史上最も豪華な参戦ルチャドール達が作り上げた超幸福空間で幕を閉じたファンタスティカマニア2019。
大熱狂に包まれた後楽園ホールの最終戦から早いもので1ヶ月余りの時が経ちました。
振り返ってみると来日したルチャドール達がそれぞれに持ち味を発揮してくれましたが、やはり主役は初開催の2011年以来8年ぶりにファンタスティカマニアに帰って来てくれた“神の子”カリスティコ選手だったように思います。
本国メキシコでの初代ミスティコ時代の彼のキャッチコピー、ニックネームは現在は2代目へと引き継がれたPrincipe de plata y oro=銀と金の王子。
カリスティコを名乗る現在はRey de plata y oro=銀と金の王。
“神の子”の異名は彼のイメージにピッタリの日本独自のもの。
誤解されがちではありますが、ミスティコのリングネームは2代目に引き継がれましたが、日本でルチャファンの方が“神の子”と言えば、WWE時代のシン・カラ、AAA時代のミステシス、そしてCMLL復帰後の現在のカリスティコとリングネームはその時々で変われども彼のことを指す唯一無二の形容詞。
近年の新日本プロレスブームで新規のプロレスファンが急増し、もしかすると“神の子”を会場やテレビ中継、ネット配信で初めて目撃した方も多かったかもしれません。
また、今年は初代ミスティコとして2009年1月4日の新日本プロレス東京ドームに初飛来してからちょうど10年となる節目。
2004年にCMLLでミスティコのリングネームを名乗り「ミスティコが出るか出ないかで客入りが全然違った」「ルチャに興味のないメキシコ人もミスティコの名前は知っていた」と“ルチャバブル”と呼ばれた一大ブームを巻き起こしたメキシコの国民的英雄“神の子”の日本での足跡を中心に簡単に記します。

2009年のイッテンヨンで「ミスティコ」としては待望の初来日。
2月15日の両国大会で当時保持していたCMLL世界ウェルター級王座をメフィスト選手相手に防衛。
この時は膝の負傷を抱えて、かなりコンディションが悪そうでした。
5月5日&6日の後楽園ホール2連戦に参戦が決定するもメキシコで発生し世界的に猛威をふるった豚インフルエンザの影響で来日中止に。
G1 CLIMAX 2009の8月13日の愛知県体育館と15日の両国国技館に特別参戦。

6E6ACF3E-CF18-46AE-8BEF-3702488EDC38
試合のなかった14日には闘魂ショップさんでツーショット&サイン会。

D2B4F946-6B4D-4C6A-BEB7-14D7053F5A5B
そして15日の両国大会の前にはDEPO MARTさんでもツーショット&サイン会。

690202F9-47E6-4EF9-8071-22BB5804BB1F
こちらは両国の試合前のTシャツサイン会。
この日、4代目タイガーマスク選手をラ・ミスティカで撃破し第57代IWGPジュニアヘビー級王座を戴冠。
メキシコに新日ジュニアの至宝を持ち帰った神の子は8月30日にアレナ・コリセオでネグロ・カサス選手を挑戦者に迎え初防衛に成功。
9月28日にはアレナ・プエブラで獣神サンダー・ライガー選手を迎え撃ち2度目の防衛に成功。

11月8日のDESTRUCTION’09両国国技館に再来日。

16AD30E9-89C5-4AC7-BEBE-E9D2414602F3
この日も試合前のTシャツサイン会に登場。

51DA009D-5454-48CE-B915-D3F9352CFD64
前王者の4代目タイガーマスク選手とのリターンマッチに敗れ、残念ながら王座陥落。

この年に新日本プロレスとCMLLは現在も続く業務提携を発表。
翌2010年にはラ・ソンブラ (現WWE アンドラーデ) 選手やマスカラ・ドラダ (現WWE グラン・メタリク) 選手などがCMLLから新日に来日するも神の子の来日はなし。

2011年1月22、23日に初開催されたファンタスティカマニア2011で1年2ヶ月ぶりの来日。

AE940883-13E0-4E71-A882-BC11097C7886
22日にはDEPO MARTさんでツーショット&サイン会もありました。

198C6D4C-F3B9-403C-90A7-124F7CF4928E
23日には互いに認め合う最高の好敵手の1人アベルノ選手とのマノ・ア・マノでその魅力をいかんなく発揮。
大成功に終わったファンタスティカマニアが翌年以降も続くことを願い、本領発揮した神の子がこれでまた日本に頻繁に来るようになるのではないかと期待しました。
しかし、この後CMLLに戻ることはなく2月23日に新たなリングネーム、シン・カラとしてWWE入団記者会見。
CMLL所属のミスティコとして最後の試合が日本でのファンタスティカマニアのアベルノ戦となりました。
2014年にWWEを退団し、母国メキシコへ。
6月にはAAAと契約し、リングネームをミステシスへ。

5D11AFC2-B55F-483E-9E81-01AF046F8A59
2015年10月9日、突如として故郷と言えるアレナ・メヒコに姿を現す。
当時、CMLLと提携関係にあったリーガ・エリーテにミスティク2.0 (ドス・プント・セロ) の新リングネームで参戦が発表されるもこの名で試合をすることはなく、程なく現在のカリスティコへ再改名。
徐々にエリーテから古巣CMLLへ活動の軸足を移す。

022C64D7-E45B-4A71-985E-D41A583CAA4D
2016年8月21日、有明コロシアムで開催されたSUPER J-CUP 2016で5年7ヶ月ぶりの来日。
ボラドールJr.選手&ティタン選手とのトリオでウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手のロス・ゲレーロス・ラグネロスと対戦。
多くの観客は久しぶりのラ・ミスティカでカリスティコ選手が鮮やかに勝利することを期待していたように思いますが、そうはいくかと神の子へのライバル心をいつも滾らせているようにしか見えないボラドール選手がグラン・ゲレーロ選手に雪崩式スパニッシュ・フライを決めて勝利。


全くの余談ではありますが、この時のエウフォリア選手と元井美貴さんのやり取りに大爆笑した思い出も。

93A071F8-E385-4F87-8256-AE6190879EBA
9月16日開幕の第6回ふく面ワールドリーグ戦に兄のアルゴス選手とともに出場。
ミスティコを名乗る以前に秋田新幹線をモチーフとしたこまちとして参戦していたみちのくプロレスに凱旋。
1回戦でサンバ・リオデジャネイロ選手、2回戦でジャッキー・リン選手、準決勝でSUGI選手、決勝戦でレボルシオン選手に勝利し、見事に優勝。

FBCAC1ED-D1A4-48F6-8DBA-881D79F8F884
2017年8月19日のウルティモ・ドラゴン30周年記念 LUCHA FIESTA 2017に参戦。

57F67A57-027C-4023-B1F8-3C5A677A1527
20日にはDEPO MARTさんでツーショット&サイン会の後、全日本プロレス岡崎市竜美丘会館に出場。

F73DBCFC-1522-4D48-BB92-47420A629289
27日の両国国技館でディアマンテ選手と対戦し、ラ・ミスティカで勝利。

そして今年1月のファンタスティカマニア2019に参戦。
ざっと振り返ってみても、とにかく劇的なルチャドール人生。
きっとこういう星のもとに生まれてきたスペル・エストレージャなんだと思います。
2009年にミスティコとして東京ドームに初飛来して以来、可能な限り神の子の試合とイベントに出掛けて来ました。
神の子の存在があったればこそファンタスティカマニアの開催も新日本プロレスとCMLLの業務提携、そしてソンブラ選手、ドラダ選手、ボラドール選手、ドラゴン・リー選手、ソベラノJr.選手などなどのルチャドール達の来日が現在も続いているのだと思います。

47798DC9-7DE8-4B74-9713-7ECB7705D790
ファンタスティカマニアに凱旋した神の子が最終戦のメインのボラドール選手とのマノ・ア・マノで着用したのが白黒ハーフのマスクでした。
“銀と金の王子”のミスティコ時代から“銀と金の王”の現在まで、その異名通りに銀 (白) と金のマスクとコスチュームをイメージカラーにしつつも様々な配色を着用してきました。
しかし、白黒ハーフは今までそれほど多くはないはずです。
ファンタスティカマニアの大トリに登場した神の子を見て、頭の片隅にあった記憶が蘇ってきました。
それは2010年3月19日に開催されたCMLL春のビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」での初代ミスティコ選手&フェリーノ選手vsボラドールJr.選手&ラ・ソンブラ選手のマスカラ・コントラ・マスカラ。

この年の1月に開催されたトルネオ・ナシオナル・インクレイブレ・パレハス (出身地別の信じられないタッグトーナメント) に初代ミスティコ選手はアベルノ選手とのタッグでエントリー。

8EFC8B7C-C988-4C82-8EC2-E4FB031A8F9E
普段は組むことのないライバル同士の2人は互いのデザインをミックスしたコラボマスクで登場。
このトーナメントを機に神の子はコラボマスクを被り続け、まるでルードに転向したかのようなファイトを見せるようになり、テクニコ同士ながらもボラドール選手との抗争が激化。
ボラドール選手とのマスカラ・コントラ・マスカラの機運が高まる中で迎えたオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスでした。
現在は初代ミスティコ=現カリスティコ選手のみがマスクを守り続け、他の3選手は素顔になっていますが、2009年3月時点では4選手ともマスクマンでした。

現在はメインストーリーであるアレナ・メヒコ金曜定期戦はもちろん、アレナ・プエブラ月曜定期戦、アレナ・メヒコ火曜定期戦と週3回もライブ配信があり、日本にいながらにして第1試合からメインまでを観ることが可能ですが、2009年のオメナヘの時点ではこういったダイジェスト映像が週に3つほどCMLLのHPに載るだけだったことを思い出しました。

最初はタッグマッチで始まり、まずソンブラ選手が敗退。
ここからはソンブラ選手を除く3選手が3wayマッチで闘いフェリーノ選手が敗退。
これで観客が望んだ初代ミスティコ選手vsボラドール選手のマスカラ戦は消滅。
敗退したソンブラ選手とフェリーノ選手の間でマスカラ戦となり、フェリーノ選手がマスクを失う結果となりました。
「ルード転向か!?」と囁かれる中で迎えた2010年のオメナヘで着用したのが白黒ハーフのマスクとコスチューム、リングシューズでした。
マスクの半分は“神の子”の象徴とも言える白生地に金の模様、もう半分は黒生地のアベルノ選手とのコラボデザイン。
まるで「オレはテクニコやルードといった既成概念を超越した存在だ」とでも言わんばかりの善悪両方を合わせ持つマスクでした。

今年のファンタスティカマニアで神の子は最終戦へ向けて各地でレレボス・インクレイブレスでルードのウルティモ・ゲレーロ選手やナマハゲ選手などとトリオを結成し、ボラドール選手と前哨戦を行いました。
2010年の時とは違い、ルード的な攻撃を仕掛けることはありませんでしたが、発表されたファンタスティカマニアのルード側に組み込まれたカードを見て、久しぶりに善悪合わせ持つ白黒ハーフのマスクを発注し、日本へ持参したのではないかと思ったのです。

空中戦での独特な浮遊感と圧倒的なオーラで日本のファンを魅了した神の子。
開催10年目となる来年のファンタスティカマニア参戦を今から期待せずにはいられません。
その時には今回は実現しなたった2代目ミスティコ選手との新旧ミスティコタッグはもちろん、ドラゴン・リー選手やソベラノJr.選手、アウダス選手などと組み、本来のテクニコとしてさらに光り輝く姿を見たいと思います。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ