カベジェラ・コントラ・カベジェラ

ブルー・パンテルvsサム・アドニスのカベジェラ戦が電撃決定

image
7月21日のアレナ・メヒコ金曜定期戦の試合開始前に前週勃発したブルー・パンテル選手とサム・アドニス選手の遺恨の決着戦が8月4日にカベジェラ・コントラ・カベジェラとして行われることが決定しました。

image
image
この日の第2試合に組まれた両者の10分1本勝負、マッチ・レランパゴは予想通りの荒れた展開。
場外フェンスの外で殴りあっている間に試合時間の10分が経過し、ドロー。
再来週のカベジェラ戦で雌雄を決します。

ブルー・パンテル選手は2008年9月にビジャノV選手に敗れてマスクを失った後、4度カベジェラ戦を行い、戦績は2勝1敗1分け。
サム・アドニス選手は昨年6月にCMLLに登場以来、初めてのカベジェラ戦。
トランプ大統領の顔がプリントされた星条旗を振りながら入場するトランプ支持者キャラで大ブレイク。
先週からは星条旗に加え、1992年にブルー・パンテル選手にマスクを奪われた同じアメリカ人レスラー、ラブ・マシーン選手のマスクまで被り始めました。
8月4日のアレナ・メヒコは大メヒコ・コール、そしてサム・アドニス選手への大ブーイングで包まれることでしょう。
8月19日に後楽園ホールで開催されるウルティモ・ドラゴン選手30周年記念LUCHA FIESTA 2017で初来日予定のサム・アドニス選手、ブルー・パンテル選手に敗れることになれば、丸坊主で日本に来ることになってしまいます。


そして、CMLL創立84周年となるアニベルサリオがメキシコ独立記念日の9月16日の土曜に開催されることも発表されています。
現時点ではウルティモ・ゲレーロ選手とニエブラ・ロハ選手のマスカラ・コントラ・カベジェラか、もしくはニエブラ・ロハ選手とグラン・ゲレーロ選手のマスカラ・コントラ・マスカラが有力のような気がしますが、年間最大興行がどんなカードになるのか、今から楽しみで仕方ありません。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

メインはマキシモ・セクシーvsマスカラ・アニョ・ドスミルのカベジェラ戦 2017年元日決戦シン・ピエダ

師走の忙しさで更新がすっかり滞りました。

CMLLは年内は30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦を残していますが、2017年は元日からビッグマッチ「シン・ピエダ」をアレナ・メヒコで開催。
「シン・ピエダ」は昨年までは12月に開催されていましたが、今年から元日決戦となりました。

image
発表されている全対戦カードは以下の通り。

第1試合
アストラル&ウルティモ・ドラゴンシート&ストゥキータvsデムス3:16&ペケーニョ・ピエロー&メルクリオ

第2試合
アンヘル・デ・オロ&ゲレーロ・マヤJr.&ブルー・パンテルJr.vsリッペル&ポルボラ&ボビー・スィー

第3試合
アトランティス&マルコ・コルレオーネ&ストゥーカJr.vsネグロ・カサス&レイ・ブカネロ&フェリーノ

第4試合
カリスティコ&ボラドールJr.&バリエンテvsメフィスト&エチセロ&エフェスト

第5試合 カベジェラ・コントラ・カベジェラ
マキシモ・セクシーvsマスカラ・アニョ・ドスミル

image
なんと言っても最大の注目はメインのカベジェラ戦。
マキシモ選手は今年の元日にもカマイタチ (高橋ヒロム) 選手と髪の毛を賭けて勝利、2年連続して年明け早々にカベジェラ戦を行うこととなりました。
マキシモ選手の最新のカベジェラ戦の戦績は今年の3月18日、アレナ・メヒコでのビックマッチ「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」でルーシュ選手と対戦、ルーシュ選手の父ピエロー選手の介入もあり、敗北して自慢のピンクのモヒカンを刈られてしまいました。
対するマスカラ・アニョ・ドスミル選手は2010年12月19日、アレナ・ナウカルパンでピラタ・モルガン選手に勝利して以来のカベジェラ戦となります。
ドスミル選手の兄であるシエン・カラス選手の息子2人、つまりドスミル選手の甥にあたるサンソン選手とクアトレロ選手、さらにサンソン選手とクアトレロ選手のいとこであるクアトレロ選手のCMLLデビューにより、再びCMLLマットに上がることになったドスミル選手。
毎週のようにマキシモ選手のベソ (キス) 攻撃に悩まされていますが、果たして勝つのはどちらか?
2014年から3年ぶりにファンタスティカマニア参戦が決まっているマキシモ選手は是が非でもピンクのモヒカンを守って久しぶりの来日に臨みたいところでしょう。

image
もう1つ、現在のCMLLで激アツな抗争を繰り広げているのが、カリスティコ選手とウルティモ・ゲレーロ選手。
11月25日から5週に渡ってアレナ・メヒコ金曜定期戦のメインの6人タッグで激突。
毎週毎週、マスクを破かれ、さらには剥がされてきたカリスティコ選手はゲレーロ選手に対し、マスカラ・コントラ・カベジェラでの究極の決着戦を要求。
のらりくらりとこの要求をはぐらかしてきたゲレーロ選手も12月16日の試合後「マノ・ア・マノでオレに勝つことが出来たなら受けてやろう」とついに返答。
翌週23日に両者のマノ・ア・マノが実現し、カリスティコ選手が勝利しました。
この時点では「シン・ピエダ」の全対戦カードは発表されていなかったので、この結果を受けて、カリスティコ選手とゲレーロ選手のマスカラ・コントラ・カベジェラが元日に行われるものと思っていました。
通常、CMLLのビッグマッチではマスカラ戦やカベジェラ戦が2試合行われることが多いからです。
上記の通り、「シン・ピエダ」での決着戦はなし。
セミにカリスティコ選手の名前はありますが、ゲレーロ選手の出場の予定はありません。
テクニコのトップであるカリスティコ選手とルードのトップであるゲレーロ選手の頂上決戦の舞台はビッグマッチになることは必然で「シン・ピエダ」で組まれなかったということは次のビッグマッチである3月の「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」となるのか?
それともさらに引っ張って、9月のCMLL年間最大興行「アニベルサリオ」となるのか?
今後の2人の動向に注目です。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ネグロ・カサスvsスペル・パルカ マキシモ・セクシーvsカマイタチ 2大カベジェラ戦シン・ピエダ

CMLLの元日決戦シン・ピエダをiPPVで観戦しました。
最大の注目はなんといってもネグロ・カサス選手vsスペル・パルカ選手、マキシモ・セクシー選手vsカマイタチ選手のカベジェラ戦。

まずは第4試合に組まれたマキシモ選手vsカマイタチ選手。
マキシモ選手のセコンドは奥さんインディア・シオクス選手の弟オンブレ・バラJr.選手。
そしてカマイタチ選手にはOKUMURA選手がつきました。
マキシモ・セクシー
対ハポンを意識したメキシコカラーのKISS MEのTシャツとコスチュームで登場したマキシモ選手。
カマイタチ
一方、カマイタチ選手は日の丸を掲げます。
カマイタチ マキシモ・セクシー
マキシモ・セクシー
カマイタチ マキシモ・セクシー
マキシモ・セクシー カマイタチ
カマイタチ マキシモ・セクシー
マキシモ・セクシー カマイタチ
マキシモ・セクシー カマイタチ
マキシモ・セクシー カマイタチ
負傷しているマキシモ選手の膝を容赦なく攻めるカマイタチ選手。
痛む膝を気にしつつ、それでも意を決して何度も何度も飛ぶマキシモ選手。
両選手の意気込みがひしひしと伝わる好勝負。
1本目はカマイタチ選手が変形足4の字固めで勝利。
2本目はマキシモ選手が逆片エビ固めがタイスコアに。
決勝の3本目、一進一退の攻防を繰り広げるも最後は走って来たカマイタチ選手をシットダウン式パワーボムで叩きつけたマキシモ選手が勝利。
マキシモ・セクシー オンブレ・バラJr.
カマイタチ
“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコのリングでまた1人、日本人の髪の毛が刈られる結果となってしまいました。
何かを絶叫するカマイタチ選手の髪にハサミが入れられる時に観客席の日本人の方が数人、涙するシーンが映し出されていました。
単身メキシコにやって来て、ここまで登り詰めたカマイタチ選手のことを思うとこちらまで目頭が熱くなりました。
悔しい結果とはなりましたが、この日1番の素晴らしい試合内容でした。
今後、もうしばらくメキシコに留まるのか、それとも日本に帰って来るのか、これはご本人の意思だけで決まるものではないのかもしれません。
ただ、ここまで築き上げた2代目ドラゴン・リー選手、そしてマキシモ・セクシー選手との遺恨は是非とも日本とメキシコを跨いで、今後も大事に紡いでいってもらいたいと思います。
特にドラゴン・リー選手とのライバルストーリー、名勝負数え唄はそのまま日本へ直輸入して欲しいと切に願います。


第4試合で行われたマキシモ選手とカマイタチ選手の激闘があまりにも素晴らし過ぎて、その後のセミには大好きなカリスティコ選手やルーシュ選手が登場したにも関わらず、様々な遺恨が複雑に絡み合い過ぎていたせいもあり、あまり印象が残っていません。

スペル・パルカ
スペル・パルカ
メインはネグロ・カサス選手が勝利し、スペル・パルカ選手が丸坊主になる結果となりましたが、こちらはカサス家(フェリーノ選手、タイゲル選手、プーマ選手)とパルカ選手とボラドールJr.選手の親子の一族を巻き込んだ抗争に発展する物語の序章でしかなかったのかもしれません。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

日本人のカベジェラ戦連勝はどこまで続くか?

11月15日(日)アレナ・メヒコのセミファイナルで行われたOKUMURA vs マキシモのカベジェラ・コントラ・カベジェラ。
YouTubeで動画を見つけましたので紹介します!





OKUMURAマキシモ


7月31日に内藤がトスカーノを、10月16日には裕次郎がブラック・ウォリアーをペロンにしているので、ここはマキシモの勝利かと思っていましたが、OKUMURAが勝利し、これで日本人がカベジェラ戦3連勝となりました!
記録を調べてみるとOKUMURAは'04年12月5日にネグロ・カサス、'06年6月18日にレイ・ブカネロに敗れペロンとなっていて、今回のマキシモ戦がカベジェラ戦初勝利のようです。
一方のマキシモは9試合カベジェラ戦で勝利した後、今年の3月15日にエル・テハノJr.に敗れて以来、8カ月の期間を挟んで、またもやペロンになってしまいました。

NO LIMTエル・テハノJr. テリブレ

そして“ストップ・ザ・日本人”として12月4日(金)アレナ・メヒコでのビッグイベント「SIN SALIDA」のメインにマッチメークされたのが、裕次郎&内藤哲也のNO LIMIT vs エル・テハノJr.&テリブレのカベジェラ・コントラ・カベジェラ。
このタッグマッチ、最後に負けた1人が丸坊主とかではなく、負けチームの2人ともがペロンとなる試合形式で行われる模様です。

OKUMURA、マキシモは短髪でしたが、テハノJr.とテリブレは長髪ですからペロンになるとなると屈辱的でしょうし、まだ発表されていませんが、ぼちぼちNO LIMITの2人は帰国も近いような気がしますので、ここで負けて坊主頭で凱旋帰国というのは避けたいでしょう。
カベジェラ戦に日本人が4連勝となるのか?
この試合の勝敗予想は難しいですね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン MISTICO TIGER
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ