4D362A51-DE81-48AF-8489-EA16DCDF10FD
5月4日のアレナ・コリセオ土曜定期戦の第4試合で行われたディストゥルビオ選手とメタリコ選手のルード同士のカベジェラ・コントラ・カベジェラ。
ライブ配信はなく、Twitterで結果を先に知りました。


昨年のファンタスティカマニアに初来日し「乱れ」Tシャツで人気者になったディストゥルビオ選手が残念ながら敗北、自慢の赤い長髪を失う結果となりました。

決戦から程なく例によってディストゥルビオ選手の奥様のプリンセサ・ドラダさんが動画をYouTubeにアップ、一部始終を確認することが出来ました。
1本目はレフェリーからのロープブレイクの制止を無視して攻撃を続けるディストゥルビオ選手が反則負け。
2本目はメタリコ選手をコーナーに座らせ、ダブルニーアタック3連発でディストゥルビオ選手が3カウント奪取。
3本目はレフェリーの死角をつき急所へのローブローからメタリコ選手が3カウントを奪取し勝利。
「騙してズルしていただき」的ないかにもルード同士らしい闘いでした。
リング上で髪を切られる辱しめを受けることとなったディストゥルビオ選手が観客席から呼び込んだのが息子さんでした。
ルチャリブレの世界ではマスクや髪を失う時にご家族が涙ながらにマスクを取り、髪を切るシーンがよく見られますが、ディストゥルビオ選手の息子さんはお父さんの髪にハサミを入れた後、汚い手で父から勝利したメタリコ選手の手をあげ、なんと勝利を祝福!
この行動にびっくりすると同時に昨年公開された棚橋弘至選手主演の映画「パパはわるものチャンピオン」で描かれた親子のストーリーを思い出し、大感動しました。