1月のファンタスティカマニア2017に「ミキティコ推薦枠」で初来日を果たしたソベラノJr.選手。
その華麗なファイトスタイルとルックス、そしてリング外でのファンサービスでルチャ女子の皆さんのハートを射抜いて日本でも一躍人気者になりました。

メキシコ帰国後はその人気に嫉妬した (?)ミステリオッソJr.選手から対戦の度にマスクを剥がされ、そして何故か被られてしまうという、見る者からすると少し微笑ましくもある抗争を展開。
また、3月26日にアレナ・ナウカルパンで開催されたルチャ・メメスではプライベートでも仲の良いドラゴン・リー選手とのタッグで出陣し、普段のCMLLでは見られないルチャを展開していました。

4月14日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で行われたコパJr.の予選1週目にエントリー。
参加ルチャドールはソベラノJr.選手の他はテクニコがテ・パンテル選手、ドローン選手、オロJr.選手。
ルードがクアトレロ選手、カネロ・カサス選手、イホ・デル・シグノ選手、エスパントJr.選手。
ここを見事に勝ち上がり、翌週21日の予選2週目を勝ち上がってきたサンソン選手と28日に決勝戦で激突。
結果、ソベラノJr.選手がコパJr.2017優勝の栄冠に輝きました。

コパJr.制覇にCMLLが用意したのが、5月12日のアレナ・メヒコ金曜定期戦でのナショナル・ウェルター級王座挑戦。
同王座の現チャンピオンはレイ・コメタ選手。
コメタ選手はペカソ選手と共にAAAからCMLLに移籍、もともとはマスクマンでしたが、2012年9月にプーマ・キング (現プーマ) 選手とのマスカラ・コントラ・マスカラに敗れて素顔に。
2013年3月にはストゥーカJr.選手と組み、OKUMURA選手とナマハゲ選手とのマスカラ・コントラ・カベジェラで勝利し、OKUMURA選手の髪の毛とマスクを奪いました。
同年4月にはナマハゲ選手とカベジェラ・コントラ・カベジェラを行い、リベンジに燃えるナマハゲ選手の髪の毛を刈りました。
2014年にはバルバロ・カベルナリオ選手との抗争が勃発。
9月にはカベジェラ・コントラ・カベジェラまで発展し、惜敗して自慢の挑発を刈られる屈辱を味わいました。
2015年、ファンタスティカマニア参戦後に膝の負傷で長期の戦線離脱。
復帰後、再びカベルナリオ選手との抗争が再開され、2016年6月には、ついに宿敵カベルナリオ選手に勝利し、ナショナル・ウェルター級王座を獲得、第74代王者に。
タイトル奪取の勢いのまま、翌7月に再びカベルナリオ選手とカベジェラ・コントラ・カベジェラで激突しましたが、またもや返り討ちにされ、ようやく伸びた髪を刈られてしまいました。
今年3月にカベルナリオ選手を挑戦者に迎え、初防衛に成功。
このように、ここ数年のカベルナリオ選手との抗争はカンペオナートでは勝利するものの、カベジェラ戦で2度目も髪を刈られる悲劇の王者のイメージ。
個人的には今度こそ、今度こそリベンジして欲しいと願っていました。

そんな苦労人の王者コメタ選手に一気にスペル・エストレージャへの階段を駆け上がろうとするソベラノ選手のCMLLでは異例のテクニコ対決。
ルード対ルードはわりと組まれることはありますが、ごく稀に行われるテクニコ対決はどちらとも今一歩踏み込めずに凡戦で終わることが多かったので、今回も少し心配していました。

日本時間で昨日行われたカンペオナートをライブ配信で観戦しました。
コメタ選手が入場した後、何らかのトラブルでソベラノ選手の入場から1本目の勝負がつく直前までは見られませんでしたが、試合前の心配が吹き飛ぶような両者の持ち味が存分に発揮される試合内容でした。
コメタ選手のセコンドはこの日は試合のなかったフエゴ選手、ソベラノ選手には直後に試合が組まれているドラゴン・リー選手がセコンドに付き、リング上だけを超えた2組の関係性の深さを思わせました。
1対1で迎えた勝負の3本目、互いに得意にしているトルニージョや必殺技を繰り出し、最後はカナディアン・デストロイからスリーカウントを奪い、歓喜のソベラノ選手。

image
image
試合後はソベラノ選手がコメタ選手の手を取って起こし、健闘を称え合って抱擁。
そしてコメタ選手がソベラノ選手の手を上げ、さらにはベルトを巻いてあげるシーンに2人への様々な感情が爆発してしまいました。
試合前は応援している2人の対決に胸中複雑ではありましたが、清々しい2人の様子を見て安心しました。
そして第75代王者となったソベラノ選手を素直に祝福する気持ちになれました。
まさしく飛ぶ鳥を落とす勢いのソベラノ選手。
CMLLの近未来のエース候補はまだ23才。
おじいさんから3代続く「ソベラノ」の名。
おじいさんとおじさんは“ルチャの殿堂”には残念ながら届きませんでした。
お父さんは「ソベラノ」から改名し、ルードに転向した後に“ルチャの殿堂”でスペル・エストレージャになりました。
そして、ついに「ソベラノ」の名を継承した孫が“ルチャの殿堂”の金曜定期戦でナショナル王座を腰に巻きました。
一族の喜びはいかばかりでしょう?

image
今後ますます本国メキシコで飛躍するでしょうし、再び新日本プロレスへの飛来を期待しています。
「スーパージュニアに出たい」と語っていた願いは今年は叶いませんでしたが、来年こそは実現して欲しいと思いますし、その前に今年秋のジュニアタッグトーナメントにドラゴン・リー選手との仲良しコンビを、そして2年連続のファンタスティカマニア参戦を願わずにはいられません。
Felicidades Principe!!

残念ながら、王座陥落してしまったコメタ選手は16日のアレナ・メヒコ火曜定期戦で宿敵カベルナリオ選手とのマノ・ア・マノが組まれています。

image
因縁の相手との対決に三度カベジェラ戦へ動き出すのか、こちらも注目です。
コメタ選手ももちろん再来日して欲しいルチャドールです。
Buena suerte Cometa!!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン