カワト・サン

【Campeones de CMLL】Junio 2019

月に1度、各タイトルの動向を振り返るCampeones de CMLL。
CMLLで防衛戦が行われている主要タイトルの2019年6月末日現在のチャンピオン一覧、カッコ内は防衛回数と6月に行われたタイトルマッチです。

320C15D9-2345-4850-AE3A-5A421079FFBE

●カンペオン・ウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手
2017年 ボラドールJr.選手
2018年 未開催
2019年 テリブレ選手


●CMLL世界ヘビー級
第20代 ウルティモ・ゲレーロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ライトヘビー級
第16代 ニエブラ・ロハ選手 (5度防衛)

●CMLL世界ミドル級
第19代 クアトレロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第33代 ドラゴン・リー選手 (0度防衛)

●CMLL世界スーパーライト級
第16代 カワト・サン選手 (0度防衛 前王者ドラゴン・リー 選手が返上 6月30日 アレナ・メヒコでの新王者決定戦でアウダス選手に勝利)

4160136B-2B94-418D-8BAD-9AE5CB560E8A


●CMLL世界ミニ
第14代 ショッケルシート選手 (5度防衛)

●CMLL世界女子
第19代 マルセラ選手 (2度防衛)

●CMLL世界タッグ
第41代 エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (0度防衛)

CMLL世界6人タッグ
第30代 ウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (3度防衛)


●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第7代 ストゥーカJr.選手 (2度防衛 )

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第8代 カリスティコ選手 (2度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第9代 ボラドールJr.選手 (2度防衛)


●ナショナル・ヘビー級
第65代 テリブレ選手 (4度防衛)

●ナショナル・ライトヘビー級
第71代 バルバロ・カベルナリオ選手 (1度防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第75代 ソベラノJr.選手 (7度防衛 6月2日 アレナ・メヒコでネグロ・カサス選手に防衛)

27D2C96D-AB1A-468E-B9F2-3FB9BC5C333B


●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ選手 (4度防衛)

●ナショナル女子
第20代 メタリカ選手 (0度防衛)

ナショナル6人タッグ
第40代 サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手 (10度防衛)

参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉


6月のCMLLは7日、14日、21日と3週にわたってアレナ・メヒコ金曜定期戦で開催されたコパ・ディナスティアスがあり、カンペオナートはソベラノ選手のナショナル・ウェルター級王座の防衛戦とドラゴン・リー選手が返上したCMLL世界スーパーライト級の新王者決定戦の2試合のみでした。
昨年のファンタスティカマニアで壮行試合を行い、CMLLで海外武者修行中のカワト選手がキャリア初のベルト奪取。
ようやくノーカットの試合映像を見ることが出来ましたが「このチャンスを絶対にものにする」というカワト選手の意気込みが勝った試合だったように感じました。
最後はジャックハマー的な新技でアウダス選手から勝利。
ここ10年余りにわたって新日本プロレスの若手選手の武者修行の地として数々のヤングライオンがCMLLへと送り込まれていますが、タイトル挑戦の機会も与えられずに帰国する選手も多い中でカワト選手のベルト奪取は間違いなく快挙。
今後、このベルトをともにどんな闘いを見せてくれるのか本当に楽しみです。

新王者決定戦を前に意気込みを語ったカワト選手は対戦相手のアウダス選手について「今後、一生闘っていく相手だと思っている」と発言。
昨年1月にCMLLから期待され、前名フィエロからアウダスの新リングネームとマスクをリング上で授与された超新星。
今年のファンタスティカマニアで初来日し、脅威の身体能力を披露してくれただけにベルトを奪取し、スペル・エストレージャへの階段を駆け上がるものだと思っていました。
初防衛戦の相手がアウダス選手との再戦となるのか、それとも他のルチャドールになるのかも注目しています。

さて、今回カワト選手が奪取したタイトルの名称について。
前王者のドラゴン・リー 選手やその前のカマイタチ選手がその腰にベルトを巻いていた時代は間違いなくCMLL世界ライト級王座と呼称されていました。
ただし、以前にも書いた通り、このベルトはもともとはスーパーライト級王座のベルトであり、ベルトにはSUPER LIGERO=スーパーライト級と表記されたまま、LIGERO=ライト級王座として防衛戦が行われていました。
今回、ドラゴン・リー選手が返上し、新王者決定戦が行われることが決定してからCMLLのHPやSNSを注意深く見ているとSUPER LIGEROとLIGEROが混在していました。
また、インフォルマの司会を務めるフリオ・セサール・リベラ氏を含むライブ配信の実況陣はこれまではリヘロと言っていましたが、カワト選手の戴冠後はスペル・リヘロと言うようになり、いったいどちらが正しいのか困惑していましたが、信頼出来る方に率直にこの件についてお聞きしたところ、今後はベルトの表記通りにSUPER LIGERO=スーパーライト級で統一することになったそうです。
よって当ブログも今後はCMLL世界スーパーライト級と記すこととします。



7月6日にCMLLのフランシスコ・アロンソ・ルテロ社長がお亡くなりになりました。
CMLL所属選手や関係者はもちろん、クリス・ジェリコ選手はInstagramで涙を流し感謝を言葉を述べる動画を公開するなど、かつてCMLLで活躍したラ・ソンブラ=アンドラーデ選手、マスカラ・ドラダ=グラン・メタリク選手、盒競劵蹈狒手、サム・アドニス選手などなどSNSはアロンソ社長への追悼、感謝で溢れ、記者会見やリング上のセレモニーなど公の場に出られることはなかった社長のお人柄が偲ばれます。

7日のアレナ・メヒコ日曜定期戦では社長令嬢でCMLLでマーケティングマネージャーを務めるソフィア・アロンソさんもリングに上がられて追悼セレモニーが行われました。

心からご冥福をお祈りいたします。




CMLL世界ライト級新王者カワト選手の歓喜とOKUMURA選手のCMLL復帰

4160136B-2B94-418D-8BAD-9AE5CB560E8A
ドラゴン・リー 選手の返上により空位となったCMLL世界ライト級新王者決定戦が6月30日のアレナ・メヒコ日曜定期戦の第4試合で行われました。
前週23日の予選に生き残り新王者決定戦に進出したのはアウダス選手とカワト・サン選手。
アレナ・メヒコで行われる定期戦で唯一ライブ配信のない日曜定期戦でまだ映像で確認できないのが残念ですが、見事に勝利して自身初のベルト獲得となったのが、新日本プロレスからCMLLに遠征して1年4ヶ月が経過したカワト選手でした。
カワト選手の歓喜のバックステージインタビューが試合直後にCMLLのYouTubeチャンネルでアップされましたが、これは非常に短いものでした。
CMLLとは別に長めで、なおかつ素直な心境を吐露するために「問題ないですか?」と報道陣に断わったうえで日本語でコメントする動画がアップされました。



「このベルトを日本持って帰って日本でアウダス、誰でもいいぞ、防衛戦をやりたいと思ってんだ」
「このアレナ・メヒコでホントにベルトを獲れたことは光栄だと思ってます。日本人初めてだと思うので、このベルトを防衛し続けたいと思います」


毎年CMLLとの提携強化のためにメキシコ視察をされるルチャリブレ好きの新日本プロレス菅林直樹会長が昨年11月にタイガー服部さんとともにインフォルマにゲスト出演した際、司会のフリオ・セサール・リベラ氏からカワト選手について聞かれ「あと2年くらい頑張って欲しいです、こちらで」と答えていたこともあり、今回のベルト初戴冠が即凱旋帰国には繋がらないとは思いますが、ドラゴン・リー 選手とカマイタチ (盒競劵蹈) 選手のライバル関係で築かれたこのベルトをめぐる熱戦が再び日本で行われることを期待します。

また「日本人初めてだと思うので」とのコメントが気になったので調べてみました。
アレナ・メヒコでの日本人選手のベルト奪取は直近では2010年5月7日に棚橋弘至選手&タイチ選手&OKUMURA選手がエクトール・ガルサ選手&ラ・マスカラ選手&イホ・デル・ファンタスマ選手に勝利してCMLL世界6人タッグ王座を獲得しています。
シングル王座に絞ってみると2006年5月13日に大原はじめ選手がラ・マスカラ選手から現在のヒストリックに改称される前のNWA世界ウェルター級、女子では2006年6月9日にHIROKA選手がマルセラ選手からCMLL世界女子王座を奪取しています。
ただし、カワト選手が奪取したCMLL世界ライト級は記憶に新しいファンタスティカマニア2016でのカマイタチ選手の戴冠劇は後楽園ホールですので、同タイトルのアレナ・メヒコでの日本人選手の獲得は間違いなくカワト選手が初めてです。

今年は3月に内藤哲也選手が登場し、ルーシュ選手&テリブレ選手と日墨ロス・インゴベルナブレスの合体。
2度目のCMLL遠征となった小林香萌選手が5月にアマポーラ選手とビッグショーのフイシオ・フィナルでカベジェラ・コントラ・カベジェラを闘いました。
さらに6月にカワト選手がベルト奪取と日本人選手のアレナ・メヒコでの活躍が目立ちます。


1A390C70-C348-455D-8F73-A24830163E16
そして虫垂炎の欠場から6月21日、22日のスペイン遠征で復帰したOKUMURA選手がついにアレナ・メヒコに帰って来ます。
OKUMURA選手のCMLL復帰戦は7月5日のアレナ・メヒコ金曜定期戦の第2試合。
ヴィールス戦&ポルボラ選手と組みレイ・コメタ選手&ペガソ選手&スタルJr.選手と対戦。
CMLLでのキャリア15年を誇る“Tifon de Osaka”が日本人旋風に拍車をかけることでしょう。




アウダス選手vsカワト選手で新王者決定戦

72021065-9784-4F63-ADB8-F3ECB1FDDDD2
第15代王者のドラゴン・リー 選手が返上したCMLL世界ライト級王座の新王者決定戦の予選が6月23日のアレナ・メヒコ日曜定期戦で行われました。
参加選手はフライエル選手、アウダス選手、スペル・アストロJr.選手、イホ・デル・ビジャノ形手、スタルJr.選手、エレクトリコ選手、カワト・サン選手、プリンシペ・ディアマンテ選手、アルコン・スリアーノJr.選手、ソニック選手の若手10選手。
現在、第50代ナショナル・ライト級王者のエレクトリコ選手を除く9選手はメジャータイトル初戴冠の好機。
23日に新王者が決まるものとばかり思っていましたが、翌週の決定戦に駒を進める2選手を選出するCMLL式のイリミネーションマッチでした。




最後まで残り、30日の決定戦に駒を進めたのは今年1月のファンタスティカマニアで初来日し、驚異の身体能力を披露したアウダス選手と新日本プロレスからCMLLへ武者修行中のカワト・サン選手でした。




ベルトを争うアウダス選手とカワト選手は決戦を前に26日のインフォルマに揃ってゲスト出演しました。

アウダス選手とカワト選手の出演は40分15秒から

司会のフリオ・セサール・リベラ氏のいつもの冗談まじりの進行に終始笑顔の両選手。
タイトル初戴冠に向けて闘志は胸に秘め、キャリア最大の闘いに挑みます。
アウダス選手が勝利してベルトを巻くことになれば、2017年のファンタスティカマニアで初来日、帰国後の4月にコパJr.制覇、5月にナショナル・ウェルター級王座を奪取、6月にカリスティコ選手とのタッグでグラン・アルテルナティバを制覇して一気にスペル・エストレージャへの階段を駆け上がったソベラノJr.選手の快進撃と重なります。
一方、メキシコ入りから早くも1年4ヶ月が経過したカワト選手。
かつてはカマイタチ (盒競劵蹈) 選手もその腰に巻いたベルトの奪取を機にさらにCMLLでのステップアップを目論んでいることでしょう。

4160136B-2B94-418D-8BAD-9AE5CB560E8A
第16代となる新王者決定戦は日本時間で明日7月1日に行われるメキシコ現地時間6月30日のアレナ・メヒコ日曜定期戦の第4試合で行われます。



ドラゴン・リー選手がメフィスト選手からCMLL世界ウェルター級王座を奪取

F5371E14-4A36-4804-8FEF-6A07DE7902CF
3月19日のアレナ・メヒコ火曜定期戦のメインで王者メフィスト選手vs挑戦者ドラゴン・リー 選手のCMLL世界ウェルター級王座戦が行われました。
前週12日のミスティコ選手&ドラゴン・リー 選手&ディアマンテ・アスール 選手vsミステル・ニエブラ選手&メフィスト選手&レイ・ブカネロ選手でメフィスト選手から勝利したドラゴン・リー 選手が試合後のリング上での挑戦表明を受けてのもの。

CMLL世界ウェルター級王座戦は1時間50分19秒から

王者メフィスト選手のセコンドは父カオス選手、挑戦者ドラゴン・リー 選手のセコンドは兄ミスティコ選手でした。
一本目はメフィスト選手、2本目はドラゴン・リー 選手が互いに対戦相手の一瞬の隙をつく押さえ込みで取り合った後の勝負の3本目は両者ともに得意技、必殺技を繰り出しカウント2で返す白熱の展開。
メフィスト選手のコーナートップからのデビルス・ウイングスが決まった時にはこれで勝負あり、メフィスト選手の防衛かと思いましたが、これさえもカウント2で跳ね返したドラゴン・リー 選手が最後はデスヌカドーラの体勢からみちのくドライバーで叩きつけて熱戦にピリオドを打ちました。
健闘を称え合う両者に観客から大量のおひねりが降り注ぎました。

C87EC95A-437D-4952-97A6-4B9B61EEE22C
第33代CMLL世界ウェルター級王者となったドラゴン・リー 選手はCMLL世界ライト級と合わせて二冠となりました。
なお、入場時に持参したベルトは右手の赤いベルトがMLA (Mucha Lucha Atlanta) ヘビー級、左手の黒いベルトがKOI (KING OF INDIES) のベルト。
なぜCMLL世界ライト級のベルトは持参しなかったのかは不明ですが、ローカルプロモーションのものを含めるとドラゴン・リー 選手は実に4本ものベルトを保持しています。

残念ながら敗れた前王者のメフィスト選手は2016年5月にマスカラ・ドラダ選手からタイトル奪取後、2年10ヶ月の長きにわたり王者に君臨してきましたが、14度目の防衛に失敗。
この間に退けてきた挑戦者はカリスティコ選手やネグロ・カサス選手、ミスティコ選手、ストゥーカJr.選手、ソベラノJr.選手、ティタン選手など錚々たる顔ぶれでした。

4月6日にマディソン・スクエア・ガーデンで石森太二選手のIWGPジュニアヘビー級王座挑戦が決定しているなかで負けられない闘いを制したドラゴン・リー 選手。
IWGPジュニアに最も近いルチャドールの戴冠を期待せずにはいられません。
1999年のフベントゥ・ゲレーラ選手、2009年の初代ミスティコ (現カリスティコ) 選手に続くIWGPジュニアヘビー級史上3人目のメキシコ人王者誕生なるか?
…とこれを書いていて、ちょうど10年に1人メキシコ人王者が誕生していることに気づきました。
今年は初代ミスティコ選手の戴冠からちょうど10年。
もちろん、もう1人の挑戦者バンディード選手もメキシコ人ですが。
今、ドラゴン・リー 選手の頭にはマディソンでIWGPジュニアを奪取して初防衛戦の相手に相思相愛の最高のライバル“GATITO”を指名することしかないような気がしています。
メキシコで生まれた名勝負数え唄が新たな局面で再び奏でられることを期待しています。


そして、この日もう1つ見逃せない出来事がありました。
それは第4試合に出場したカワト・サン選手の出で立ち。

C06E74AB-6088-4509-808B-24495D15BF2E
DB545EF0-1B17-4DBA-B62C-CDB95208AFA2
昨年2月2日にアレナ・メヒコでCMLLデビュー以来、白と赤の日の丸カラーの入場コスチュームとパンタロンで闘ってきたカワト選手が髪の毛の色と合わせたのか?青を基調としたコスチュームに一新。
青と白銀のハーフカラーの入場コスチュームにこれまでのパンタロンスタイルからロングタイツとなり足元は黒のニーパッドとレガースが剥き出しとなりました。
ロングタイツもニーパッド、レガースも文字や模様は一切なし。
日本もメキシコもコスチュームが複雑に、豪華に、派手になる一方で、こうした懐かしさを感じさせるシンプルなデザインは逆に目立つと思います。
足元がスッキリしたからか、ニーパッドとレガースの黒のせいなのか、カワト選手が得意とする蹴り技が以前よりも鮮やかに映えていたように感じました。
ここのところアレナ・メヒコ火曜定期戦のセミに出場する機会も増え、徐々にポジションを上げてきています。
大阪府池田市出身で同郷の大先輩OKUMURA選手は虫垂炎で欠場中。
孤軍奮闘する日本人ルチャドールの進化にも期待しています。




「新日本にいたヤングライオンの川人拓来は日本に捨ててきたんだ」

BAC3833F-A8B3-4270-86AC-E59CADE58699
2月2日のアレナ・メヒコ金曜定期戦でCMLLデビューしたカワト・サン選手のバックステージでのインタビュー動画がもう1本アップされました。
今度の動画はOKUMURA選手の通訳付き。
途中、この日が誕生日でカワト選手のCMLLデビュー戦のパートナーの1人だったミステリオッソJr.選手が再登場。
OKUMURA選手から誕生日をお祝いされると「チョットマッテ スミマセン」と日本語で返し笑いを誘いますが、胸元を真っ赤に腫らしながらも力強いコメントを残したカワト選手を是非ご覧ください。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

カワト・サン選手が赤パンタロンでCMLLデビュー

A6504D69-570A-4030-AEF8-633A5AF32B9A
大雪に見舞われた1月22日のファンタスティカマニア2018最終戦、後楽園ホール大会で壮行試合を行い、メキシコCMLLへ武者修行に旅立った川人拓来選手。
2月2日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で「カワト・サン」のリングネーム、赤のパンタロン着用でCMLLデビュー。
カワト選手が出場した第2試合の対戦カードはアウダス選手&レイ・コメタ選手&ペガソ選手vsカワト・サン選手&ヴィールス選手&ミステリオッソJr.選手。
キャプテンはテクニコスがコメタ選手、ルードスがヴィールス選手。

第2試合は19分53秒から

1本目はアウダス選手が得意の旋回式腕十字でキャプテンのヴィールス選手に勝利。
2本目はミステリオッソ選手がキャプテンのコメタ選手から足へのジャベで勝利。
決勝の3本目、ヴィールス選手がアウダス選手のマスクを剥ぎ取り反則負け、コメタ選手、ペガソ選手、アウダス選手のテクニコス勝利となりました。
遠目からはどことなく新日本プロレスのジャージを思わせる赤のパンタロンはサイドに金と白のラインが入り、腰のベルトと後ろの羽、翼のデザインは白、左の腰の部分には日の丸が縫い付けられていました。全体的にカワト選手の真面目さ、ひたむきさが伝わる試合内容で3本目にコメタ選手に放った柔軟性あるジャーマンスープレックスは強烈でした。
マットが硬いことで知られる“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコでジャーマンはカワト選手にとって強烈な武器となるかもしれません。

そしてこちらが試合後のバックステージインタビュー。
今まではヤングライオンが巣立ちCMLLへ武者修行した際には傍らにOKUMURA選手という心強い存在があるのが常でしたが、OKUMURA選手は現在、サム・アドニス選手とジョニー・アイドル選手との多国籍軍ユニットで大暴れ中。
右も左もわからぬ地で慣れないルードとしてスペイン語もままならない中、カワト選手になんとかコメントさせようとするベテランのヴィールス選手とミステリオッソ選手の気遣いが有難い。
まだまだ初々しさを感じるカワト選手ですが、試合を重ねる度にルードのふてぶてしさを身に付けていくことでしょう。

E57E2BA1-5AF0-407B-B7F1-3035D09DB3CD
最後に現在発表されているカワト選手の今後のスケジュールを。
2月4日アレナ・メヒコ日曜定期戦の第3試合でブルー・パンテルJr.選手&フエゴ選手&テ・パンテル選手vsカワト・サン選手&ポルボラ選手&ディストゥルビオ選手。(ライブ配信なし)

EFD20F23-628C-4401-8C7C-622920921A3B
2月6日アレナ・メヒコ火曜定期戦の第4試合でティタン選手&ソベラノJr.選手&レイ・コメタ選手vsレイ・ブカネロ選手&フェリーノ選手。(日本時間7日午前10時30分からライブ配信あり)

かつてCMLLに大旋風を巻き起こした内藤哲也選手やカマイタチ=盒競劵蹈狒手のようにカワト選手の変貌と大活躍を楽しみにしています。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

2月2日のアレナ・メヒコ金曜定期戦はカワト・サン選手CMLLデビュー戦とトルネオ・イングレイブレ・デ・パレハス2018予選1週目

ファンタスティカマニア2018最終戦から約1週間。
21日と22日に後楽園ホールで観戦しましたが、22日の最終戦はまさかの大雪。
帰宅出来なくなる可能性もあり、観戦断念も考えましたが、行かなきゃ絶対に後悔すると思い、不安と心配を抱えつつ水道橋に向かいました。
無理して足を運んだからこそ得られたファンタスティカマニアの幸福感は今だに継続中。
今年も“ルチャリブレの祭典”にはたくさんの夢が詰まっていました。

さて、ファンタスティカマニア参戦ルチャドール達は多くが26日のアレナ・メヒコ金曜定期戦からメキシコマットに復帰しました。

8FC8C056-DB89-42C0-BAD9-617DACC847C6
そして、翌週2月2日の対戦カードが発表されました。

BAC3833F-A8B3-4270-86AC-E59CADE58699
1度は1月30月のアレナ・メヒコ火曜定期戦でCMLLデビューが発表された新日本プロレスから遠征する川人拓来選手。
入国手続にもう少し時間が必要とのことで延期され、2月2日のデビューが再発表されていました。
「カワト・サン」をリングネームに第2試合にルードとして登場し、ヴィールス選手、ミステリオッソJr.選手とのトリオでアウダス選手、レイ・コメタ選手、ペガソ選手と対戦。
“ペケーニョ・マエストロ”ヴィールス選手とミステリオッソ選手のベテランルード2人は心強い存在です。
ミステリオッソ選手は子ども達の名前をカタカナで右腕に彫っている親日家。
数年前にファンタスティカマニアに参戦し、サムライTVの「速報!バトル☆メン」にゲスト出演した際には「日本語を勉強している」と語っていましたし、何より底抜けに陽気な選手。
きっと川人選手の緊張を2人がほぐしてくれると思います。
対戦相手のアウダス選手はつい先日に前名フィエロからアウダスへとキャラクターチェンジしたばかりの売り出し中の選手。
若い川人選手とアウダス選手がライバル関係を築き、カマイタチ=盒競劵蹈狒手とドラゴン・リー選手のようになるのか注目です。
狭き門である新日参戦を狙って川人選手との抗争を目論む他のルチャドールもいるかもしれません。

この日のセミで行われるのがトルネオ・イングレイブレ・デ・パレハス2018の予選1週目。
普段ほぼ組むことのないテクニコとルードが組み、2週にわたって予選を行い、3週目が決勝戦となるスケジュール。
予選1週目の参加8チームは──

●ボラドールJr.選手&ウルティモ・ゲレーロ選手
●ミスティコ選手&メフィスト選手
●二エブラ・ロハ選手&グラン・ゲレーロ選手
●ディアマンテ・アスール選手&ピエロー選手
●サム・アドニス選手&ブルー・パンテル選手
●バルバロ・カベルナリオ選手&ティタン選手
●ソベラノJr.選手&エチセロ選手
●レイ・ブカネロ選手&バリエンテ選手

普段は組むことのないテクニコとルードの組み合わせとは言え、普通に機能しそうなチームが多い中でディアマンテ・アスール選手とピエロー選手、アドニス選手とブルー・パンテル選手の2チームは空中分解必至でしょう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ