アトランティス

ライガーvsロホ CMLL世界ミドル級タイトルマッチ動画

11月18日(金)アレナ・メヒコのセミファイナルで行われた獣神サンダー・ライガーvsドラゴン・ロホJr.のCMLL世界ミドル級タイトルマッチ。
ライガーの王座陥落の報は新日本プロレスオフィシャルWEBサイトなどで伝えられましたが、この試合の動画をようやく見つけました。
↓の動画の10分過ぎあたりからがCMLL世界ミドル級タイトルマッチ。



ドラゴン・ロホJr.新日から支給されたジャージを着たロホ側のセコンドのウルティモ・ゲレーロの急所蹴りが勝負を決める決定打になったのは何とも皮肉なものです。
まぁ、ライガーはベルトがあろうがなかろうが、そんなことは関係ない“世界の獣神”ですからね。
昨年5月に福岡でネグロ・カサスから奪取して以来、日本で2度、メキシコでも2度の防衛に成功しましたが、5度目の防衛戦でタイトル陥落。
ゲレーロとのタッグでCMLL世界タッグも保持しているロホはこれがシングル初戴冠!
第17代王者となりました。
この結果を受けて来年開催されるFANTASTICA MANIAへロホの2年連続参戦が決定したら嬉しいのですが・・・。

セコンドに付いたアトランティスとゲレーロの抗争はますます激化しそうな勢いで、最終的には互いのマスクを賭けたマスカラ・コントラ・マスカラでの決着戦へと発展していくのでしょうか!?


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

棚橋のCMLL遠征初戦はプエブラで超豪華6人タッグ

LUNES 29 DE AGOSTO DEL 2011 PUEBLAいよいよ今週末に迫った「ALL TOGETHER」後に日本を出発する第56代IWGPヘビー級王者、棚橋弘至のメキシコ遠征初戦のカードが発表されました。
8月29日(月)アレナ・プエブラのメインでウルティモ・ゲレーロ&アベルノと組みエクトール・ガルサ&アトランティス&ラ・ソンブラと激突!!
提携団体新日本プロレスのチャンピオンを迎えるCMLLのおもてなし、日本でもお馴染みのスペル・エストレージャの中に名を連ねました。
CMLL世界ヘビーを奪取したばかりのガルサとのチャラ男対決がいきなり実現!
こちらもテクニコ転向したばかりのベテラン、アトランティスや今夏のG1に参戦し、今後は新日ヘビーの中で戦っていくと思われるソンブラとの絡みは興味津々。
そして棚橋と組むのはCMLL最強のルード2人。
きっとこのメンツの対戦を軸にしたカードが“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコでも組まれると思います。

「棚橋IWGP戦のメキシコ開催を希望」なんて話もありましたが、まさかメヒコの音響スタッフはエアギターの音源なんて用意してないですよね(笑)
いや、でも・・・
G1を制覇した中邑真輔が6月にメキシコ遠征した際、今回の棚橋の初戦の舞台となるアレナ・プエブラでこんなことが!
やっとシティについた。そういえば怒りの獣神で入場した。my entrance music was Liger's today,/@ShinsukeN 中邑真輔 / S.Nakamura
プエブラ終了。今日もライガーの曲で入場。スタッフわざとやってんだろ!!/@ShinsukeN 中邑真輔 / S.Nakamura
「♪怒りの獣神」を流したのがわざとだったのかは29日にはっきりする気がします(笑)

まぁ、ふざけた話はともかくとして、CMLLのトップ勢の中で新日のエースがどんな試合を見せてくれるのか、今回の遠征も注目です!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

DRAGOMANIA VI

PURORESU MISSIONこの度、当ブログはイタリアのプロレスファンサイト「PURORESU MISSION」と提携、「PURORESU MISSION」日本支部となりました。
なんて書くと大げさですが、フベントゥ・ゲレーラのビデオメッセージを撮ってくれたイタリアの友人、リカさん他、数人で運営しているサイトと今後も今までと変わらずアミーゴ・サイトとして交流していこうといった感じです。
英語的には「PRO WRESTLING MISSION」とすべきところを「PURORESU」と日本でしか使われていない「プロレス」と表記しているのが日本マット界をこよなく愛していることを表していると思います。
事実、私が観戦の度に撮って来たヘタクソな画像に何も説明していないのにちゃんとした説明文がついています。
イタリア語を翻訳して読んでみるとと日本のファンも「なんでここまで知ってるの?」と感心するようなことが書かれています。

さて、今回イタリア経由で5月14日(土)“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコで開催されたDRAGOMANIA VIの画像を入手しました。
今週号の週刊プロレスにもDRAGOMANIAの模様は掲載されていましたが、これ仕方ありませんが、どうしても日本向けの日本人選手中心の構成でした。
今週、バタバタと忙しく、ちょっと時間的には遅くなってしまいましたが、日本人選手以外の画像もご紹介します。
尚、私は観戦した訳でも試合の映像を観た訳でもありませんので、画像と試合結果のみのフォトレポートになります。


第0試合(ダークマッチ)
○クレイジー・シド(詳細不明)XL×

PMDragonmania-VI-003PMDragonmania-VI-004PMDragonmania-VI-006



PMDragonmania-VI-010PMDragonmania-VI-018PMDragonmania-VI-040PMDragonmania-VI-041



第1試合 時間無制限1本勝負
○花岡大輔&ロビン・フッド&カト・クン・リー(11分26秒 片エビ固め)ミステル・ローリン&イステリアJr.×&ビサロ
※ロビン、カト、ローリンはもちろん息子の方です

PMDragonmania-VI-044
PMDragonmania-VI-053
PMDragonmania-VI-055PMDragonmania-VI-072



第2試合 時間無制限1本勝負
○朱里&マルセラ&ジュビア(10分40秒 メキシカンストレッチ)下田美馬&ラ・コマンダンテ&ダリス・ラ・カバーニャ×

PMDragonmania-VI-086PMDragonmania-VI-090PMDragonmania-VI-104PMDragonmania-VI-109PMDragonmania-VI-110PMDragonmania-VI-113



第3試合 時間無制限1本勝負
△ソラール&イホ・デ・ソラール(7分35秒 ダブルフォール)ネグロ・ナバーロ△&トラウマII

PM\Dragonmania-VI-118
PM\Dragonmania-VI-119
PM\Dragonmania-VI-120PM\Dragonmania-VI-123
PM\Dragonmania-VI-128
PM\Dragonmania-VI-132PM\Dragonmania-VI-135PM\Dragonmania-VI-139PM\Dragonmania-VI-142PM\Dragonmania-VI-144PM\Dragonmania-VI-146



第4試合 時間差バトルロイヤル(10人参加)
○大原はじめ(16分49秒 体固め)デムス3:16
※出場選手 ブラソ・デ・オロ、ブラソ・デ・プラティーノ、トラウマI、ニトロ、デムス、スカンダロ、ドゥランゴ・キッド、大原、ヘディ・カラウイ、ロコ・マックス

PMDragonmania-VI-155PMDragonmania-VI-157PMDragonmania-VI-160PMDragonmania-VI-161PMDragonmania-VI-163PMDragonmania-VI-171PMDragonmania-VI-173PMDragonmania-VI-181



第5試合 時間無制限1本勝負
○TAJIRI&イホ・デル・ファンタスマ&マグヌス(9分50秒 片エビ固め)ウルティモ・ゲレーロ&アトランティス&サングレ・アステカ×

PM\Dragonmania-VI-188PM\Dragonmania-VI-196PM\Dragonmania-VI-202PM\Dragonmania-VI-205PM\Dragonmania-VI-207PM\Dragonmania-VI-212
PM\Dragonmania-VI-214
PM\Dragonmania-VI-218PM\Dragonmania-VI-221PM\Dragonmania-VI-231PM\Dragonmania-VI-237



第6試合 時間無制限1本勝負 マスカラ・コントラ・マスカラ
○ウルティモ・ドラゴン(23分36秒 片エビ固め)ブラック・タイガー×

PM\Dragonmania-VI-249PM\Dragonmania-VI-253PM\Dragonmania-VI-256PM\Dragonmania-VI-268PM\Dragonmania-VI-274PM\Dragonmania-VI-282PM\Dragonmania-VI-291PM\Dragonmania-VI-298PM\Dragonmania-VI-307PM\Dragonmania-VI-320PM\Dragonmania-VI-323PM\Dragonmania-VI-329PM\Dragonmania-VI-333PM\Dragonmania-VI-346PM\Dragonmania-VI-350PM\Dragonmania-VI-358PM\Dragonmania-VI-389PM\Dragonmania-VI-395PM\Dragonmania-VI-398PM\Dragonmania-VI-416PM\Dragonmania-VI-419PM\Dragonmania-VI-427PM\Dragonmania-VI-434PM\Dragonmania-VI-449PM\Dragonmania-VI-451PM\Dragonmania-VI-453PM\Dragonmania-VI-459PM\Dragonmania-VI-467



PM\Dragonmania-VI-476PM\Dragonmania-VI-482PM\Dragonmania-VI-500PM\Dragonmania-VI-509



この大会の模様は6月18日(土)23:00〜25:00にFIGHTING TV サムライにて放送されます!


◆ SPECIAL THANKS ◆
PURORESU MISSION
Riccardo "El Rika" Ali
Antonio "Joshyman" Ramirez



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

1・23 NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2011 第2試合

アトランティス 獣神サンダー・ライガードラゴン・ロホJr.
アトランティス 獣神サンダー・ライガーアトランティス 獣神サンダー・ライガー ドラゴン・ロホJr.
アトランティス 獣神サンダー・ライガーバーナード アトランティス ロホ
ジャイアント・バーナードジャイアント・バーナード
ドラゴン・ロホJr.アトランティス ドラゴン・ロホJr. タイチ
アトランティス ドラゴン・ロホJr. タイチアトランティス ドラゴン・ロホJr. タイチ
第2試合は初日も好ファイトを見せてくれた6人によるマッチメイク。
バッドインテンションズのデカさはやっぱり反則級。
この日もアンダーソンは客席に向かい「ルチャリブレ〜!」とおちょくったアピール。
ハイライトシーンはあのバーナードまでもがセカンドロープから場外へプランチャ!
今から思えば、2日間バッドインテンションズの2人もいつもとはちょっと違う会場の雰囲気にノリノリだったのかもしれませんね。

圧倒的な体格差は如何ともしがたく敗れてしまいましたが、試合後にゲレーロスの円陣組んでまわる輪の中にタイチを呼び込んだシーンはちょっと感動モノでした。
アトランティスとロホの新日マット再登場を熱望します!
この日は必殺技アトランティダを決めたアトランティスとライガーの濃厚な日墨レジェンド対決も是非マノ・ア・マノで見てみたいです。

第2試合 20分1本勝負
○ジャイアント・バーナード&“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン&獣神サンダー・ライガー(11分8秒 バーナードライバー→片エビ固め)アトランティス&ドラゴン・ロホJr.&タイチ×
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

1・22 NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2011 第4試合

ジャイアント・バーナード カール“ザ・マシンガン”アンダーソンアトランティス OKUMURA
バーナード アンダーソン アトランティス OKUMURAアトランティス OKUMURA
ジャイアント・バナード “ザ・マシンガン”カール・アンダーソンアトランティス ジャイアント・バーナード
アトランティス バーナード アンダーソンバーナード OKUMURA アンダーソン
アトランティス OKUMURA アンダーソンアトランティス OKUMURA バーナード
アトランティス OKUMURA バーナードジャイアント・バーナード “ザ・マシンガン”カール・アンダーソン
ジャイアント・バーナード “ザ・マシンガン”カール・アンダーソンバーナード アンダーソン 中西もしかしたら、この試合アトランティスとOKUMURAの良い所なく、体格差によって一方的な試合になってしまうのではないかと思っていました(すみません)。
IWGPタッグ王座を賭ける必要があるのかと・・・。
バッドインテンションズは外国人チームとは言え、イッテンヨン東京ドームでタイトル防衛後「シンニッポン、イチバーン!」と叫んでいて、その新日愛からベビーでもおかしくない。
一方、CMLLチームは本国メキシコではルード。
でもOKUMURAはこの試合唯一の日本人。
観客の声援がどちらに集まるのか注目していました。
試合が進むにつれ、やはりバッドインテンションズがその圧倒的な体格差を武器にCMLLチームを攻める。
バーナードに攻撃されるOKUMURAにアンダーソンがコーナーから「オクムラ、オクムラ」とおちょっくった声援を送るなどバッドインテンションズがヒールというかルード的な行動に出ると観客の声援はルチャのレジェンド、アトランティスと日本人OKUMURAに集まり出す。
バッドインテンションズにはブーイングも。
アンダーソンのムード作りは上手かった。
そして、あわやベルト奪取!とはいかないまでも巨漢相手に十分に見せ場を作ったアトランティス&OKUMURAも素晴らしかった!

この試合前にリングサイドの本部席へ座った中西学が試合後に日墨マッスル・オーケストラでの再挑戦をアピール。
ストロングマンとのコンビはまだまだ続きます。

第4試合 60分1本勝負
IWGPタッグ選手権試合
(王者組)ジャイアント・バーナード&○“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン(13分6秒 ガン・スタン→片エビ固め)アトランティス&OKUMURA×(挑戦者組)
※第57代王者組が5度目の防衛に成功
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

2・5アレナ・メヒコ大会

ミスティコ
詳しいことは後日、改めて書きますが速報です!

セミファイナルで行われたTORNEO NACIONAL INCREIBLE DE PAREJASの決勝戦、アトランティス&マスカラ・ドラダvsネグロ・カサス&ラ・マスカラはアトランティス&ドラダの勝利。

そしてメインのミスティコvsボラドールJr.は3本目にボラドールがミスティカを決めボラドールが勝利しました。
この試合にミスティコがどんなマスクで登場するのかで、ある程度、試合内容が見えてくると思っていましたが、ご覧のようにアベルノとのコラボの色違いバージョン。
ボラドールのマスクを持ってのポーズですから、相当、荒れた試合になったんでしょうね。
今後のミスティコがルードに転向しちゃうのかはイマイチわかりませんが、この話題で物凄くCMLLマットが盛り上がっているような気がします。

それにしても、このマスク、スイカのオバケみたいだなんて言っちゃダメですよ(笑)
断然、前回の黒リクラプンティーニに赤縁の方がカッコいいですね!

以上、本日は珍しく日に3回更新しちゃいました。

※追記※
すみません、大失敗して本文修正しました。
ボラドールが本家ミスティコにミスティカを決めボラドールの勝利でしたm(__)m
そして早速、来週金曜のアレナ・メヒコでミスティコの持つナショナルライトヘビー級王座を賭け再激突です。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン MISTICO TIGER NEW

TORNEO NACIONAL INCREIBLE DE PAREJAS 1週目

CMLLでは新企画「TORNEO NACIONAL INCREIBLE DE PAREJAS」を1月22日、29日、2月5日と3週に渡って開催。
「TORNEO NACIONAL INCREIBLE DE PAREJAS」とは「出身地別の信じられないタッグのトーナメント」と言った感じでしょうか。

1週目の先週22日(金)アレナ・メヒコの参加チームは

ボラドールJr.&テリブレ
ミステル・ニエブラ&マキシモ
エフェスト&エウフォリア
ミスティコ&アベルノ
イホ・デル・ファンタスマ&メフィスト
ブルー・パンテル&ミステリオッソJr.
アトランティス&マスカラ・ドラダ
ラ・ソンブラ&ドラゴン・ロホJr.

の8チーム。
ほとんどがテクニコとルードの混成タッグですが、唯一エフェスト&エウフォリアのみルード同士のタッグですね。

早速、YouTubeにアップされていましたので貼っておきます。
普段は激闘を繰り広げている者同士がタッグを組み、いつもはタッグを組んでいる仲間と対戦するんですから、興味深いシーンが続出です!















ラ・ソンブラドラゴン・ロホJr.普段は組むことのない選手同士のタッグで、やっぱりありましたねぇ、ハーフやコラボマスクが(汗)
まずは最初の試合に登場したソンブラとロホのハーフマスク。
左側の口の開きが小さい方がソンブラで右の口の開きが大きいのがロホ。
それぞれで左右が逆になっていてロホの方だけ後にフリンジが付いていました。
口の開きもフリンジも通常、被っているマスクに合わせていました。

ミスティコアベルノ ミスティコ
そして出た!出た!出ちゃいましたねぇ。
2010年ミスティコの初コラボマスク(大汗)
こちらもアベルノと共通デザインながら、ミスティコは口が開いていないタイプでアベルノは口開きと通常のタイプに合わせたマスクになっています。
うーん、しかしまぁ、ゲレーロとのコラボに始まり、ゲレーロ&アトランティス、サグラード、ボラドール&ソンブラとのスカイチーム、そして4代目タイガーマスクとコラボだけでも相当な数に。
これにドクトル・ワグナーJr.、ブラック・ウォリアー、ボラドール、4代目タイガーとのハーフもありました。
きっとミスティコもマスクが好きで色々とハーフやコラボを被りたいんだろうなぁと思いつつ、もう最近は嬉しい悲鳴さえ出ませんよ・・・。
今回のアベルノとのコラボは今までのマスクとはちょっと毛色が違う、どちらかというとアベルノ寄りのマスクで、これは相当良いと思います・・・って言うか欲しい!!
毎回こんなこと書いてますけど、ミスティコ好きのコラボ好きですから仕方ない。

アトランティス マスカラ・ドラダマスクのことはさておき、先週の勝者チームは意外な伏兵、アトランティス&ドラダ。
ナショナルトリオ王座獲得に続いて、またもやドラダが活躍です。
しかし、破かれたマスクの下から出てきた髪が長い(笑)


BOX Y LUCHASUPER LUCHASそして、この日のミスティコのファイトぶりにメキシコでは「ルード転向か?」なんて噂になっているようです。
今後のミスティコのカードを調べてみると、1月31日(日)のアレナ・コリセオでこのトーナメントの続編的なウルティモ・ゲレーロ&アトランティスと組んでボラドール&ミステル・ニエブラ&マキシモと対戦するレレボス・インクレイブレスが予定されていますし、マスクを引き裂き、急所蹴りで勝利した後、ビールまでぶっかけたボラドールとのマノ・ア・マノが実現か!?なんて話しにもなっているようです。
この「ミスティコ、ルード転向?」で思い出したのが、昨年5月にサグラードとのコラボマスクで出演したラス・デ・ロナでのインタビュー。〈ミスティコ コラボマスク第3弾/Mask Maniaへの道!!〉
この中でミスティコが語っていたのが、後にスペイン語のわかる方から教えてもらったのですが
ルード同士の対戦がメインになったりしているけど、テクニコ同士の対戦、例えばミスティコ&サグラードvsボラドールJr.&ラ・ソンブラなんか見たくない?今は下の方で試合しているけどサグラード、ドラダ、アストロ・ボーイ、ペガソ、レイ・コメタ・・・などは実力もあるし、ゆくゆくはテクニコ同士の試合も組んでもらえるように動きたい。

という主旨だったようです。
これは完全に私の憶測なのですが、ミスティコはルードに転向する気はさらさらなくて、実はテクニコ同士でも熱く激しい試合がしたくて、ボラドールへ仕掛けたのではないかと。
ほとんど組まれることはありませんが、極まれに組まれるテクニコ同士の対戦は表現は悪いかもしれませんが、俗に言う「技の品評会」のようになってしまい、とても良い試合とは言えない物が多いように思います。
そこでテクニコ同士の対戦にも熱さ、激しさを加える為に自身がルード的なファイトに打って出た。
そしてボラドールとのマノ・ア・マノが実現し、熱く激しい試合が出来れば、ボラドールの商品価値も更に高まり、ミスティコ&ボラドール&ソンブラのトリオ、スカイ・チームの商品価値もグングン上がると。
もしかするとベビーやヒールという枠にあまりとらわれない日本マットを経験した影響もあるかのもしれませんね。
あっ、もちろん、ルチャの伝統的な勧善懲悪の世界はなくしてはならないと思っています。
良いものは残しつつ、新たなチャレンジもしていくというのが貴乃花親方の・・・じゃなくってミスティコの狙いなのではないでしょうか?
ミスティコ自身にとってもファイトスタイルの幅を広げるのは良いことだと思います。


さて、今週行われるトーナメント2週目の参加チームは

テハノJr.&ルーシュ
ウルティモ・ゲレーロ&ストゥーカJr.
ショッケル&サグラード
レイ・ブカネロ&バリエンテ
サングレ・アステカ&フェリーノ
エクトール・ガルサ&トスカーノ
ネグロ・カサス&ラ・マスカラ
ライ・メンドーサJr.&ブラソ・デ・プラタ

ここを勝ち上がり、アトランティス&ドラダと対戦するのは?
私の予想はいつも外れるので書かないでおきます(笑)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン MISTICO TIGER NEW

ちょっとちょっと!

いやいや、私にとってはちょっとどころの話しじゃないです

21日、アレナ・メヒコでペリートvsガルサのカベジェラ戦がメインで行われ1−1で迎えた3本目、急所蹴りからの片エビ固めでペリートが勝ち、ガルサが丸坊主にされました。
ガルサ、長髪をなびかせて、なかなかいい男だったんですけどね。

さて、問題はその前に行われたセミの6人タッグ。
メヒコでは、たまにある“レレボスインクレイブレ(信じられない)”テクニコとルードがごちゃまぜになった組み合わせ、ミスティコ、ウルティモ・ゲレーロ、アトランティスvsエレア・パーク、アベルノ、メフィストの一戦。
いつからかミスティコはマスカラスのようにオーバーマスクを被って入場するようになったのですが、この日はミスティコ、ゲレーロ、アトランティスの3人のデザインがミックスされたコラボマスクで登場したようなんです。
試合では通常デザインの水色マスクでしたけど。
昨年、マスク好きの間では一時期、物凄い人気だったミスティコ、ゲレーロのコラボマスク、通称ゲレティコに続く第2弾

ミスティコ色々と画像を探してみたんですが残念ながら、そのマスクを脱いだ後の左手に持ってるのしか見つかりませんでした
確かにゲレーロの角らしき物が見えるのですが、わかりますか?

こういうハーフとかコラボに私はめっぽう弱いんですよね(x_x;)
マスクの入手は先のこととしても、アトランティスが加わって、いったいどんなデザインになっているのか画像だけでも、めちゃくちゃ見たいです
このゲレティコ2、ネーミングはアトゲレティコかな!?(^_^)

大陸王子

今回は“大陸王子”アトランティスです。
1962年生まれ173cm/92kg
現在はCMLLマットでルードとしてウルティモ・ゲレーロとコンビ組んでます。
2003年にみちのくプロレスで行われた第3回ふく面ワールドリーグ戦では、優勝決定戦でケンドー・カシンを破り、見事優勝!
その後、当時ディック東郷の保持していた東北Jr.ヘビー級ベルトに挑戦し、こちらも勝利しチャンピオンになってます。
リンピオ時代は白を基調にしたマスクでしたが、ルードに転向した現在は黒を基調にしたマスクを被ることが多いようです。
ルード・ヒール=黒というのは万国共通ですね。



  

  
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ