ショッケル

宇宙一決定戦 トルネオ・カンペオン・ウニベルサル

image
“CMLL版G1”とも言われる「トルネオ・カンペオン・ウニベルサル」が6月30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で開幕します。
「トルネオ・カンペオン・ウニベルサル」とは2009年から開催されているトーナメントでエントリーされるのはカンペオン=チャンピオンのみ。
カンペオンの中のカンペオンを決める、まさに最強戦士決定戦。
今年は6月30日に予選1週目、7月7日に予選2週目が行われ、1週目と2週目に勝ちがあった選手が7月14日に決勝戦で激突するスケジュール。
まずは6月30日の予選1週目の参加8選手が発表されました。

●ボラドールJr.選手 (NWA世界ヒストリック・ウェルター級 CMLL世界6人タッグ)
●ドラゴン・リー選手 (CMLL世界ライト級)
●アンヘル・デ・オロ選手 (CMLL世界ミドル級)
●バリエンテ選手 (CMLL世界6人タッグ)
●ネグロ・カサス選手 (CMLL世界タッグ)
●ショッケル選手 (CMLL世界タッグ)
●ルシフェルノ選手 (ナショナル6人タッグ)
●エチセロ選手 (NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級)

今年は「カンペオン・ウニベルサル」と合わせて「コパ・ボビー・ボナレス」(ボビー・ボナレス杯) とCMLLの前身であるEMLLの創生期に活躍した選手の名を冠したトーナメントになりました。


予選2週目の参戦選手は例によって発表されてはいませんが、今年は提携団体の新日本プロレス、ROHからの参戦は残念ながらないようですので、現在のタイトル保持者から以下の8選手になると思われます。

●アトランティス選手 (ナショナル・ライトヘビー級)
●ウルティモ・ゲレーロ選手 (NWA世界ヒストリック・ミドル級)
●マルコ・コルレオーネ選手 (CMLL世界ヘビー級)
●メフィスト選手 (CMLL世界ウェルター級 ナショナル6人タッグ)
●ニエブラ・ロハ選手 (CMLL世界ライトヘビー級)
●ミスティコ選手 (CMLL世界6人タッグ)
●ソベラノJr.選手 (ナショナル・ウェルター級)
●エフェスト選手 (ナショナル6人タッグ)


過去8年のカンペオン・ウニベルサルを制し、赤いベルトを腰に巻いた歴代覇者を記しておきます。

2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手

王者の中の王者を決めるトーナメントだけあって、ライガー選手や棚橋選手をはじめ、強豪の名が並びますが、その中でも複数年このトーナメントを制覇しているのはウルティモ・ゲレーロ選手ただ1人。
今年、宇宙一の栄冠に輝くのはいったい誰だ!?




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

Prince Devitt en Mexico

プリンス・デヴィット4月1日(日)のアレナ・コリセオ出場を最後に初のCMLL遠征を終えたプリンス・デヴィット。
3月30日(金)にはボラドールJr.からNWA世界ヒストリック・ミドル級王座を見事に奪取!
メキシコでのデヴィットの試合動画がアップされ始めています。

まずは足の負傷により予定から1週間遅れとなったメキシコデビュー戦、3月23日(金)のアレナ・メヒコ。
対戦カードはマルコ・コルレオーネ&プリンス・デヴィット&ルーシュvsウルティモ・ゲレーロ&ボラドールJr.&メフィスト。



想像以上に熱いファイトが展開されていました。
特にボラドールはIWGPJr.ヘビー級王者デヴィットを意識しまくり!
まずは背後からのミサイルキックで先制!!
激しく襲いかかったかと思えば、場外にエスケープして賺しておいて、ロープに走るデヴィットの足を掬う!!
初めての絡みでデヴィットもボラドールもヒートアップ!!
言葉の問題があるからでしょうけど、デヴィットが日本でマイクアピールというのは記憶にありませんが・・・。
そしてボラドールのこんな激昂したマイクアピールも初めて見た気がします。
「ここは俺の縄張りだ!」「IWGPジュニア王者がなんだ!?」というボラドールの激情の炎がデヴィットに引火したかのような印象です。

続いての動画は3月25日(日)のアレナ・コリセオ。
カードはプリンス・デヴィット&マスカラ・ドラダ&ショッケルvsウルティモ・ゲレーロ&ボラドールJr.&アベルノ。



久しく来日していないショッケル(ショッカー)を除けば、他は皆、ここ数年で新日本プロレスに参戦し、日本のファンにもお馴染みのルチャドールばかり。
特にルード側は強烈な布陣!
入場するなり他には目もくれず、デヴィットへと襲いかかるボラドール!
噛み付きや固定式の椅子を利用した攻撃まで繰り出しました。
後半はマスク剥ぎに出たショッケルとゲレーロが熱い火花を散らしましたが、それでもデヴィットとボラドールの抗争も激化!!

3本目は3月27日(火)のアレナ・メヒコ。
カードはプリンス・デヴィット&ラ・ソンブラ&マキシモvsウルティモ・ゲレーロ&レイ・ブカネロ&レイ・エスコルピオン。



えらい殺伐とした2本を観た後だったので、最初にマキシモのモヒカン付きフードを観て心が和みました(笑)
ボラドールがいないだけでじっくりとした試合展開になっています。
完全に気のせいですが、リングまで広くなったかのような錯覚に襲われるのが不思議です。
けれど逆に言うと、いつものCMLLのリング上のリズムに何の違和感もなく溶け込んでいるデヴィットはやっぱり凄いと思うのです。
また、メキシコ入りしてから3戦の全て対角コーナーにいたゲレーロのことを「100% Respect for Ultimo Guerrero. Top Class.」とデヴィットがTwitterに書いていたのを発見して嬉しく思いました。

コーナーに控えるデヴィットがアップになった場面では前のコリセオの試合で左耳の辺りをボラドールに噛み付かれ負った傷が確認出来ました。
さぁ!早くボラドールとデヴィットのNWA世界ヒストリック・ミドル級王座戦が観たい!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

12・14 テハノJr.vsショッケル NWA世界ライトヘビー級タイトルマッチ

エル・テハノJr.vsショッケル12月14日(火)、アレナ・メヒコでエル・テハノJr.の保持するNWA世界ライトヘビー級王座にショッケル(ショッカー)が挑戦。
この試合も動画を見つけました。





ショッケル
テハノJr.は昨年4月にアトランティスからベルトを奪取。
4度目の防衛に失敗し、ショッケルが第66代王者となりました。
ショッケルは58代と62代に続き、このタイトル3度目の戴冠。
コブラツイストの態勢から叩き付け、そのままフォールを奪ったフィニッシュはあまり他のルチャドールが使わない技でした。
実力派ベテラン健在を示すタイトル奪取でしたが、残念ながらショッケル、19日(日)のアレナ・コリセオのメインイベントで膝を負傷。
復帰まで3〜4ヶ月程かかるようです。

新NWA世界ライトヘビー級チャンピオンベルト旧NWA世界ライトヘビー級チャンピオンベルトそして、この試合からチャンピオンベルトのデザインが新しくなりました。
新ベルト、単体で見ればなかなかカッコ良いデザインだと思いますが、やっぱりNWAのベルトは歴史のある右の旧ベルトのデザインの方が好きです。
と言っても旧ベルトもNWAライトヘビー級チャンピオンベルトの歴史では3代目のデザインなんですね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

ドス・カラスJr. ルードバージョン

ドス・カラスJr.ルード転向したドス・カラスJr.がどんな変貌を遂げるのか注目していましたが、4月17日のアレナ・メヒコでビジュアル的には画像のように黒と赤を基調としたマスク&コスチューム変化しました。
マスクの方は元々のデザインを残しつつ口の部分をヤギリタイプにし、サイドにアギラでしょうか?新しい模様が入っています。
また、試合途中に外してしまったようですが手には総合用のオープン・フィンガー・グローブをはめ、ショートタイツになって、この辺りは強さを前面に出すイメージでなかなか良いと思います。
オープン・フィンガー・グローブはビッグバン・ベイダーやジ・アンダーテイカーなどもしていますがメキシカンでは珍しいと思います。
今までのロングタイツと違ってショートタイツは、よりガッシリとした体型に見える気がします。
ただ問題はやっぱり全身に施してきたボディペイントでしょうね。
これどうですか?
私個人的にはかなり微妙です(--;)
これ毎回してくるんでしょうか?
ボラドールJr.&ラ・ソンブラ&サグラードの前ナショナルトリオ王者の3人はビッグマッチの時だけボディペイントしてましたが、毎回するとなると、かなり大変ですね。
ちょっと今後に注目です。

さて、この17日に行われたアレナ・メヒコでのミスティコ&エクトール・ガルサ&ショッケルvsドス・カラスJr.&テリブレ&テハノJr.の試合は早速YouTubeにアップされていました!






前半は総合にも出場した「強さ」をアピールするファイト内容でパンチとキックを主体にルードらしい試合運びでしたが、3本目の自らマスクを脱いでショッケルに投げ反則決着というのは、ちょっと姑息でしたね。
こんなことしなくても十分にアピール出来るルチャドールだと思います。
ただ、この反則決着で「ガチにも強い」という噂のあるショッケルと因縁が生まれましたので、ゆくゆくはマノ・ア・マノで決着戦という抗争劇に発展していくのでしょうか。

5月に来日を控えるミスティコの足はだいぶ良くなっているようで一安心です(^o^)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへMISTICO TIGER
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ