Campeones de CMLL

【Campeones de CMLL】Julio 2019/’19年7月末のCMLLの主要タイトル王者一覧

月に1度、各タイトルの動向を振り返るCampeones de CMLL。
CMLLで防衛戦が行われている主要タイトルの2019年7月末日現在のチャンピオン一覧、カッコ内は防衛回数と7月に行われたタイトルマッチです。

320C15D9-2345-4850-AE3A-5A421079FFBE

●カンペオン・ウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手
2017年 ボラドールJr.選手
2018年 未開催
2019年 テリブレ選手


●CMLL世界ヘビー級
第20代 ウルティモ・ゲレーロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ライトヘビー級
第16代 ニエブラ・ロハ選手 (5度防衛)

●CMLL世界ミドル級
第19代 クアトレロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第33代 ドラゴン・リー選手 (0度防衛)

●CMLL世界スーパーライト級
第16代 カワト・サン選手 (0度防衛)

●CMLL世界ミニ
第14代 ショッケルシート選手 (5度防衛)

●CMLL世界女子
第19代 マルセラ選手 (3度防衛 7月19日 アレナ・メヒコでアマポーラ選手に防衛)

AC3A3EC8-518D-47B0-9DB2-A0F9D324EF23
CMLL世界女子王座戦は39分4秒から



●CMLL世界タッグ
第41代 エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (1度防衛 7月30日 アレナ・メヒコでニエブラ・ロハ選手&アンヘル・デ・オロ選手に防衛)

C475A5D9-6B31-495C-8DE8-25DE39931920
CMLL世界タッグ王座戦は1時間44分から



CMLL世界6人タッグ
第30代 ウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (3度防衛)


●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第7代 ストゥーカJr.選手 (2度防衛 )

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第8代 カリスティコ選手 (2度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第9代 ボラドールJr.選手 (2度防衛)


●ナショナル・ヘビー級
第65代 テリブレ選手 (5度防衛 7月7日 アレナ・メヒコでバリエンテ選手に防衛)

C7E10EAC-164C-4B8B-ABB5-6BC90DB9269E


●ナショナル・ライトヘビー級
第71代 バルバロ・カベルナリオ選手 (1度防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第75代 ソベラノJr.選手 (8度防衛 7月22日 アレナ・プエブラでネグロ・カサス選手に防衛)

8003A99F-A771-48BB-B9E3-CDDC93C55D18
ナショナル・ウェルター級王座戦は1時間25分5秒から

●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ選手 (4度防衛)

●ナショナル女子
第20代 メタリカ選手 (0度防衛)

ナショナル6人タッグ
第40代 サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手 (12度防衛 7月5日 アレナ・メヒコでティタン選手&トリトン選手&エスフィンへ選手に 7月15日 アレナ・プエブラでルーシュ選手&テリブレ選手&ラ・ベスティア・デル・リング選手に防衛)

E357F036-E812-4C51-8852-446B3461DA7A
7月5日アレナ・メヒコでのナショナル6人タッグ王座戦は57分7秒から



9B599E30-6993-41E4-A637-44B04ECC691D
7月15日アレナ・プエブラでのナショナル6人タッグ王座戦は1時間34分19秒から

参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉



7月のCMLL…と言うよりもメキシコマットはとにかくライガーさんフィーバー。
来年1月に引退を控える獣神サンダー・ライガー選手の現役生活最後のメキシコ遠征をルチャドール、関係者、ファンがあたたかく迎えてくれました。
ライガーさんのメキシコ入り直後のインフォルマのゲスト出演。
飛行機が遅れたり、入国審査で時間がかかったりして間に合わない可能性があったため、事前にはライガーさんの出演は発表されていませんでしたが、司会のフリオ・セサール・リベラ氏からライガーさんが来ていることが告げられるとファンは大歓声。
スタンディングオベーションでライガーさんを迎え入れ、大ライゲルコールが起こった大感動の場面は忘れることが出来ません。

ライガー選手の出演は1時間3分40秒から

ライガーさんのインフォルマ出演を見てつくづく思いました。
年に1度は必ずアレナ・メヒコに帰って来る内藤哲也選手を筆頭に新日本プロレスから遠征してくる選手はいつも過密スケジュールの最中にメキシコ入り。
今回のメキシコのファンの大歓迎ぶりを見てしまうと、出来ることなら水曜日にはメキシコ入りして夕方のインフォルマにゲスト出演、中1日おいてアレナ・メヒコ金曜定期戦に出場というのが理想的だと感じました。


さて、今後のCMLLは8月30日のアレナ・メヒコでメキシコ軍vs多国籍軍のグランプリの開催が発表されました。
また、日程は未発表ながら、おそらく1ヶ月後くらいには年間最大興行である創立86周年記念のアニベルサリオが開催されます。
現時点ではウルティモ・ゲレーロ選手とシベル・ゼ・メイン・メン選手のカベジェラ・コントラ・カベジェラが最有力な気がしていますが、アニベルサリオのメインを飾る因縁抗争がどこで勃発するかわかりません。




【Campeones de CMLL】Junio 2019

月に1度、各タイトルの動向を振り返るCampeones de CMLL。
CMLLで防衛戦が行われている主要タイトルの2019年6月末日現在のチャンピオン一覧、カッコ内は防衛回数と6月に行われたタイトルマッチです。

320C15D9-2345-4850-AE3A-5A421079FFBE

●カンペオン・ウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手
2017年 ボラドールJr.選手
2018年 未開催
2019年 テリブレ選手


●CMLL世界ヘビー級
第20代 ウルティモ・ゲレーロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ライトヘビー級
第16代 ニエブラ・ロハ選手 (5度防衛)

●CMLL世界ミドル級
第19代 クアトレロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第33代 ドラゴン・リー選手 (0度防衛)

●CMLL世界スーパーライト級
第16代 カワト・サン選手 (0度防衛 前王者ドラゴン・リー 選手が返上 6月30日 アレナ・メヒコでの新王者決定戦でアウダス選手に勝利)

4160136B-2B94-418D-8BAD-9AE5CB560E8A


●CMLL世界ミニ
第14代 ショッケルシート選手 (5度防衛)

●CMLL世界女子
第19代 マルセラ選手 (2度防衛)

●CMLL世界タッグ
第41代 エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (0度防衛)

CMLL世界6人タッグ
第30代 ウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (3度防衛)


●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第7代 ストゥーカJr.選手 (2度防衛 )

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第8代 カリスティコ選手 (2度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第9代 ボラドールJr.選手 (2度防衛)


●ナショナル・ヘビー級
第65代 テリブレ選手 (4度防衛)

●ナショナル・ライトヘビー級
第71代 バルバロ・カベルナリオ選手 (1度防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第75代 ソベラノJr.選手 (7度防衛 6月2日 アレナ・メヒコでネグロ・カサス選手に防衛)

27D2C96D-AB1A-468E-B9F2-3FB9BC5C333B


●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ選手 (4度防衛)

●ナショナル女子
第20代 メタリカ選手 (0度防衛)

ナショナル6人タッグ
第40代 サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手 (10度防衛)

参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉


6月のCMLLは7日、14日、21日と3週にわたってアレナ・メヒコ金曜定期戦で開催されたコパ・ディナスティアスがあり、カンペオナートはソベラノ選手のナショナル・ウェルター級王座の防衛戦とドラゴン・リー選手が返上したCMLL世界スーパーライト級の新王者決定戦の2試合のみでした。
昨年のファンタスティカマニアで壮行試合を行い、CMLLで海外武者修行中のカワト選手がキャリア初のベルト奪取。
ようやくノーカットの試合映像を見ることが出来ましたが「このチャンスを絶対にものにする」というカワト選手の意気込みが勝った試合だったように感じました。
最後はジャックハマー的な新技でアウダス選手から勝利。
ここ10年余りにわたって新日本プロレスの若手選手の武者修行の地として数々のヤングライオンがCMLLへと送り込まれていますが、タイトル挑戦の機会も与えられずに帰国する選手も多い中でカワト選手のベルト奪取は間違いなく快挙。
今後、このベルトをともにどんな闘いを見せてくれるのか本当に楽しみです。

新王者決定戦を前に意気込みを語ったカワト選手は対戦相手のアウダス選手について「今後、一生闘っていく相手だと思っている」と発言。
昨年1月にCMLLから期待され、前名フィエロからアウダスの新リングネームとマスクをリング上で授与された超新星。
今年のファンタスティカマニアで初来日し、脅威の身体能力を披露してくれただけにベルトを奪取し、スペル・エストレージャへの階段を駆け上がるものだと思っていました。
初防衛戦の相手がアウダス選手との再戦となるのか、それとも他のルチャドールになるのかも注目しています。

さて、今回カワト選手が奪取したタイトルの名称について。
前王者のドラゴン・リー 選手やその前のカマイタチ選手がその腰にベルトを巻いていた時代は間違いなくCMLL世界ライト級王座と呼称されていました。
ただし、以前にも書いた通り、このベルトはもともとはスーパーライト級王座のベルトであり、ベルトにはSUPER LIGERO=スーパーライト級と表記されたまま、LIGERO=ライト級王座として防衛戦が行われていました。
今回、ドラゴン・リー選手が返上し、新王者決定戦が行われることが決定してからCMLLのHPやSNSを注意深く見ているとSUPER LIGEROとLIGEROが混在していました。
また、インフォルマの司会を務めるフリオ・セサール・リベラ氏を含むライブ配信の実況陣はこれまではリヘロと言っていましたが、カワト選手の戴冠後はスペル・リヘロと言うようになり、いったいどちらが正しいのか困惑していましたが、信頼出来る方に率直にこの件についてお聞きしたところ、今後はベルトの表記通りにSUPER LIGERO=スーパーライト級で統一することになったそうです。
よって当ブログも今後はCMLL世界スーパーライト級と記すこととします。



7月6日にCMLLのフランシスコ・アロンソ・ルテロ社長がお亡くなりになりました。
CMLL所属選手や関係者はもちろん、クリス・ジェリコ選手はInstagramで涙を流し感謝を言葉を述べる動画を公開するなど、かつてCMLLで活躍したラ・ソンブラ=アンドラーデ選手、マスカラ・ドラダ=グラン・メタリク選手、盒競劵蹈狒手、サム・アドニス選手などなどSNSはアロンソ社長への追悼、感謝で溢れ、記者会見やリング上のセレモニーなど公の場に出られることはなかった社長のお人柄が偲ばれます。

7日のアレナ・メヒコ日曜定期戦では社長令嬢でCMLLでマーケティングマネージャーを務めるソフィア・アロンソさんもリングに上がられて追悼セレモニーが行われました。

心からご冥福をお祈りいたします。




【Campeones de CMLL】Mayo 2019

月に1度、各タイトルの動向を振り返るCampeones de CMLL。
CMLLで防衛戦が行われている主要タイトルの2019年5月末日現在のチャンピオン一覧、カッコ内は防衛回数と5月に行われたタイトルマッチです。

320C15D9-2345-4850-AE3A-5A421079FFBE

●カンペオン・ウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手
2017年 ボラドールJr.選手
2018年 未開催
2019年 テリブレ選手


●CMLL世界ヘビー級
第20代 ウルティモ・ゲレーロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ライトヘビー級
第16代 ニエブラ・ロハ選手 (5度防衛)

●CMLL世界ミドル級
第19代 クアトレロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第33代 ドラゴン・リー選手 (0度防衛)

●CMLL世界ライト級
第15代 ドラゴン・リー選手 (6度防衛)

●CMLL世界ミニ
第14代 ショッケルシート選手 (5度防衛)

●CMLL世界女子
第19代 マルセラ選手 (2度防衛 4月29日 アレナ・プエブラでメタリカ選手に防衛)

●CMLL世界タッグ
第41代 エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (0度防衛 5月31日 アレナ・メヒコでディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手から奪取 前王者組ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手は3度目の防衛に失敗)

A35A3FCA-1ADC-4A71-9C20-91F4A920CEBE
CMLL世界タッグ王座戦は1時間32分7秒から



CMLL世界6人タッグ
第30代 ウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (3度防衛 5月28日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでカリスティコ選手&ストゥーカJr.選手&ソベラノJr.選手に防衛)

9A6073D3-30D9-45CA-B344-78B4D155D11C



●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第7代 ストゥーカJr.選手 (2度防衛 )

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第8代 カリスティコ選手 (2度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第9代 ボラドールJr.選手 (2度防衛)


●ナショナル・ヘビー級
第65代 テリブレ選手 (4度防衛)

●ナショナル・ライトヘビー級
第71代 バルバロ・カベルナリオ選手 (1度防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第75代 ソベラノJr.選手 (6度防衛)

●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ選手 (4度防衛)

●ナショナル女子
第20代 メタリカ選手 (0度防衛)

ナショナル6人タッグ
第40代 サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手 (10度防衛)

参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉

5月の話題の中心は31日に開催されたビッグショーのフイシオ・フィナルでした。
遺恨決着戦としてカベジェラ・コントラ・カベジェラが2試合と敗者引退マッチが組まれたこともありタイトルマッチはフイシオ・フィナルでのCMLL世界タッグ、28日のグアダラハラでのCMLL世界6人タッグの2つのみでどちらもロス・ゲレーロス・ラグネロス絡み。
CMLL世界6人タッグ王座戦ではエウフォリア選手とソベラノJr.選手の親子がベルトをかけて激突する珍しい出来事もありました。
カリスティコ選手はNWA世界ヒストリック・ミドル級、ストゥーカ選手はNWA世界ヒストリック・ライトヘビー級、ソベラノ選手はナショナル・ウェルター級と挑戦者組は3人揃ってシングル王座を保持する実力者ではありますが、連携に勝るゲレーロスの牙城は崩せず。
ウルティモ・ゲレーロ選手がレイ・ブカネロ選手と3度、ドクトル・ワグナーJr.選手、アトランティス選手、ドラゴン・ロホJr.選手とパートナーを変え、通算6度もベルトを巻いたCMLL世界タッグ王座はエウフォリア選手もグラン・ゲレーロ選手も今回が初戴冠となりました。

6月のCMLLは新企画のコパ・ディナスティアス7日のアレナ・メヒコ金曜定期戦からスタート。

IMG_0797
IMG_0796
また、BEST OF THE SUPER Jr. 26に参戦した第84IWGPジュニアヘビー級チャンピオンのドラゴン・リー選手は9日のDOMINION大阪城ホール大会後、14日のアレナ・メヒコ金曜定期戦、ティタン選手は8日のアレナ・コリセオ土曜定期戦からそれぞれCMLLマットに復帰予定です。




【Campeones de CMLL】Abril 2019

月に1度、各タイトルの動向を振り返るCampeones de CMLL。
CMLLで防衛戦が行われている主要タイトルの2019年4月末日現在のチャンピオン一覧、カッコ内は防衛回数と4月に行われたタイトルマッチです。

320C15D9-2345-4850-AE3A-5A421079FFBE

●カンペオン・ウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手
2017年 ボラドールJr.選手
2018年 未開催
2019年 テリブレ選手


●CMLL世界ヘビー級
第20代 ウルティモ・ゲレーロ選手 (3度防衛 4月15日 アレナ・プエブラでバリエンテ選手に防衛)

2C832684-FBD2-48D4-B4A7-67637F66C68E
CMLL世界ヘビー級王座戦は1時間28分14秒から

●CMLL世界ライトヘビー級
第16代 ニエブラ・ロハ選手 (5度防衛)

●CMLL世界ミドル級
第19代 クアトレロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第33代 ドラゴン・リー選手 (0度防衛)

●CMLL世界ライト級
第15代 ドラゴン・リー選手 (6度防衛)

●CMLL世界ミニ
第14代 ショッケルシート選手 (5度防衛)

●CMLL世界女子
第19代 マルセラ選手 (2度防衛 4月29日 アレナ・プエブラでメタリカ選手に防衛)

634CDBB0-72A3-43D8-8B88-87D7EE579AAF
CMLL世界女子王座戦は58分40秒から

●CMLL世界タッグ
第40代 ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手 (2度防衛)

CMLL世界6人タッグ
第30代 ウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (2度防衛)


●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第7代 ストゥーカJr.選手 (2度防衛 )

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第8代 カリスティコ選手 (2度防衛 4月9日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでバルバロ・カベルナリオ選手に防衛)

90553BE0-CEB3-46EC-801D-118B3FBD9371


●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第9代 ボラドールJr.選手 (2度防衛)


●ナショナル・ヘビー級
第65代 テリブレ選手 (4度防衛 4月14日 アレナ・メヒコでバリエンテ選手に防衛)

41C6E78D-4305-4C24-B8EB-51A0317EA6C5



●ナショナル・ライトヘビー級
第71代 バルバロ・カベルナリオ選手 (1度防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第75代 ソベラノJr.選手 (6度防衛)

●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ選手 (4度防衛)

●ナショナル女子
第20代 メタリカ選手 (0度防衛)

ナショナル6人タッグ
第40代 サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手 (9度防衛 4月9日 アレナ・メヒコでアンヘル・デ・オロ選手&ニエブラ・ロハ選手&ソベラノJr.選手に防衛)

2D9DC69E-40ED-4F51-97F5-FDD0866F8AC3
ナショナル6人タッグ王座戦は1時間38分58分5秒から


参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉


4月は5つのカンペオナートが組まれ、王座の移動はありませんでしたが、ドラゴン・リー選手が4月7日のマディソン・スクエア・ガーデンで念願のIWGPジュニアヘビー級王座初戴冠。
CMLL世界ウェルター級とライト級、MLA (Mucha Lucha Atlanta) ヘビー級とKOI (KING OF INDIES) と5本のベルトを保持。
5月3日の福岡国際センターのメインで全王者の石森太二選手の挑戦を退け初防衛に成功、IWGPジュニア王者のままBEST OF THE SUPER Jr. 26へ3年連続出場することになりました。
CMLLからのもう1人のSUPER Jr.出場者、ティタン選手は現在無冠ではありますが、4月26日のアレナ・メヒコ63周年記念大会のメインで行われたトルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2019決勝戦でバルバロ・カベルナリオ選手とのタッグでボラドールJr.選手&ウルティモ・ゲレーロ選手を撃破し優勝。
この勲章を胸に2度目のSUPER Jr.に挑みます。




【Campeones de CMLL】Marzo 2019

月に1度、各タイトルの動向を振り返るCampeones de CMLL。
CMLLで防衛戦が行われている主要タイトルの2019年3月末日現在のチャンピオン一覧、カッコ内は防衛回数と3月に行われたタイトルマッチです。

320C15D9-2345-4850-AE3A-5A421079FFBE

●カンペオン・ウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手
2017年 ボラドールJr.選手
2018年 未開催
2019年 テリブレ選手


●CMLL世界ヘビー級
第20代 ウルティモ・ゲレーロ選手 (2度防衛 3月4日 アレナ・プエブラでバンジェリス選手に防衛)

C9640D6F-43B2-4A8D-B83D-3389673C0944
CMLL世界ヘビー級王座戦は1時間44分47秒から

●CMLL世界ライトヘビー級
第16代 ニエブラ・ロハ選手 (5度防衛)

●CMLL世界ミドル級
第19代 クアトレロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第33代 ドラゴン・リー選手 (0度防衛 3月19日 アレナ・メヒコでメフィスト選手から奪取 前王者メフィスト選手は14度目の防衛に失敗)

F5371E14-4A36-4804-8FEF-6A07DE7902CF
CMLL世界ウェルター級王座戦は1時間50分19秒から



●CMLL世界ライト級
第15代 ドラゴン・リー選手 (6度防衛)

●CMLL世界ミニ
第14代 ショッケルシート選手 (5度防衛 3月31日 アレナ・メヒコでペケーニョ・ピエロー選手に防衛)

8C561878-552F-4A93-BB5E-DD114240EE48


●CMLL世界女子
第19代 マルセラ選手 (1度防衛)

●CMLL世界タッグ
第40代 ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手 (2度防衛 3月10日 アレナ・メヒコでウルティモ・ゲレーロ選手&グラン・ゲレーロ選手に防衛)

77D357D1-7D2B-4695-8BCD-F07382A84307


CMLL世界6人タッグ
第30代 ウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (2度防衛 3月15日 アレナ・メヒコでカリスティコ選手&ボラドールJr.選手&ドラゴン・リー選手に防衛)

3D602440-3C1E-43DD-8A72-559333A43112
CMLL世界6人タッグ王座戦は1時間33分24秒から




●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第7代 ストゥーカJr.選手 (2度防衛 )

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第8代 カリスティコ選手 (1度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第9代 ボラドールJr.選手 (2度防衛 3月5日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでバルバロ・カベルナリオ選手に防衛)

4C72E200-D7BC-4AE3-A6F0-E051C9F5892E


●ナショナル・ヘビー級
第65代 テリブレ選手 (3度防衛)

●ナショナル・ライトヘビー級
第71代 バルバロ・カベルナリオ選手 (1度防衛 3月29日 アレナ・メヒコでフォラステロ選手に防衛)

84E20155-0A9B-47FC-BFB7-6BD906502D1C
ナショナル ・ライトヘビー級王座戦は1時間37分5秒から



●ナショナル・ウェルター級
第75代 ソベラノJr.選手 (6度防衛 3月30日 アレナ・コリセオでテンプラリオ選手に防衛)

92135FD7-258D-4062-BF0D-A362B18E00D6


●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ選手 (4度防衛)

●ナショナル女子
第20代 メタリカ選手 (0度防衛)

ナショナル6人タッグ
第40代 サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手 (8度防衛 3月19日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでティタン選手&トリトン選手&エスフィンへ選手に防衛)

5EFFBA2B-A63E-4D2B-A0CA-F8CB81A3DB3A



参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉

3月のCMLLは15日に開催されたビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」でニエブラ・ロハ選手とアンヘル・デ・オロ選手のロス・エルマノス・チャベスがロス・インゴベルナブレスのテリブレ選手とラ・ベスティア・デル・リング選手とのカベジェラス・コントラ・カベジェラスで勝利。
しかし、大一番で敗れて丸坊主となるも前哨戦も含めてテリブレ選手とベスティア・デル・リング選手の強さ、実力者ぶりばかりが印象に残っています。
そして29日のアレナ・メヒコ金曜定期戦にはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手がルーシュ選手とテリブレ選手と合体。
内藤選手とカリスティコ選手の日墨カリスマ対決に期待していましたが、インゴベルナブレスが勝敗度外視の反則で幕。
この続きは来年のファンタスティカマニアで見られるのか?見られないのか?
その答えはもちろん、トランキーロ、あっせんなよ…と言ったところでしょうか。
とにもかくにも3月のCMLLマットは制御不能に染め上げられました。

タイトル戦線に目を移すと2月はカンペオン・ウニベルサル開催の影響で1度も行われなかったタイトルマッチが3月は9度も行われました。
うち8タイトルは王者が防衛しましたが、メフィスト選手が2016年5月から13度も防衛してきたCMLL世界ウェルター級王座がドラゴン・リー選手に移動。
ドラゴン・リー 選手はCMLL世界ライト級と合わせてCMLL世界王座の二冠、さらにはMLA (Mucha Lucha Atlanta) ヘビー級とKOI (KING OF INDIES) と4本のベルトを保持しています。
俄然、4月6日マディソン・スクエア・ガーデンでIWGPジュニアヘビー級王座奪取への期待高まります。
10年ぶり3人目のメキシコ人IWGPジュニアヘビー級王者の誕生なるか!?




【Campeones de CMLL】Febrero 2019

月に1度、各タイトルの動向を振り返るCampeones de CMLL。
CMLLで防衛戦が行われている主要タイトルの2019年2月末日現在のチャンピオン一覧、カッコ内は防衛回数と2月に行われたタイトルマッチです。

320C15D9-2345-4850-AE3A-5A421079FFBE

●カンペオン・ウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手
2017年 ボラドールJr.選手
2018年 未開催
2019年 テリブレ選手


●CMLL世界ヘビー級
第20代 ウルティモ・ゲレーロ選手 (1度防衛)

●CMLL世界ライトヘビー級
第16代 ニエブラ・ロハ選手 (5度防衛)

●CMLL世界ミドル級
第19代 クアトレロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第32代 メフィスト選手 (13度防衛)

●CMLL世界ライト級
第15代 ドラゴン・リー選手 (6度防衛)

●CMLL世界ミニ
第14代 ショッケルシート選手 (4度防衛)

●CMLL世界女子
第19代 マルセラ選手 (1度防衛)

●CMLL世界タッグ
第40代 ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手 (1度防衛)

CMLL世界6人タッグ
第30代 ウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (1度防衛)


●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第7代 ストゥーカJr.選手 (2度防衛 )

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第8代 カリスティコ選手 (1度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第9代 ボラドールJr.選手 (1度防衛)


●ナショナル・ヘビー級
第65代 テリブレ選手 (3度防衛)

●ナショナル・ライトヘビー級
第71代 バルバロ・カベルナリオ選手 (0度防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第75代 ソベラノJr.選手 (5度防衛)

●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ選手 (4度防衛)

●ナショナル女子
第20代 メタリカ選手 (0度防衛)

ナショナル6人タッグ
第40代 サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手 (7度防衛)


参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉



各タイトルの王者のみに出場権利が与えられる“メキシコ版G1”宇宙一決定戦トルネオ・カンペオン・ウニベルサル2019が2月1日と8日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で2週にわたって予選が行われ、1週目を勝ち上がったナショナル ・ヘビー級王者テリブレ選手と2週目を勝ち上がったCMLL世界ライトヘビー級王者ニエブラ・ロハ選手が15日の決勝戦で激突。
ファンタスティカマニア2019に参戦したロス・インゴベルナブレスのテリブレ選手が実力者ぶりを見せつけて優勝。
2012年に続いて2度目の宇宙一の称号を獲得しました。
このトーナメント開催により2月は全てのタイトルの防衛戦がありませんでした。

カンペオン・ウニベルサル2019決勝戦で勃発したテリブレ選手&ラ・ベスティア・デル・リング選手とニエブラ・ロハ選手&アンヘル・デ・オロ 選手の因縁は3月15日開催のビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス2019」のメインのカベジェラス・コントラ・カベジェラスへと発展しました。
オメナヘではウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手のロス・ゲレーロス・ラグネロスが保持するCMLL世界6人タッグ王座にボラドールJr.選手&キング・フェニックス選手&ペンタ・エル・セロ・エメ選手が挑戦することも決定しています。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

内藤哲也選手が3月29日のアレナ・メヒコ金曜定期戦に出場

30ED0091-45F1-4717-9A62-CA7383F44AD4
2月19日正午からCMLLが記者会見を行いました。
会見の主な内容は3月15日に開催が決定した春のビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」についてでしたが、この会見の冒頭に司会のフリオ・セサール・リベラ氏から新日本プロレス、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手のCMLL参戦が発表されました。
内藤選手が出場するのは3月29日のアレナ・メヒコ金曜定期戦。


すでに発表されていた中央アメリカ南部に位置するコスタリカ共和国の団体CWE (コスタリカ・レスリング・エンバシー) 参戦の前日にアレナ・メヒコに登場することになりました。
グーグルマップで確認したところ、メキシコからはグアテマラ、ホンジュラス、ニカラグアの3つの国を跨いでコスタリカでした。
また、メキシコシティからコスタリカの首都サンホセまでは飛行機で3時間弱。

9C424A90-DAD6-4747-B4D1-EFA59C79D6B3
内藤選手のアレナ・メヒコ出場は昨年8月31日以来7ヶ月ぶり。
昨年、一昨年のアレナ・メヒコ参戦時にはハポンのパレハを帯同しましたが、今回の発表では内藤選手1人のみ。
おそらく今年もルーシュ選手、テリブレ選手、ラ・ベスティア・デル・リング選手の本家ロス・インゴベルナブレスとの合体になると思います。
CMLLのカード発表はビッグショーを除いて前週の定期戦後。
内藤選手がアレナ・メヒコに上がる2週前の15日にはテリブレ選手とベスティア・デル・リング選手の2人にとって大一番となるオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスが開催されます。
このビッグショーがどんな結末となるかによって、その後の展開に大きく影響するものと思われます。
果たしてどんな対戦カードが組まれるのか?
インゴベルナブレス加入後のアレナ・メヒコ参戦は内藤選手の「楽しくて楽しくて仕方ない」という感情が映像でも伝わってきました。
今回もきっと制御不能な暴れっぷりを見せてくれることでしょう。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

【Campeones de CMLL】Enero 2019

8061CC9E-EF2F-44A2-B26D-2058BA05908B
今年もたくさんの夢が詰まった“ルチャの祭典”ファンタスティカマニアが終了しました。
ハポンへ、ニュージャパンへ、そしてファンタスティカマニアへ行く願いが叶い飛来した史上最も豪華 な参戦ルチャドール達の想いと年に1度の夢空間をずっと待ち侘びていたファンの想いが重なり合って、今年も極上の幸福感たっぷりのシリーズだったと思います。

E3D50333-2B5E-4A9C-AAD0-6BBFE3866F6B
最終戦のメインでボラドールJr.選手とのマノ・ア・マノに惜敗したもののボラドール選手から締めのマイクを託され、さらに感動のフィナーレの最後の最後にリングに立っていたのは初開催の2011年以来8年ぶりにファンタスティカマニアに帰って来てくれた“神の子”でした。
改めてカリスティコ選手の空中弾の独特な浮遊感と圧倒的なオーラに酔いしれました。
もうすでに来年の開催が待ち遠しい。

ここからが本題です。
ファンタスティカマニア2日間観戦の写真整理で更新が少し遅れましたが、月に1度、各タイトルの動向を振り返るCampeones de CMLL。
CMLLで防衛戦が行われている主要タイトルの2019年1月末日現在のチャンピオン一覧、カッコ内は防衛回数と1月に行われたタイトルマッチです。

320C15D9-2345-4850-AE3A-5A421079FFBE

●カンペオン・ウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手
2017年 ボラドールJr.選手
2018年 未開催


●CMLL世界ヘビー級
第20代 ウルティモ・ゲレーロ選手 (1度防衛)

●CMLL世界ライトヘビー級
第16代 ニエブラ・ロハ選手 (5度防衛 1月28日 アレナ・プエブラでルシフェルノ選手に防衛)

1時間28分11秒からがCMLL世界ライトヘビー級王座戦

●CMLL世界ミドル級
第19代 クアトレロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第32代 メフィスト選手 (13度防衛)

●CMLL世界ライト級
第15代 ドラゴン・リー選手 (6度防衛)

●CMLL世界ミニ
第14代 ショッケルシート選手 (4度防衛)

●CMLL世界女子
第19代 マルセラ選手 (1度防衛 1月27日 新木場1stRINGで本間多恵選手に防衛)

●CMLL世界タッグ
第40代 ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手 (1度防衛 1月29日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでルーシュ選手&ラ・ベスティア・デル・リング選手に防衛)



CMLL世界6人タッグ
第30代 ウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (1度防衛)


●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第7代 ストゥーカJr.選手 (2度防衛 1月13日 アレナ・メヒコでエチセロ選手に防衛)

試合後のバックステージインタビューとダイジェスト動画

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第8代 カリスティコ選手 (1度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第9代 ボラドールJr.選手 (1度防衛)


●ナショナル・ヘビー級
第65代 テリブレ選手 (3度防衛 1月1日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでバンジェリス選手に防衛)



●ナショナル・ライトヘビー級
第71代 バルバロ・カベルナリオ選手 (0度防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第75代 ソベラノJr.選手 (5度防衛)

●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ選手 (4度防衛)

●ナショナル女子
第20代 メタリカ選手 (0度防衛)

ナショナル6人タッグ
第40代 サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手 (7度防衛 1月21日 後楽園ホールでアトランティス選手&アンヘル・デ・オロ選手&ティタン選手に防衛)

BC4F954F-3E83-4F84-95CB-A860F8364FA6
〈CMLL FANTASTICA MANIA 2019 2019年1
月21日 東京・後楽園ホール 第4試合 ナショナル6人タッグ選手権試合 アトランティス&ティタン&アンヘル・デ・オロ VS サンソン&クアトレロ&フォラステロ/新日本プロレスワールド〉



参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉



これらのタイトルホルダーのみに出場権利が与えられる“メキシコ版G1”宇宙一決定戦トルネオ・カンペオン・ウニベルサル2019が2月1日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で開幕。
今までは秋に開催されてきましたが、昨年はCMLL世界ライト級王者ドラゴン・リー選手の長期のテレビ出演の影響か開催されませんでした。

F2CEC864-6FC3-416E-A8AD-F1DCBC355796
2月1日の予選1週目にエントリーされたのが、テクニコがNWA世界ヒストリック・ミドル級王者カリスティコ選手、CMLL世界ライト級王者ドラゴン・リー選手、CMLL世界タッグ王者バリエンテ選手、NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級王者ストゥーカJr.選手。
ルードがナショナル・ヘビー級王者テリブレ選手、ナショナル・ライトヘビー級王者バルバロ・カベルナリオ選手、CMLL世界6人タッグ王者グラン・ゲレーロ選手、ナショナル6人タッグ王者フォラステロ選手の計8選手。

トルネオ・カンペオン・ウニベルサル2019予選1週目は1時間29分30秒から

0935C3AE-D916-46D8-92C4-C52C4D02E176
予選1週目を勝ち上がり15日に行われる予定の決勝戦に駒を進めたのはファンタスティカマニアで小島聡選手をマノ・ア・マノで撃破したロス・インゴベルナブレスのテリブレ選手でした。
2012年に続く2度目の宇宙一の栄冠なるか?

B4DBE1EA-314B-4F4D-A32F-A3DCA33DE32F
予選2週目は8日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で開催予定。
エントリーされたのはテクニコがNWA世界ヒストリック・ウェルター級王者ボラドールJr.選手、CMLL世界ライトヘビー級王者ニエブラ・ロハ選手、CMLL世界タッグ王者ディアマンテ・アスール選手、ナショナル・ウェルター級王者ソベラノJr.選手。
ルードがCMLL世界ヘビー級&CMLL世界6人タッグ王者ウルティモ・ゲレーロ選手、ナショナル6人タッグ王者サンソン選手、CMLL世界ウェルター級王者メフィスト選手、CMLL世界ミドル級&ナショナル6人タッグ王者クアトレロ選手の計8選手。

獣神サンダー・ライガー選手、棚橋弘至選手も巻いた赤いベルトを今年その腰に巻くのはいったい誰だ?




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

【Campeones de CMLL】Diciembre 2018

CMLLで防衛戦が行われている主要タイトルの2018年12月末日現在のチャンピオン一覧、カッコ内は防衛回数と12月に行われたタイトルマッチです。

320C15D9-2345-4850-AE3A-5A421079FFBE

●カンペオン・ウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手
2017年 ボラドールJr.選手
2018年 未開催


●CMLL世界ヘビー級
第20代 ウルティモ・ゲレーロ選手 (1度防衛)

●CMLL世界ライトヘビー級
第16代 ニエブラ・ロハ選手 (4度防衛)

●CMLL世界ミドル級
第19代 クアトレロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第32代 メフィスト選手 (13度防衛)

●CMLL世界ライト級
第15代 ドラゴン・リー選手 (6度防衛)

●CMLL世界ミニ
第14代 ショッケルシート選手 (4度防衛)

●CMLL世界女子
第19代 マルセラ選手 (0度防衛)

●CMLL世界タッグ
第40代 ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手 (0度防衛)

CMLL世界6人タッグ
第30代 ウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (1度防衛)


●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第7代 ストゥーカJr.選手 (1度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第8代 カリスティコ選手 (1度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第9代 ボラドールJr.選手 (1度防衛)


●ナショナル・ヘビー級
第65代 テリブレ選手 (2度防衛)

●ナショナル・ライトヘビー級
第71代 バルバロ・カベルナリオ選手 (0度防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第75代 ソベラノJr.選手 (5度防衛)

●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ選手 (4度防衛)

●ナショナル女子
第20代 メタリカ選手 (0度防衛 12月29日 アレナ・コリセオでプリンセサ・スヘイ選手から奪取 初戴冠 前王者スヘイ選手は6度目の防衛に失敗)



ナショナル6人タッグ
第40代 サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手 (6度防衛)


参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉


12月唯一行われたタイトルマッチのナショナル女子王座がベテランのスヘイ選手からメタリカ選手へ移動。
そして、2009年から開催されてきた各タイトルの王者だけに出場が許される“メキシコ版G1”宇宙一を決めるカンペオン・ウニベルサルが2018年は残念ながら開催されませんでした。
2019年は再び開催されるのか注目しています。

さあ!いよいよファンタスティカマニア2019の開幕まで10日となりました。
カード発表はイッテンヨン東京ドーム、イッテンゴ後楽園ホールの後だとは思います。
ナショナル女子王座以外は動いていないので、先月と全く同じではありますが、現段階でファンタスティカマニアで防衛戦が可能なタイトルを記しておきます。

●ウルティモ・ゲレーロ選手のCMLL世界ヘビー級
●クアトレロ選手のCMLL世界ミドル級
●ドラゴン・リー選手CMLL世界ライト級
●カリスティコ選手のNWA世界ヒストリック・ミドル級
●ボラドールJr.選手のNWA世界ヒストリック・ウェルター級
●テリブレ選手のナショナル・ヘビー級
●バルバロ・カベルナリオ選手のナショナル・ライトヘビー級
●ソベラノJr.選手のナショナル・ウェルター級
●サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手のナショナル6人タッグ

以上の9タイトル。

47974AA1-A441-41A6-8A28-91D4B34DD59A

A33415FA-4533-4854-8577-64FA9FA5D6E4

25B29D70-7586-4B6C-9A1D-B6ADD572CBA5
元日のCMLLは12月25日のクリスマスに続いてアレナ・メヒコ、アレナ・プエブラ、アレナ・コリセオ・グアダラハラの3会場度時刻開催、メインは全てマノ・ア・マノで2019年をスタートします。
「シン・ピエダ」アレナ・メヒコはメインがカリスティコ選手vsウルティモ・ゲレーロ選手。
セミがキング・フェニックス選手&ペンタ・エル・セロ・エメ選手&ドラゴン・リー選手vsクアトレロ選手&フォラステロ選手&テンプラリオ選手。
第3試合にはアクマ選手&カモーラ選手vsジャゴ選手&イホ・デル・シグノ選手のマスカラ・イ・カベジェラ・コントラ・マスカラ・イ・カベジェラが組まれました。
両チームともマスクマンと素顔の選手のルード同士の対戦。
負けたチームが新年早々マスクと髪の毛を失います。

プエブラはメインがボラドールJr.選手vsサンソン選手。
セミはアトランティス選手&バリエンテ選手&ティタン選手vsショッケル選手&レイ・ブカネロ選手&ラ・ベスティア・デル・リング選手。

グアダラハラはメインに王者テリブレ選手vs挑戦者バンジェリス選手のナショナル・ヘビー級王座戦。
セミはミスティコ選手&アンヘル・デ・オロ選手&ニエブラ・ロハ選手vsメフィスト選手&?&グラン・ゲレーロ選手。
(メインは当初ディアマンテ・アスール選手がナショナルヘビー級に挑戦予定でしたがバンジェリス選手に変更。セミに出場予定だったバンジェリス選手の所に代替選手が入ると思われます)

3837345D-B18A-4F26-BF68-8D14D52D495D
そして4日の新年1発目となるアレナ・メヒコ金曜定期戦ではメインが王者組サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手vs挑戦者組アンヘル・デ・オロ・選手&ニエブラ・ロハ選手&ソベラノJr.選手のナショナル6人タッグ王座戦。
セミがドラゴン・リー選手vsバルバロ・カベルナリオ選手のマノ・ア・マノ。
第4試合にロス・インゴベルナブレスのルーシュ選手&テリブレ選手&ラ・ベスティア・デル・リング選手vsアトランティス選手&クラネオ 選手&ボルカノ選手。
第3試合がカリスティコ選手&ボラドールJr.選手&バリエンテ選手vsウルティモ・ゲレーロ選手&メフィスト選手&エウフォリア選手。
第2試合がティタン選手vsトリトン選手のテクニコ同士のマッチ・レランパゴ。
第1試合がストゥーカJr.選手&ゲレーロ・マヤJr.選手&レイ・コメタ選手vsテンプラリオ選手&グラン・ゲレーロ選手&エフェスト選手。
超豪華な出場選手且つ試合順が本当に正しいのか思わず確認してしまうような対戦カードとなりました。
カリスティコ選手やウルティモ・ゲレーロ選手、ボラドール選手、ルーシュ選手などの並居るスペル・エストレエージャを押し退けてメインに登場するヌエバ・ヘネラシオン・ディナミタのサンソン選手24歳、クアトレロ選手22歳、フォラステロ選手24歳。
対するアンヘル・デ・オロ選手30歳、ニエブラ・ロハ選手32歳、ソベラノ選手25歳。
セミに登場するドラゴン・リー選手23歳、カベルナリオ選手25歳。
選手層が極めて厚いCMLLに新時代の到来を予感させるラインナップとなりました。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

【Campeones de CMLL】Noviembre 2018

CMLLで防衛戦が行われている主要タイトルの2018年11月末日現在のチャンピオン一覧、カッコ内は防衛回数と11月に行われたタイトルマッチです。

320C15D9-2345-4850-AE3A-5A421079FFBE

●カンペオン・ウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手
2017年 ボラドールJr.選手


●CMLL世界ヘビー級
第20代 ウルティモ・ゲレーロ選手 (1度防衛 11月19日 アレナ・プエブラでサンソン選手に防衛)

1時間48分25秒からがCMLL世界ヘビー級王座戦

●CMLL世界ライトヘビー級
第16代 ニエブラ・ロハ選手 (4度防衛)

●CMLL世界ミドル級
第19代 クアトレロ選手 (3度防衛 11月6日 アレナ・メヒコでティタン選手に防衛)



●CMLL世界ウェルター級
第32代 メフィスト選手 (13度防衛)

●CMLL世界ライト級
第15代 ドラゴン・リー選手 (6度防衛)

●CMLL世界ミニ
第14代 ショッケルシート選手 (4度防衛)

●CMLL世界女子
第19代 マルセラ選手 (0度防衛 11月19日 アレナ・プエブラでダリス選手から奪取 5度目の戴冠)

1時間9分11秒からがCMLL世界女子王座戦

●CMLL世界タッグ
第40代 ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手 (0度防衛 11月18日 アレナ・メヒコでルーシュ選手&テリブレ選手から奪取 2選手とも2度目の戴冠ですがこのタッグでは初戴冠)

日曜定期戦でライブ配信はありませんでしたが、21日のインフォルマでダイジェスト動画が流されました 15分33秒からがCMLL世界タッグ王座戦のダイジェスト

CMLL世界6人タッグ
第30代 ウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (1度防衛 11月30日 アレナ・メヒコでカリスティコ選手&ボラドールJr.選手&ミスティコ 選手に防衛)

1時44分30秒からがCMLL世界6人タッグ王座戦




●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第7代 ストゥーカJr.選手 (1度防衛 11月24日 アレナ・コリセオでテリブレ選手に防衛)

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第8代 カリスティコ選手 (1度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第9代 ボラドールJr.選手 (1度防衛)


●ナショナル・ヘビー級
第65代 テリブレ選手 (2度防衛)

●ナショナル・ライトヘビー級
第71代 バルバロ・カベルナリオ選手 (0度防衛 11月6日 アレナ・コリセオ・グアダラハラでアトランティス選手から奪取 初戴冠)



●ナショナル・ウェルター級
第75代 ソベラノJr.選手 (5度防衛)

●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ選手 (4度防衛)

●ナショナル女子
第19代 プリンセサ・スヘイ選手 (5度防衛)

ナショナル6人タッグ
第40代 サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手 (6度防衛)


参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉


11月はまず6日のグアダラハラでナショナル・ライトヘビー級王座がアトランティス選手からカベルナリオ選手に移動。
2015年8月にメフィスト選手から奪取後、3年2ヶ月にわたって防衛を続けてきたアトランティス選手が7度目の防衛に失敗。

66655761-7538-4F50-AE74-1F68224C23A6
新王者のカベルナリオ選手は2015年5月から2016年6月まで保持していたナショナル・ウェルター級に続いての王座獲得。
負傷欠場していたテリブレ選手の代役を務めるようにロス・インゴベルナブレスのルーシュ選手&ラ・ベスティア・デル・リング選手と共闘。
CMLL年間最大興行85アニベルサリオでもルーシュ選手のパレハに抜擢され、注目のメインでボラドール選手&マット・ターバン選手とカベジェラ・コントラ・カベジェラに勝利しました。
また、23日のアレナ・メヒコで決勝戦が行われたレジェンダ・デ・プラタではフリーの大物キング・フェニックス選手を撃破して見事に優勝。
今年下半期のCMLLで最もステップアップしたのはカベルナリオ選手だと思います。

18日のアレナ・メヒコではロス・インゴベルナブレスのルーシュ選手&テリブレ選手が今年7月にボラドール選手&バリエンテ選手から奪取したCMLL世界タッグ王座。
バッタバッタと挑戦者組をなぎ倒し、しばらくは防衛ロードを突っ走るものと期待していただけに、まさかの初防衛失敗はかなり意外な結果でした。

そして19日のプエブラでCMLL世界女子王座がダリス選手からマルセラ選手に移動。
ダリス選手の前の王者はマルセラ選手で2年8ヶ月ぶりの王座返り咲きとなりました。
マルセラ選手ももちろんCMLLを代表するルチャドーラではありますが、ダリス選手は実に16度も王座防衛を成し遂げてきた難攻不落の王者のイメージでした。

2018年も12月に突入し、年末感が強くなって来ました。
残すアレナ・メヒコ金曜定期戦は通常通りの開催ならば4大会。
そのうち今週7日のカードは発表済み。
残る3週で果たして王者だけに出場が許される“メキシコ版G1”宇宙一を決めるカンペオン・ウニベルサルが今年も開催されるのか微妙な雲行きになってきました。
開催されるのか否か、正式な発表はありませんが、先月に引き続き、現在の出場資格保持者を列記しておきます。

●ウルティモ・ゲレーロ選手
●ニエブラ・ロハ選手
●クアトレロ選手
●メフィスト選手
●ドラゴン・リー選手
●ディアマンテ・アスール選手
●バリエンテ選手
●エウフォリア選手
●グラン・ゲレーロ選手
●ストゥーカJr.選手
●カリスティコ選手
●ボラドールJr.選手
●テリブレ選手
●バルバロ・カベルナリオ選手
●ソベラノJr.選手
●サンソン選手
●フォラステロ選手

計17選手。
例年の出場枠は8選手参加の予選トーナメントが2週行われて3週目に決勝戦となる計16選手が出場。
8月から続いたテレビ番組の出演を終え、CMLL復帰が待たれるCMLL世界ライト級王者ドラゴン・リー選手が仮に不参加になったとしても11月の王座移動劇で開催が可能な王者の人数にはなりました。

そして、ファンタスティカマニア2019でも例年通りに日本でいくつかの防衛戦が行われるものと思われます。
こちらも先月に続き、現段階で防衛戦が可能なタイトルを記しておきます。

●ウルティモ・ゲレーロ選手のCMLL世界ヘビー級
●クアトレロ選手のCMLL世界ミドル級
●ドラゴン・リー選手CMLL世界ライト級
●カリスティコ選手のNWA世界ヒストリック・ミドル級
●ボラドールJr.選手のNWA世界ヒストリック・ウェルター級
●テリブレ選手のナショナル・ヘビー級
●バルバロ・カベルナリオ選手のナショナル・ライトヘビー級
●ソベラノJr.選手のナショナル・ウェルター級
●サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手のナショナル6人タッグ

以上の9タイトル。
いよいよ開幕まで40日を切りました。
カード発表は年が明けてからになると思いますが、刻一刻と迫る平成最後のルチャの祭典にワクワク、ドキドキは高鳴るばかり。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ