タイガースマスク
ヒート
ヒート タイガースマスク
タイガースマスク ヒート
タイガースマスク ヒート
ヒート タイガースマスク
ヒート タイガースマスク
ヒート
タイガースマスク
ヒート、タイガースマスクとも試合を観戦するのは初めてです。
もちろんヒートの正体と噂される人の試合は観たことがありますが、それでもずいぶん久しぶりです。
先に入場したヒートは「鍛え上げた肉体こそ最高のコスチューム」と言わんばかりに上半身にガウンなどは纏わずにリングへ。
そのヒートと向き合ったタイガースマスクはどういう訳か、物凄く低姿勢で「お願いします」と握手を求めました。
既にコミカル路線からは脱却し、実力を評価されていると思っていたタイガースのこの行動を不思議に思っていると騙し討ちの奇襲攻撃。
しかし、この試合の前のソラールvsK-nessと同じようにヒートペースの試合展開の印象。
ただし、ソラールさんと違ってヒートは観客へのアピールはおろか、一言も言葉を発することなく鍛え上げられた肉体と同様に精神面も研ぎ澄まされ、物凄いオーラを放っていました。
タイガースの攻撃をどれも単発に抑え、その上を行くヒートの充実っぷりに圧倒されました。
もう少し接戦になると予想していましたが、タイガース不調の原因はコンディションが万全ではなかったことを試合後のコメントで知りました。
次は万全のタイガースが観たいですし、ヒートはこの大会だけの復活ではもったいないと思った試合でした。

第3試合 ふく面ワールドリーグ戦決勝トーナメント1回戦 時間無制限1本勝負
○ヒート(8分4秒 HEATクラッチ)タイガースマスク×
〈8・31『第5回ふく面ワールドリーグ戦〜決勝トーナメント〜 』後楽園ホール大会試合結果/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉
〈第5回ふく面ワールドリーグ戦、サスケやライガーらが順当にトーナメント一回戦突破!ラッセは2回戦で師匠超えを狙う!/バトル・ニュース〉

タイガースマスク
「トーナメントなんでガッチリ、ガッチリやりたいっていう気持ちがあったんですけど、今、完全なコンディションじゃないっていうのもあって。次、勝ち上がった時のことを考えて、あんな奇襲で一気にいこうかなと思ったんですけど、簡単じゃないですね。なんか目開いているのに何考えてるかわからないっていう。正体が誰かなんてわからないですけど、マスクマンとして有名な方なんで勉強になりましたね。今回、2回目呼んでもらいましたけど、大阪プロレスっていうのはもともとみちのくなんで。親父に、サスケさんに勝って大阪にもアンタがやってきたプロレスの遺伝子があるんだってことを見せたかったですけどね。恩返しならず。パンフレットにもありますけど、少林寺行って色んなことやってきて最後の最後で色々悩んだんですけど。誰も知らないけど足傷めてるんで。大阪では有名なんですけど1番の武器のドロップキックが出せなかった。でも完敗ですよ。強いにも程がある。これカットでしょ。面白くないし。俺だって真面目にプロレスやってんだよ!俺がな、自分の仕事に徹してたら今頃、縦縞のユニフォーム着てるよ!なんで脱いだか、わかるか?プロレスラーになりたかったんだよ!もう何もない。ノーコメントだ!」

ヒートはコメントなし
〈週刊プロレスmobile〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン