一昨日、日本プロレス界でもはや年末の風物詩となった宇宙大戦争を観戦しにみちのくプロレス「2012年最終戦・東京大会」を後楽園ホールに行って来ました。
もちろん宇宙大戦争の後を締めるメインのフジタ“Jr”ハヤトvs中嶋勝彦の東北ジュニアタイトルマッチも楽しみでした。

ムーチャス入江
試合前の全選手入場式はなく、ムーチャス入江リングアナウンサーが1人リングへ。
「東京ドームの嵐コンサートではなく、みちのく後楽園へご来場ありがとうございます」と軽く観客の笑いを誘った後、10月から期間限定、四国と宮城県、山形県、福島県のサークルKサンクスにて販売されている徳島ラーメン人生カップラーメンがこの日の後楽園ホール売店で売られていることを宣伝。
「通常価格298円のところ、2円おつりを出すのが面倒とのことで300円で販売されています」に観客大爆笑。
続けて「2円は東北に寄付する気持ちで」と好フォロー。

気仙・沼ジローラモ
その後、気仙・沼ジローラモが復興応援ソング「しゃぼんだま」を披露。
以前はTシャツにジーンズという出で立ちでしたが、ウルティモ・ドラゴン校長プロデューズでイタリア人キャラになったため、ずいぶんとスタイリッシュな装いで登場しました。


郡司歩
佐々木大地
大柳錦也
新崎人生
大柳錦也 佐々木大地
新崎人生 郡司歩
新崎人生 佐々木大地
大柳錦也 郡司歩
大柳錦也 郡司歩 新崎人生
大柳錦也 郡司歩
第1試合はベテランと若手のタッグマッチ。
佐々木大地と郡司歩は若さに任せて一直線に攻撃するも新崎人生と大柳錦也は軽くいなすような試合展開。
「何もさせてもらえない」というよりも「何をしても効かない」といった感じ。
郡司のドロップキックで人生は揺るがず、逆に人生が同じ技を放つと郡司はぶっ飛んだシーンがやたらと印象に残っています。
人生の拝み渡りや念仏パワーボムが見られることなく、最後は大柳が卍固めから延髄斬り、ゴッチ式パイルドライバーと繋ぎ、郡司からスリーカウント奪取。
ベテランチームが貫禄を見せた試合でした。
でも何度も踏み潰されて育った若芽はいつかきっと綺麗な花を咲かせるはず!

第1試合 15分1本勝負
新崎人生&○大柳錦也(12分58秒 ゴッチ式パイルドライバー→エビ固め)佐々木大地&郡司歩×
〈12・13『2012年東京大会最終戦』後楽園ホール大会試合結果/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉



 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン