アントニオ猪木

藤波が猪木と“再タッグ”!IGF参戦へ

藤波が猪木と“再タッグ”!IGF参戦へ
6月2日9時56分配信 日刊スポーツ

 アントニオ猪木(64)が率いるイノキゲノムフェデレーション(IGF)に藤波辰爾(53=無我ワールド)が参戦する可能性が浮上した。猪木が1日、都内のホテルで藤波と約1年半ぶりに会談。IGF設立の経緯を説明し、現在のプロレス界を活気づけたいという考えで一致した。藤波から協力に前向きな言葉をもらい、今後の交渉次第では1972年(昭和47)に新日本を旗揚げした師弟コンビが復活する。
 昭和のプロレスをわかせた2人が、再び手を組んだ。レスナー対アングルのカードを発表した猪木が突然、かつての愛弟子の名前を口にした。
 猪木「先ほど藤波が来て、この業界の閉塞(へいそく)状態を打ち破りたいという話をした。藤波からも『何かできることがあれば言ってください』と言われた」
 04年に藤波が猪木に新日本社長の座を追われて以来、両雄は疎遠になったと伝えられていた。だが師弟の強い絆(きずな)は切れてはいなかった。IGFが藤波に会談を申し入れ、この日、約1年半前に新幹線ですれ違って以来の顔合わせが実現した。
 藤波「同じ業界にいる者として一致する部分もあった。今日はオファーなどはなく、これから考える」
 72年の新日本旗揚げでは、テレビ中継もない中、ともに支援者を回って入場券を売り歩いた。そんな昔話をしながら、プロレス界の現状をともに憂えた。「別れ際に猪木さんから『近いうちに飯でも食おう』と言われたが、それが実現して話し合いが続けば…」と、藤波は前向きな姿勢を見せた。
 猪木は6月29日の旗揚げ戦(両国国技館)への藤波の参戦には「藤波も一国一城の主だし、すぐにはないだろう」と相手の立場を思いやった。だが、IGF関係者は「無我からの提供試合や選手派遣の可能性はあると思っています。藤波さんに戦いたいと思っていただければ、出場もあります」と期待を寄せる。
 3月の旗揚げ宣言以来、選手確保に苦闘していたIGF。それだけに「表立って手を挙げる人がいなかった中、ありがたいと思っています」と猪木は素直に喜んだ。そして「好き嫌いやスタイルはさておき、メシが食えないんじゃしょうがないだろ」と、再び団体の壁を越えた協力を呼びかけた。プロレス復興へ、かつての黄金タッグが力を合わせる。

☆☆☆☆☆

ずいぶんとブログの更新サボりました。
書きたいネタがなかったり、今のペースでマスク画像UPしていると、10年もつ画像が3年しかもたない(ウソ、そんなにありません)と思い、更新しませんでした。
ついついマスクを通じて知り合った方々とメールで盛り上がってしまい、更新してなかったという話しもありますが。

さて、猪木IGF、ここに来てずいぶんと具体性を増してきました。
レスナーvsアングルも正式決定したようですね。
こうなると宙に浮いたジョシュが数年前のG1で川田に出場枠を取られ、ヘソ曲げたことが思い出されますが大丈夫でしょうか?
まさか、ここに来ての猪木・藤波合体は驚きです。
嬉しさもあるんですけどね。
'88年8月8日、横浜文化体育館の猪木vs藤波の60分フルタイム・ドローを生観戦したことを思い出しました。
試合後、猪木を肩車したのが長州で、藤波を肩車したのが越中でしたね。
肩車上の猪木と藤波の健闘を称え合っての握手は忘れられない名シーンの1つです。
たしか実況の古館アナが「猪木が泣いているーっ!」ってフレーズがありましたよね。

Never Say Never 絶対ないとは絶対言えない のプロレス界

ジョシュ、IGF参戦決定!アングル、レスナーに宣戦布告

5月7日17時10分配信 スポーツナビ

 アントニオ猪木氏が代表取締役社長を務めるIGF(イノキ ゲノム フェデレーション株式会社)は7日、6月29日に開催される旗揚げ戦「闘今BOM−BA−YE」(東京・両国国技館)にジョシュ・バーネットが参戦することを発表した。

 参戦に伴い、IGFを通じてジョシュのメッセージが届いた。

■ジョシュ・バーネットのメッセージ

 ミスター猪木、そして日本のファンの皆さん、6月29日IGFの大会へ参加することになりとても興奮しています。
 とにかく、プロレスラーとしてプロレスが最強であること、IGFをNO.1にすること、そして俺がNO.1であることを証明してやる。
 ミスター猪木に一つだけ俺の願いを聞いてもらいたい、IWGPファーストのベルトを復活させてくれ、全ての始まりはこのベルトからだ。俺がチャンピオンになり俺が全てのベルトをIGFに集結させる、それがNO.1ということだ。
 カートでも、ブロックでもないこの俺が証明してみせる。
 カート、ブロック“お前はもう死んでいる”

 ジョシュ・バーネット

 果たしてジョシュの対戦相手は誰か!? 6月29日の大会に向け、今後続々と発表されるカードに期待したい。

■IGF「闘今BOM−BA−YE」

6月29日(金) 東京・両国国技館 開場17:30 開始18:30

[出場予定選手]
ジョシュ・バーネット

【IGFオフィシャルサイト】
http://www.igf.jp

☆☆☆☆☆

大会まで2ヶ月弱。
やっと出場選手が1人決まりました。
ジョシュは久々のプロレスですね。

確かにIWGPヘビーのベルトは初代が1番カッコいいと思います。
今、新日ではレスナーに3代目のベルトを持ち逃げされたので、やむを得ず2代目のベルトを引っぱり出してきて、棚橋→永田と王者が変わりましたが、そもそもこの2代目のベルトは“破壊王”橋本真也が亡くなった時に、橋本に捧げたはずの物。
初代を猪木が所有していたのもビックリですが…。

さて次なる出場選手は誰になるんでしょう?


初代
初代IWGPヘビー
2代目
2代目IWGPヘビー
3代目
3代目IWGPヘビー

ホーガンの娘に“猪木ビンタ”ダーッ

4月24日6時4分配信 スポーツニッポン

 日本でCDデビューする米人気プロレスラー、ハルク・ホーガン(53)の長女ブルック・ホーガン(18)が、来月8日にプロモーションのため来日する。来日会見には父も“マネジャー”として同席し、盟友のアントニオ猪木氏(64)の“参戦”も急きょ決定。83年には歴史的死闘を繰り広げた2人による史上最強タッグが、ブルックの大ブレークをバックアップする。

 猪木氏とホーガンといえば、83年6月の蔵前国技館決戦が有名。ホーガンのアックス・ボンバーを受けた猪木氏が、リング下に転落し、舌を出して失神。強い脳しんとうを起こしたとして東京医大病院に運び込まれた。82、83の両年にはタッグを組み、新日本プロレスの「MSGタッグリーグ戦」で連覇。名タッグとしても知られる。

 ホーガンの来日は、新日本プロレスの東京ドーム大会で蝶野正洋と対決した03年10月以来。日本は米国で国民的スターになる前の主戦場として活躍した第2の故郷でもあり、招へい元の担当者に「おれは日本のNo.1である猪木を倒した唯一のレスラーだが、日本はいつも温かく迎えてくれる。楽しみだ」と話し、当の娘よりも訪日を心待ちにしているという。

 一方、猪木氏はホーガンの招へい元からのオファーを快諾し、ホーガン来日の翌9日に都内で行われる会見に同席する。詳細は決まっていないが、会見ではブルックへの闘魂(とうこん)注入ビンタが見られる可能性も。盟友の娘のPRを買って出るとともに、人気が低迷するプロレス界に話題を作りたい一心もあるようだ。

 また、ブルックの日本デビュー盤「アンディスカバード」は当初4月18日の発売が予定されていたが、来日会見を行う5月9日に変更された。

 CD発売元のポニーキャニオンによると、ブルックは父同様、市場が大きい日本でのブレークを最重要課題とし、世界へ羽ばたきたい意向。ド派手な日本デビューを飾り、父の決めポーズ「イチバァーン!」を勝ち取りたいところだ。

 ▼83年・蔵前VTR 6月2日、東京・蔵前国技館で行われた第1回「IWGPリーグ」決勝で、猪木氏とホーガンが時間無制限1本勝負で対決。場外乱闘の末、ようやくエプロンサイドに上がった猪木氏にホーガンがとどめとばかりにアックス・ボンバーを見舞い、猪木氏は場外に倒れて失神。21分27秒、KO負けした。ホーガンは昨年、米若手人気レスラーのランディ・オートン(27)を撃破するなど現役レスラーとして活躍。現在はホーガン一家の日々を追う地元テレビの番組「ホーガン・ノウズ・ベスト」に出演中だ。

☆☆☆☆☆

鈴木みのるの動きが報道されない、本人のブログも更新されてない(T_T)ので、昭和の時代からプロレス野郎としては、このニュースをアップしておきます。

別にホーガンの娘はどーでもいいや。(←微妙に猪木口調^_^;)
“超人”ハルク・ホーガンですよ!

第1回IWGP決勝でのエプロンに立つ猪木にホーガンがアックス・ボンバーを放った、有名な「猪木ベロ出し失神事件」は少年時代の忘れられない1シーンでありました。
あの事件以来、猪木は坂道を転がり落ちるように全盛期を終えたように思います。

さてホーガン娘は歌の世界で「イチバァーン!」になれるのか!?
やれんのか!?おいっ!

赤と黄色のロングタイツやnWoの時代もいいけど、やっぱり「一番」と縫い付けられた黒のショートタイツにシルバーのリングシューズがカッコいいですよ!
あっ!この頃、「一番」ってプリントされたTシャツ流行りましたね(*´∇`*)

ホーガン
Mr.アメリカ
こちらはホーガン激似(^_^;)のミスター・アメリカ
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ