4月12日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で開催されたトルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2019の予選1週目。
決勝に上がって来たのは奇しくも特別仕様のマスクやコスチュームに身を包んだカリスティコ選手&メフィスト選手とバルバロ・カベルナリオ選手&ティタン選手の2チームでした。
大本命と目されたカリスティコ選手&メフィスト選手を撃破し、26日開催予定の決勝戦に駒を進めたのはカベルナリオ選手&ティタン選手でした。

トルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2019予選1週目は58分10秒から



65B7496C-2591-4D44-87C3-35119B2DAA21
19日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で開催される予選2週目に参加するのは以下の8チーム。

●ミスティコ選手&クアトレロ選手
●ボラドールJr.選手&ウルティモ・ゲレーロ選手
●ルーシュ選手&バンジェリス選手
●テリブレ選手&ニエブラ・ロハ選手
●アトランティス選手&ネグロ・カサス選手
●バリエンテ選手&グラン・ゲレーロ選手
●エチセロ選手&ストゥーカJr.選手
●テンプラリオ選手&アウダス選手

予選1週目で敗退決定後、ラ・ベスティア・デル・リング選手がアンヘル・デ・オロ選手を襲撃したのと同様に2月のカンペオン・ウニベルサル決勝戦で遺恨が勃発し、3月のオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスでカベジェラス・コントラ・カベジェラスを行ったばかりのテリブレ選手とロハ選手はやはり空中分解必至。
10日のインフォルマに2選手がゲスト出演した際に今までのことは水に流して共闘しようと握手せんとするロハ選手に対し、テリブレ選手は決して手を握り返そうとはしませんでした。
テリブレ選手と同じロス・インゴベルナブレスのルーシュ選手とバンジェリス選手の間には2017年6月にこの時はまだルーシュ選手とピエロー (現ラ・ベスティア・デル・リング) 選手の2人だけだったインゴベルナブレスにバンジェリス選手が加入しようと猛アピール、これを「顔じゃねぇ」とばかりに拒否し、翌7月にピエロー選手とバンジェリス選手がカベジェラ・コントラ・カベジェラで闘う因縁がありましたが、現在は鎮静化。
NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級王者のストゥーカ選手と前王者のエチセロ選手はこのタイトルを懸けて3度対戦しているライバル関係ではありますが、仲間割れはないと思います。

組合せによってはルーシュ選手とミスティコ選手、ウルティモ・ゲレーロ選手とグラン・ゲレーロ選手の兄弟対決の可能性もあり。
そしてルーシュ選手とテリブレ選手のインゴベルナブレス対決もあるかもしれません。
2人が対決することになれば、おそらくまともに闘うことはないでしょうから、もしかすると予選2週目の結果に大きく影響を及ぼすかもしれません。
並居る強豪の中、ともに今年のファンタスティカマニアで初来日したテンプラリオ選手とアウダス選手のチームにはフレッシュさと首脳陣からの期待の高さを感じさせます。
個々の実力的にはボラドール選手とウルティモ・ゲレーロ選手のチームが抜きん出ているように思いますが、そこは普段はほぼ組むことのないテクニコとルードのタッグ。
意外なチームワークを発揮してカベルナリオ選手とティタン選手の待つ26日の決勝戦に駒を進めるのはいったいどのチームになるでしょう?