エチセロ

メキシコ遠征中の小島聡選手が唯一参戦した地方大会

image
現在、初のメキシコ遠征中の新日本プロレス、小島聡選手。
思いの外、メキシコの水が合ったようでエンジョイされている様子が試合のライブ配信や小島選手のTwitterから伝わってきます。
1日 (金) のアレナ・メヒコ「グランプリ2017」でメキシコデビュー。
その後は2日 (土) にアレナ・コリセオ、3日 (日) はコリセオ・コアカルコとアレナ・メヒコのダブルヘッダー、4日 (月) はプエブラ、5日 (火) はグアダラハラ、8日 (金) はアレナ・メヒコと全7試合を消化。
8日のアレナ・メヒコはセミに登場でしたが、それ以外は全て堂々のメイン登場でした。
CMLLが所有し、定期戦が行われている会場での試合がほとんどですが、3日のコアカルコはルチャ・メメスというプロモーションが主催する大会「チャイロ・ビル3」。

image
この大会で小島選手はNWA世界ヒストリック・ライトヘビー級王者のエチセロ選手とマノ・ア・マノで対戦しました。
この試合の動画がダイジェスト版ながらアップされましたので紹介します。


残念ながら、試合の全貌はわかりませんが、リングコンディションがあまり良いようには見えず、また昨年と今年のファンタスティカマニアに連続参戦し、ある程度は日本のスタイルを理解するエチセロ選手が相手とあって、どちらかと言うと日本寄りの打撃中心の試合になった印象です。
動画の最後にエチセロ選手が得意とする難解なジャベは小島選手にとってはきっと未知の領域。
気が付いたら、訳もわからず身動き出来なくなっていたという感じでしょうか?

現地時間で9月6日 (水) に配信されたCMLLの情報番組「インフォルマ」にゲスト出演した際に、今回のメキシコ滞在は22日 (金) までと話されていました。
もちろん来週16日 (土) に開催されるCMLLの年間最大興行、創立84周年の「アニベルサリオ」にも参戦されます。(カードは未発表)
キャリア26年のベテランがルチャリブレから何かを吸収せんとする貪欲な姿勢には、ただただ感服です。
「生涯青春」という言葉も頭に浮かんできます。
22日まで大きな怪我なく、CMLLでも豪腕旋風を巻き起こされることを期待しています。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

宇宙一決定戦 トルネオ・カンペオン・ウニベルサル

image
“CMLL版G1”とも言われる「トルネオ・カンペオン・ウニベルサル」が6月30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で開幕します。
「トルネオ・カンペオン・ウニベルサル」とは2009年から開催されているトーナメントでエントリーされるのはカンペオン=チャンピオンのみ。
カンペオンの中のカンペオンを決める、まさに最強戦士決定戦。
今年は6月30日に予選1週目、7月7日に予選2週目が行われ、1週目と2週目に勝ちがあった選手が7月14日に決勝戦で激突するスケジュール。
まずは6月30日の予選1週目の参加8選手が発表されました。

●ボラドールJr.選手 (NWA世界ヒストリック・ウェルター級 CMLL世界6人タッグ)
●ドラゴン・リー選手 (CMLL世界ライト級)
●アンヘル・デ・オロ選手 (CMLL世界ミドル級)
●バリエンテ選手 (CMLL世界6人タッグ)
●ネグロ・カサス選手 (CMLL世界タッグ)
●ショッケル選手 (CMLL世界タッグ)
●ルシフェルノ選手 (ナショナル6人タッグ)
●エチセロ選手 (NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級)

今年は「カンペオン・ウニベルサル」と合わせて「コパ・ボビー・ボナレス」(ボビー・ボナレス杯) とCMLLの前身であるEMLLの創生期に活躍した選手の名を冠したトーナメントになりました。


予選2週目の参戦選手は例によって発表されてはいませんが、今年は提携団体の新日本プロレス、ROHからの参戦は残念ながらないようですので、現在のタイトル保持者から以下の8選手になると思われます。

●アトランティス選手 (ナショナル・ライトヘビー級)
●ウルティモ・ゲレーロ選手 (NWA世界ヒストリック・ミドル級)
●マルコ・コルレオーネ選手 (CMLL世界ヘビー級)
●メフィスト選手 (CMLL世界ウェルター級 ナショナル6人タッグ)
●ニエブラ・ロハ選手 (CMLL世界ライトヘビー級)
●ミスティコ選手 (CMLL世界6人タッグ)
●ソベラノJr.選手 (ナショナル・ウェルター級)
●エフェスト選手 (ナショナル6人タッグ)


過去8年のカンペオン・ウニベルサルを制し、赤いベルトを腰に巻いた歴代覇者を記しておきます。

2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手

王者の中の王者を決めるトーナメントだけあって、ライガー選手や棚橋選手をはじめ、強豪の名が並びますが、その中でも複数年このトーナメントを制覇しているのはウルティモ・ゲレーロ選手ただ1人。
今年、宇宙一の栄冠に輝くのはいったい誰だ!?




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ