー人生16年やって初めての体験、今日はしましたよ。さすがレジェンド。まあ俺が弱いから、これだけ返せなかったのかもしれないけど、ただ俺はみちのくのリングでデビューして16年ぶりにこのリングに帰って来ました。当時K-ness.じゃないけど、本名の斎藤誠でみちのくでプロレスラーという道を第1歩を踏ませてもらったこのみちのくで、16年経ってやっとふるさとに帰って来ることが出来ました。それもこういうふく面ワールドリーグという大舞台に。僕を呼んでくれた人生社長、サスケ会長、ホントに感謝しています。ホントに涙が出る思いで今日の入場式、リングに上がりました。でも明日、明後日、またこのみちのくのリングに上がり続けます。ふるさとのリングに僕はレスラーとして東北の地にまた明日から帰ります。1回戦は負けましたけど、そんなのどうでもいいです。ソラールは強かったし、僕はみちのくプロレスに再び上がれたってことが僕は心から本当に嬉しいです」




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン