毎月末恒例のCampeones de CMLL。
2012年9月末日現在(日本時間)のCMLLで行われているタイトルのチャンピオン一覧です。
カッコ内は防衛回数とその月に行われたタイトルマッチです。

LOGO CMLL

■ CMLLウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ
2010年 獣神サンダー・ライガー
2011年 ラ・ソンブラ
2012年 テリブレ (8月31日 アレナ・メヒコで棚橋弘至との決勝戦を制す)

トーナメント1週目の動画はこちらで紹介済み→〈カンペオン・ウニベルサル2012トーナメント1週目 動画/Mask Maniaへの道!!〉
トーナメント2週目の動画はこちらで紹介済み→〈“逸材”登場 カンペオン・ウニベルサル2012トーナメント2週目 動画/Mask Maniaへの道!!〉
そして、紹介がすっかり遅くなってしまったテリブレvs棚橋の決勝戦



■ CMLL世界ヘビー級
第17代 テリブレ (3度防衛 9月10日 アレナ・プエブラでディアマンテ・アスールの挑戦を退ける)



■ CMLL世界ライトヘビー級
第12代 ルーシュ (7度防衛 9月9日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでレイ・ブカネロの挑戦を退ける)

■ CMLL世界ミドル級
第17代 ドラゴン・ロホJr. (4度防衛)

■ CMLL世界ウェルター級
第26代 マスカラ・ドラダ (7度防衛)

■ CMLL世界スーパーライト級
第12代 ヴィールス (2度防衛)

■ CMLL世界ミニ
第12代 ペケーニョ・オリンピコ (2度防衛)

■ CMLL世界女子
第15代 マルセラ (5度防衛 9月17日 アレナ・プエブラでアマポーラの挑戦を退ける)

■ CMLL世界6人タッグ
第24代 マルコ・コルレオーネ&ルーシュ&マキシモ (4度防衛 9月7日 アレナ・メヒコでウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr.&レイ・エスコルピオンの挑戦を退ける)

■ CMLL世界タッグ
第32代 アトランティス&ディアマンテ・アスール (1度防衛 9月16日 アレナ・メヒコでミステル・ニエブラ&フェリーノの挑戦を退ける)




■ NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第3代 レイ・ブカネロ (1度防衛)

■ NWA世界ヒストリック・ミドル級
第5代 ドラゴン・ロホJr. (0度防衛 9月28日 アレナ・メヒコでプリンス・デヴィットから奪取)

■ NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第3代 ネグロ・カサス (1度防衛)


■ ナショナル・ライトヘビー級
第62代 ラ・マスカラ (8度防衛 9月17日 ヌエボ・アレナ・テピートでボラドールJr.の挑戦を退ける)

■ ナショナル・ウェルター級
第70代 ティタン (0度防衛 9月4日 アレナ・メヒコでポルボラから奪取)



■ ナショナルライト級
第49代 ペケーニョ・ピエロー (5度防衛)

■ ナショナル女子
第16代 プリンセサ・ブランカ (7度防衛)

■ ナショナル6人タッグ
第33代 ボラドールJr.&ブラック・ウォリアー&ミステル・アギラ (0度防衛)


現地時間では8月ですが、日本時間だと今月に行われたカンペオン・ウニベルサル2012トーナメントの決勝で棚橋がテリブレに惜敗と日本のファンからすると残念な結果となってしまいました。
棚橋は結局、今回の遠征ではIWGPヘビー級の防衛戦もなく、メキシコのタイトルへの挑戦もありませんでした。

そしてNWA世界ヒストリック・ミドル級がデヴィットからロホに移動。
そういえば、2010年5月に福岡で行われたCMLL世界ミドル級タイトルマッチで王者ネグロ・カサスから獣神サンダー・ライガーがベルト奪取。
この後、“世界の獣神”は日墨を股にかけ、ラ・ソンブラ、マスカラ・ドラダ、エル・テハノJr.とトップルチャドールを相手に4度防衛。
ライガーのベルト奪取からおよそ1年半後の2011年11月にベルトをメキシコへ奪還したのもロホでした。
初来日のFANTASTICA MANIA 2011の時にはラ・マスカラの直前到着による体調不良のあおりを受けたり、あまり活躍が望めるようなマッチメークではなかったりで本領発揮出来たとは言えませんでしたが、それでも新進ルードの活きの良さは感じさせてくれました。
近いうちの再来日を期待していましたが、その後の来日は無し。
しかし、ライガーとデヴィットからベルトを奪った実績から日本でも成功する可能性があるかもしれません。
新日本プロレスが招聘するルチャドールはテクニコとルードのセットでやって来るパターンはありますが、ピンの場合は大概がテクニコ。
ルチャと言えば、やっぱりマスクを被った空中戦士だろという部分は十分に理解出来ますので、来年のFANTASTICA MANIAにちゃんとした意味のあるカードで再来日してくれると嬉しいです。

さらにティタンがポルボラからナショナル・ウェルター級王座を奪取。
次から次に有望な若い空中戦士が現れるCMLLではありますが、アンヘル・デ・オロの次の有望株はこのティタンとトリトンが双璧だと思います。
かつての初代ミスティコ&ボラドールJr.&ミステリオッソJr.やボラドールJr.&ラ・ソンブラ&サグラードのように2代目ミスティコ&ティタン&トリトンが新世代空中戦トリオで活躍するようになると夢がありますね。
ティタンとポルボラのタイトルマッチは一進一退、白熱の好試合。
カウント2.9の応酬に日本のスタイルの影響を感じたのは気のせいでしょうか?

9月はタイトルマッチ以外にも年間最大のビッグショー「アニベルサリオ」でルーシュvsテリブレのカベジェラ戦が実現。
しばらく低迷が続いていたCMLLの人気回復の兆しが見えてきたような気がしてなりません!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン