ウルティモ・ゲレーロ

メインはマキシモ・セクシーvsマスカラ・アニョ・ドスミルのカベジェラ戦 2017年元日決戦シン・ピエダ

師走の忙しさで更新がすっかり滞りました。

CMLLは年内は30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦を残していますが、2017年は元日からビッグマッチ「シン・ピエダ」をアレナ・メヒコで開催。
「シン・ピエダ」は昨年までは12月に開催されていましたが、今年から元日決戦となりました。

image
発表されている全対戦カードは以下の通り。

第1試合
アストラル&ウルティモ・ドラゴンシート&ストゥキータvsデムス3:16&ペケーニョ・ピエロー&メルクリオ

第2試合
アンヘル・デ・オロ&ゲレーロ・マヤJr.&ブルー・パンテルJr.vsリッペル&ポルボラ&ボビー・スィー

第3試合
アトランティス&マルコ・コルレオーネ&ストゥーカJr.vsネグロ・カサス&レイ・ブカネロ&フェリーノ

第4試合
カリスティコ&ボラドールJr.&バリエンテvsメフィスト&エチセロ&エフェスト

第5試合 カベジェラ・コントラ・カベジェラ
マキシモ・セクシーvsマスカラ・アニョ・ドスミル

image
なんと言っても最大の注目はメインのカベジェラ戦。
マキシモ選手は今年の元日にもカマイタチ (高橋ヒロム) 選手と髪の毛を賭けて勝利、2年連続して年明け早々にカベジェラ戦を行うこととなりました。
マキシモ選手の最新のカベジェラ戦の戦績は今年の3月18日、アレナ・メヒコでのビックマッチ「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」でルーシュ選手と対戦、ルーシュ選手の父ピエロー選手の介入もあり、敗北して自慢のピンクのモヒカンを刈られてしまいました。
対するマスカラ・アニョ・ドスミル選手は2010年12月19日、アレナ・ナウカルパンでピラタ・モルガン選手に勝利して以来のカベジェラ戦となります。
ドスミル選手の兄であるシエン・カラス選手の息子2人、つまりドスミル選手の甥にあたるサンソン選手とクアトレロ選手、さらにサンソン選手とクアトレロ選手のいとこであるクアトレロ選手のCMLLデビューにより、再びCMLLマットに上がることになったドスミル選手。
毎週のようにマキシモ選手のベソ (キス) 攻撃に悩まされていますが、果たして勝つのはどちらか?
2014年から3年ぶりにファンタスティカマニア参戦が決まっているマキシモ選手は是が非でもピンクのモヒカンを守って久しぶりの来日に臨みたいところでしょう。

image
もう1つ、現在のCMLLで激アツな抗争を繰り広げているのが、カリスティコ選手とウルティモ・ゲレーロ選手。
11月25日から5週に渡ってアレナ・メヒコ金曜定期戦のメインの6人タッグで激突。
毎週毎週、マスクを破かれ、さらには剥がされてきたカリスティコ選手はゲレーロ選手に対し、マスカラ・コントラ・カベジェラでの究極の決着戦を要求。
のらりくらりとこの要求をはぐらかしてきたゲレーロ選手も12月16日の試合後「マノ・ア・マノでオレに勝つことが出来たなら受けてやろう」とついに返答。
翌週23日に両者のマノ・ア・マノが実現し、カリスティコ選手が勝利しました。
この時点では「シン・ピエダ」の全対戦カードは発表されていなかったので、この結果を受けて、カリスティコ選手とゲレーロ選手のマスカラ・コントラ・カベジェラが元日に行われるものと思っていました。
通常、CMLLのビッグマッチではマスカラ戦やカベジェラ戦が2試合行われることが多いからです。
上記の通り、「シン・ピエダ」での決着戦はなし。
セミにカリスティコ選手の名前はありますが、ゲレーロ選手の出場の予定はありません。
テクニコのトップであるカリスティコ選手とルードのトップであるゲレーロ選手の頂上決戦の舞台はビッグマッチになることは必然で「シン・ピエダ」で組まれなかったということは次のビッグマッチである3月の「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」となるのか?
それともさらに引っ張って、9月のCMLL年間最大興行「アニベルサリオ」となるのか?
今後の2人の動向に注目です。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

“神の子”が第2の故郷に帰って来た!そして夢の続き

早いもので神の子の5年7ヶ月ぶりの来日から1週間経ちました。
久しぶりの神の子の姿をこの目に焼き付けるべく、抑えきれない思いで炎天下の8月21日、SUPER J-CUP 2016有明コロシアム大会に足を運びました。

カリスティコ
カリスティコ
カリスティコ
カリスティコ ティタン

第6試合、ウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手のロス・ゲレーロス・ラグネロスの入場の後、ついにカリスティコ選手がMe Mueroのテーマソングでティタン選手と共にこの日トリオを組む3人のコラボマスクで入場。
昨年アレナ・メヒコに帰って来た時にも流れたこの旋律を聞くだけで条件反射的に涙腺が緩みがちですが、待ちに待っていた瞬間が訪れた5年7ヶ月分の感情が入場シーンだけで爆発してしまいました。

テクニコ陣営が3人揃っての入場ではなかったり、抜群の連携を誇るゲレーロスに押されがちの展開だったり、この日、有コロに集ったカリスティコ選手ファンの方々の最大のお楽しみであったはずの本家ラ・ミスティカを繰り出す前にボラドール選手がスパニッシュフライで試合を決めたりと残念なことはいくつかありましたが、試合後なかなかリングを降りずに「第2の故郷ハポンに帰って来れて本当に嬉しいんだ」という思いが伝わるカリスティコ選手の姿を見ていたら、そんなことはどうでも良くなってしまいました。
結果的に主役の座は誰にも譲らない、やっぱりスペル・エストレージャ。
再び神の子の姿が見られただけで幸せでした。


ボラドールJr.
電飾付きのコスチュームで登場したボラドール選手。
神の子へ猛烈な意識が感じられたのは現CMLLのエースとしてプライドでしょう。

タィタン
神の子へ憧れの念を持っている世代であろうティタン選手は随所でカリスティコ選手を立てる振る舞い。
一気に好感度がアップしました。

ウルティモ・ゲレーロ カリスティコ
母国メキシコはもちろんのこと、日本でも愛されルードとしてすっかり認知されているウルティモ・ゲレーロ選手。
勢いではなく、力でぶっこ抜いたゲレーロ・スペシャルは圧巻でした。

ウルティモ・ゲレーロ エウフォリア グラン・ゲレーロ
ウルティモ・ゲレーロ エウフォリア グラン・ゲレーロ
前掛けのようなゲレーロスの入場コスチューム、エウフォリア選手だけは前がメキシコ国旗カラーで後ろは日章旗のデザインでした。
自身や息子ソベラノJr.のマスクを製作しているエウフォリア選手ですから、このコスチュームもきっとお手製の物だと思われ、日本への思いが感じられました。
ジュニアの祭典のこの日出場した唯一のヘビー級選手でもありました。

グラン・ゲレーロ ティタン ウルティモ・ゲレーロ エウフォリア
グラン・ゲレーロ選手はまだ20代前半の若者。
海千山千の強豪の中で何の違和感もなく闘っていますが、それ自体が凄いことだと思います。
近い将来、ミスティコ選手やドラゴン・リー選手との闘いでアレナ・メヒコの観客を大熱狂させることでしょう。


IMG_2949
そして、SUPER J-CUP後の22日0時にみちのくプロレスの第6回ふく面ワールドリーグ戦の超大物Xがカリスティコ選手であることが発表されました!
9月16日の後楽園ホールから始まる4連戦、故郷中の故郷であるみちのくプロレスに里帰り。
長くみちのくプロレスを見られている東北のファンの方には感慨深い発表だったと思います。
先に発表されているアルゴス選手と兄弟揃ってエントリー。
久しぶりの日本マット参戦から1ヶ月も明けずに再飛来。
まだまだ夢は終わりません!!






人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

“神の子”再降臨まであと3日

初代ミスティコ
“神の子”カリスティコ選手の日本マット再飛来、SUPER J-CUP2016有明コロシアム大会までいよいよあと3日となりました。
もう既に興奮は高まり、様々な想いが去来しています。
このブログをご覧頂いている方の中には、もしかするとミスティコ時代を含めて“神の子”がいったいどんなルチャドールなのか、ご存知でない方もいらっしゃるかもしれません。
有明コロシアムに足を運ぶ前に、また大会当日に新日本プロレスワールドやサムライTVでの完全生中継をご覧になる前に是非ともこの動画を見てもらいたいと思います。
2日前に偶然この動画を見つけて、いつかは来るだろうと思いながら、ずっと待っていたその日が目前に迫っている事実に感極まってしまいました。





そして、あわせて読んでいただきたいブログ2つ。
まずは今回の再来日が発表されて真っ先に思い浮かんだ漁師JJさんが初代ミスティコ最後の来日後の2009年の2月にロマンチックに綴ってくれた〈神の子がファンタスティカマニアにきた理由/多重ロマンチック〉
そして今回の再来日目前に“ルチャ伝道師”大川昇カメラマンの神の子への想いがたっぷり詰まった写真満載の〈5年7カ月/プロレスカメラマン 大川 昇のブログ〉
どちらも胸が熱くなる素晴らしい内容です。

8月18日クエルナバカ カード
さて、SUPER J-CUP2016に参戦する6人のルチャドールのうち、カリスティコ選手とロス・ゲレーロス・ラグネロスのウルティモ・ゲレーロ選手、エウフォリア選手、グラン・ゲレーロ選手はメキシコ時間18日(木)、日本時間では19日(金)となるクエルナバカでの大会に出場後、日本行きの飛行機に乗り込むものと思われます。

8月23日アレナ・メヒコ火曜定期戦カード
そして、来日後は23日のアレナ・メヒコ火曜定期戦のカードにカリスティコ選手を除く、ボラドールJr.選手、ティタン選手、ウルティモ・ゲレーロ選手、エウフォリア選手の名前がしっかりと入っています。
こちらは日本時間では23日(水)となりますが、実にタイトなスケジュールで酷暑のハポンへルチャドール達はやって来ます。
それが彼らの仕事とは言え、やはりここはリスペクトの念を抱き、大声援という最大限の歓迎をしたいところです。
さあ、あとはケガやトラブルなく無事に6選手揃って来日してくれることを願うばかりです。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

7月8日アレナ・メヒコ金曜定期戦でボラドールvsKUSHIDAのNWA世界ヒストリック・ウェルター級カンペオナート決定!!

7月8日アレナ・メヒコ金曜定期戦カード
7月8日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のカードが変更され、メインイベントはボラドールJr.選手の保持するNWA世界ヒストリック・ウェルター級王座に新日本プロレスから遠征中のIWGPジュニアヘビー級王者KUSHIDA選手の挑戦が決定しました!
ちなみにダブルタイトルマッチではありません。

7月8日アレナ・メヒコ金曜定期戦カード 旧
こちらがもともと発表されていたカード。

新日本プロレスワールドでのアレナ・メヒコ金曜定期戦の配信開始に合わせて、現在考えられる新日本プロレスとCMLLのジュニアヘビー級クラスのトップ対決、頂上決戦を持ってきた印象です。(アトランティス選手とカリスティコ選手は別格として)
なんとも粋なCMLLの計らいじゃないですか。

ワールドの配信で初めてアレナ・メヒコ金曜定期戦をご覧になる方もいらっしゃるかもしれませんので全対戦カードを記載しておきます。

第1試合
フエゴ&トリトン&エスフィンへvsヴィールス&エチセロ&ボビー・スィー

第2試合
ティタン&レイ・コメタ&マスカラ・ドラダvsバルバロ・カベルナリオ&ドラゴン・ロホJr.&レイ・エスコルピオン

第3試合 マッチ・レランパゴ
ミスティコvsラ・マスカラ

第4試合 メヒコvs外国人部隊
ショッケル&ウルティモ・ゲレーロ&メフィストvsサム・アドニス&ジョニー・アイドル&OKUMURA

第5試合 メヒコvs外国人部隊
アトランティス&マキシモ・セクシー&ディアマンテ・アスールvsマイケル・エルガン&タマ・トンガ&タンガ・ロア

第6試合 NWA世界ヒストリック・ウェルター級カンペオナート
ボラドールJr. (王者) vsKUSHIDA (挑戦者)

第1試合に出場するエスフィンへ選手以外のスペル・エストレージャは皆、ファンタスティカマニアなどで新日本プロレスに参戦経験のある日本でもお馴染みの面々。
第4試合のサム・アドニス選手とジョニー・アイドル選手はKUSHIDA選手やエルガン選手、タマ・トンガ選手、タンガ・ロア選手と同じく1日に行われたビックショー「グラン・プリックス2016」出場の為にCMLLを遠征している選手です。
もう1試合、注目の因縁対決が組まれれば、ビックマッチと変わらないような豪華ラインナップになりました。


7月10日アレナ・メヒコ日曜定期戦カード
そして、10日のアレナ・メヒコ日曜定期戦もカード変更がありました。
こちらのメインはウルティモ・ゲレーロ選手vsマイケル・エルガン選手。
超人的パワーで知られる2人が一騎打ち。

7月10日アレナ・メヒコ日曜定期戦カード 旧
当初はゲレーロ選手とKUSHIDA選手のマノ・ア・マノが発表されていました。
KUSHIDA選手が金曜にボラドール選手とのカンペオナートが組まれたことで、また1つ魅力的な対決が実現します。
日曜定期戦はライブ配信がないのが残念でなりません。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ゲレーロ&ロホvsアトランティス&アスール CMLL世界タッグ王座戦

ゲレーロ ロホ アトランティス アスール
2代目ミスティコデビューに沸いた8月3日(金)のアレナ・メヒコのメインはウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr.vsアトランティス&ディアマンテ・アスールのCMLL世界タッグタイトルマッチ。



2010年11月3日、アレナ・コリセオでエクトール・ガルサ&ミステル・アギラからタイトル奪取後、1年9ヶ月に渡って11度防衛してきたゲレーロ&ロホが王座陥落。
3本目の決め手となったロホの誤爆にゲレーロはお怒りの様子で長く続いてきたこのチームに亀裂が入りそうです。
ゲレーロとのタッグを続けている限り、どうしてもゲレーロよりも下に見られ、今年30才を迎えるロホからすれとそろそろ一本立ちの時期なのかもしれません。
2代目ミスティコがデビュー、ベルトを奪取したディアマンテ・アスール、ティタン、トリトンなどテクニコは続々と若いルチャドールの躍進が目立つのに比べ、ルードはゲレーロを筆頭にボラドールJr.、ミステル・ニエブラ、ネグロ・カサス、アベルノ、レイ・ブカネロ、フェリーノなどなど、歴戦の強者揃いで層が厚く、最近トップ戦線に食い込んできたのはレイ・エスコルピオンくらい?
ようやく上で使ってもらい始めたエウフォリアは既に37才のベテランです。
新たなユニットを立ち上げて新風を吹かすのか、ロホの今後に注目したいと思います。

見事にタイトル奪取に成功したアトランティスとアスール。
アトランティスはラヨ・デ・ハリスコJr.を皮切りにリスマルク、ブルー・パンテル、ゲレーロと全て異なるパートナーとCMLL世界タッグを奪取。
今回のアスールとのコンビがアトランティスにとっては5度目の戴冠になります。
アスールは最初のキャラクターであるロマノから新聞社とのタイアップでメトロに転身、今年2月からクラシカルなマスクとコスチュームのディアマンテ・アスールに再び転身してから初の王座奪取。
このキャラクターチェンジは大成功と言って良いでしょう。
メキシカンとしては珍しいジャーマンスープレックスホールドが得意技。
今回のタイトル奪取で日本行きのチャンスが出て来たりするかもしれません。
この動画を見て気付いたのですが、この人、ファスナー式のマスクで試合しているんですね。
この試合に限ってのことだったのかもしれませんが、やっぱり試合には紐式で出て欲しいと思います。

あっ、試合には直接関係ないのですが、悪徳レフェリーのティランテスが少し前に白髪を黒く染めていたと思ったら、今度は坊主頭にしていて笑ってしまいました。
急に黒く染めた時は最初、ティランテスだと気付かず、違和感ありありでしたから、仲間内でもすこぶる不評で仕方なく短髪にしちゃったんでしょうか?(笑)


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ドラゴマニア7 フォトリポート 後編

メヒコのアミーゴ、ホセ・アントニオ“JOSHYMAN”ラミレスさんから届いた5月12日(土)、アレナ・メヒコで開催された「ドラゴマニア7」のフォトリポートの後編です。

■アストラル&エレクトリコvsデムス3:16&ペケーニョ・ニトロ
IMG_8293
IMG_8295
IMG_8299
IMG_8300
IMG_8301
IMG_8308
メヒコに渡った女子レスラー、HIROKAの旦那さんのデムスを含むミニのタッグ戦。


■曙&ブラソ・デ・プラタvsレイ・ブカネロ&アルカンヘル・デ・ラ・ムエルテ&ロコ・マックス
IMG_8317
IMG_8326
IMG_8328
IMG_8329
IMG_8333
IMG_8336
IMG_8340
IMG_8341
IMG_8342
IMG_8343
IMG_8345
IMG_8350
IMG_8351
IMG_8352
IMG_8354
IMG_8357
IMG_8358
IMG_8359
IMG_8362
毎年、日本からのビッグなゲストを招いて開催されるドラゴマニア。
今年の目玉は何と言っても第64代横綱の曙でしょう!
ポルキーとの巨漢タッグを結成し、2対3のハンディキャップマッチに登場しました。
画像からだけでも楽しい試合が展開されたことが伝わって来ます。
最後はやっぱりポルキーと曙が3人まとめて圧殺プレス!
アレナ・メヒコの観客も曙の巨体にびっくりだったでしょうね。


■NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座決定3way
ウルティモ・ドラゴンvs大原はじめvsウルティモ・ゲレーロ
IMG_8367
IMG_8373
IMG_8375
IMG_8389
IMG_8406
IMG_8409
IMG_8410
IMG_8411
IMG_8412
IMG_8413
IMG_8416
IMG_8426
IMG_8432
IMG_8435
IMG_8436
IMG_8437
IMG_8442
IMG_8450
IMG_8452
IMG_8455
IMG_8458
IMG_8462
IMG_8464
IMG_8466
IMG_8467
IMG_8468
IMG_8469
IMG_8471
IMG_8477
大原はまたも高岩を伴って入場。
「オレにレフェリーをやらせろ」ということか高岩は白黒のレフェリーのシャツを着ています。
予想通り、試合に介入、エプロンで校長のマスクを剥ぎ取ります。
スペアのマスクを被り直すも、それもまた今度は大原にビリビリと破かれます。
大原のピンチには高岩がリングへ上がり、校長へ攻撃を加えます。
序盤には自分も校長のマスクに手を掛けていたゲレーロもさすがにこれには怒り爆発、高岩を排除します。
フィニッシュは校長のアサイDDT2連発で大原から勝利。
復活したNWAインターナショナル・ジュニアヘビー級のベルトを腰に巻きました。

IMG_8484
IMG_8487
IMG_8488
IMG_8491
IMG_8493
IMG_8515
IMG_8516
IMG_8517
IMG_8518
IMG_8519
IMG_8521
IMG_8527
IMG_8528
IMG_8531
IMG_8532
IMG_8534
IMG_8539
大会のフィナーレにはメヒコカラーのマスクを被ったハヤブサさんが“ルチャの殿堂の”花道に車椅子で登場!
そして「仮面貴族FIESTA2011」の感動シーンを再現するかのようにかつて武者修行中に上がったアレナ・メヒコのリングに笑顔で立ちました!!
画像を見るだけで目頭が熱くなります。

◆ MUCHAS GRACIAS : JOSHYMAN ◆


このドラゴマニア7の模様はFIGHTING TV サムライで6月10日(日) 23:00〜01:00に放送されます。
今から本当に楽しみです!!

さぁ、次は今週土曜日のルチャ・ファン・フェスト5です!
また現地から画像を送ってもらえることになっている他、もう1つ私にとってのお楽しみがあります。
まさに「お楽しみはこれからだー!!」


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ドラゴマニア7 フォトリポート 前編

dragonmania7
イホ・デル・サント興行「TODO X EL TODO」などの画像を送ってくれるメヒコのアミーゴ、ホセ・アントニオ“JOSHYMAN”ラミレスさんから5月12日(土)にアレナ・メヒコで開催された「ドラゴマニア7」の画像が昨日届きました。
日本では「ドラゴマニア」と呼ばれますが、開催地のメキシコでは「Dragonmania」と表記されていることが以前からちょっと不思議でした。
この大会ロゴマークを改めて見て納得。
日本は重なったnとmを見たままmと読むからドラゴマニア、メキシコでは別々に読んでドラゴンマニアなんでしょう。
なお、今回も当たり前ながら現地で観戦した訳ではありませんので、ほぼ写真のみの紹介です。
LUCHABLOGの記事を参考に書きましたが、“JOSHYMAN”から送られてきた画像の順番とLUCHABLOGの試合順が若干相違しています。
ここでは届いたデジカメのファイル名の数字に基づく順番にしています。
対戦カードの左側の選手・チームが勝利です。
また、ありがたいことに届いた画像は140枚余りという多さ!
せっかく送ってくれた物を取捨選択することは出来ませんので約70枚ずつの前編・後編に分けました。

IMG_8043
IMG_8044
IMG_8055
IMG_8061
IMG_8062
IMG_8063
ウルティモ・ドラゴンのデビュー25周年を祝うセレモニー。
いつにも増してオシャレなプライベートマスクで登場した校長。
マスクとネクタイがコーディネートされていて、やっぱりこういう所はさすがですね。
セレモニー中に昨年、マスカラ戦で敗れ、校長にマスクを奪われた5代目ブラック・タイガーが大原はじめと共に花束持参で祝福するかのかと思いきや、やっぱり校長を襲撃!

実はこのセレモニーの前にカト・クン・リー&ロック・スター&ローリン・ボーイ&テツキvsアクマ3:16&トルナド&ボラス&スマのオープニングマッチが行われたはずなのですが・・・“JOSHYMAN”はリングサイドにいなかったのか、この試合の写真は1枚もありませんでした。
彼はいったいどこで何をしていたのだろう!?(笑)

■ソラール&ネグロ・ナバーロvsトラウマI&トラウマII
IMG_8070
IMG_8071
IMG_8082
IMG_8086
IMG_8090
IMG_8096
IMG_8101
IMG_8109
IMG_8110
IMG_8112
IMG_8118
今年も“太陽仮面”ソラールさんと“地獄の伝道師”ナバーロさんには来日してもらいたい!!
イホ・デ・ソラールとトラウマの息子達を伴ってやって来てくれたら最高です。
ソラールさんの被ったメヒコカラーのカレンダリオ・アステカのニューバージョンマスクはかなり魅力的で、これヤバいです(^_^;)
闘龍門でコーチをしていたナバーロさんは“レインメーカー”オカダ・カズチカのIWGPヘビー戴冠をきっと喜んでいることでしょう。


■折原昌夫&田島久丸&花岡大輔vsアアロン・アレクサンダー&アレックス・ディアンヘロ&アメナサ
IMG_8128
IMG_8133
日本人チームの対戦相手は私には全く馴染みのない選手。
一応、カタカナで表記しましたが、自身がないのでアルファベットも記載しておきます。
Aaron AlexanderとAlex DiangeloとAmenazaという選手だそうです。
マスクを被っているのはどの選手なのか?


■華名vs朱里
IMG_8152
IMG_8154
IMG_8169
IMG_8170
IMG_8177
IMG_8186
IMG_8188
今回のドラゴマニアで1番“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコの観客の反応が気になる試合。
画像を見る限り、日本と同じキック主体のジャパーニーズスタイルだったようですが果たして!?


■NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座決定ドラゴンスクランブル
[参加選手]ウルティモ・ドラゴン、高岩竜一、大原はじめ、ウルティモ・ゲレーロ、イホ・デル・ファンタスマ、マグヌス、ドゥランゴ・キッド、スカンダロ、アンヘリコ、ニトロ、タウロ
IMG_8196
IMG_8199
IMG_8205
IMG_8210
IMG_8214
IMG_8216
IMG_8221
IMG_8231
IMG_8236
IMG_8237
IMG_8239
IMG_8246
IMG_8247
IMG_8249
IMG_8250
IMG_8251
IMG_8252
IMG_8253
IMG_8254
IMG_8255
IMG_8256
IMG_8258
IMG_8261
IMG_8262
IMG_8263
IMG_8264
IMG_8265
IMG_8266
IMG_8267
IMG_8268
IMG_8269
IMG_8270
IMG_8271
IMG_8272
IMG_8273
IMG_8274
IMG_8275
IMG_8276
IMG_8278
IMG_8279
IMG_8280
IMG_8284
25周年記念の試合に校長は今まで漢字の「龍」が入っていた耳の部分が龍の模様に変えたニューマスクで登場!
日本で発表されていた9人にニトロとタウルスが加わり、メインで行われるNWAインタージュニアのタイトルマッチを賭けて戦う2選手が決定するまで続く生き残りのバトルロイヤル。
セレモニーにはブラック・タイガーとして乱入して来た高岩はもちろんマスクなしの素顔の時のコスチューム。
途中、対戦カードに名前のない“ウルティモ劇場の名脇役”ブラソ・デ・プラティーノが何故か乱入して来ますが、これはきっと校長を救うためのいつものお約束的な助太刀だと思われます。
レフェリーの手を借りてコーナー最上段に上がってるし(笑)
本来はメインはマノ・ア・マノで行われるはずでしたが、この画像を見ると校長と大原がエプロンで揉み合っている所をゲレーロがドロップキックで撃墜。
オーバー・ザ・トップロープで校長と大原が失格となったため3wayでのタイトルマッチになったのではないかと思います。
あくまでも画像だけの憶測ですけれど。

そして当初はカードに名前がなかったタウロ。
この選手は某ルチャドールの・・・。
というか、まだ少し線は細いものの本当に何から何まで・・・。
今後もきっとアレナ・メヒコのリングに上がってくるでしょうから要注目です!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

Prince Devitt en Mexico

プリンス・デヴィット4月1日(日)のアレナ・コリセオ出場を最後に初のCMLL遠征を終えたプリンス・デヴィット。
3月30日(金)にはボラドールJr.からNWA世界ヒストリック・ミドル級王座を見事に奪取!
メキシコでのデヴィットの試合動画がアップされ始めています。

まずは足の負傷により予定から1週間遅れとなったメキシコデビュー戦、3月23日(金)のアレナ・メヒコ。
対戦カードはマルコ・コルレオーネ&プリンス・デヴィット&ルーシュvsウルティモ・ゲレーロ&ボラドールJr.&メフィスト。



想像以上に熱いファイトが展開されていました。
特にボラドールはIWGPJr.ヘビー級王者デヴィットを意識しまくり!
まずは背後からのミサイルキックで先制!!
激しく襲いかかったかと思えば、場外にエスケープして賺しておいて、ロープに走るデヴィットの足を掬う!!
初めての絡みでデヴィットもボラドールもヒートアップ!!
言葉の問題があるからでしょうけど、デヴィットが日本でマイクアピールというのは記憶にありませんが・・・。
そしてボラドールのこんな激昂したマイクアピールも初めて見た気がします。
「ここは俺の縄張りだ!」「IWGPジュニア王者がなんだ!?」というボラドールの激情の炎がデヴィットに引火したかのような印象です。

続いての動画は3月25日(日)のアレナ・コリセオ。
カードはプリンス・デヴィット&マスカラ・ドラダ&ショッケルvsウルティモ・ゲレーロ&ボラドールJr.&アベルノ。



久しく来日していないショッケル(ショッカー)を除けば、他は皆、ここ数年で新日本プロレスに参戦し、日本のファンにもお馴染みのルチャドールばかり。
特にルード側は強烈な布陣!
入場するなり他には目もくれず、デヴィットへと襲いかかるボラドール!
噛み付きや固定式の椅子を利用した攻撃まで繰り出しました。
後半はマスク剥ぎに出たショッケルとゲレーロが熱い火花を散らしましたが、それでもデヴィットとボラドールの抗争も激化!!

3本目は3月27日(火)のアレナ・メヒコ。
カードはプリンス・デヴィット&ラ・ソンブラ&マキシモvsウルティモ・ゲレーロ&レイ・ブカネロ&レイ・エスコルピオン。



えらい殺伐とした2本を観た後だったので、最初にマキシモのモヒカン付きフードを観て心が和みました(笑)
ボラドールがいないだけでじっくりとした試合展開になっています。
完全に気のせいですが、リングまで広くなったかのような錯覚に襲われるのが不思議です。
けれど逆に言うと、いつものCMLLのリング上のリズムに何の違和感もなく溶け込んでいるデヴィットはやっぱり凄いと思うのです。
また、メキシコ入りしてから3戦の全て対角コーナーにいたゲレーロのことを「100% Respect for Ultimo Guerrero. Top Class.」とデヴィットがTwitterに書いていたのを発見して嬉しく思いました。

コーナーに控えるデヴィットがアップになった場面では前のコリセオの試合で左耳の辺りをボラドールに噛み付かれ負った傷が確認出来ました。
さぁ!早くボラドールとデヴィットのNWA世界ヒストリック・ミドル級王座戦が観たい!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

エクリプセ

昨晩は皆既月食でしたね。
せっかくの機会だからと寒い中、外に出て欠けだした月をデジカメで撮ってみました。
夜空に浮かぶ、遠い遠い月を撮るとどんな具合になるか、ちゃんと撮れるのか不安でしたが、想像していた以上にくっきり撮れました。
とは言え、三脚までは用意しなかったので、ほとんどが手ぶれで酷かったです。

月食

昨日の時点では月食をネタにしたブログはきっと多いだろうし、普段あまり日常の出来事とかプロレス&ルチャリブレ以外の時事ネタは書かないので、この月の画像をブログに載せるつもりはなかったのですが・・・。

エクリプセ「月食」はスペイン語で「Eclipse de la luna」。
今日になって「あぁ、そういえばアトランティスとウルティモ・ゲレーロのハーフマスク被ったエクリプセって全然見なくなっちゃったよなぁ」と思い出したのです。
額にEの文字が入ったエクリプセ、別名でリングに上がっている訳でもなさそうですし、いったいどこに行ってしまったのでしょう!?
志半ばでリタイアしてしまったのか?

それにしても何事もルチャとマスクに結びつけてしまう発想は我ながらアホだと思います(笑)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

FOTO LIBRE Numero 27

FOTO LIBRE Numero 27
FOTO LBREェェェー

FOTO LIBRE Numero 27
キターーッ!


ええ、“プロレス界100年に1人の逸材”棚橋弘至選手のブログのパクリがどうしてもやりたくて考えに考えた結果、こうなりました(笑)
でも届いたのは1週間前だったりします。
すみませんm(_ _)m
マスクコレクターの方は仮面ライダーやウルトラマンなど特撮モノも好きな方も多いようですが、私はもっぱらルチャリブレ&プロレスとマスクだけですから、元ネタの仮面ライダーフォーゼについては全く知識がありません。
来年、小学校に上がる甥っ子が数ヶ月前に遊びに来て、私のパソコンで熱心にYouTubeでフォーゼを見ていましたが、マウス持って自分でクリックするんですよ!
ホントにびっくりしました。

FOTO LIBRE Numero 27思いっきり脱線しましたが、10月7日に後楽園ホールで行われた「仮面貴族FIESTA 2011」の模様がたっぷり掲載されたFOTO RIBRE Numero 27。
表紙のミル・マスカラス&ドス・カラス&初代タイガーマスクの仮面のレジェンドのスリーショットだけでもシアワセな気分に浸れますが、この表紙を捲ると現れるのが、大会翌日に行われたDEPO MARTさんでのイベントの時に撮影されたマスカラスブラザースとウルティモ・ゲレーロの写真。
メヒコのスペル・エストレージャとスリーショット、ツーショットした時の興奮が蘇って、すぐにテンションMAX(笑)

試合の写真はもちろんのことバックステージのポーズ写真やこの大会でしか実現しないかもしれない組み合わせの写真もふんだんに掲載されています。
あのマスカラスブラザースとスリーショットする“ゆずポン”こと愛川ゆず季は得意のグラビアポーズを決めていますが、これは凄いプロ根性ですね!
DEPOさんでスリーショットした私は極度の緊張で笑顔なんて無理でしたもん!(苦笑)

エンディングのハヤブサのリングインは泣けて泣けて仕方なかったあの時の感動が蘇ります。
笑いあり、涙ありの豪華選手参加のあの感動をもう1度。

FOTO LIBRE CALENDARIO 2012そして、非売品のカレンダーが欲しかったので、購入していなかったFOTO LIBREのバックナンバーをもう1冊購入しました。
ページを捲ってみてびっくり!
今1番気になっているルチャドールのうちの1人、とある二世マスクマンの写真が載っていました。
最近、子供の頃に買った80年代の雑誌をたまに開いては、当時は何とも思わなかったのに今見ると凄い!と思える写真に出くわし驚いています。
若かりしドス・カラスの自宅でまだ幼い息子と娘と一緒に写っている写真、この男の子はきっとドス・カラスJr.=アルベルト・デル・リオだろうなぁ・・・とか。
FOTO LIBREも数十年経った時に見直してみると、きっと同じような感覚になると思います。
資料的価値は時間の経過とともに増していくと思われますので大事に大事に永久保管!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ