84A1D33C-6B1C-46A9-9881-DD641AA1CC54
4月12日のアレナ・メヒコ金曜定期戦からトルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2019がスタート。
テクニコとルードが組むレレボス・インクレイブレスが時折マッチメークされるCMLLではありますが‘、トルネオ・インクレイブレ・デ・パレハスは普段はほぼ組むことのないテクニコとルードのタッグを結成、12日に予選1週目、19日に予選2週目が行われ、26日に予選を勝ち上がった2チームが決勝戦で激突するスケジュール。

12日の対戦カードが発表され、予選1週目に出場するタッグチームも明らかになりました。

●カリスティコ選手&メフィスト選手
●アンヘル・デ・オロ選手&ラ・ベスティア・デル・リング選手
●サンソン選手&ソベラノJr.選手
●バルバロ・カベルナリオ選手&ティタン選手
●ブルー・パンテル選手&マスカラ・アニョ・ドスミル選手
●フライエル選手&フォラステロ選手
●エウフォリア選手&ゲレーロ・マヤJr.選手
●レイ・ブカネロ選手&トリトン選手

闘ってみないことにはわからない部分はありますが、3月15日のオメナヘア・ドス・レジェンダスでカベジェラス・コントラ・カベジェラスまで抗争が発展したアンヘル・デ・オロ選手とベスティア・デル・リング選手は空中分解の可能性大。
その他、ここ数年で因縁があるといえばサンソン選手とソベラノ選手。
2017年4月のコパJr.決勝戦で対戦し、ソベラノ選手が優勝。
同年6月開催のトルネオ・デ・ラ・グラン・アルテルナティバではカリスティコ選手&ソベラノ選手が決勝戦でウルティモ・ゲレーロ選手&サンソン選手を破り優勝。
この年11月に新設された“死者の日ベルト”レイ・デル・インフラムンドの初代王者を決めるトルネオで再びサンソン選手とソベラノ選手が決勝戦で激闘し、サンソン選手が優勝。
一触即発の危険性もはらんでいますが、今年のファンタスティカマニア最終戦のフィナーレでサンソン選手にTシャツを脱いで客席に投げるよう促していたのがライバル関係にあるソベラノ選手でした。
ライバル視はしつつも互いに実力を認め合っている関係性!?

また、普段は組むことのないテクニコとルードのタッグトーナメントゆえ、組み合わせによってはマスカラ・アニョ・ドスミル選手とサンソン選手とフォラステロ選手、そしてエウフォリア選手とソベラノ選手のファミリアが対峙する可能性もあります。

トルネオの行方とともに楽しみなのが普段は組まない者同士の特別仕様のハーフやコラボのマスク。
こういう時には決まってコラボマスクを被るカリスティコ選手とメフィスト選手のタッグ結成。
このチームはおそらく今回も特別なマスクで視覚的にもファンの注目を集めるでしょう。

翌週19日の予選2週目の参加チームのうち、テリブレ選手&ニエブラ・ロハ選手、ミスティコ選手&クアトレロ選手の2チームは既に発表されています。


最後に2010年に始まったこのタッグトーナメントの優勝チームを振り返り。

2010年 アトランティス選手&マスカラ・ドラダ (現グラン・メタリク) 選手
2011年 アトランティス選手&マスカラ・ドラダ選手
2012年 アトランティス選手&ミステル・ニエブラ選手
2013年 ボラドールJr.選手&ラ・ソンブラ (現アンドラーデ) 選手
2014年 アトランティス選手&エウフォリア選手
2015年 テリブレ選手&マキシモ選手
2016年 ミスティコ選手&メフィスト選手
2017年 ボラドールJr.選手&バルバロ・カベルナリオ選手
2018年 ルーシュ選手&テリブレ選手

現在もCMLLに上がっている選手で複数回優勝はアトランティス選手の4回、ボラドール選手とテリブレ選手の2回。

昨年の優勝チームのルーシュ選手&テリブレ選手はこのトーナメントを制覇し、ルーシュ選手からのラブコールに応える形でテリブレ選手のロス・インゴベルナブレス電撃加入というドラマがありました。
今年も何かが動き始めるのか注目しています。