8061CC9E-EF2F-44A2-B26D-2058BA05908B
今年もたくさんの夢が詰まった“ルチャの祭典”ファンタスティカマニアが終了しました。
ハポンへ、ニュージャパンへ、そしてファンタスティカマニアへ行く願いが叶い飛来した史上最も豪華 な参戦ルチャドール達の想いと年に1度の夢空間をずっと待ち侘びていたファンの想いが重なり合って、今年も極上の幸福感たっぷりのシリーズだったと思います。

E3D50333-2B5E-4A9C-AAD0-6BBFE3866F6B
最終戦のメインでボラドールJr.選手とのマノ・ア・マノに惜敗したもののボラドール選手から締めのマイクを託され、さらに感動のフィナーレの最後の最後にリングに立っていたのは初開催の2011年以来8年ぶりにファンタスティカマニアに帰って来てくれた“神の子”でした。
改めてカリスティコ選手の空中弾の独特な浮遊感と圧倒的なオーラに酔いしれました。
もうすでに来年の開催が待ち遠しい。

ここからが本題です。
ファンタスティカマニア2日間観戦の写真整理で更新が少し遅れましたが、月に1度、各タイトルの動向を振り返るCampeones de CMLL。
CMLLで防衛戦が行われている主要タイトルの2019年1月末日現在のチャンピオン一覧、カッコ内は防衛回数と1月に行われたタイトルマッチです。

320C15D9-2345-4850-AE3A-5A421079FFBE

●カンペオン・ウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手
2017年 ボラドールJr.選手
2018年 未開催


●CMLL世界ヘビー級
第20代 ウルティモ・ゲレーロ選手 (1度防衛)

●CMLL世界ライトヘビー級
第16代 ニエブラ・ロハ選手 (5度防衛 1月28日 アレナ・プエブラでルシフェルノ選手に防衛)

1時間28分11秒からがCMLL世界ライトヘビー級王座戦

●CMLL世界ミドル級
第19代 クアトレロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第32代 メフィスト選手 (13度防衛)

●CMLL世界ライト級
第15代 ドラゴン・リー選手 (6度防衛)

●CMLL世界ミニ
第14代 ショッケルシート選手 (4度防衛)

●CMLL世界女子
第19代 マルセラ選手 (1度防衛 1月27日 新木場1stRINGで本間多恵選手に防衛)

●CMLL世界タッグ
第40代 ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手 (1度防衛 1月29日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでルーシュ選手&ラ・ベスティア・デル・リング選手に防衛)



CMLL世界6人タッグ
第30代 ウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (1度防衛)


●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第7代 ストゥーカJr.選手 (2度防衛 1月13日 アレナ・メヒコでエチセロ選手に防衛)

試合後のバックステージインタビューとダイジェスト動画

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第8代 カリスティコ選手 (1度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第9代 ボラドールJr.選手 (1度防衛)


●ナショナル・ヘビー級
第65代 テリブレ選手 (3度防衛 1月1日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでバンジェリス選手に防衛)



●ナショナル・ライトヘビー級
第71代 バルバロ・カベルナリオ選手 (0度防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第75代 ソベラノJr.選手 (5度防衛)

●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ選手 (4度防衛)

●ナショナル女子
第20代 メタリカ選手 (0度防衛)

ナショナル6人タッグ
第40代 サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手 (7度防衛 1月21日 後楽園ホールでアトランティス選手&アンヘル・デ・オロ選手&ティタン選手に防衛)

BC4F954F-3E83-4F84-95CB-A860F8364FA6
〈CMLL FANTASTICA MANIA 2019 2019年1
月21日 東京・後楽園ホール 第4試合 ナショナル6人タッグ選手権試合 アトランティス&ティタン&アンヘル・デ・オロ VS サンソン&クアトレロ&フォラステロ/新日本プロレスワールド〉



参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉



これらのタイトルホルダーのみに出場権利が与えられる“メキシコ版G1”宇宙一決定戦トルネオ・カンペオン・ウニベルサル2019が2月1日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で開幕。
今までは秋に開催されてきましたが、昨年はCMLL世界ライト級王者ドラゴン・リー選手の長期のテレビ出演の影響か開催されませんでした。

F2CEC864-6FC3-416E-A8AD-F1DCBC355796
2月1日の予選1週目にエントリーされたのが、テクニコがNWA世界ヒストリック・ミドル級王者カリスティコ選手、CMLL世界ライト級王者ドラゴン・リー選手、CMLL世界タッグ王者バリエンテ選手、NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級王者ストゥーカJr.選手。
ルードがナショナル・ヘビー級王者テリブレ選手、ナショナル・ライトヘビー級王者バルバロ・カベルナリオ選手、CMLL世界6人タッグ王者グラン・ゲレーロ選手、ナショナル6人タッグ王者フォラステロ選手の計8選手。

トルネオ・カンペオン・ウニベルサル2019予選1週目は1時間29分30秒から

0935C3AE-D916-46D8-92C4-C52C4D02E176
予選1週目を勝ち上がり15日に行われる予定の決勝戦に駒を進めたのはファンタスティカマニアで小島聡選手をマノ・ア・マノで撃破したロス・インゴベルナブレスのテリブレ選手でした。
2012年に続く2度目の宇宙一の栄冠なるか?

B4DBE1EA-314B-4F4D-A32F-A3DCA33DE32F
予選2週目は8日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で開催予定。
エントリーされたのはテクニコがNWA世界ヒストリック・ウェルター級王者ボラドールJr.選手、CMLL世界ライトヘビー級王者ニエブラ・ロハ選手、CMLL世界タッグ王者ディアマンテ・アスール選手、ナショナル・ウェルター級王者ソベラノJr.選手。
ルードがCMLL世界ヘビー級&CMLL世界6人タッグ王者ウルティモ・ゲレーロ選手、ナショナル6人タッグ王者サンソン選手、CMLL世界ウェルター級王者メフィスト選手、CMLL世界ミドル級&ナショナル6人タッグ王者クアトレロ選手の計8選手。

獣神サンダー・ライガー選手、棚橋弘至選手も巻いた赤いベルトを今年その腰に巻くのはいったい誰だ?




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ