2016-10-19-18-54-51
2016-10-19-18-55-00
2016-10-19-18-54-45
メキシコ時間10月18日のアレナ・メヒコ火曜定期戦でCMLLの新キャラクターであるドローン選手がデビュー。
デビュー前の12日に行われたCMLLの会見では、デビューする全てのルチャドールが紹介される訳ではないなかでお披露目され、その期待の高さがうかがえました。

24分頃からドローン選手が登場します。

しかし、その出で立ちはどことなくウルトラマンを連想させるコスチュームに白地に目のまわりに羽根の模様が付いただけの至ってシンプルなマスク。
お世辞にもカッコいいとは言い難いスタイル。
またお腹まわりがぽっちゃりしているように見えました。
Twitterで紹介したら、キャプテン・ニュージャパン的なゆるキャラを想像した方が多く、また予想外の反応の多さでした。
会見で明かされたプロフィールはメキシコ北部出身でマエストロはルーシュ選手、ミスティコ選手、ドラゴン・リー選手の叔父であり、ピエロー選手の兄であるフランコ・コロンボだということのみでした。

image
デビュー戦は第4試合でROH遠征帰りで来日直前のアンヘル・デ・オロ選手、ゲレーロ・マヤJr.選手と組み、エチセロ選手、ミステリオッソJr.選手、サグラード選手と激突。
メンツ的にこれが全くのデビュー戦ではなく、前キャラクターからの転身をにおわせます。

1時間分3分頃からが第4試合です。

右足はトップロープに左足はセカンドロープで踏み切る珍しいラ・ケブラーダやフィニッシュとなったアラビアン・プレスなど独特な技を繰り出し、終始アグレッシブで元気の良いルチャを披露。
ぽっちゃりと見えたお腹はコスチュームのせいで、腰の赤い部分がもう少し上まであれば、ずいぶんとスッキリするような印象を受けました。
この闘いぶりは間違いなく、あるルチャドールの転身だと思います。
来年のファンタスティカマニアに呼んで欲しい未来日ルチャドールの1人でした。
前キャラのマスクのデザインが秀逸だっただけに残念ではありますが、このキャラクターチェンジでステップアップ出来るのあれば良いことだと思います。

image

試合後にオロ選手からちょこんとケツを蹴られたのはオロ選手の「良かったな」「頑張れよ」という意味が込められた祝福と激励だったのでしょうか?

新登場のキャラクターに付けられたDRONEという名前、コスチュームに我々日本人が思い浮かべるドローンと同様の模様が入っていて、一応メキシコ在住の友人に確認してみましたが、メキシコでも日本と同様、あの小型探査機ドローンを意味するようです。

今後、ドローン選手のリング上の活躍と比例して、カッコ良く進化すると思われるマスクとコスチューム。
もともと期待していた若手の1人でしたので、これからの活躍と容姿の変化を見守りたいと思います。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン