A6504D69-570A-4030-AEF8-633A5AF32B9A
大雪に見舞われた1月22日のファンタスティカマニア2018最終戦、後楽園ホール大会で壮行試合を行い、メキシコCMLLへ武者修行に旅立った川人拓来選手。
2月2日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で「カワト・サン」のリングネーム、赤のパンタロン着用でCMLLデビュー。
カワト選手が出場した第2試合の対戦カードはアウダス選手&レイ・コメタ選手&ペガソ選手vsカワト・サン選手&ヴィールス選手&ミステリオッソJr.選手。
キャプテンはテクニコスがコメタ選手、ルードスがヴィールス選手。

第2試合は19分53秒から

1本目はアウダス選手が得意の旋回式腕十字でキャプテンのヴィールス選手に勝利。
2本目はミステリオッソ選手がキャプテンのコメタ選手から足へのジャベで勝利。
決勝の3本目、ヴィールス選手がアウダス選手のマスクを剥ぎ取り反則負け、コメタ選手、ペガソ選手、アウダス選手のテクニコス勝利となりました。
遠目からはどことなく新日本プロレスのジャージを思わせる赤のパンタロンはサイドに金と白のラインが入り、腰のベルトと後ろの羽、翼のデザインは白、左の腰の部分には日の丸が縫い付けられていました。全体的にカワト選手の真面目さ、ひたむきさが伝わる試合内容で3本目にコメタ選手に放った柔軟性あるジャーマンスープレックスは強烈でした。
マットが硬いことで知られる“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコでジャーマンはカワト選手にとって強烈な武器となるかもしれません。

そしてこちらが試合後のバックステージインタビュー。
今まではヤングライオンが巣立ちCMLLへ武者修行した際には傍らにOKUMURA選手という心強い存在があるのが常でしたが、OKUMURA選手は現在、サム・アドニス選手とジョニー・アイドル選手との多国籍軍ユニットで大暴れ中。
右も左もわからぬ地で慣れないルードとしてスペイン語もままならない中、カワト選手になんとかコメントさせようとするベテランのヴィールス選手とミステリオッソ選手の気遣いが有難い。
まだまだ初々しさを感じるカワト選手ですが、試合を重ねる度にルードのふてぶてしさを身に付けていくことでしょう。

E57E2BA1-5AF0-407B-B7F1-3035D09DB3CD
最後に現在発表されているカワト選手の今後のスケジュールを。
2月4日アレナ・メヒコ日曜定期戦の第3試合でブルー・パンテルJr.選手&フエゴ選手&テ・パンテル選手vsカワト・サン選手&ポルボラ選手&ディストゥルビオ選手。(ライブ配信なし)

EFD20F23-628C-4401-8C7C-622920921A3B
2月6日アレナ・メヒコ火曜定期戦の第4試合でティタン選手&ソベラノJr.選手&レイ・コメタ選手vsレイ・ブカネロ選手&フェリーノ選手。(日本時間7日午前10時30分からライブ配信あり)

かつてCMLLに大旋風を巻き起こした内藤哲也選手やカマイタチ=盒競劵蹈狒手のようにカワト選手の変貌と大活躍を楽しみにしています。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

コメントする

名前
 
  絵文字