プロレス ルチャリブレ

“神の子”カリスティコの貴重なインタビュー記事

メキシコ時間で9月2日に行われた年間最大興行、創立83周年のアニベルサリオのビデオ・オン・デマンドは翌日に公開される予定が、何らかのトラブルによって現在も見ることが出来ません。
セミフィナル辺りからアレナ・メヒコで観戦している方々が配信しているFacebookやPeriscopeでリアルタイムで試合の模様を見ていましたが (注 日本のほとんどの団体ではこの行為は禁止されています) 、観客席からの映像ではもちろん選手の表情まではわかりません。
この選手の表情によって受ける印象はずいぶんと変わるような気がしていますので、動画が無事にアップされて視聴してからアニベルサリオについては書きたいと思います。
ご存知の方は多いと思いますが、一応、注目の3試合のみ結果を記しておきます。
メインのラ・マスカラ選手vsドラゴン・リー選手のマスカラ・コントラ・マスカラはドラゴン・リー選手が勝利し、マスカラ選手がマスクを失いました。
セミで行われたCMLL世界6人タッグ選手権は先日のスーパーJカップに来日したウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手のロス・ゲレーロス・ラグネロスの挑戦をボラドールJr.選手&ミスティコ選手&バリエンテ選手のスカイチームが退け、7度目の防衛に成功。
第3試合で行われたレイ・ブカネロ選手vsスペル・クレイジー選手のカベジェラ・コントラ・カベジェラはブカネロ選手が勝利して、10月1日の東京愚連隊興行で来日予定のクレイジー選手が丸坊主になりました。
〈RESULTADOS ARENA MEXICO– VIERNES ESPECTACULARES/CMLL公式HP〉

カリスティコ
さて、本題です。
8月21日のスーパーJカップに参戦し、9月16日に後楽園ホールで開幕する、みちのくプロレスの4年に1度のマスクマンの祭典、第6回ふく面ワールドリーグ戦で再び来日する“神の子”カリスティコ選手のインタビュー記事が週刊プレイボーイのウェブ版「週プレNEWS」で昨日と今日の2回に分けて公開されています。
聞き手はルチャ友でフリーライターの明知真理子さん。
インタビューの直前にたまたま偶然お会いしましたが、ソワソワとまるで初恋の彼氏とデートに出掛ける前の中学生のようで共通の友人と私には声を掛けるまで全く気付かず。
冗談はともかくとして、本当にルチャリブレとカリスティコ選手が好きでないと聞けないような内容になっています。
ルチャドールのインタビュー記事自体が貴重ですが、ミスティコ以前のみちのくプロレス参戦時からの日本への思いが語られています。
「あれは本当に凄かった」と何度も伝えていたミスティコとして最後の来日、2011年に初開催されたファンタスティカマニアでの最高の好敵手アベルノとの名勝負の後のファンサービスについて聞いてくれていて、カリスティコ選手の回答を読んで、この人は本当に神の子だと不覚にも涙腺崩壊させられました。
蝉にビビる神の子には爆笑。
何度かイベントで接した印象通りの神の子の茶目っ気とスペル・エストレージャらしさ、笑いと感動がたっぷり詰まったインタビューを是非お読みください。

〈独占直撃! ルチャリブレ界のスーパースターがCMLLと新日本の未来を語る/週プレNEWS〉
〈日本を愛するルチャのレジェンドが凱旋!「皆さんのおかげで“スペル・エストレージャ”になれたよ」/週プレNEWS〉




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

5年7ヶ月

初代ミスティコ アベルノ
「日本は俺の第2のふるさとだ!もう1度来たい!」
2011年に初開催されたファンタスティカマニアで最高の好敵手アベルノとの至高のルチャを展開した試合後にこの言葉を残し、母国へは戻らずにアメリカWWEへ電撃移籍。
メキシコ国民ならば誰もが知る英雄「ミスティコ」の名はCMLLが権利を有する為、WWEでは「顔なし」を意味する「シン・カラ」を名乗る。
マスクのデザインはCMLL所属時代の後期にライバルのアベルノと組んだ時のコラボマスクが発展した目の部分にピンホールメッシュが入った物へ。
WWE時代はケガも多く、スタイルの違いから本領を発揮したとは言い難い。
2014年1月にWWEを退団し、母国メキシコへ。
2月、シン・カラ・ジムでの大会でかつてのスカイ・チームの盟友であるラ・ソンブラと実弟アルヘニスとのトリオを結成。
ともにマスカラ戦で勝利した因縁のあるブラック・ウォリアーとオリエンタル、そして実弟アルゴスのトリオと対戦し、母国復帰戦を勝利で飾る。
帰国当初は「シン・カラ」の名の権利は所有していると主張していたが、WWE時代に闘ったシン・カラ・ネグロ (フニコ) がそのままシン・カラのキャラクターを引き継ぎ、CMLLには2代目ミスティコも登場していた為、6月にAAAと契約後は「ミステシス」と改名。
マスクはAAAに上がる他のルチャドールと同じくより派手なデザインに。
AAA時代にはCMLL時代からのライバルの1人であるペリートことペロ・アグアヨJr.の悲しい事故も。
ペリートを天国へ送るリングでのセレモニーではただ1人片膝をつき、今は亡きライバルへ拍手を送るミステシスの姿は今も強く脳裏に焼き付いている。
ミステシス
2015年10月9日、数多の激闘を繰り広げてきた“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコに突如現れる。
ちょうど仕事が休みだったので、この日のCMLLアレナ・メヒコ金曜定期戦のライブ配信を視聴。
途中でルチャ伝道師さんのブログで何かが起こると知り、ドキドキしながら見守っているとメインの前に1人のルチャドールが入場ゲートに姿を現し、その瞬間に神の子であることに気付き涙腺崩壊。
2011年1月で止まってしまっていた自分の中の神の子時計がガラガラと音を立てて、再び物凄い勢いで動き出す。
アレナ・メヒコ登場後「ミスティク2.0 (ドス・プント・セロ) 」への改名を宣言。
しかし、この名でリングに上がることはなく「カリスティコ」としてアレナ・メヒコに復帰。
徐々に突起物がなくなりシンプルですっきりとしたマスクのデザインに変化。
半ば諦めてもいたCMLL復帰が叶い、2016年8月21日、有明コロシアムで開催されるスーパーJカップ2016でついに待望の日本マット再登場。

2009年1月4日の東京ドーム大会にアベルノとともにミスティコとしての初来日。
2月15日の両国国技館でメフィストとCMLL世界ウエルター級王座の防衛戦。
5月ゴールデンウィークにミステリオッソJr.とともに予定されていた3度目の来日は世界的に猛威を振るったメキシコ発の新型インフルエンザの影響で中止に。
8月15日の両国国技館で4代目タイガーマスクからIWGPジュニアヘビー級王座を奪取、メキシコ人としてはフベントゥ・ゲレーラに次ぐ2人目の同タイトル王者となる。
11月8日の両国国技館で4代目タイガーマスクにIWGPジュニアヘビー級王座を奪還される。
この後、1年2ヶ月来日はなかったが、2011年1月22日と23日に初開催されたファンタスティカマニアの主役として再飛来。
神の子の来日の度に観戦に出掛け、3度イベントに参加しました。

初代ミスティコとして最後の来日となったファンタスティカマニアの試合後、後楽園ホールを後にする神の子に群がり、サインや写真をお願いしたファンの方はおそらく100人前後、いやもっといたかもしれません。
あの時はアベルノとの好勝負で再びミスティコが頻繁に日本へ来てくれるだろうと思っていましたが、これを最後に神の子の来日は途絶えました。
WWE在籍時に日本公演で、またAAAと契約していた時に他の団体へ来る可能性もあったでしょうが、スーパーJカップ2016で5年7ヶ月ぶりの来日決定の報に興奮は高まるばかり。
ましてや対戦相手がウルティモ・ゲレーロ、エウフォリア、グラン・ゲレーロのロス・ゲレーロス・ラグネロスとあれば、カリスティコの魅力が存分に発揮されることは間違いありません。
これを機に神の子の日本での物語が再び動き出してくれることを願っています。
本当にこの人のルチャドール人生はいつも劇的過ぎて、サムライTVで放送された今年のドラゴマニアの解説でウルティモ・ドラゴン校長が語っていた通り、生まれながらのスペル・エストレージャなんだとつくつぐ思います。
まさしく“神の子”。
いよいよ1週間後にその時は訪れます。
初代ミスティコ





人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

メインはラ・マスカラvsドラゴン・リーのマスカラ戦!! 9月2日アニベルサリオの全対戦カード発表

メキシコ時間で10日正午から行われたCMLLのアニベルサリオのカード発表会見。
日本時間では11日午前2時からと深夜の会見でしたが、今年から制定された祝日、山の日からのお盆休みということもあり、オンタイムで視聴しました。
正直言って、気になって気になって寝ている場合ではありませんでした。



ラ・マスカラ ドラゴン・リー
創立83周年を飾るCMLL年間最大興行アニベルサリオの全対戦カードは以下の全6試合。
(左側がテクニコ・テクニカ、右側がルード・ルーダ)

第1試合
マルセラ&プリンセサ・スヘイ&ジュビア vs アマポーラ&ダリス&セウシス

第2試合
マキシモ・セクシー&マルコ・コルレオーネ&ストゥーカJr. vs ショッケル&メフィスト&エフェスト

第3試合 カベジェラ・コントラ・カベジェラ
スペル・クレイジー vs レイ・ブカネロ

第4試合
アトランティス&カリスティコ&マスカラ・ドラダ vs ネグロ・カサス&フェリーノ&バルバロ・カベルナリオ

第5試合 CMLL世界6人タッグ選手権
(王者組) ボラドールJr.&ミスティコ&バリエンテ vs ウルティモ・ゲレーロ&エウフォリア&グラン・ゲレーロ (挑戦者組)

第6試合 マスカラ・コントラ・マスカラ
ドラゴン・リー vs ラ・マスカラ


会見の冒頭にはROHとの提携強化とアニベルサリオ翌週の9月9日からマット・ターバン選手の参戦が発表されました。

カリスティコ
間もなく5年7ヶ月ぶりの日本飛来を控えるカリスティコ選手が登場。

スペル・クレイジー レイ・ブカネロ
そして、第3試合のカベジェラ戦で激突するクレイジー選手とブカネロ選手が調印。

ドラゴン・リー
ラ・マスカラ
最後にドラゴン・リー選手とラ・マスカラ選手が登場し、やはり噂通りにこの2選手がメインでマスカラ戦を行うことが発表されました。

実に厳選された全6試合。
今年も年間最大興行アニベルサリオ出場は狭き門になりました。

第3試合は現在リーガ・エリーテを中心にCMLL本体の興行にも出場しだし、日本でも有名なクレイジー選手がブカネロ選手とカベジェラ戦で激突。
もともとはマスクマンだった両者のカベジェラ戦の戦績を調べてみるとクレイジー選手が4勝2敗で最新は今年2月にアレナ・メヒコでフェリーノ選手の髪を刈っています。
一方のブカネロ選手は5勝4敗 (タッグマッチも含む) で最新は昨年3月にテリブレ選手と組み、ボラドールJr.選手&マキシモ選手に敗れて丸坊主になっています。
ブカネロ選手は髪が伸びてくると定期的に丸坊主にされてしまう印象がありますが、果たして今回はどうなるのでしょう?

第4試合にはここのところCMLL本体のアレナ・メヒコ大会にはご無沙汰のカリスティコ選手がアトランティス選手、マスカラ・ドラダ選手とのトリオでアニベルサリオに出場するのは嬉しい限り。
WWE移籍の噂が絶えないドラダ選手も出場するということは噂はあくまでも噂に過ぎないのでしょうか?

セミは新スカイチームに8月21日のスーパーJカップに揃って来日するロス・ゲレーロス・ラグネロスがCMLL世界6人タッグタイトルに挑戦。
2014年3月にミスティコ選手&マスカラ・ドラダ選手&バリエンテ選手のトリオ、ロス・エステタス・デル・アイレからこのタイトルを奪取し、昨年2月に現王者組に明け渡したのが、ゲレーロスのウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&ニエブラ・ロハ選手でした。
今回はニエブラ・ロハ選手からグラン・ゲレーロ選手に交代したトリオで2度目の挑戦となります。

そして大注目のメイン。
マスカラ選手のロス・インゴベルナブレス離脱から始まったマスカラ選手とルーシュ一族ディナスティア・ムニョスの抗争の1つの決着戦をついに迎えます。
最も因縁深き兄ルーシュ選手ではなく、父ピエロー選手でもなく、兄ミスティコ選手でもなく、末弟のドラゴン・リー選手が一族の怨敵に先陣を切って闘いを挑みます。
この2人のマスカラ戦の戦績を調べるとマスカラ選手は前名のブラソ・デ・オロJr.時代も含めて3戦全勝、最新のマスカラ戦は2011年6月にアベルノ選手に勝利。
ドラゴン・リー選手は昨年3月のカマイタチ選手のマスクを奪った一戦のみ。
かつて幾多のドラマを生んできたアニベルサリオのメインの舞台に立つ2人。
マスカラ選手はキャリア16年の34才。
名門ブラソス一族でもともと期待された存在ではありましたが、着々と経験を積み、インゴベルナブレス離脱後、さらに制御不能な闘いぶりで一躍話題の中心に躍り出ました。
ドラゴン・リー選手はキャリア2年で若干21才。
昨年から今年にかけて最高の好敵手カマイタチ選手との激闘、名勝負数え唄を繰り広げ、スペル・エストレージャへの階段を一気に駆け上がりました。
対照的なルチャドール人生を歩んできた両者が最高の舞台に立つ今年のアニベルサリオはCMLL新時代の幕開けを告げるカードに思えてなりません。
マスクマンの生命であるマスクを、そしてルチャドールとしての誇りを賭けた大一番を見守るしかありません。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

第6回ふく面ワールドリーグ戦にカリスティコの実弟アルゴス参戦

昨日7月16日のみちのくプロレス矢巾大会で9月16日に開幕する第6回ふく面ワールドリーグ戦の参加選手が残り1選手を除いて発表されました。〈第6回ふく面ワールドリーグ戦/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉

参加選手は以下の16人 (敬称略)

剣舞 (みちのくプロレス)

ラッセ (みちのくプロレス)

SUGI (フリー)

スーパー・タイガー (リアルジャパンプロレス)

がばいじいちゃん (九州プロレス)

エイサー8 (沖縄プロレス)

アルゴス (メキシコ)

オーストラリアン・ウルフ (オーストラリア)

アズラ (タイ王国)

レプラコーン (アイルランド)

マキシムス (イタリア)

レボルシオン (キューバ)

サンバ・リオデジャネイロ (ブラジル)

ジャッキー・リン (中国)

ウォーキング・ザ・マミー (エジプト)

超大物X (メキシコ) ※8月22日に発表


ラッセ選手の凱旋やSUGI選手の復帰、2代目スーパー・タイガー選手などの参戦と国内の選手ももちろん楽しみではありますが、当ブログはメキシコからやって来るアルゴス選手にフォーカスします。

カリスティコ アルゴス
アルゴス選手はルチャリブレが好きな方にはご存知の通り、“神の子”カリスティコ (初代ミスティコ) 選手の実弟。
兄の初代ミスティコ選手がWWEに移籍する前はCMLLでアストロ・ボーイを名乗っていました。
その後にAAAに移籍し、アルゴスに改名。
現在は兄カリスティコ選手と同様、リーガ・エリーテを中心に活動しています。
「百聞は一見に如かず」ですから、最近のリーガ・エリテで闘うアルゴス選手の動画を2つ紹介します。

1つ目はアンヘル・デ・オロ選手&アルゴス選手vsディナミク・ブラック選手&レイ・コメタ選手。


2つ目はカリスティコ選手&アルゴス選手vsルーシュ選手&ドラゴン・リー選手の兄弟対決。


1つ目の動画はルチャリブレらしい展開。
空中戦はお手の物。
最近、メキシコマットで大流行のカナディアン・デストロイヤーも難なくこなします。
2つ目の動画は大乱戦。
気性の荒い“白い猛牛”ルーシュ選手を相手にしても退かない気の強さも持ち合わせています。
メキシコでは中堅どころの域を出ないアルゴス選手ではありますが、初めての日本で目一杯のファイトを見せてくれることを期待しています。
なにより“神の子”カリスティコ選手の弟が日本にやって来ることに興奮は抑えられません。

第6回ふく面ワールドリーグ戦
“4年に1度のマスクマンの祭典”第6回ふく面ワールドリーグ戦、アルゴス選手に加えて、未発表のもう1人のメキシコ枠「超大物X」が残っていますから、こちらの発表も期待して待ちたいと思います。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

7月8日アレナ・メヒコ金曜定期戦でボラドールvsKUSHIDAのNWA世界ヒストリック・ウェルター級カンペオナート決定!!

7月8日アレナ・メヒコ金曜定期戦カード
7月8日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のカードが変更され、メインイベントはボラドールJr.選手の保持するNWA世界ヒストリック・ウェルター級王座に新日本プロレスから遠征中のIWGPジュニアヘビー級王者KUSHIDA選手の挑戦が決定しました!
ちなみにダブルタイトルマッチではありません。

7月8日アレナ・メヒコ金曜定期戦カード 旧
こちらがもともと発表されていたカード。

新日本プロレスワールドでのアレナ・メヒコ金曜定期戦の配信開始に合わせて、現在考えられる新日本プロレスとCMLLのジュニアヘビー級クラスのトップ対決、頂上決戦を持ってきた印象です。(アトランティス選手とカリスティコ選手は別格として)
なんとも粋なCMLLの計らいじゃないですか。

ワールドの配信で初めてアレナ・メヒコ金曜定期戦をご覧になる方もいらっしゃるかもしれませんので全対戦カードを記載しておきます。

第1試合
フエゴ&トリトン&エスフィンへvsヴィールス&エチセロ&ボビー・スィー

第2試合
ティタン&レイ・コメタ&マスカラ・ドラダvsバルバロ・カベルナリオ&ドラゴン・ロホJr.&レイ・エスコルピオン

第3試合 マッチ・レランパゴ
ミスティコvsラ・マスカラ

第4試合 メヒコvs外国人部隊
ショッケル&ウルティモ・ゲレーロ&メフィストvsサム・アドニス&ジョニー・アイドル&OKUMURA

第5試合 メヒコvs外国人部隊
アトランティス&マキシモ・セクシー&ディアマンテ・アスールvsマイケル・エルガン&タマ・トンガ&タンガ・ロア

第6試合 NWA世界ヒストリック・ウェルター級カンペオナート
ボラドールJr. (王者) vsKUSHIDA (挑戦者)

第1試合に出場するエスフィンへ選手以外のスペル・エストレージャは皆、ファンタスティカマニアなどで新日本プロレスに参戦経験のある日本でもお馴染みの面々。
第4試合のサム・アドニス選手とジョニー・アイドル選手はKUSHIDA選手やエルガン選手、タマ・トンガ選手、タンガ・ロア選手と同じく1日に行われたビックショー「グラン・プリックス2016」出場の為にCMLLを遠征している選手です。
もう1試合、注目の因縁対決が組まれれば、ビックマッチと変わらないような豪華ラインナップになりました。


7月10日アレナ・メヒコ日曜定期戦カード
そして、10日のアレナ・メヒコ日曜定期戦もカード変更がありました。
こちらのメインはウルティモ・ゲレーロ選手vsマイケル・エルガン選手。
超人的パワーで知られる2人が一騎打ち。

7月10日アレナ・メヒコ日曜定期戦カード 旧
当初はゲレーロ選手とKUSHIDA選手のマノ・ア・マノが発表されていました。
KUSHIDA選手が金曜にボラドール選手とのカンペオナートが組まれたことで、また1つ魅力的な対決が実現します。
日曜定期戦はライブ配信がないのが残念でなりません。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

NJPWとCMLLがより強固なパレハに 新日本プロレスワールドでアレナ・メヒコ金曜定期戦の配信開始

カリスティコ
新日本プロレスワールドでアレナ・メヒコ金曜定期戦のライブ配信の開始が発表されました。
〈「CMLL」が日本で見られる!新日本プロレスワールドで、アレナ・メヒコ金曜大会を定期LIVE配信決定!初回は7月9日(土)午前10時30分頃〜!新日本選手も参戦!/新日本プロレスHP〉

これはとにかく嬉しい知らせ。
いやいや、今までだって日本で金曜定期戦のライブ配信は見れたでしょ?という声が聞こえてきそうではありますが、確かに今までもメキシコのClaro sportsで見ることが出来ました。
しかし、今回のワールドでの配信開始で映像が不安定、基本的にはアーカイブが残らないというClaro sportsの2つの弱点が解消されると思われます。
今までワールドで新日本プロレス、Claro sportsでCMLLを見てきて、明らかにワールドの方が映像の乱れが少ないと感じます。
また、ドラゴン・リー選手vsカマイタチ選手の試合のように飛び抜けて好勝負になった場合には、その試合のみアーカイブが残ったClaro sportsに対し、上記の新日本プロレスHPでは「LIVEおよびアーカイヴ映像配信していきます」とありますので、土曜の午前中から開始されるライブ配信を見逃してしまったとしても後で見ることが出来るはずです。

以上が今までもライブ配信を楽しんでいたCMLLファンの直接的なメリットだと思います。
そして、ワールドで配信されることで何より大きいのが、今までよりもCMLLに関心を持つきっかけが多くなり、間口が広がることだと思います。
CMLLのスペル・エストレージャの認知度が上がり、新たなファンを獲得。
毎年1月恒例のファンタスティカマニアはさらに盛り上がこと必至。
今までよりも日本のファンの目にとまる可能性が大きくなることを知れば、ハポンに行きたくて、ニュージャパンに参戦したくて仕方ないルチャドール達は今まで以上に張り切ってくれそうな気がしてなりません。
唯一心配なのはスペル・エストレージャの入場曲の権利関係をどうするのかということだけですかね?

新日本プロレスワールドでのライブ配信は今週土曜の7月9日から。
「まずは初回をテスト配信と位置づけ」とありますが、Claro sportsでの配信開始当初はメキシコ以外の国では見られないというアクシデントも数回ありました。
とにもかくにも毎週のライブ配信が無事に軌道に乗ることを祈るばかりです。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

オーストラリア人ルチャドール トンデル早逝

トンデル

ルチャドールとしての生活を断念して母国へ帰ってしまった。

それとも暫く試合には出ずにもう1度基礎から鍛え直して再デビューする。

およそ5ヶ月の間、トンデル選手の試合が組まれていない理由はこの2つのうちのどちらかだろうと思っていました。

2〜3日程前からアルカンヘル・デ・ラ・ムエルテ選手とのツーショット画像がSNSに上がり始め、コーチとしても知られるアルカンヘル選手に鍛え上げられて再デビューが近いんだなと思っていました。
しかし、昨日もトンデル選手の画像を見かけ、どんなことが書かれているのか翻訳サイトで調べてみたら、そこに書かれていた内容は「cancer」=「癌」。
欠場していた理由を知りました。

今日は朝から休む間もなく仕事に追われ、夕方にようやく一息ついたところ、Twitterで訃報を知りました。
まさか癌だと知った翌日に亡くなるとは・・・。
明かされることがなかった欠場理由が癌であると明かされたのは、今にして思えば、この時点で既に重篤な状態だったからかもしれません。

トンデル選手は2013年1月にCMLLデビュー。
ここがルチャドール、プロレスラーとしての出発点なのか、トンデルになる前の経歴はわかりませんが、195cm120kgの恵まれ過ぎた肉体を惚れ込まれ、デビュー前から一大プロモーションが展開されました。
当初はトンデル (Thunder) ではなくThuderbirdとしてデビューと伝えられていました。
特異なオーストラリア人ルチャドールはテクニコとしてデビューするも、やがてルードに転向。
圧倒的なパワーを武器にウルティモ・ゲレーロ選手、ルーシュ選手、エウフォリア選手などと抗争を展開。
マスクとマスク、髪の毛を賭けた決着戦が噂されるも、何故かいつも立ち消えになっていました。
肉体こそが最大の売りでデビューの時から注目を集める存在ではありましたが、前座戦線からスタートすることなく、いきなり一流ルチャドールたちと闘うのは、かなり厳しいものだったと思います。
当たり前といえば当たり前ですが、技術的な部分では劣る部分があり、技のミスも多かったのが正直なところで、脚光を浴びるデビューが逆に不運だったのかもしれません。

本名ルーク・フォードワード、35才。
あの屈強な肉体を誇るルチャドールのあまりにも早過ぎる突然の出来事に信じられない思いでいっぱいです。

心からご冥福をお祈りします。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

グラン・プリックス2016参戦外国人選手が続々メヒコに上陸

7月1日に行われるCMLLのビッグショー「グラン・プリックス2016」開催を目前に控え、参戦する外国人選手が続々とメキシコ入り。
その先陣を切って6月20日のアレナ・プエブラ月曜定期戦にはジョニー・アイドル選手 (ニュージーランド) とサム・アイドル選手 (アメリカ) が登場します。
〈Arena Puebla Cartelera/CMLL公式HP〉

6月24日アレナ・メヒコ金曜定期戦カード
そして24日のアレナ・メヒコ金曜定期戦にはIWGPジュニアヘビー級王者のKUSHIDA選手、タマ・トンガ選手とタンガ・ロア選手の兄弟が登場。
対戦カードはメインがアトランティス選手&ボラドールJr.選手&ディアマンテ・アスール選手vsタマ・トンガ選手&サム・アドニス選手&タンガ・ロア選手。
セミがミスティコ選手&KUSHIDA選手&マルコ・コルレオーネ選手vsショッケル選手&ラ・マスカラ選手&テリブレ選手。

6月26日アレナ・メヒコ日曜定期戦カード
さらに26日アレナ・メヒコ日曜定期戦にはIWGPインターコンチネンタル王者マイケル・エルガン選手が“ルチャの殿堂”に初登場。
対戦カードはメインがマイケル・エルガン選手&マルコ・コルレオーネ選手&KUSHIDA選手vsウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手。
セミがボラドールJr.選手&マキシモ・セクシー選手&ストゥーカJr.選手vsタマ・トンガ選手&タンガ・ロア選手&ピエロー選手。
メインのエルガン選手とウルティモ・ゲレーロ選手のパワー対決は楽しみではありますが、日曜定期戦は残念ながらライブ配信はなし。
CMLLには少し前はストロングマン選手、最近ではトンデル選手と見る者の度肝を抜くパワーファイトを売りにする外国人選手がいましたが、エルガン選手のパワーとその体型からは想像がつかない身軽さにアレナ・メヒコの観客もきっと驚くことでしょう。
ここまで発表されたカードを見る限り、エルガン選手もKUSHIDA選手もテクニコとして今回のCMLL遠征を行う模様。
よってOKUMURA選手、FUJIN選手、RAIJIN選手とKUSHIDA選手の日本人カルテット結成はなさそうです。

選手を派遣する側の新日本プロレスからもCMLL遠征が正式発表されました。
〈【お知らせ】マイケル・エルガン選手とKUSHIDA選手のメキシコ・CMLL遠征が決定、『KIZUNA ROAD』を欠場へ/新日本プロレス公式HP〉
発表によると多少の遠征期間の違いはあるものの、エルガン選手もKUSHIDA選手も約3週間、CMLLマットを大いに沸かせてくれるものと思います。
2選手が持つタイトルの防衛戦が行われることも十分に考えられますし、是非ともCMLLのルチャドールには挑戦の名乗りを上げて欲しいところです。
昨年、内藤哲也選手がロス・インゴベルナブレス入りして以来の新日選手のCMLL遠征、本当に楽しみです。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ショック!! ロス・インゴベルナブレスに亀裂!! ラ・マスカラ離脱

5月13日に開催されたアレナ・メヒコ金曜定期戦で衝撃的な大事件が勃発しました。
この日のメインイベントはルーシュ選手&ラ・マスカラ選手&ピエロー選手vsショッケル選手&テリブレ選手&レイ・ブカネロ選手。

ルーシュ ピエロー
ピエロー ラ・マスカラ
3月25日に新加入したルーシュ選手の父ピエロー選手に合わせるように3人が黒と黄色のマスクとコスチュームで登場したロス・インゴベルナブレスの面々。
ここまではいつもと変わらぬ様子でしたが・・・。

ルーシュ ラ・マスカラ ピエロー ショッケル
試合が始まるとマスカラ選手の様子がどうもおかしい。
対戦相手のショッケル選手と握手をし、さらにはルーシュ選手、ピエロー選手との合体攻撃には加わらず、なにやらはぐらかすような素振り。
1本目は疑惑のマスカラ選手がショッケル選手にあっさりと丸め込まれ、インゴベルナブレスの負け。
2本目に突入しても、ちぐはぐなシーンが目立ち、誤爆も多くなりました。
インゴベルナブレスお得意のエアサッカーにもマスカラ選手は加わらず、マスカラ選手へパスを出したはずのピエロー選手はこぼれた(と思われる)ボールを拾い、仕方なくルーシュ選手へと改めてパスを出し、ルーシュ選手がオーバーヘッドキック。
決定的なシーンはフォールにいったルーシュ選手のカウントを数えるレフェリーの右腕をマスカラ選手が制止。
結果、ルーシュ選手とピエロー選手が3カウントを許し、インゴベルナブレスはまさかのストレート負け。
ライブ配信で観戦した印象からすると誤爆を機に仲間割れではなく、マスカラ選手は最初からインゴベルナブレス離脱を決意して試合に臨んだように思いました。

ルーシュ ピエロー ラ・マスカラ
ルーシュ
ラ・マスカラ
裏切り行為に怒り心頭のルーシュ選手とピエロー選手は試合後、マスカラ選手のマスクを引き裂きました。
これにてマスカラ選手のインゴベルナブレス離脱、ルーシュ選手とピエロー選手の側からすれば追放は決定的に。
ルーシュ選手とマスカラ選手は怒りをマイクでアピール。
マスカラ選手に至ってはルーシュ選手とのマノ・ア・マノ、マスカラ・コントラ・カベジェラを要求!!
これに応じることなくルーシュ選手とピエロー選手の親子はリングを後にしました。

ライブ配信の終了直後、CMLLはPericcopeでマスカラ選手のバックステージインタビューを異例のライブ配信


ここでもマスカラ・コントラ・カベジェラでの決着戦をアピールしていました。

ラ・ソンブラ選手のWWE移籍、マルコ・コルレオーネ選手の離脱という山を越え、ピエロー選手の加入でさらに一枚岩の結束が強まったように思えたロス・インゴベルナブレスのまさかの亀裂。
ルーシュ選手の負傷欠場の穴を埋めるべく加入したコルレオーネ選手とは違い、マスカラ選手はインゴベルナブレス結成当初からのオリヒナルメンバーですから、個人的にショックは大きいです。
これで数年後にソンブラ選手が戻って来たとしても、懐メロ的に将来、再結成されることはあったとしても、このまま存続してソンブラ選手を迎え入れるというのとは違いますし・・・。
初代ミスティコ選手&ボラドールJr.選手&ソンブラ選手のユニット「スカイ・チーム」以来のわくわくする魅力溢れるユニットだっただけに非常に残念です。
もっといえば、内藤哲也選手の加入によってCMLLと新日本プロレスの日墨を股にかけて大暴れする夢は儚く消えてしまいました。

今後、ルーシュ選手とピエロー選手、そしてマスカラ選手はそれぞれどこへ向かうのでしょう?
ルーシュ選手とピエロー選手は新たなメンバーを加えてインゴベルナブレスを存続するのか?
はたまた肉親のミスティコ選手、ドラゴン・リー選手と共闘するのか?
マスカラ選手はショッケル選手と組むとなるとルード転向になります。
次のビッグショーでルーシュ選手とマスカラ選手のマスカラ・コントラ・カベジェラが実現してしまう可能もあり、13日の金曜日に勃発した遺恨から目が離せません。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

Descanse en paz Kato Kung Lee

カト・クン・リー クン・フー ブラックマン
クン・フー選手、ブラックマン選手との東洋人トリオ、ロス・ファンタスティコスで活躍されたカト・クン・リー選手がメキシコ時間5月7日13時47分、入院先のメキシコシティの病院でお亡くなりになりました。
本名ジョニー・レスカノ・スミス、1946年12月9日パナマ生まれの69才。

1週間前にFacebookで輸血を呼びかける書き込みをされた物が何人かにシェアされていて、体調が芳しくないことは伝わって来ていました。
ロス・ファンタスティコスはもともとサトル・サヤマとしてメキシコで修行中だった初代タイガーマスク選手がカト・クン・リー選手とクン・フー選手とトリオを組んでいたことも知られています。
ケンドー今のようにネットで画像や試合映像を見ることが出来る時代ではなかった少年時代にたまに雑誌に載る東洋人トリオの見た目のカッコ良さから「この選手達はいったいどんな試合をするのだろう?」とワクワクしながら想像していたことを思い出します。
忍者を思わせる黒のコスチュームに一見するとカンフーシューズを履いているように見える白と黒のツートンカラーのリングシューズ。
この出で立ちが大好きでした。
一昨年10月にみちのくプロレス新木場大会で観戦した久々に来日したケンドー選手の他、最近何かと話題のオクタゴン選手、そしてザ・グレート・サスケ選手が時折、着用する忍者スタイルのコスチューム。
最近の若いオリエンタルキャラのルチャドールは大抵がレガースを着用しているので、このスタイルも絶滅危惧種と言ってよいかもしれません。
この伝統を受け継ぐ選手が現れてくれると良いのですが。

カト・クン・リー選手はNWA世界ウェルター級王座の他、クン・フー選手とのタッグでアレナ・コリセオ・タッグ王座、クン・フー選手とブラックマン選手とのロス・ファンタスティコスとしてUWA世界6人タッグ王座も獲得。〈Kato Kung Lee/Luchawiki〉

また1人、少年時代に憧れた名ルチャドールがこの世を去ってしまいました。
心からご冥福をお祈りします。

カト・クン・リー 壁掛け





人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ