プロレス ルチャリブレ

ボラドール選手を撃破しマット・ターバン選手がNWA世界ヒストリック・ウェルター級王者に

3月30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のメインで行われた王者ボラドールJr.選手vs挑戦者マット・ターバン選手のNWA世界ヒストリック・ウェルター級カンペオナート。
2014年8月にラ・ソンブラ選手を破り同タイトル2度目の戴冠以来、実に3年7ヶ月の長きに渡り19度の防衛を誇るボラドール選手がまさかの王座陥落。
提携団体ROHから2度目のCMLL遠征となったマット・ターバン選手が第8代新王者となりました。

4F9A0E56-B3D9-4111-975D-EE30DBB204DD


1時間41分頃からがNWA世界ヒストリック・ウェルター級戦

ボラドール選手のセコンドは甥のフライエル選手、テクニコとしてCMLL参戦していたターバン選手にはトランプ大統領の顔がプリントされている星条旗を振る同じアメリカ人でルードのサム・アドニス選手が付き、ボラドール選手が白ベースに緑と赤のメキシコ国旗カラーのコスチュームを着用してきたこともあり、闘いの構図はメキシコvsアメリカとなりました。
1本目はボラドール選手がバッククラッカーで早々に先取。
2本目はフロッグスプラッシュでターバン選手が取り返しました。
互いに得意技で1本ずつ取った後の決勝の3本目は一進一退の攻防。
若干、ティランテスレフェリーの疑惑のカウントもありましたが、勝負の分かれ目はトップロープ上の攻防だったように感じます。
コーナー上のターバン選手をスパニッシュフライで仕留めんとロープを上がったボラドール選手をターバン選手が撃墜し、ボラドール選手は急所を痛打。
そのままトップロープに足を掛け、ターバン選手必殺のクライマックスが決まり、見事に3カウント奪取、ボラドール選手の長期政権に終止符を打ちました。
ベルトを手にしたターバン選手は感極まった表情を見せベルトにキス。




もともとは「NWA世界ウェルター級」だったものを2010年8月に現在の「NWA世界ヒストリック・ウェルター級」と改称し、ベルトのデザインも一新したタイトル。
初代王者がメフィスト選手、2代と6代がラ・ソンブラ選手、3代ネグロ・カサス、4代マスカラ・ドラダ選手、5代と7代がボラドール選手とCMLLのトップ選手が巻いてきたベルトに初の外国人王者が誕生しました。




そして、新王者ターバン選手のCMLL遠征はタイトル奪取した30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で終了、アメリカROHへ帰ります。
CMLL側から見ればタイトルの海外流出。
タイトル奪還へROHへとルチャドールを送り込むのか?
送り込むのなら前王者ボラドール選手なのか?
それとも別の選手となるのか?
ROHのリングでアメリカ人選手を挑戦者に迎えて防衛戦が行われることもあるかもしれません。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

クアトレロ選手がマスカラ戦に勝利 アンヘル・デ・オロ選手が素顔に

毎年9月に開催される年間最大興行「アニベルサリオ」に次ぐビッグマッチ、CMLL春の大一番「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」。
3月16日に開催された今年のオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスのメインを飾ったのはアンヘル・デ・オロ選手とクアトレロ選手の20代同士のマスカラ・コントラ・マスカラ。
1月19日ファンタスティカマニア2018後楽園ホールでのCMLL世界ミドル級タイトルマッチの王座移動劇に端を発し、母国メキシコで抗争激化。
敗者はマスクを失う究極の決着戦。
両者の意地と名誉を賭け、死力を尽くした結果はクアトレロ選手の勝利。



昨年、CMLLに彗星の如く登場したヌエバ・ヘネラシオン・ディナミタ。
当初はソベラノJr.選手とのライバルストーリーもあり、兄サンソン選手の方が目立っていましたが、弟クアトレロ選手が大舞台のメインのマスカラ戦勝利という大きな大きな勲章を手にしました。
父はシエン・カラス選手の名門一族の血を継ぐまだ20代前半の若者。
その可能性は無限大。




昨年9月のアニベルサリオで兄二エブラ・ロハ選手がグラン・ゲレーロ選手とのマスカラ戦に敗れてからわずか半年後にマスクを失ってしまったオロ選手。
ロハ選手はマスクを脱ぐ時に父アポロ・チャベスさんをリングに招き入れましたが、今回のオロ選手は父とともに母もリングへと呼び込みました。
家族が見守るなか露わになった表情はマスクを失った悲しみよりも素顔になった今後の決意が漲るものだったように感じました。
本名ミゲル・アンヘル・チャベス・ベラスコ、ゴメス・パラシオ出身の29才、キャリア13年と自らマイクを掴み観客へ伝えました。
この抗争が勃発し、今まではほとんど見せることのなかった感情剥き出しでクアトレロ選手に向かうオロ選手の荒々しい姿は実に魅力的に見えました。
素顔になったことでさらに感情が伝わりやすくなり、且つ兄に負けず劣らずの噂通りのグアポ。
ロハ選手がマスクを失ってから急上昇したようにオロ選手の未来が明るいものになることを願っています。



8A78E938-D12B-42F9-81BE-4438FD4EB7D5
784C2C3E-8C79-42B0-9DCB-9B5A8CBCC411
F6747086-C76C-4317-A77B-A69912F32E64
マスカラ戦での決着をみたクアトレロ選手とオロ選手はオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスの翌日の17日アレナ・コリセオ土曜定期戦を皮切りに18日アレナ・メヒコ日曜定期戦、19日アレナ・プエブラ月曜定期戦とマスカラ戦後3日続けて激突することが決まっています。
20日のアレナ・コリセオ・グアダラハラ火曜定期戦のカードは現在のところ未発表ですので、もしかすると4日連続になる可能性もあり、オロ選手としては再戦に向けて是が非でも一矢報いたいところ。


セミで行われた第38代CMLL世界タッグ王者決定トーナメント決勝戦はボラドールJr.選手&バリエンテ選手がテリブレ選手&レイ・ブカネロ選手に勝利し、新王者となりました。
ボラドール選手は2009年1月にラ・ソンブラ選手とのタッグで同タイトルを奪取して以来2度目の戴冠。
バリエンテ選手は初のCMLL世界タッグ王座奪取。




オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスの画像→〈CMLL公式HP〉
オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスのダイジェスト動画→〈VideosOficialesCMLL〉


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

春のビッグマッチ「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」全対戦カード発表

通常は開催の1ヶ月程前には発表されるビッグマッチの対戦カード。
今年のオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスは2月7日の記者会見でアンヘル・デ・オロ選手vsクアトレロ選手のマスカラ・コントラ・マスカラが発表され、第37代王者組のネグロ・カサス選手とショッケル選手のCMLL世界タッグ王座返上、新王者決定トーナメントが3月2日と9日に予選、16日のオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスで決勝戦が行われるスケジュールとなった為に開催直前の全対戦カード発表になりました。




CMLL創始者サルバドール・ルッテロ氏とミル・マスカラス選手の功績を讃える2018年のオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスの全対戦カード。

IMG_2646


◎第6試合 マスカラ・コントラ・マスカラ
アンヘル・デ・オロ選手vsクアトレロ選手

ファンタスティカマニア2018のCMLL世界ミドル級王座交代劇から勃発した遺恨の決着戦。
昨年、彗星の如くCMLLに登場したラ・ヌエバ・ヘネラシオン・ディナミタの1人、クアトレロ選手が早くもビッグマッチのメインのマスカラ戦に登場。
昨年9月のアニベルサリオでオロ選手の兄二エブラ・ロハ選手がグラン・ゲレーロ選手に敗れマスクを失ってからまだ半年。
オロ選手にとっては短い期間で兄弟が続けてマスクを失うことは避けたいところでしょう。






◎第5試合 第38代CMLL世界タッグ決定トーナメント決勝戦
ボラドールJr.選手&バリエンテ選手vsテリブレ選手&レイ・ブカネロ選手

2週に渡って行われた予選の結果、勝ち上がって来たのは長年組んでいるこの2チームでした。
ロス・インゴベルナブレス入りしたテリブレ選手がここでも注目。


◎第4試合
アトランティス選手&マット・ターバン選手&二エブラ・ロハ選手vsウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手

提携団体ROHからターバン選手がCMLLに再登場し、ロス・ゲレーロス・ラグネロスと激突します。


◎第3試合
ルーシュ選手&ミスティコ選手&ドラゴン・リー選手vsマスカラ・アニョ・ドスミル選手&サンソン選手&フォラステロ選手

ルーシュ選手が「テクニコでもない、ルードでもない」インゴベルナブレスの為か、なかなか組むことのない3兄弟トリオとディナミタ一族の激突。


◎第2試合
マルセラ選手&プリンセサ・スヘイ選手&小林香萌選手vsダリス選手&セウシス選手&ラ・セドゥクトラ選手

現在CMLLに上がっている日本人選手3人のうち唯一、小林選手がアレナ・メヒコのビッグマッチに登場することになりました。
対戦相手には小林選手が照準を定めているCMLL世界女子王者ダリス選手がいます。

◎第1試合
アウダス選手&フライエル選手&スタルJr.選手vsテンプラリオ選手&ヴィールス選手&ディストゥルビオ選手

ファンタスティカマニア2018で初来日し、日本のファンの好感度を上げたスタル選手とディストゥルビオ選手がビッグマッチに名を連ねていることが何より喜ばしい。
そして前名フィエロからキャラクターチェンジしたアウダス選手、マスクとコスチュームを一新したテンプラリオ選手もオープニングマッチにラインナップされ、団体の期待を感じます。




オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスは日本時間で3月17日午前11時半からinternetv.tvでライブ配信(有料)されます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

テリブレ選手がインゴベルナブレス入り!トルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2018はルーシュ選手&テリブレ 選手が優勝

地震の影響で2月16日から23日へ1週延期されたウルティモ・ゲレーロ選手&ボラドールJr.選手vsルーシュ&テリブレ選手のトルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2018決勝戦。
両チームとも揃いのマスクで入場し、危惧されたタッグチームとしての連携の不安を感じさせずに熱戦となりました。
1対1で迎えた3本目、ボラドール選手のバッククラッカーでルーシュ選手がまずは敗退。
続いてテリブレ選手がスタイルズクラッシュをゲレーロ選手に決め、勝負の行方はボラドール選手とテリブレ選手の2人に委ねられます。
ボラドール選手がコーナー最上段からアームホイップを決めて、ここで勝負あったかと思ったところでルーシュ選手が場外からティランテスレフェリーの足を引っ張り3カウントを阻止。
レフェリーが場外に落ちている隙にリングインしたルーシュ選手がボラドール選手に一撃必殺のルーシュドライバー、続けてテリブレ選手がコーナー最上段からダイビングボディープレス。
ここでルーシュ選手とテリブレ選手のセコンドに付いていたコマンダンテ選手が強引にレフェリーをリングに押し戻して3カウント。
過去の因縁か空中分解も予想されていたルーシュ選手とテリブレ選手が抜群のチームワークでトルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2018を制覇。
力ある2人がいがみ合うことなく闘い、当然と言えば当然の結果となりました。

1E791512-C917-41E0-A5EA-F1793C9C52A7
819C2700-E332-4B43-AE9C-BBC328AE8D4C
この日も揃いのロス・インゴベルナブレスのTシャツを着用していた2選手。
試合後には2週間前と同じくルーシュ選手からテリブレ選手へ再びインゴベルナブレス入りを促すマイクアピールの後、インゴベルナブレス流にテリブレ選手へ拳を向けます。
ルーシュ選手の拳に自身の拳を合わせたテリブレ選手はルーシュ選手と抱擁し、共闘をアピール。
さらには勝利チームに贈られたクリスタル (?) の盾を2人して無雑作にリングへ落とし、その転がるさまを見てニヤリ。
ルーシュ選手の「No pasa nada」と並ぶ決めゼリフに「ロス・インゴベルナブレスはルチャリブレの現在と未来だ」がありますが、テリブレ選手と組みトルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2018を制覇したことは、すでに過去の栄誉でしかなく、テリブレ選手が加わった新しいインゴベルナブレスの未来を見据えているのでしょうか?

昨年5月にラ・マスカラ選手のCMLL離脱以来、父ピエロー選手と2人きりで守ってきたインゴベルナブレスに現ナショナル・ヘビー級王者のテリブレ選手が加入。
インゴベルナブレスの制御不能ぶりはますます加速することでしょう。

メインのトルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2018決勝戦は1時間38分頃から




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

地震により2月16日の金曜定期戦は中止となったアレナ・メヒコは18日の日曜定期戦から再開

昨年9月に続き、再びメキシコで大きな地震がありました。
メキシコ時間で2月16日17時39分頃に南部のオアハカ州を震源とする地震が発生、マグニチュードは7.2。
メキシコシティでもかなり大きな揺れがあり、この影響で20時30分に開始予定だったアレナ・メヒコ金曜定期戦は開催中止となってしまいました。
こういった有事の時の対応が早いのがCMLL。
公式HPやTwitter、Facebookで開催中止の告知の後に金曜定期戦の熱戦を伝えるはずだった実況チーム3人がアレナ・メヒコからライブ配信。
昨年の地震の時もルチャドール達が救援物資を受付けるアレナ・メヒコの駐車場からライブ配信されました。



さらには地震によるアレナ・メヒコのダメージがないかの検査の模様も配信されました。



メキシコシティにあるアレナ・メヒコ、アレナ・コリセオに損傷はなく、18日のアレナ・メヒコ日曜定期戦から通常通りに開催されることが発表されました。
なお、17日はボクシング興行開催の為、アレナ・コリセオ土曜定期戦はもともと予定されていませんでした。

7331E5D7-8D87-47FA-AAAD-C5D59DBCE629
ウルティモ・ゲレーロ選手&ボラドールJr.選手vsルーシュ選手&テリブレ選手のトルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2018決勝戦をはじめ、春のビッグショー、オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスのマスカラ・コントラ・マスカラの前哨戦、ミスティコ選手&ドラゴン・リー選手&アンヘル・デ・オロ選手vsサンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手の激突、二エブラ・ロハ選手vsソベラノJr.選手のマッチ・レランパゴ、さらにはカワト・サン選手出場と見所満載だった16日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のカードはそのまま1週スライドし、23日に同一カードで行われることも発表されました。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

2月16日のトルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2018決勝戦はU・ゲレーロ選手&ボラドール選手vsルーシュ選手&テリブレ選手

2月9日アレナ・メヒコ金曜定期戦で行われたトルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2018の予選2週目を勝ち上がったのは空中分解の危険性もあったルーシュ選手とテリブレ選手のチームでした。


7DFCE3B5-5278-4D47-A10D-056BEC2DAF43
6年前の2012年の創立79周年のアニベルサリオでカベジェラ・コントラ・カベジェラを闘った因縁があるルーシュ選手とテリブレ選手。
昨年、制御不能に暴れるルーシュ選手を制裁する為にテリブレ選手がバックステージからリングに飛び込んで来たこともありましたが、この日はお揃いのロス・インゴベルナブレスのTシャツを着用し、仲間割れすることはありませんでした。
連携に不安を感じさせず本命と目されたカリスティコ選手&エウフォリア選手を撃破し、予選2週目を勝ち上がりました。
もう1つの空中分解の危険性をはらんでいた3月16日オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスでマスカラ・コントラ・マスカラで激突することが決まっているアンヘル・デ・オロ選手とクアトレロ選手のチームは当然の如く派手に仲間割れしました。

FE96DF16-C039-4D32-BB4E-BE72F1F8828B
2月16日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のメインはトルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2018決勝戦、ウルティモ・ゲレーロ選手&ボラドールJr.選手vsルーシュ選手&テリブレ選手に決定。
仲間割れすることなくタッグチームとして機能したことで、テリブレ選手のインゴベルナブレス入りが取り沙汰されていますが、全ては決勝戦の結果次第?
もしU・ゲレーロ選手&ボラドール選手に負けることになれば、負けの原因を互いに責め合い出しそうな予感もします。
この日はセミにミスティコ選手&ドラゴン・リー選手のエルマノス・リーとアンヘル・デ・オロ選手がトリオをくみ、ヌエバ・ヘネレシオン・ディナミタのサンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手が激突、1ヶ月後に迫るオメナヘのマスカラ戦の前哨戦が組まれました。
第3試合には昨年大きく飛躍し、ファンタスティカマニア2018で日本での人気も爆上がりした二エブラ・ロハ選手とソベラノJr.選手のテクニコ同士のマッチ・レランパゴ、第2試合にはカワト・サン選手が登場し、タイゲル選手&プーマ選手とのトリオでフエゴ選手&トリトン選手&スティグマ選手と対戦します。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

トルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2018予選2週目

2月9日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で行われるのが、普段はあまり組むことのないテクニコとルードのタッグトーナメント、トルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2018の予選2週目。

2AEEEB31-EDBF-429C-9C6A-9BF1FBC46460
参加チームは──

●カリスティコ選手&エウフォリア選手
●アトランティス選手&ミステル・二エブラ選手
●ルーシュ選手&テリブレ選手
●マルコ・コルレオーネ選手&ショッケル選手
●アンヘル・デ・オロ選手&クアトレロ選手
●ドラゴン・リー&サンソン選手
●ストゥーカJr.選手&フォラステロ選手
●マスカラ・アニョ・ドスミル選手&ブルー・パンテルJr.

絶対にうまくいくはずがないのが3月16日のオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスでマスカラ・コントラ・マスカラが決定しているオロ選手とクアトレロ選手のチーム。
過去の闘いからルーシュ選手とテリブレ選手のチームも一触即発の危険性あり。

581F7D77-6437-4158-90DE-F7186095CDC0実力的に予選2週目を勝ち上がりそうなのが、カリスティコ選手とエウフォリア選手のチーム。
ここでもエウフォリア選手が頼れる女房役に徹し、チームワークにも問題はなさそうです。
カリスティコ選手がかつてWWEでシン・カラを名乗っていた時代にマスク職人でもあるエウフォリア選手がシン・カラ選手のマスクを手掛けていたこともありました。
先週行われた予選1週目を勝ち上がったのが、ウルティモ・ゲレーロ選手とボラドールJr.選手のチームでした。
カリスティコ選手とボラドール選手、ウルティモ・ゲレーロ選手とエウフォリア選手の関係性を考えると翌週16日の決勝戦にもっともふさわしいカードになると思いますが、結果やいかに?


この日は日本からCMLL遠征中の小林香萌選手の“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコデビュー戦も予定されています。
ライブ配信は日本時間10日午前11時30分開始です。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

3月16日オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスでアンヘル・デ・オロ選手vsクアトレロ選手のマスカラ戦が決定

2月7日にCMLLがアレナ・メヒコで記者会見を行いました。
発表された内容は2つ。
1つは3月16日に開催されるビッグマッチ「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」について。

DFCAFA09-DB98-4E40-A7AD-448A7CCE9E1E
ファンタスティカマニア2018の1月19日の後楽園ホールで起こったCMLL世界ミドル級王者交代劇に端を発し、母国メキシコに戻った後に互いのマスクを剥ぎ合うなど、熱く燃え盛るアンヘル・デ・オロ選手とクアトレロ選手の遺恨の決着戦、マスカラ・コントラ・マスカラが実現してしまいます。
正体不明のマスクマンゆえ、素顔になってみたら実は違っていたということもありますが、巷間伝えられるところでは前王者オロ選手は1998年3月生まれの29才。
初めての日本で初のシングルメジャータイトル戴冠のクアトレロ選手は1996年生まれの弱冠21才。
オロ選手は2010年7月に故ファビアン・エル・ヒターノ選手に勝利し、今回が2度目のマスカラ戦。
一方のクアトレロ選手は初めてのマスカラ戦となります。
ファンタスティカマニア2018でのカンペオナートからほぼ2ヶ月後のマスカラ戦。
昨年のアニベルサリオでグラン・ゲレーロ選手に敗れて素顔になった兄ニエブラ・ロハ選手の後を追うようにオロ選手まで素顔となってしまうのか?
エルマノス・ディナミタの父シエン・カラス選手、おじさんのマスカラ・アニョ・ドスミル選手とウニベルソ・ドスミル選手のようにヌエバ・ヘネレシオン・ディナミタも順々にマスクを失うことになってしまうのか?
実績のオロ選手と勢いのクアトレロ選手の運命のマスカラ戦のその時までドキドキしながら見守ることしか出来ません。

45DE5D06-F679-4F34-9407-A370A18ACEF7
今年のオメナヘ・ア・ドス・レジェンダス、CMLL創始者のサルバドール・ルテロ氏ともに偉大な功績を讃えられるのは“仮面貴族”ミル・マスカラス選手となりました。
大会当日、マスカラス選手がどんな華やかなマスクでアレナ・メヒコのリングに登場されるのか注目です。


76DD25F5-192E-433C-8821-5E38E09A8562
もう1つの発表はリーガ・エリーテとの再合体。
前回の協力関係の時も今ひとつ実態が把握出来なかったエリーテですが、さっそく次の日曜11日からウルティモ・ゲレーロ選手、グラン・ゲレーロ選手、ミスティコ選手、アンヘル・デ・オロ選手、メフィスト選手、エウフォリア選手、エチセロ選手などのCMLLのルチャドールとシベルネティコ選手、シャルリー・ロックスタル選手、ゴールデン・マジック選手、初来日が決まったイホ・デ・ドス・カラス選手などのフリー選手がアレナ・メヒコに登場し、TVアステカで中継されることになりました。
CMLLの普段の定期戦では見ることのない選手や組み合わせは実に楽しみです。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

「新日本にいたヤングライオンの川人拓来は日本に捨ててきたんだ」

BAC3833F-A8B3-4270-86AC-E59CADE58699
2月2日のアレナ・メヒコ金曜定期戦でCMLLデビューしたカワト・サン選手のバックステージでのインタビュー動画がもう1本アップされました。
今度の動画はOKUMURA選手の通訳付き。
途中、この日が誕生日でカワト選手のCMLLデビュー戦のパートナーの1人だったミステリオッソJr.選手が再登場。
OKUMURA選手から誕生日をお祝いされると「チョットマッテ スミマセン」と日本語で返し笑いを誘いますが、胸元を真っ赤に腫らしながらも力強いコメントを残したカワト選手を是非ご覧ください。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

カワト・サン選手が赤パンタロンでCMLLデビュー

A6504D69-570A-4030-AEF8-633A5AF32B9A
大雪に見舞われた1月22日のファンタスティカマニア2018最終戦、後楽園ホール大会で壮行試合を行い、メキシコCMLLへ武者修行に旅立った川人拓来選手。
2月2日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で「カワト・サン」のリングネーム、赤のパンタロン着用でCMLLデビュー。
カワト選手が出場した第2試合の対戦カードはアウダス選手&レイ・コメタ選手&ペガソ選手vsカワト・サン選手&ヴィールス選手&ミステリオッソJr.選手。
キャプテンはテクニコスがコメタ選手、ルードスがヴィールス選手。

第2試合は19分53秒から

1本目はアウダス選手が得意の旋回式腕十字でキャプテンのヴィールス選手に勝利。
2本目はミステリオッソ選手がキャプテンのコメタ選手から足へのジャベで勝利。
決勝の3本目、ヴィールス選手がアウダス選手のマスクを剥ぎ取り反則負け、コメタ選手、ペガソ選手、アウダス選手のテクニコス勝利となりました。
遠目からはどことなく新日本プロレスのジャージを思わせる赤のパンタロンはサイドに金と白のラインが入り、腰のベルトと後ろの羽、翼のデザインは白、左の腰の部分には日の丸が縫い付けられていました。全体的にカワト選手の真面目さ、ひたむきさが伝わる試合内容で3本目にコメタ選手に放った柔軟性あるジャーマンスープレックスは強烈でした。
マットが硬いことで知られる“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコでジャーマンはカワト選手にとって強烈な武器となるかもしれません。

そしてこちらが試合後のバックステージインタビュー。
今まではヤングライオンが巣立ちCMLLへ武者修行した際には傍らにOKUMURA選手という心強い存在があるのが常でしたが、OKUMURA選手は現在、サム・アドニス選手とジョニー・アイドル選手との多国籍軍ユニットで大暴れ中。
右も左もわからぬ地で慣れないルードとしてスペイン語もままならない中、カワト選手になんとかコメントさせようとするベテランのヴィールス選手とミステリオッソ選手の気遣いが有難い。
まだまだ初々しさを感じるカワト選手ですが、試合を重ねる度にルードのふてぶてしさを身に付けていくことでしょう。

E57E2BA1-5AF0-407B-B7F1-3035D09DB3CD
最後に現在発表されているカワト選手の今後のスケジュールを。
2月4日アレナ・メヒコ日曜定期戦の第3試合でブルー・パンテルJr.選手&フエゴ選手&テ・パンテル選手vsカワト・サン選手&ポルボラ選手&ディストゥルビオ選手。(ライブ配信なし)

EFD20F23-628C-4401-8C7C-622920921A3B
2月6日アレナ・メヒコ火曜定期戦の第4試合でティタン選手&ソベラノJr.選手&レイ・コメタ選手vsレイ・ブカネロ選手&フェリーノ選手。(日本時間7日午前10時30分からライブ配信あり)

かつてCMLLに大旋風を巻き起こした内藤哲也選手やカマイタチ=盒競劵蹈狒手のようにカワト選手の変貌と大活躍を楽しみにしています。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ