エレア・パーク

やはり主役はルーシュ選手? 22日にCMLLがアニベルサリオについて記者会見


およそ1ヶ月後に開催が迫ったCMLL年間最大興行、9月14日の創立85周年記念大会アニベルサリオ。
CMLLはアニベルサリオに関する記者会見を8月22日 (水) 午前11時半 (日本時間23日午前1時半) から行なうことを発表しました。





CMLLはこれまでにエレア・パーク選手、ペンタ・エル・セロ・ミエド選手、キング・フェニックス選手の所属ではないフリーの大物3選手のアニベルサリオ参戦を発表してきました。

公式HPやTwitter、Facebookに使われた今回の記者会見の告知にはルーシュ選手の画像が掲載されました。
となると、やはり大方の予想通りにアニベルサリオのメインでエレア・パーク選手とのマスカラ・コントラ・カベジェラが実現するのか!?
今年のルーシュ選手はテリブレ選手のロス・インゴベルナブレス加入やクラネオ選手、エレア・パーク選手との抗争で八面六臂の大活躍。
一昨年のアニベルサリオでドラゴン・リー選手がラ・マスカラ選手とのマスカラ・コントラ・マスカラで勝利し、弟に年間最大興行の主役の座は先を越されましたが、今年はついに“制御不能な白い猛牛”が名実共に主役となりそうな予感。

所属以外のフリーの大物の参戦が続々と発表され、例年以上に豪華なラインナップが組まれそうでワクワクする反面、地道にコツコツと実績を積み重ねている若い所属選手にはただでさえ狭き門の年間最大興行への出場が更に狭いものとなり、きっと心中はかなり複雑なんだろうと思っていました。
そんなことを思っていた矢先に朗報が舞い込みました。



昨年と今年のファンタスティカマニアに連続参戦し、日本のファンにもすっかり愛されているソベラノJr.選手が13日のアレナ・プエブラ月曜定期戦の試合後にアニベルサリオへの初出場が決定したことを伝えられ大喜び。
前日の12日に25歳の誕生日を迎えたばかりの王子は昨年5月にレイ・コメタ選手から奪取したナショナル・ウェルター級のベルトをバルバル・カベルナリオ選手の挑戦を2度、そしてサンソン選手、マヒア・ブランカ選手、ティタン選手を相手に通算5度の防衛を果たし、ついにまた1つ夢を叶えました。
そう遠くない未来にマスクを懸ける重圧を背負う闘いが待っているのかもしれませんが、今はただソベラノ選手のアニベルサリオ初出場を喜びたいと思います。

22日の記者会見では対戦カードの全部、もしくは一部が発表されるでしょう。
いったいどんな創立85周年興行となるか?
“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコが最も熱く燃えさかる時はもう目前に迫っています。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

85周年アニベルサリオでルーシュ選手vsエレア・パーク選手のマスカラ・コントラ・カベジェラは実現するのか?

5月18日のトルネオ・デ・ラ・グラン・アルテルナィバ決勝戦の乱入劇に端を発し、翌週25日からアレナ・メヒコ金曜定期戦の度、4週に渡って激突してきたルーシュ選手とエレア・パーク選手。

33E86119-3454-4A70-AEC7-D1A731893FD1
6月22日にはついに1対1のマノ・ア・マノで対戦しました。

メインのルーシュ選手vsエレア・パーク選手は1時間57分頃から

1本目、2本目とも反則決着の予想通りの大荒れの展開。
2本目はルーシュ選手の父ラ・ベスティア・デル・リング選手が持ち込んだ写真額をエレア・パーク選手に奪われ、頭をぶち抜かれたルーシュ選手はガラス片により背中から流血も見られ、完全にグロッキー状態。
しかし、それでも攻撃の手を休めないエレア・パーク選手はノリエガレフェリーや慌てて出てきたCMLLスタッフの制止もお構いなしで場外でルーシュ選手をさらに続けます。
この間に決勝の3本目が開始され、ノリエガレフェリーは場外カウントを数え始めますが、それでもリングに戻らずにエレア・パーク選手はルーシュ選手への攻撃をやめることなく、結果的には両者リングアウト。
結果的には両者痛み分けのドローながら、どう見てもエレア・パーク選手の圧勝と言ってよい内容だったと思います。
ルーシュ選手の容態はもちろんのこと、現在のCMLLで最も熱い抗争を繰り広げ、9月14日開催のCMLL85周年記念大会アニベルサリオでマスカラ・コントラ・カベジェラが噂される2人だけに試合後にバックステージでどんなコメントを出すのか注目していましたが、いつも動画をアップするCMLL公式はもちろん、その他のメディアも一切なし。

7F4DD8D0-A4C7-4C68-BBD4-280344A6A329
さらには発表された29日の対戦カードにはルーシュ選手の名もエレア・パーク選手の名もなし。
メインにはシベルネティコ選手、ソロ選手、シャルリー・ロックスタル選手のユニット、クラン・カオスがエレア・パーク選手と入れ替わるかのようにラインナップされました。
あのマノ・ア・マノの荒れに荒れた試合内容がCMLL的にNGで2選手ともが出場停止の処分がくだされたのではないかとの憶測も飛び交いました。

しかし、この点についてルーシュ選手がゲスト出演した27日のCMLLインフォルマで事の真相が明かされました。


ルーシュ選手の出演は1時間49分頃から

エレア・パーク選手はCMLLから解雇された訳ではなく、また出場停止の処分がくだされた訳でもありませんでした。
CMLL所属ではないエレア・パーク選手のスケジュール上の都合によるものでCMLLとしては再参戦はいつでも大歓迎というスタンス。

AE314894-B3E7-420D-95ED-D23628799363
そしてルーシュ選手がアニベルサリオでのマスカラ・コントラ・カベジェラをついに明言。
ルーシュ選手としては究極の決着戦でエレア・パーク選手のマスクを奪い、何がなんでもリベンジしたいところ。
マスカラ・コントラ・カベジェラをアピールし続けていたエレア・パーク選手も異論はないはずです。
2ヶ月半後に開催されるCMLL年間最大興行アニベルサリオに向けた動きがいよいよ加速してきました。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

“オリジナル” ラ・パルカ

エレア・パークエレア・パークエレア・パーク
1965年生まれ
1982年デビュー
183cm/116kg


すみません、仕事始めの週でなかなかブログ更新出来ませんでした。

さて今回は昨年末やっとCMLLトップ戦線に戻ってきたエレア・パークです。
この選手、リングでは数字以上のデカさを感じますね。
身長はともかく、横幅が凄い。
でも、どうしてもガイコツがルードではなくテクニコであることが日本人の私には理解出来ません。
ガイコツが「いいモン」って、どういうことなのでしょうか?

このエレア・パーク、3代目ブラック・タイガーのマスクを奪ったのに続いて、昨年にはシルバー・キングの髪の毛まで奪っています。
この辺りが、今はテクニコ同士でシルバー・キングの兄であるワグナーJr.との今後の関係に影響してくるんでしょうか?

今回も色々と動画を探してみたのですが、1番衝撃的だったのが対“聖者二世”エル・イホ・デル・サント戦でした。
こんな試合形式で、この2人が戦ってるなんて・・・と、ちょっとルチャを離れた試合ですがご覧下さい。



マスクの方はオーソドックスな黒に白です。



  

  
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ