アレナ・メヒコ

レインメーカー圧巻のCMLLデビュー

8月17日のアレナ・メヒコ金曜定期戦の最大の注目は新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手の原点の地メキシコ凱旋。

4C45F3F6-EF94-4D76-A739-A56CA88FE951
オカダ選手はウルティモ・ゲレーロ選手&ネグロ・カサス選手と組み、ミスティコ選手&ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手とセミで対戦。

オカダ選手出場のセミは1時間21分から

最新の編曲された入場テーマ曲で“ルチャの殿堂”に11年ぶりに姿を現したオカダ選手は風船は持たずに正調のガウンを着用していました。
この試合に登場したルチャドール5人は全員が新日マット経験者。
オカダ選手と組んだウルティモ・ゲレーロ選手とカサス選手は親日家として知られます。
テクニコvsルードの図式ながら、オカダ選手のルード側にそれほどのブーイングが飛ばなかったのは絶大な人気を誇るベテランルード2人とのトリオだったからかもしれません。
ファンタスティカマニアの常連選手であるウルティモ・ゲレーロ選手とは毎年組んでいるだけに抜群の連携を見せてくれました。

A59AB270-B606-4E0C-BCE5-7B98AB9482F6
ミスティコのマスクを破かんとするメキシコならではの光景以外はフラップジャック、リバースネックブリーカー、ドロップキック、フィニッシュのレインメーカーと日本でお馴染みの技を繰り出しつつも何の違和感もなくルチャリブレに順応するオカダ選手の凄さを改めて実感。
この辺りの話は後ほど紹介する試合後のインタビューでオカダ選手自身が語っています。
得意技のうちツームストンパイルドライバーだけは出さなかったのはメキシコではマルティネーテと呼ばれるこの技が禁じ手で即反則負けとなるからでしょう。
「ここメヒコはオレの縄張り」とばかりに兄ルーシュ選手譲りの負けん気の強さを見せたミスティコ選手を振り切り、最後はレインメーカーで勝利。
勝負が決まった後に熱くなったディアマンテ・アスール選手に突っかかられる一幕もありました。

この試合の画像はCMLL公式HPにあります。
「LUCHA SEMIFINAL」をクリックorタップしてください。 (次の24日アレナ・メヒコ金曜定期戦戦の後に更新されると見られなくなります)

快勝に大はしゃぎのオカダ選手、ウルティモ・ゲレーロ選手、カサス選手のバックステージインタビュー動画。

そして、こちらが通訳の方が入り日本語でメキシコの各種メディアのインタビューを受けるオカダ選手の動画。
「ずっと憧れていたCMLLのアレナ・メヒコ」
「オカダ・カズチカ=メキシコで学んだこと」
「ルチャリブレの血が流れている」
などなど印象に残る言葉の最後はスペイン語で締めくくると思わせてからの「どうもありがと…」で取材陣の笑いを引き出し、オカダ選手が心からCMLLのリングを楽しんだことが伝わってきました。
今回は1試合のみの参戦でしたが、次の機会には数週間の遠征で様々なルチャドールと組み、また闘って欲しいと思います。

B2CC7D3B-81E0-4EEF-950C-152B8BBE0239
オカダ選手への応援ボードを掲げる観客もちらほら見受けられました。
ニュージャパンのスペル・エストレージャを大歓迎してくれるメキシコのファンの姿に新日本プロレスとCMLLの交流が更に深まり、選手の往来が増えることを願わずにはいられません。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

【2018年4月改訂版】CMLLの週間スケジュールとライブ配信

メキシコは4月1日(日)午前2時からサマータイムに突入。
10月28日(日)午前2時までがサマータイム期間となり、通常は日本との時差はマイナス15時間ですが、サマータイム期間は1時間早くなり、マイナス14時間となります。
サマータイム期間はライブ配信の時間も1時間早くなるので注意が必要です。
毎年1月開催のファンタスティカマニアがすっかり定着し、新しくCMLLに興味を持たれる方も増えているように感じます。
CMLLは週3回無料でライブ配信をしていて、実は世界中で最も流れを追うことが可能な団体なのではないかと思います。
日本とメキシコはほぼ昼と夜が逆でCMLLのライブ配信の時間は日本では平日の日中が多いですが、後から視聴することも可能ですのです。

5022D643-7B76-4778-A322-FB1066B58343


【日曜】
●アレナ・メヒコ 17:00開始
●アレナ・コリセオ・デ・グアダラハラ 18:00開始

【月曜】
●アレナ・プエブラ 21:00開始
日本時間火曜11:00からYouTubeのVideosOficialesCMLLでライブ配信 (アーカイブが残ります)

【火曜】
●アレナ・メヒコ 19:30開始
日本時間水曜9:30からYouTubeのVideosOficialesCMLLでライブ配信 (アーカイブが残ります)
●アレナ・コリセオ・デ・グアダラハラ 20:45開始

【水曜】
●数人のルチャドールをゲストに迎える情報番組「CMLL INFORMA」 16:00開始
日本時間木曜6:00からYouTubeのVideosOficialesCMLLで配信 (アーカイブが残ります)

【金曜】
●アレナ・メヒコ 20:30開始
日本時間土曜10:30からClaro sportsでライブ配信あり (アーカイブは残りません)
Claro sportsのライブ配信終了から数時間後にYouTubeのVideosOficialesCMLLにアップロード (アーカイブが残ります)

【土曜】
●アレナ・コリセオ 19:30開始


日本で視聴出来るライブ配信としては4月2日のアレナ・プエブラ月曜定期戦から今までより1時間早い午前11時から開始となります。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

地震により2月16日の金曜定期戦は中止となったアレナ・メヒコは18日の日曜定期戦から再開

昨年9月に続き、再びメキシコで大きな地震がありました。
メキシコ時間で2月16日17時39分頃に南部のオアハカ州を震源とする地震が発生、マグニチュードは7.2。
メキシコシティでもかなり大きな揺れがあり、この影響で20時30分に開始予定だったアレナ・メヒコ金曜定期戦は開催中止となってしまいました。
こういった有事の時の対応が早いのがCMLL。
公式HPやTwitter、Facebookで開催中止の告知の後に金曜定期戦の熱戦を伝えるはずだった実況チーム3人がアレナ・メヒコからライブ配信。
昨年の地震の時もルチャドール達が救援物資を受付けるアレナ・メヒコの駐車場からライブ配信されました。



さらには地震によるアレナ・メヒコのダメージがないかの検査の模様も配信されました。



メキシコシティにあるアレナ・メヒコ、アレナ・コリセオに損傷はなく、18日のアレナ・メヒコ日曜定期戦から通常通りに開催されることが発表されました。
なお、17日はボクシング興行開催の為、アレナ・コリセオ土曜定期戦はもともと予定されていませんでした。

7331E5D7-8D87-47FA-AAAD-C5D59DBCE629
ウルティモ・ゲレーロ選手&ボラドールJr.選手vsルーシュ選手&テリブレ選手のトルネオ・インクレイブレ・デ・パレハス2018決勝戦をはじめ、春のビッグショー、オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスのマスカラ・コントラ・マスカラの前哨戦、ミスティコ選手&ドラゴン・リー選手&アンヘル・デ・オロ選手vsサンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手の激突、二エブラ・ロハ選手vsソベラノJr.選手のマッチ・レランパゴ、さらにはカワト・サン選手出場と見所満載だった16日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のカードはそのまま1週スライドし、23日に同一カードで行われることも発表されました。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

年明けのCMLLの大会日程

基本的には毎週毎週、曜日ごとに決まっている定期戦スケジュールのCMLLですが、年末年始はさすがに特別日程が組まれています。
2017年の大会は30日のアレナ・コリセオ土曜定期戦で終了。

0704ABF1-C86D-4FF9-974E-23A3E182EC4C
◉1月1日 (月) アレナ・メヒコ「シン・ピエダ」
メインはネグロ・カサス選手vsサム・アドニス選手のカベジェラ・コントラ・カベジェラ。

12月29日のアレナ・メヒコ金曜定期戦での前哨戦後のバックステージでも両者は乱闘。
コメントスペースでの乱闘はCMLLでは珍しいシーン。
新年早々、髪の毛を失う屈辱を味わうことになるのはどちらか?
もしカサス選手が敗れてしまった場合は久々の来日となるファンタスティカマニア2018に丸坊主で参戦になってしまいます。

4D69957E-9D78-4BA9-9941-448E8F0810BA
◉1月1日 (月) アレナ・プエブラ
プエブラ月曜定期戦は通常開催。
アレナ・メヒコ「シン・ピエダ」とほぼ同時開催のこちらのメインはメフィスト選手の保持するCMLL世界ウェルター級王座にカリスティコ選手が挑戦。
当初発表された「シン・ピエダ」のカードにはセミにカリスティコ選手の名前がありましたが、アレナ・メヒコとプエブラのダブルヘッダーするにはかなりタイトなスケジュール。
結局はプエブラのみの出場になりました。
カリスティコ選手は12月29日のアレナ・メヒコ金曜定期戦でボラドールJr.選手の保持するNWA世界ヒストリックウェルター級王座に挑戦。
1─1のイーブンで迎えた勝負の3本目、必殺のラ・ミスティカが決まり王座奪取かと思われた瞬間、ボラドール選手のセコンドで甥っ子のフライエル選手がエプロンに上がり、ティランテスレフェリーはボラドール選手のタップを見逃すという幻の王者交代劇。
直後にカナディアンデストロイヤーを喰らい、無念の敗退となってしまいました。
2015年のCMLL復帰以来、度々タイトル挑戦のチャンスはありましたが、ことごとく敗退。
ボラドール選手との対戦でも明らかなようにメキシコのルチャファンの支持は圧倒的なものがあります。
もはやベルトを超越した存在ではありますが、2018年こそ輝くベルトをその腰に巻いて欲しいというのが神の子ファンの願い。

7EB93EC3-A712-4F2B-B260-792D5A1DBFFC
◉1月2日 (火) アレナ・メヒコ

7963BB35-4693-4CF3-B8B6-3B14DFC93833
◉1月2日 (火) アレナ・コリセオ・グアダラハラ

2日火曜日はアレナ・メヒコとグアダラハラで通常開催。
注目は前日に「シン・ピエダ」でカサス選手とカベジェラ戦を行った後のサム・アドニス選手がグアダラハラのメインでボラドール選手とマノ・ア・マノで激突。

11A676D6-E705-42BB-AE1F-0F183B8721D7
◉1月6日 (土) アレナ・メヒコ
5日のアレナ・メヒコ金曜定期戦と6日のアレナ・コリセオ土曜定期戦はなく、土曜にアレナ・メヒコ大会が開催されます。
セミで二エブラ・ロハ選手vsグラン・ゲレーロ選手の今年のアニベルサリオのマスカラ・コントラ・マスカラの再戦、第3試合では現ナショナルウェルター級王者ソベラノJr.選手vs前王者レイ・コメタ選手と2つのマノ・ア・マノが組まれています。

現在、発表されているのはここまで。
この後、7日 (日) 、8日 (月) 、9日 (火) の定期戦を終えるとファンタスティカマニア参戦ルチャドールは日本に向けて出発だと思います。
気になるのは発表されているCMLLのカードにファンタスティカマニアに参戦予定のアトランティス選手の復帰戦が組まれていないこと。
ファンタスティカマニアで復帰となるのでしょうか?


それでは皆様、良い年をお迎えください。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ロス・インゴベルナブレスのアレナ・メヒコのバックステージインタビュー

試合の全てを見られた訳ではないのに、まだまだ昨日の内藤哲也選手と盒競劵蹈狒手のアレナ・メヒコ帰還の興奮は冷めていません。
あの熱狂は本当に凄まじかった。

image
11月12日のアレナ・メヒコ日曜定期戦の試合動画はYouTubeのCMLL公式チャンネルにアップされていません。
しかし、試合後の内藤選手、ヒロム選手、ルーシュ選手、ピエロー選手の日墨ロス・インゴベルナブレスのバックステージでのインタビューが公開されました。

聞き間違いがあるかもしれませんが、内藤選手のコメントはおそらく“Mi vida cambio LOS INGOBERNABLES forever”
ヒロム選手は“Somos el numero 1”
それぞれ「オレの人生を変えてくれたロス・インゴベルナブレスは永遠だ」「オレたちが1番だ」だと思います。
そう言えば、ヒロム選手がカマイタチとしてメキシコ武者修行していた時代の決めゼリフは“Soy numero 1”「オレが1番だ」でした。
最後の締めはルーシュ選手の“No pasa nada”
内藤選手とヒロム選手にとって大事な場所であるアレナ・メヒコで久しぶりに試合が出来た喜びと興奮、迎え入れたルーシュ選手とピエロー選手の親子の優しさが伝わってくるバックステージインタビューでした。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

LOS INGOBERNABLES en ARENA MEXICO

1A5E1C3C-37D3-429D-BC7E-021909EC620C
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也選手と盒競劵蹈狒手が本家ロス・インゴベルナブレスのルーシュ選手と合体し、メインに登場した11月12日のアレナ・メヒコ日曜定期戦。
期待していたライブ配信はなく、試合の全容はわかりませんが、3人の入場シーンをネットにアップしてくれたアレナ・メヒコの観客の方がいて、少し様子がわかりました。

さらにYouTubeを検索すると完全版ではないものの試合の雰囲気がわかる動画がアップされていました。
念の為に記しておきますが、アレナ・メヒコはカメラによる撮影は許可を得たもの以外は禁止でスマホや携帯での写真や動画撮影はOKと日本とは逆になっています。



対戦カードにKAMAITCHI (HIROMU TAKAHASHI) と表記されていたヒロム選手はCMLL遠征中の激闘の証である赤と黒のハーフカラーのマスクを入場時に着用しましたが、イバンリングアナのコールはヒロム・タカハシでした。
この正調カマイタチのマスクを見ると、昨年のファンタスティカマニアのドラゴン・リー選手vsヴィールス前後に突如姿を現し、宿命のライバルのドラゴン・リー選手を急襲、そして翌日のカード変更、名勝負数え唄の大激戦を目の当たりにした記憶がフラッシュバックしてきます。
動画撮影するカメラのまわりの観客からはルーシュ選手を応援するトロ・ブロンコのコールとともに熱いナイトーコールも聞こえてきます。
メキシコのCMLLファンも内藤選手とヒロム選手を待っていて、ルーシュ選手との合体を大歓迎している様子が伝わってきます。


CMLLがツイートした内藤選手、ヒロム選手、ルーシュ選手、ピエロー選手の画像に私自身も大感激、大感動でした。

今後、CMLLがダイジェストになるのかノーカットになるのかはわかりませんが、きっと動画をアップしてくれると思います。
また、バックステージのインタビュー動画もアップされると思いますので、その際は再びブログを更新します。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

内藤選手とヒロム選手がアレナ・メヒコに帰って来る!!

4A40B908-1D62-47C0-A75A-60FB97B20184
日本時間で今朝ライブ配信された情報番組「CMLLインフォルマ」。
ソベラノJr.選手、ミステリオッソJr.選手がゲスト出演とあって仕事先でスマホで見ていました。
番組の最後にサプライズ映像が流されました。
映し出されたのは“制御不能なカリスマ”内藤哲也選手と“TICKING TIME BOMB”高橋ヒロム選手のプロモーション動画。
そして、インフォルマの司会のフリオ・セサール・リベラ氏から2人が「来週日曜にアレナ・メヒコに登場すること」が発表されました。

内藤選手とヒロム選手のプロモーション動画は1時間38分頃

新日本プロレスで絶大な人気を誇るロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバーの中でもCMLLに運命的なターニングポイントを持つ2人。
いつか実現すると良いなと思っていた内藤選手とヒロム選手の第2の故郷とも言えるメキシコCMLL再登場が同時に実現することになり、朝から大興奮してしまいました。

2人が出場するのは11月12日のアレナ・メヒコ日曜定期戦のみと新日本プロレスから発表がありました。
日曜、火曜、金曜と週に3回開催されているアレナ・メヒコの定期戦で唯一ライブ配信がないのが、日曜定期戦であることが実に残念です。
以前に1度だけだったと記憶していますが、何の予告もなく突然に日曜定期戦がライブ配信されたことがあり、12日はメキシコだけではなく、日本でも注目の大会となりましたので、特別にライブ配信されると良いのですが。

アニベルサリオに代表されるとビッグマッチを除き、 CMLLは各曜日の定期戦終了後に翌週のカードが発表されますので、内藤選手とヒロム選手が出場する12日のカードは5日の大会後になります。
おそらくは内藤選手とヒロム選手は同一の6人タッグに出場するものと思います。
2人とトリオを組むのは本家ロス・インゴベルナブレスのルーシュ選手かピエロー選手なのか?
それとも…?
ヒロム選手の対角に宿命のライバル、ドラゴン・リー選手が立つのか?
まずは日本時間で6日深夜に明らかになるはずのカード発表をトランキーロ、あっせらずに待ちたいと思います。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

今週末のアレナ・メヒコとアレナ・コリセオは開催中止

CMLLのHPに対戦カードが掲載されていた9月29日のアレナ・メヒコ金曜定期戦と30日のアレナ・コリセオ土曜定期戦は残念ながら開催中止となり、HPから対戦カードが削除されました。
明日は久しぶりのライブ配信を楽しみにしていたので残念ではありますが、状況が状況だけに仕方ありません。

image
しかし、来週の10月3日のアレナ・メヒコ火曜定期戦から定期戦開催が告知されました。〈REGRESA EL MARTES ACCION A LA ARENA MEXICO/CMLL公式HP〉

また、10月2日のアレナ・プエブラ月曜定期戦は現在も対戦カードが掲載されていることから、このまま開催するものと思われます。〈Arena Puebla Cartelera/CMLL公式HP〉
この日のセミは注目の王者ソベラノJr.が元王者であるバルバロ・カベルナリオを挑戦者に迎えるナショナル・ウェルター級王座の防衛戦が予定されています。

火曜と日曜の定期戦を開催しているアレナ・コリセオ・グアダラハラは通常通りに開催中。

大地震によって9月19日アレナ・メヒコ火曜定期戦からグアダラハラを除く定期戦が中止となりました。
今後も定期戦の開催に変化が生じた場合には改めてブログを更新します。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

CMLLの定期戦が再開されます!

19日に起きた大地震により、グアダラハラを除き、メキシコ政府の指示で開催を見送っていたCMLLの定期戦が29日のアレナ・メヒコ金曜定期戦から再開されます!

現在発表されている対戦カードは29日のアレナ・メヒコ金曜定期戦と翌30日のアレナ・コリセオ土曜定期戦。

image

image

ルチャリブレがメキシコの人々に勇気と希望と元気を与えてくれることでしょう。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

マスカラ・ドラダのCMLLラストマッチのカード発表

2016-11-05-16-28-47
2016-11-05-16-27-27
マスカラ・ドラダ選手のCMLLラストマッチとなる11日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のカードが発表されました。

image
ドラダ選手はセミファイナルに登場、アトランティス選手、ディアマンテ・アスール選手とトリオを結成、ネグロ・カサス選手、フェリーノ選手、バルバロ・カベルナリオ選手のラ・ペステ・ネグラと対戦します。

近年、CMLLから「世界」へ飛び出したのは初代ミスティコ=現カリスティコ選手とラ・ソンブラ=現アンドラデ・シエン・アルマス選手の2人。
初代ミスティコ選手は2011年に初開催されたファンタスティカマニアで最高の好敵手アベルノ選手とCMLL所属としてのラストマッチを日本で闘いました。
CMLL離脱を知っていたのは親しい選手や関係者のみでした。
ラ・ソンブラ選手は昨年のアニベルサリオでアトランティス選手に敗れてマスクを失った後、ロス・インゴベルナブレスの盟友ルーシュ選手とのマノ・ア・マノがラストマッチになりましたが、CMLL離脱の噂はかなり信憑性の高いもので、別れを感じさせる闘いでした。

カード発表前にドラダ選手のラストマッチを予想しても初代ミスティコ選手やソンブラ選手のような関係の濃い相手が思い浮かびませんでした。
ソンブラ選手、ラ・マスカラ選手とのトリオでCMLL世界6人タッグを、ストゥーカJr.選手、メトロ=現ディアマンテ・アスール選手とのトリオでナショナル6人タッグを獲得したことが個人的には印象に残っています。

記録を調べてみるとアトランティス選手とは2010年と2011年にグアダラハラ出身の同郷タッグでナシオナル・パレハス・インクレイブレスを連覇。
またファンタスティカマニア2015の新木場大会で行われたワンデイ・タッグ・トーナメントでも優勝しています。
ディアマンテ・アスール選手とは前記のストゥーカ選手とのトリオで2010年1月にナショナル6人タッグ王座を獲得し、3度防衛しました。
この時の3人のデザインがミックスされたコラボマスクも印象に残っています。

11日のアレナ・メヒコ金曜定期戦は日本時間12日 (土) 午前11時30分に開始されます。
この日は新日本プロレスワールドでもライブ配信される予定です。
マスカラ・ドラダ選手の旅立ちを見届けましょう。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ