9A9E1311-D132-4507-AF23-F2D581430473
昨年のファンタスティカマニア2018で初来日し「乱れ」Tシャツで人気者となったディストゥルビオ選手が5月4日のアレナ・コリセオ土曜定期戦の第4試合でメタリコ選手とカベジェラ・コントラ・カベジェラを行うことになりました。

4D362A51-DE81-48AF-8489-EA16DCDF10FD
ライブ配信のないコリセオ土曜定期戦のため、ここまでの展開がわからず突然の発表に驚きましたが、以前の対戦カードを調べてみるとルード同士のディストゥルビオ選手とメタリコ選手は4月20日に10分1本勝負のマッチ・レランパゴで対戦。
翌週の27日にも今度は通常の3本勝負でマノ・ア・マノで対戦していることがわかりました。
この2週のアレナ・コリセオ土曜定期戦で両者の間に遺恨が生じたことは間違いなさそうですが、CMLLのHPはそれぞれの定期戦が終わり画像がアップされると前週のものは見られなくなってしまいます。
どうしたものかと思案していましたが、あることを思い出しました。
それはディストゥルビオ選手の奥様のプリンセサ・ドラダさんがご主人の試合の度に観戦に出掛け、動画を撮影し、自身のYouTubeチャンネルにアップしていることを。
さっそく確認してみると、やはりありました。

まずは20日のマッチ・レランパゴ。

01989E25-14F9-491E-B66A-26B9219DC09E
結果はダブルフォールの引き分けに終わりますが、普段以上に空中弾を披露し内容に満足したのか、健闘を讃え握手の手を差し出すメタリコ選手に対してディストゥルビオ選手はこれを拒み、どこまでも不満そう。
観客から投げ込まれた大量のおひねりには目もくれず早々にリングを後にしています。

そして翌週27日のマノ・ア・マノ。

7B9055F8-78C1-4A03-AB24-9AE197232173
1本目はディストゥルビオ選手がコーナーのメタリコ選手へダブルニーアタックを放ち3カウントを奪取して先取。
2本目はディストゥルビオ選手がレフェリーのロープブレイクの制止を聞かずにメタリコ選手が反則勝ち。
3本目、レフェリーの死角をついた急所蹴りから3カウントを奪いディストゥルビオ選手が勝利。
ルードとしての常套手段とはいえ敗れたメタリコ選手はもちろん納得がいくはずもなくマイクでカベジェラ・コントラ・カベジェラをアピール。

ディストゥルビオ選手は1979年3月生まれの40歳、2004年12月デビューでキャリア14年。
昨年のファンタスティカマニア参戦に合わせて製作した「乱れ」Tシャツは現在は着用しておらず、バ「乱れ」Tシャツを着用した自身のイラストが描かれたTシャツを着用。
昨年の日本のファンの大歓迎ぶりにディストゥルビオ選手はもちろん、メキシコで留守を守った奥様のプリンセサ・ドラダさん、そして息子さんは日本語の勉強を始める程、一家揃って親日家になってくれました。

メタリコ選手は1969年11月生まれの49歳、1992年デビューでキャリア27年。
マイクを持ち入場曲に合わせて口パクした後に電飾のネクタイを光らせてエデカン達とダンスするなど何パターンかコミカルな入場シーンを見せてくれます。

前座戦線を賑わす中堅ルード同士の生き残りをかけたカベジェラ戦。
決戦を目前にディストゥルビオ選手とメタリコ選手は5月1日 (日本時間では2日午前6時から) のインフォルマにゲスト出演します。